エジ さん プロフィール

  •  
エジさん: 銀色眼鏡
ハンドル名エジ さん
ブログタイトル銀色眼鏡
ブログURLhttp://argent47.blog.fc2.com/
サイト紹介文多肉植物と鉱物収集とカメラの話題を気ままにつづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 203日(平均4.0回/週) - 参加 2016/10/09 20:22

エジ さんのブログ記事

  • 最も身近な花畑
  • 庭やベランダに植える花は、どこで買いますか?うちは、ホームセンターや農協(JA)で買うことがほとんどです。家族そろって花好きなので、この季節の庭は花畑になります。ラベンダーやマーガレットが咲き誇る、メイン花壇。毎年、キュウリやトマト等の野菜を植えている菜園だったのですが、連作障害を防ぐために今年は花だけ育てることにしました。この花壇の中には「ホオズキ」も植わっているので、同じナス科のトマトは完全に連 [続きを読む]
  • 多肉の真ん中
  • 多肉は植物なので、当然上へと伸びていきます。その伸びる中心を「生長点」と呼びますが、これを真上から見ると面白いです。 ※ 植物の場合、「成長」ではなく「生長」とも書きます。きれいな幾何学模様だったり、葉がぎゅっと詰まっていたり。これは「P.フィディー(センペルビウム)」。真ん中はぎゅぎゅっと葉が詰まっていて、何かが入る隙間もないくらい。ここから新しい葉が外へと広がります。最近、生長点が少し上にふくら [続きを読む]
  • もうすぐ咲きます
  • 今日は朝から風が強いです。台風1号が発生した影響……ではないでしょうけど。庭のフジの花が咲きそうです。今年こそはちゃんと撮ると決めているフジ。連休中は天気が微妙な日が多いようですが、なんとか晴れた日に咲いていてほしい。エビネも咲きそう。こちらはやや日陰を好む性質なので、庭の中でも暗がりに植わっています。写真を撮るには、あまり暗いのは好ましくないのですが。そこは、腕の見せ所でしょうか。花といえば、多 [続きを読む]
  • シャクナゲの成長
  • 我が家では多肉植物だけでなく、庭でもいろいろな植物を育てています。この時期は花を咲かせるものが多く、成長がとても楽しみな季節。そんな中、多肉とは比較にならない驚異的な成長を見せるのが、このシャクナゲ。現在、高さは1mに少し及ばないくらいまで成長しました。葉もたくさん茂っていい感じ。先端にはたくさんの花芽もついていて、今年も期待できそうです。4月6日の記事でシャクナゲの芽が出たと書いた時は、まだこんな感 [続きを読む]
  • グリーングリーン
  • ぼちぼち新緑が楽しめる季節。多肉も例外ではなく、新芽が次々と出てきています。こちらは「ミロッティ(カランコエ)」。夏型のミロッティは、この時期から活発に動き出します。昨年中にできた葉は濃い緑色ですが、今年にできた葉は白くふわふわ。太陽の方を向こうと、毎日くるくる向きを変えています。--------------------庭に地植えしている「ツルマンネングサ(セダム)」も驚異的な成長。昨年の夏に、「たった1本の子株」を [続きを読む]
  • 花の移り変わり
  • 今週が終わったら、ゴールデンウィーク。連休中は、あちこち写真を撮り歩きたいと思います。--------------------春は桜、菜の花と、きれいな花たちが目を楽しませてくれます。でも、気温の上がり方と比例して、花の移り変わりも結構早いようで。花壇の一角を彩ってくれた「ムスカリ」も、そろそろ終わりのようです。私は青系の花が好きなのですが、青い花って少ないんですよね。そろそろクレマチスやオダマキが咲く頃なので、次に [続きを読む]
  • 復活の瑠璃晃
  • 通算閲覧者1000人到達しました。いつも見に来てくださる方、ありがとうございます。人気ブログには遠く及びませんが、これからも細々と続けていきます。--------------------昨年の晩夏に植え替えしてから不調だった「瑠璃晃/スザンナエ(ユーフォルビア)」。根元が茶色く枯れこんで、「もうダメか」と思いつつ水を減らして様子見。それが、ようやく復活の兆し。頭が明るい緑色になり、成長を始めたようです。瑠璃晃は根が弱いそ [続きを読む]
