訓読マスター さん プロフィール

  •  
訓読マスターさん: 人生まるごと原理講論
ハンドル名訓読マスター さん
ブログタイトル人生まるごと原理講論
ブログURLhttp://ameblo.jp/minoruchan2020/
サイト紹介文原理学習
自由文マスを当てながら原理を学んで行きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 53日(平均5.7回/週) - 参加 2016/10/09 09:35

訓読マスター さんのブログ記事

  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.70)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.70)第四節 創造本然の価値(一)創造本然の価値の決定とその価値の基準(    )の(  )はいかにして決定されるのだろうか。ある(  )がもっている(  )は、その(  )が(  )する(  )と、それに対する(    )の欲求との(     )によって決定されるというのが、我々の今まで考えてきた一般的な(   )であった。しかし、ある(   )の(    )の(  )は、そ [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.69)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.69)すでに論じたように、(    )はどこまでも、人間の(  )と(  )とを(  )として展開したその(  )である。それゆえに、神を中心とする(  )は、その(     )である(    )からくる刺激によって、自体の(  )と(  )とを(   )に感ずることができるために、喜ぶことができるのである。そして、神はこのように、(  )と(    )とが(     )するこ [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.67-68)2016.11.25
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.67-68)2016.11.25神は(    )から、次第に(  )の複雑な(    )を創造されて、最後に、(   )の(  )をもった存在として(  )を創造された。ゆえに、(  )にはすべての(  )の(  )と(  )と(  )とが、ことごとく備えられているのである。人間がいかなる(    )でも出すことができるのは、いかなる(  )の(   )の(  )をも備えているということを(  [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.66-67)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.66-67)神の(    )は(  )を(  )することにある。人間が(  )を(  )しようとすれば、神の(    )の(  )として(  )された( )と( )とが、(    )によって(     )して、それ(  )において、( )を(  )として(   )な(   )をつくらなければならない。( )を中心として( )と( )とが(    )の(    )を(  )した人間は、(   )となって [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.66-67)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.66-67)神の(    )は(  )を(  )することにある。人間が(  )を(  )しようとすれば、神の(    )の(  )として(  )された( )と( )とが、(    )によって(     )して、それ(  )において、( )を(  )として(   )な(   )をつくらなければならない。( )を中心として( )と( )とが(    )の(    )を(  )した人間は、(   )となって [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.65-66)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.65-66)(二)神の喜びのための善の対象神の(    )に関する問題を詳細に知るためには、我々がどんな(  )にいるときに、(  )が生ずるかという(問題)を先に知らなければならない。(  )は(   )に生ずるものではない。(  )のものであろうと、(  )であろうと自己の(  )と(  )のとおりに展開された(  )があって、それから来る(  )によって(  )の(  )と(  [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.64-65)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.64-65)それでは、(    )は、いかにして(  )されるのだろうか。それは、創造の(    )である(    )が(  )された(  )の上でのみ(  )されるのである。それゆえに、神が(    )を(  )なさった(  )は、(  )をはじめ、すべての(   )が、神を中心として(    )を完成し、(    )の(み言)を(  )して、天国をつくることにより、(    )が(  [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.64)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.64)第三節 創 造 目 的(一)(    )を(  )された(  )(   )の(  )が終わるごとに、( )はそれを見て(  )とされた、と記録されている(   )の(  )を見れば[(    )]、神は自らが(  )された(   )が、( )の対象となることを願われたことが分かる。このように (    )が(    )になることを願われたのは、( )がそれを見て(    )ためであるそれ [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.63)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.63)(六)すべての存在が二性性相になっている理由いかなるものでも、(  )するためには、必ず(   )を(  )とするようになるが、その( )は(    )によってのみ起こる。けれども、いかなるものでも(  )で(  )することはできないので、それが(  )するための( )を起こすには、必ず(    )ができる(  )と(  )との(    )として(  )しなければならない。 [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.62-63)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.62-63)(五)生理体の繁殖(   )が(  )するためには、(  )しなければならないしその(  )は(    )による(     )によってなされる。これに対する例を挙げれば、(  )は( )の(  )から(  )の(   )と(   )ができ、その(   )と(   )の(    )によって、再び多くの(  )を(  )で(  )する。(  )においてはその( )と( )が(  )して、お互 [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.61-62)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.61-62)また、人間は(  )の(  )の(  )として(  )されたので、すべての(   )の(    )の(   )な(   )であるところの(   )と(  )が、(  )されて(  )になってから、彼らがお互いに(  )して(  )となったときに、初めて(    )として(  )された(   )と(  )することができるのである。このように、(   )と(  )が(  )された(  )と [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.60-61)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.60-61)我々はまた、他の面において、人間が(  )の(  )になることについて論じてみることにしよう。詳細なことは第六節で述べるけれども、(  )と(  )の二つの世界を総称して(  )というが、人間はこの(  )を総合した(   )である。しかるに、すでに述べたように、(  )を(  )しているすべての(   )は、(  )と(  )とに分けられることが分かるのである。