sok さん プロフィール

  •  
sokさん: 未経験事業 の 立ち上げ
ハンドル名sok さん
ブログタイトル未経験事業 の 立ち上げ
ブログURLhttp://sok.hatenablog.com/
サイト紹介文徒然 思いつくまま 流れるまま
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供293回 / 201日(平均10.2回/週) - 参加 2016/10/09 00:43

sok さんのブログ記事

  • 深夜0時
  • 今まで 夜中2、3時までだらだら起きたり しまいには明け方5時くらいまで起きていたこともある。当然うつろ色々な意味で効率が落ちる。気分的にはまったりとした時間が心地よいようにも思えるが 中身はない。昔に 酒をやめていてよかったと 今更ながら思うここ数日 0時をすぎると寝るようにしはじめた。今更遅すぎる習慣だけど これは後遺症の影響後遺症にくるしはじめた昨年から起きている間常に悩ますそれはこの生活を [続きを読む]
  • 他人
  • この社会で生きていく為には 他人評価が基本大事それは 生きていく為 表向きの姿もしも だよ ごくごく小さい世界たる仕事の時間 以外 他人の評価を気にしなくていいとしたら 他人の評価をまともに考える必要なんてないとさえ思う。まだまだ 若いのに 暇をもてあましている人 何をしたらいいかわからない人それなりの年なのに もうやりたいこともないとか 暇だとかいっている人世の中の多くの人が正常だ。よく考えて [続きを読む]
  • ハードル
  • 一番大事なのは 自分の時そして日々の経験 ハードルを越えようとする その前 その時 その後仮にハードルを越えることができなくてもそれはそれだと思う。状況 環境は 流れ去り 前提が崩れることにより ハードルを越えた意味は 記憶の中だけになることが多い。ハードルを越えたから いや 越える事ができなかったから 今ここにいるのが事実だとしても その事実がそうでなかった としたら どうなっていたか というよ [続きを読む]
  • テーマ
  • SNS時代において 今 書いているこの形式は 時代とは乖離するばかり、書いている内容、方針が ずれてるのかな と思う。読者と交流が多少でもあるというのが SNS時代ならでは 当たり前と思うのだが反応が少なめというのが現実で それから目を背けず 真剣に考えたほうがいいなと反応がなければロボットが見ているか ロボットと同じ自己満足だけ どうも この書き方をしているよりも他のことをしたほうがいいかなと毎回 [続きを読む]
  • 資産家
  • 資産家というと どこかの大企業の創業者社長 地主をイメージすると思われるが一番の資産家はというと 将来のある子 若ければ若いほど おそらく資産家金がある 土地がある 名声がる など これらを資産家というが社会的な資産家と 本当の資産がある人とは違う。老いた体になんの価値があるのかとはいわないが 残りの時間をどれだけ持っている可能性があるか これが 資産があるかどうかという基準であり価値観はさほど周 [続きを読む]
  • 他になにか
  • まだ他に何かできることはないか?やり残した事は無いか? と 完全燃焼で仕事をするのは辞めた。仕事は仕事なんだよ。それも ほとんどの人にとり仕事は他人の仕事  プライベートまでずれこんでムリして仕事してはいけない。自分の仕事 首をぜったい切られない仕事はかなりすくない。だからこそ 仕事で人生をすり減らしてはいけない。思えば 日本は 身を削って 仕事をする人に支えられてきたと思う。たぶんそう。それ [続きを読む]
  • 他人のこと
  • 若い時程 他人に関わりたがる。孤独 寂しさ は 勿論 その他もろもろそれがね 最近になり どーでもよくなってきた。他人と交わる部分がほぼなくなってきた。興味が多少わいたとしても それで この人と何の関係があるのか と考えた時 別世界だとすぐわかる。寄り道にしかすぎない。他人と関わる時間がもったいない。多少関係があっても それをしている場合じゃないと考える事が増えた。残り時間が妙に現実的となっ [続きを読む]