  • 若緑を増やそう
  • さて、植物たちにとって過ごしやすい季節となりました。そうなれば、やることはひとつ。ガーデニング作業開始です。今日は、「若緑(クラッスラ)」の挿し芽をしました。今育てている若緑は下の方がだいぶ固くなり、黄色くなった葉がポロポロ落ち始めました。これは木質化が始まっている兆候なので、その前に頭をバッサリ。こんな感じで、浅鉢にぷすぷすっと挿しました。若緑は増えすぎて困るくらい簡単に挿し芽ができるそうです。 [続きを読む]
  • 花の季節
  • 朝は少し肌寒く、いまだ通勤時にはコートを着ています。でも、着実に暖かくなり植物たちは一斉に花を咲かせています。「ライラック」も枝先に小さな白い花をたくさん咲かせて。春はカラフルな花が多く見られますが、白い花は落ち着いた雰囲気がいいですね。目線を下げれば、野には小さな小さな花がたくさんあります。これは「オオイヌノフグリ」。大人になると目線が高くなり気づきづらくなりますが、子供の頃はこの花ばかりを摘ん [続きを読む]
  • 名も知らぬ花
  • 昨晩はすごい大雨でした。最近植えたばかりの植物たちが、雨で流されたりしないかと不安でしたが……。今朝庭を見てみたら、特に何の問題もなかったです。植物強い!ところで、よく花を撮り歩くのですが、名前のわからない花をたまに見つけます。例えば、この白い花。イチゴのような花ですが、背丈くらいの低木に咲いていました。きれいで特に香りはなかったのですが、何という名前なのだろう。それと、こちら。チリチリの小さい花 [続きを読む]
  • 変化のない寄せ植え
  • 春は、多肉の植替え適期と言われています。それなのに、植替えたり寄せ植えにした多肉たちがあまり元気ではありません。植替えせずに、ずっと外管理な「プレリンゼ(エケベリア)」は、こんなに元気。外に出した頃は葉が開ききっていましたが、内に丸まっていい感じ。葉も密に出てくるようになりました。一方、寄せ植えは……。なんか汚い。植え方が下手なのはもちろんですが、紅葉がいまだ褪めてなかったり、葉が汚れ気味だったり [続きを読む]
  • さよなら春
  • 今日はお花見をしました。と言っても、桜の花を撮りに行ってきただけですが。ソメイヨシノは、もう終わりですね。今年は雨ばかりで、まともに桜を楽しむこともできませんでした。しかも、明日は大雨だとか。これは確実に今日が見納めになりそうです。我が家の庭の桜は八重桜で、ソメイヨシノが散る頃に咲き始めます。今年はソメイヨシノが遅かったので、見頃がちょうど重なりました。カイドウもつぼみが膨らみ、ぼちぼち開花かとい [続きを読む]
  • 小さな願い
  • 今月はお仕事が大忙し。これまで仕事は順調だったはずなのに。先月くらいから叱られたり、泣いたり、へこんだり……。ちょっと良くないことが続いています。上司も同じ気持ちのようで、「休み中にお祓いしてもらおうかな」なんて言ってました。そのうち良いことあるさ。そう思って今は頑張っています。……何か楽しいことないかなぁ。今、ひとつだけ小さな小さな願いであれば叶えてもらえるのなら。決まって週末に天気が悪くなるの [続きを読む]
  • 深夜の激烈な腹痛
  • 最近は仕事が忙しく、毎日帰宅が23時をまわります。しかも通勤に時間がかかるので、毎朝6時には家を出る生活。とてもつらいです。これが、しばらく続くと思うともっとつらいです……。帰りが遅いと、必然的に夕食も深夜になるのですが。昨夜、これをマズいなと思わせる経験をしました。夜の1時頃、腹痛で目が覚めてウトウトしていると、急な激烈な痛みに発展。トイレへ駆け込むも、20分ほど経験したことがない痛みが続きまし [続きを読む]
  • 花の終わりに
  • 昨日は束の間の晴れ。午後だけは太陽を見ることができました。春に雨が多いのを「菜種梅雨」と言うそうです。火曜日までは雨のようですが、それ以降は曇りがちながらも回復するとか。ようやく春の陽気を感じられる日になるのかな?道端や畑では、菜の花が満開。ミツバチたちも大喜びですが、いつの間にか終わりを迎えつつあるようでした。菜の花って、そんなに花期の短い花ではなかったはずですが。雨でちゃんと見ていられる日が短 [続きを読む]
