fxmt さん プロフィール

  •  
fxmtさん: FX MT4 インジケーター
ハンドル名fxmt さん
ブログタイトルFX MT4 インジケーター
ブログURLhttp://fx-meta4-indicator.blogspot.com/
サイト紹介文MT4の基本的なインジケーターと活用出来そうなインジケーターを紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 173日(平均4.3回/週) - 参加 2016/10/08 23:10

fxmt さんのブログ記事

  • MTF-ATR(マルチタイムフレームATR)
  • MTR-ATRはATRをマルチタイムフレーム表示する指標です。上図では1時間足に日足のATRを表示しています。ATRは基本的に損切りをするポイントの目安として利用されます。現在保有しているポジションからATRの2倍の位置にストップを置きます。相場の状況によっては3倍近くまで取ることもありますが、その都度 ポジション量の調節も行いリスクコントロールをします。その日のOpen〜夕方位までにつける最高値・安値から前日ATR値を引い [続きを読む]
  • MTF-HL_Bands_v2の修正について
  • MTF-HL_Bands_v2が動かなくなったとのメールを頂いたので、修正したファイルを記事に掲載し直しました。仕様も多少変更したので、説明文も書き直しています。ファイルのダウンロードは「MTF-HL_Bands」のページから可能です。ファイル名は「v2.1」に変更しています。 ホームヘ トレンド一覧 オシレーター 一覧    その他一覧 [続きを読む]
  • Detrended Synthetic Price (DSP) Series (MT4 / MT5)
  • Detrended Synthetic Price(Detrended Synthetic Oscillator)はMACDを複数の階層に分割し、色分けした指標です。上図ではDetrended Synthetic Price(以下DSP)のメインラインが各レベル毎に色分けされています。このメインラインはMACDです。但し、通常のMACDとは若干異なり、2本のEMAの期間は同一で係数の重み付けが2:1の比になっています。DSPはこのMACDラインを様々なレベルラインで分割し、ポジションの位置取りによって [続きを読む]
  • Heiken_AshiH_sw_mtf / HAshi_sub
  • Heiken_AshiH_sw_mtfは平均足をサブウィンドウに表示する指標です。マルチタイムフレーム仕様なので、上位時間足の平均足を表示させる事も可能です。上図では1時間足のチャートに4時間足の平均足を表示させています。平均足がサブウィンドウに表示されます。背景が白色系のチャートで利用する場合は、パラメータ設定から色の設定を選択して「Black」が選択されているラインの色を「White」等に変更して下さい。また、ラインの太さ [続きを読む]
  • tipu_renko
  • tipu_renkoはチャート画面上に練行足を描画する指標です。練行足は予め設定した値幅毎に価格を更新して行く指標です。値幅を1円に設定すれば価格が1円上昇・下降する毎に新たな足が作成されます。tipu_renkoのパラメータ設定Box Mode練行足の更新幅を高値・安値を用いて計算するか、終値を用いて計算するかを選択します。Renko Mark練行足の表示形式を選択します。Brick ・・・ 通常の練行足を表示します。Arrow ・・・ 練行足の更 [続きを読む]
  • MTF-Pivot_v3の修正について
  • MTF-Pivot_v3をPivotのみで使用した場合に、Pivotラインの色が変更が出来ないという報告を頂いたので修正させて頂きました。修正したファイルはMTF-Pivot_v3のページからダウンロード可能です。 MTF-Pivot_v3のページヘ ホームヘ    トレンド一覧    オシレーター 一覧    その他一覧 [続きを読む]
  • i-Bands_Period
  • i-Bands_Periodはボリンジャーバンドの上下バンドと終値の関係をストキャスティクス表示した指標です。上図は±2σのボリンジャーバンドとi-Bandsを表示しています。i-Bands_Periodは+2σのバンドを上限、−2σのバンドを下限としたストキャスティクスの5日SMAとなります。チャート上に表示したボリンジャーバンドと連動させる場合は、共通するパラメータの設定を合わせた上で使用して下さい。i-Bands_Periodのパラメータ設定Band [続きを読む]
  • Awesome-Mod
  • Awesome-ModはAO(Awesome_Oscillator)を平滑表示した指標です。上図の上段に表示されているのがAwesome-Mod、下段が通常のAOです。Modの方はノイズが軽減され滑らかに表示されています。通常 AOのパラメータは固定されているので数値の変更は出来ませんが、Awesome-Modは移動平均線の期間を変更する事が可能です。Awesome-Modのパラメータ設定short_mean短期SMMA(平滑移動平均線)の期間を設定します。long_mean長期SMMA(平滑移動平 [続きを読む]