  • 与えないと得られない。自分のくだらない何かを守る為に 与えなければ 損をすることも傷つくこともないか得られるものは ほんとうにかぎられたものだと思う。与えて ただのりされて 損をした気分になるけれども その程度の与えるものだけで よければどうぞ くれてやるよ という気持ちがなければ ばかばかしくてやってられなくなる。与えるのは広告と同じ10000枚チラシをまいて 1件も反響も無い時もあるさ1回では反応 [続きを読む]
  • 焦り
  • 焦っていた。もっと もっと こうしなくちゃ ってでも それに注意がいく反面 いろいろな事がおろそかになった。注意を向けていたその 〜しなくちゃが どうでもいいことだと終わってから気づき今 反省しながら 自らの習慣を書き換える努力をしている。最近 修正できた事は コーヒー中毒最初 砂糖はからだによくないな とやめることにして次は 経済的に考えても コーヒーとクリープで毎月2000円近く使うのもばかばか [続きを読む]
  • 他人の視線
  • 他人がどう思うかはどうでもいい。他人の目線ばかり気にすると ストレスであり 疲れる。 無駄なことをしなくてはならない。誰でもわかることなんだけど 自分の人生は自分のものなんだけど ついつい人に媚びて好かれようとする。他人から評価されても 自分の人生は何も変わらないのに。なお、これと 何かを為す為の社会的評価の必要性とは違う。意識して 社会的評価は高めるべき。一ついえば まるでジョーカーのよう [続きを読む]
  • 豊かさの
  • 豊かさ というのは お金という尺度では計測できない。幸せも 同様お金を手にいれたら 無尽だから 豊かさや金も手に入りそうに思えたりする時期やそういう人もいるけれども それは 認識がその程度だということで 無知に過ぎない。お金で得られる幸せ 豊かさなど 含み笑いレベル商業主義のメディアが イコールに見せようとするが 金で買えるものなど たいしたことはない。大事なのは金を使って何をするかなんだけど  [続きを読む]
  • 信念
  • 自分の世界 自分の理想 夢を形作る為には 信念が必要だ。他人に比べて 優れているとか 一位になるとかは過程にしかすぎない。目指す過程で そこを通過した時 結果としてもろもろの それらの他人評価がついてくるだけ。とあるスポーツで 検定というものがあった。何級とか 何段とか色々世の中にはあるけど いけたかなと思ったけど落ちた。その時 自分の中で なぜ スポーツなのに評価されないといけないのか と思い [続きを読む]
  • 承認欲求
  • 人により価値観 主観 基準その他もろもろ かなり違う 人数分 それがある。その自分とは違う相手に対して 承認してもらう。 受け入れてもらう というのを求めるのは 下手すると 認めてもらえるような行動 発言をするということになってしまうし そういう人も多いのではないだろうかKY というのもそう 空気を読むのは 空気にあわせること。さて そこまで自分の価値観や行動 要求を押し曲げてまで 相手にあわせ [続きを読む]
  • 人間性
  • 人は学習して 変化していく。人は変わらないというが 変化できない人もいるが 変化する人もいる。固定化された環境にいる人は変化していきづらいのは事実だが 加齢しても 状況が刻々と変化し、出会う相手 出来事 など から学び続ければ 根本的なものさえ変化する。指針が変化すれば全てがかわるでしょ。そういうことがあるわけ。でも人は 言葉にとらわれ ああいった こういった。行為にとらわれあんなことした された [続きを読む]
  • 寒波
  • 13日 北は吹雪 東と西は桜ふぶき らしい。今年の天気は 去年とは違う。今って もうすぐ5月だよ。なのに 夜は寒いし なんだろ この天気と思う。そうやって 5月 6月 7月 8月 9月 で 年末で 今年も一年か・・ [続きを読む]
  • ロングテールは待ち
  • ネットを長年している人ならわかると思うけどロングテールの対象と出会うことができ、人生が変化するには どうしてもタイムラグがある。それが人であり 物であったり 色々あると思うけど 見込みの時間と現実にはずれがある。それを待ちきれるかどうか 自分の主観 思い込みをはずさなければならないのはこういう時だったりする。主観に従えば世界は なかなか変化しないし 今よりもぐっとよくなることなどありえない。自ら [続きを読む]
  • 価値観