こ [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.59-60)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.59-60)もしも、そこに、その中心となる(  )が存在しないとすれば、それらはいったいいかなる(    )をもつであろうか。(  )を中心とする(    )の場合も、これと少しも変わるところはない。すなわち、人間が(  )して、(   )を(  )しているすべての(  )の(  )とその(  )を明らかにし、(  )することによって初めて、それらはお互いに、(    )な関係 [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.59-60)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.59-60)もしも、そこに、その中心となる(  )が存在しないとすれば、それらはいったいいかなる(    )をもつであろうか。(  )を中心とする(    )の場合も、これと少しも変わるところはない。すなわち、人間が(  )して、(   )を(  )しているすべての(  )の(  )とその(  )を明らかにし、(  )することによって初めて、それらはお互いに、(    )な関係 [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.59)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.59)このことについてもう少し詳しく考えてみることにしよう。今日の科学は、(  )の最低単位を(   )と見なしているが、(   )は(     )からなっている。ここにおいて、(    )を構成している(   )の(     )の(    )を、次元的に観察してみると、(     )は(   )の形成のために、(   )は(  )の形成のために、(  )は(  )の構成のため [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.58-59)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.58-59)神のすべての(    )に備えられている(  )と(  )において、その(  )の中心がその(  )にあるので、(  )と(  )の(   )の中心も、やはりその(  )にある。しかるに、その(  )の(   )な中心は( )であるので、その(   )の(   )な中心もまた( )である。それゆえに、神の(   )が(    )を造成して、それらの(  )の中心が( )を中心とし [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.58)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.58)このように、(  )と(  )が(    )をする(   )な回路による(    )が、再び(   )な回路によって(    )に変わることによって、(  )の(  )の妙味が展開されるのである。すなわち、その(  )の(  )、(  )、(  )、(  )、(  )、また、それらが各々(  )する力の(  )などの(  )によって、(    )の(    )が(  )されるようになる [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.57)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.57)また、このような例を人間において考えてみることにしよう。体は心の(  )として、心と(    )をつくって(    )をするようになれば、体は心を(  )として(    )をすることによって(     )する。そうして、心が神の(  )となり、神を中心として(  )して、神と(     )し、体がこのような心と(     )するようになれば、その(  )は初めて、神 [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.56-57)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.56-57)したがって、このように(  )している(  )と(  )などの(    )による(   )の(    )は、常に同一の(   )の(  )においてのみ起こるのではなく、(  )を中心として、絶えずその(  )の(  )を変えながら(  )するので、(   )は(    )をするようになり、(  )として(  )するのである。このように、すべての(  )は(  )、または(    [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.56)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.56)そうして、この(    )における(  )と(  )も、これまた、各々(    )からできているので、それらも同一の(    )の原理によって、各自(    )をしているのである。この(    )は、このように、各自絶え間のない(  )をしている主体と対象の(    )によって、(    )をするのであるから、その(    )は、この運動を起こしているその主体と対象( [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.55-56)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.55-56)(4)四位基台の存在様相(     )により(     )をつくって(    )を完成した存在は、いかなるものでも、(  )、または(    )をなして、(  )として(  )する。今、我々はその理由を調べてみることにしよう。(     )により( )の(    )が、各々その(    )に(  )された(  )と(  )において、その(  )が(  )に対応して(    )を [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.55)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.55)(三)正分合作用による三対象目的を完成した四位基台(3)四位基台このように、(     )により、( )を中心として、二性の(    )に立たされた(  )と(  )と、またその(   )が各々(     )を完成すれば、(    )を造成するようになる。(    )は(  )の根本であり、またそれは、(     )を完成した結果であるので、(  )の根本である。(    ) [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.54)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.54)(三)正分合作用による三対象目的を完成した四位基台(1)正分合作用(    )によって、(    )の(    )が(    )を造成して(    )をするようになれば、その(    )の力は(    )を起こし、( )を中心として(    )の(    )に分立される。このように(  )された(  )と(  )が、再び(    )により、(    )を造成して(    )をするよ [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.53-54)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.53-54)また、「(  )でも人々からしてほしいと(  )ことは、(  )にもそのとおりにせよ」(     )と語られ、「だから(   )でわたしを受け入れる者を、わたしもまた、天にいますわたしの(   )で受け入れるでろう」(     )とも言われた。また、(   )は、「(   )の(    )に(   )を受けいれる者は、(    )の(  )を受け、(  )の名のゆえに( [続きを読む]
  • 「人生まるごと原理講論」(原理講論P.53)
  • にほんブログ村「人生まるごと原理講論」(原理講論P.53)堕落というのは、(  )と( )との(  )の関係が切れることによって(  )となれず、(   )と(  )の関係を結び、それと(  )となったことを意味する。(   )は( )と完全な(     )を結んで(  )となれば、(    )を(  )して、神と(    )をすることによって、神と(  )となることができるのである。それゆえに、(   )は(    )の(  )となら [続きを読む]