  • MTF-Pivot_v3 (マルチタイムフレームピボット v3)
  • MTF-Pivot_v3はMTF-Pivot_v2を改良したものです。変更可能なピボットの時間足に「週足」、「月足」、「年足」を追加しました。上図は月足のチャートに年足ピボットを表示しています。月足で見ると機能しているような、していないような感じです。続いての図は週足のチャートに年足のピボットを表示したものです。こちらは割りと機能していると思います。しかし、年足ピボットはスケールが大きく、週足・月足以外ではチャート画面に収 [続きを読む]
  • MTF-Ichimoku_Si (マルチタイムフレーム一目均衡表)
  • MTF-Ichimoku_Siは一目均衡表をマルチタイムフレーム表示する事が出来る指標です。上図では15分足のチャートに1時間足の一目均衡表を表示させています。MT4に標準搭載されている物と比較すると先行スパンの雲が飛び出ていませんが、トレードに影響は無いと思います。基準線・転換線・遅行スパン・雲はそれぞれ左右にシフトさせることが可能です(雲は雲として動きます)。また、必要のないラインは非表示にする事が可能です(雲はま [続きを読む]
  • ADX_Smoothed-S / ADX_Smoothed-HTF (MT5用)
  • ADX_Smoothed-S / ADX_Smoothed-HTFはADX、±DIを平滑表示する指標で、HTFの方はマルチタイムフレーム表示が可能です。上図の上段が通常のADX_Smoothed、下段がADX_SmoothedをMTF表示したADX-HTFです。HTFの方は拾った時に動かなかったので少し弄ってます。MT5のインジケータファイルは相場が休みの時に開くと何も表示されなかったりする事が普通にあるので、その際は右 から更新ボタンを押して下さい。ADX_Smoothedのパラ [続きを読む]
  • Schaff Trend Cycle
  • Schaff Trend Cycle(シャフ トレンド サイクル)はMACDをストキャスティクス化した指標です。上図がSchaff Trend Cycleです。2色に色分けされており、MTF化も可能です。Schaff Trend Cycleは中期設定の比較的緩やかなMACDがベースとなっています。このMACDからストキャスティクスを作成してEMA補正し、更にその値からストキャスティクスを作成しEMA補正をしています。特徴としては一方向へ動き出す(トレンドが出る)とそのまま反対側 [続きを読む]
  • ADXm_v2-Sのアラート修正
  • ADXm_v3-Sの作成と平行してADXm_v2-Sのアラートを修正しました。修正箇所は以下の通りです。Use_Alert_Message(追加)アラートが作動した時のアラートメッセージを表示するかどうかを設定します。アラートの頻度が高い時等はメッセージが煩わしいだろうと思ったので追加しました。Use_Arrow(修正)アラートが作動した際に、矢印を表示させるかどうかを設定します。こちらは不具合が見つかりましたので修正させて頂きました。修正した [続きを読む]
  • ADXm_v3-S / ADXm_v3-Alerts
  • ADXm_v3-SはADXm_v2-SにT3移動平均線を適用して波形を滑らかにした指標です。これによりラグを抑えつつ、波形の乱れを若干軽減させています。こちらはアラート機能はありません。ADXm_v3-Alertsはアラート機能を搭載したもので、ADXm-v2-Sより多少マシになっています。上図の上段に表示しているのがADXm_v2-S、下段がADXm_v3-Sです。ADXm系の指標は作りきった感があったので暫く放置していたのですが、根本的な問題が解決出来てい [続きを読む]
  • NonLag smoothed inverse fisher transform of RSX
  • NonLag smoothed inverse fisher transform of RSXはRSI系のカスタマイズ指標です(名前が長いので以下NonLag RSX)。以前に紹介したStochastic_RSXやFisher_Transformを組み合わせたような指標で、ベースとなるRSIを平滑化して滑らかに描画しています。基本的にサイクル期間が短いのでスキャルピング向きな気がしますが、マルチタイムフレーム機能や設定期間を弄れば色々な使い方が可能だと思います。また、MT4用とMT5用では使用が [続きを読む]
  • ROCv2.1
  • ROCv2.1は任意の通貨の前日比等を表示してくれる指標です。上図のように各通貨の前日比がローソク足と共に表示されます。通貨のペア数は9つ位まで選択可能なようです。サブウィンドウに他のインジケータを表示する場合は、このインジケータを一番下に表示するようにした方が良いです。そうしないと侵食されます。ROCv2.1のパラメータ設定Pairs表示する通貨ペアを入力します。MT4内にある「気配値表示」に表記されている通貨名の通 [続きを読む]