  • 人って こうだよね と言われたところで その価値観は 君の主観だろ とつい思う。そんな簡単に定義できたら苦労しないし その普通とやらの裏がそれなりのボリュームである。ひとくくりでいえるほど単純ではないし それを受け入れることができた時代は終焉した。そうやって全体主義的な方向で 定義できた時代は あったが 過去の話だ。定義して思考をコントロールしようとしているにしても まず反発があるしだから 自分 [続きを読む]
  • 4月の雨
  • 4月でこれほど雨が降るのは何年ぶりだろうか記憶に無い人も多いのではないかとさえ思う。桜が咲き ちらないかやきもきして 雨が降り ああ だめかあ って 記憶はあるが何回も振るのはないかなとはいえ もう今日は11日 こんなに4月は過ぎて もうGWに突入前だし人生って毎日の積み重ねで それこそ 思い出や思考 環境 自分の能力や知識など 全てがそうなんだけど 時の前に人の能力その他のものなのどたいしたもの [続きを読む]
  • 蜃気楼
  • 他人の病んでいるSNSを見ると この人間は 自分がそう願い描いてる妄想を蜃気楼だとわからず 延々と再生をしているんだと思う。しかし、本人もそれは認識していても、その再生をやめることができない。それがなぜかわからないが 人間の思考の痕跡が思考に一度しみつくとその経路をどうしても辿ってしまうものだと思う。私は 生まれてこなければよかった とか生きていても意味がないとか まあ色々あるがそして それを強 [続きを読む]
  • 白鳥
  • きらびやかな仕事に見えても そのほとんどが 白鳥のような存在で水面下ではバタバタ足をかいている。優雅にみえても ほんとは それどころじゃない。いろんな職業の人の 実は的なを話を聞いてそう思った。この人うらやましい と心底思える人は実はなかなかいない。数十人くらいの中小ではそれなりの規模の会社にとある事情で訪問した時 写真がみつけた。社員と仲よさそうに温泉に入る前社長だった。つい数日前 亡くなっ [続きを読む]
  • 市場
  • 自分だけが見えいる市場というのがある。勿論 同様にその市場を見てる人は多いのだが それまでの経験がその市場を注視してきただけ で ない 限り似たような視点にはなりづらい。その他どのような情報を知っているか なぞっているかだけでも 違う。認識は 人により 大幅に異なる。フリーや自営と リーマンとの決定的な違いはこのあたりかもしれない。組織を通じて 市場に接するだけでも 違うし、営業など売り上 [続きを読む]
  • グレー
  • 過去を振り返ることで 今の立ち位置をはじめて認識できる。20代の頃 付き合っていた人々の一部をネットで見ることがある。それなりの世間的な立場を手にいれている   がよくよく見てみると黒に近いグレーだ。逮捕され 地に落ちていないだけで 2chでは名前があがり 悪徳とか詐欺師というような 文字が並ぶ2chですれがたち10ページ以上いくのが数人いるので どんだけだよ金だけおいかけ 法律すれすれでも アウトで [続きを読む]
  • 目標
  • 今までを振り返り 思い返す時が今朝あった。人生なぜか 目標の為に 生き 過ぎた。大半が仕事だ。そしてその仕事の成功はたまにあったが一瞬の出来事で その感覚を共感できる人はほぼ少ない。仮にパートナーがいたとして よほど一緒にしていなければ それは傍観者としての共感にしか過ぎない。そして仕事の目標はまるで蜃気楼のように進めば進むだけ 遠くなり そして姿形をかえる。目標を達成しなければ ならない 的 [続きを読む]
  • 可能性
  • 可能性は無限大とかいうが 現実には24時間と 個々の体力があるから どうしてもそれに制約される。これが個人の限界可能性はまだあると思い 1人でムリしてきたけど 1人でやる分には 可能性は限定される。意識を高める為に この言葉はよく使われるが 加齢ということもあり 20台や10台のような 無限感はまったく無い。そもそもそこで 感じる無限感は 妄想だから時間が限られていることが理解しきれないから 無 [続きを読む]
  • 品格
  • 目の前の 価格だけ 見て 値段をたたくような 行為をする人間はクズだと思う。品格もデリカシーも 人間性もない、価格というのは見えない部分がある。例えば ネットで手に入る価格と 今 店頭にある価格を同一でみてはいけない。大型のものであれば 家まで 宅配してくれることが込みかどうか もあるが手にとって 確実にいますぐ 自分のものになることと明日おそらく いや間違いなく届くだろうというのは 違う。目 [続きを読む]