  • MTF-MA_v3.1
  • MTF-MA_v3.1は以前作成したMTF-MA_v3.0を少し手直しした指標です。上図では 1分足のチャートに 10分足の移動平均線を描画しています。前回のMTF-MA_v3.0に色々な物を付け足そうと思ったのですが、重たくしても仕方が無いかなと思い止めました。コードを書き直したら少しだけ纏まったのでファイルサイズは少し小さくなりました。使い勝手は変わらずで、1分足は若干引っかかります。。。MTF-MA_v3.1のパラメータ設定パラメータの設定 [続きを読む]
  • MTF-MACD_4Colors & Alerts
  • MTF-MACD_4Colors & AlertsはMACDを 4色表示するマルチタイムフレーム指標です。ラインの線種、色分けの方法、アラート・メール機能の設定などが可能です。上図のチャートには、通常のMACDを トレンドの方向、レベル別に 4色で表示しています。MACDは通常の 1色表示にする事も可能です。こちらはMACDをマルチタイムフレーム表示させたものです。上図のヒストグラムをライン表示させたものです。また、ラインの色は 4色表示だけでは [続きを読む]
  • MTF-MA_V3.0(試作品)
  • MTF-MA_V3.0はMTF-MA_v2の改良指標で、多時間足の描画・ラインの描画スタイル等を可能にした物です。試作品段階なので幾つかのパラメータをまだ付けていないのと、若干重たいです。移動平均線自体は完成しているので問題ありません。上図では1時間足のチャートに 8時間足の移動平均線(EMA)を表示しています。ラインの描画スタイルを変更してラインを若干滑らかにする事も可能です。今回のMTF-MAには カスタム時間足の誤差が出易い [続きを読む]
  • ZigZag各種(MT4-MT5)
  • MT4、MT5のZigZag各種です。興味のある方はどうぞ。上図はRSI、CCIをベースにZigZagを描画した指標です。これらはMT5のインジケータになります。ダウンロードは以下のファイル名から行えます。ZigZag_RSI.mq5 ZigZag_CCI.mq5 ZigZag_Stochastic.mq5ZigZag_WPR.mq5 ZigZag_MFI.mq5 ZigZag_OsMA.mq5ZigZag_RVI.mq5 ZigZag_CHO.mq5こちらはMT4 [続きを読む]
  • Three_Divided-ZigZag_v0
  • 先日日記に書きましたZigZagがようやく形になりました。試作品の段階なので一部の機能は取り付けていませんが(アラート等)、基本的なZigZagと同様の使い方は可能だと思います。また、今迄にZigZagの記事を書いていなかったのでZigZag自体の説明等が少し入っている事、パラメータが非常に多い為に説明が長い事等から今までに無い位の長文となっています。更に、個人的見解等が多分に含まれているので、読むのが面倒な方はパラメータ [続きを読む]
  • Zig-Zagの試作品
  • Zig-ZagはMT4に標準搭載されているにも拘らず全く触れていない事に気が付いたので、どうせ取り上げるならば作成してみようかなと思い、下図のようなZig-Zagを作成しました。チャートに表示されているのがZig-Zagの試作品です。Zig-Zagの構造・用途を分かり易くする為に、ラインを 3色にして分割しました。ラインはそれぞれ「先行指標」、「暫定トレンド」、「確定指標」に分かれており、性質も見方もそれぞれ異なりますが、ここで [続きを読む]
  • MTF-HL_Bandsの修正について
  • MTF-HL_BandsをCurrent表示した際に、高値・安値を更新してもバンドが更新されない不具合を修正しました。修正したインジケータファイルはMTF-HL_Bandsのページからダウンロードする事が出来ます。日記へ戻るトレンド一覧    オシレータ一覧    その他一覧 [続きを読む]
  • T3-Floating_Levels (MT5)
  • T3-Floating_LevelsはT3移動平均線にT3移動平均線を元に作成したバンドを表示した指標です。上図のように、T3移動平均線とバンドが表示されます。バンドは一目均衡表の雲のような感じがします。バンドの実体はT3移動平均線をベースとしたHLバンドを平滑化したものに近いです。また、T3移動平均線は基本的に 3色で表示され、「バンドの上部」、「バンド内」、「バンドの下部」別に色分けされます。色分けの方法はパラメータ設定で [続きを読む]
  • Stochastic_of_RSX (MT5)
  • Stochastic_of_RSXはストキャスティクスを滑らかに表示し、水準により表示色が変化する指標です。ストキャスティクスが水準によってグラデーション表示されます。トレンドが出ている場合、波形はその方向へ滑らかに進み、揉み合い状態の解消や極短期のレンジを抜けた上での反転が確認されるまでは、一定水準の値を維持する特徴が見られます。Stochastic_of_RSXのパラメータ設定Stochastic_Period / Stochastic_Slowing_Period [続きを読む]