  • 温室植物/家建てたい
  • 雨続きなので、少し前に撮った温室植物の写真をご紹介。撮影場所は、いつものお気に入り「西山公園」です。こちらは「ビカクシダ」。鹿の角みたいだから、"ビカク"というそうです。鹿と書いて"ビ"と読むことを、この植物の名前から初めて知りました。丸い玉のようなところから、立派な葉っぱが次々出てくるあたりが面白いですね。着床植物で、エアプランツのように吊るして育てることができるそうです。よくドラマに出てくるお金持 [続きを読む]
  • 寄せ植えのお手本
  • 私の"行きつけ"のスポット、愛知県豊田市の「西山公園」。ここには鑑賞温室があって、熱帯植物や多肉植物がたくさん植えられています。そんな中に、とても感じのいい寄せ植えがありました。壊れた大鉢に、たくさんの種類が所狭しと植えられています。鉢の中で土が斜めになっているようで、全体に日が当たりやすいよう工夫されています。壊れた鉢を使ってるところが、"長い時間が経った"ような演出になっていて素敵でした。うちにも [続きを読む]
  • たくましきセダム/あなたは誰
  • 我が家では、基本的に多肉植物は室内管理。でも、もちろん庭に地植えされたものもいます。マンネングサも、れっきとした多肉植物。冬の間は枯れた茎だけが見えていましたが、春になって茎から新芽がわらわら。枯れていると思っていた茎も、実は芽を出す準備をしていたのですね。あっちこっちで、わらわら。環境さえ良ければ、毎年倍々ゲームで増えていきます。冬に地上部がなくなるのは残念ですが、春から夏にかけて爽やかな色で楽 [続きを読む]
  • 芽吹きの季節
  • 最高気温が20℃を越えるようになりました。4月下旬の暖かさだそうです。東海地方では今日にも桜が満開だそうです。今日の夜からはずーっと雨の予報なので、桜を楽しむなら今日が最後ですね。我が家でも、暖かさを感じてか芽吹きラッシュが始まりました。こちらは、「シャクナゲ」の新芽。シャクナゲは冬に入る頃にバッサリと根元から切ってしまいますが、春にはこのとおり赤い新芽が元気に飛び出します。まるでタケノコ。こちらは [続きを読む]
  • 寄せ植えの今
  • 先週末に鉢数を減らすために、いくつか寄せ植えにしました。以前はだいぶ隙間の多い寄せ植えでしたが、今回はなるべくたくさん詰めてみました。うーん、それでも隙間が目立ちますね。まだ気温が上がり切らない日に撮ったので、紅葉が褪めていないものも多いです。寄せ植えた種類は、次のとおり。 ■虹の玉/セダム ■乙女心/セダム ■新玉つづり(ビアホップ)/セダム ■ブロンズ姫/グラプトペタルム ■朧月/グラプトペタ [続きを読む]
  • 街中の拾い物
  • 後半は昨日の出来事を綴っています。興味のない方もいるかもなので、まずは多肉たちの様子から。「リトープス」たちの脱皮状況。暖かくなってきましたが、脱皮はゆっくり進行中。半分くらい脱皮できているようですが、なかなか完了しません。-----信楽焼の3.5号鉢に植え替えた「千代田の松(パキフィツム)」。窓際で黄昏てもらってます。-----花を切られた「ヘルバセア・ボスフォンテン(ハオルチア)」。ついでに植え替えてしま [続きを読む]
  • 八千代の今昔/緑の芳香
  • 昨日は一日中、とてもいい天気でした。2週間ぶりに、鉢底から溢れるほど水をやりました。これからの季節、2週間おきにはたくさん水遣りしたいですね。春の日差しに、我が家の「八千代(セダム)」もご満悦。だいぶ下葉が落ちて、背が高くなりました。下の方は少しずつ木質化も始まっているようです。半年前は地面すれすれまで葉がありましたが、今は地面から3cmくらい茎だけになっています。前は葉の間隔が空き気味でしたが、だ [続きを読む]
  • 乙女心の色が好き/私の闘い
  • 「乙女心(セダム)」が大好きです。何度か挑戦しては、徒長させたり枯らしたり。セダムって丈夫なはずなんですが、乙女心はなかなか素直に育ってくれません。名前のとおり、少し分かりづらくて面倒な子のようで。でも、このパステルグリーンというか、メロンソーダのような薄い緑がいいんです。葉先の薄紅ももちろんカワイイのですが、全体的な色合いが好き。作りものみたいですよね。--------------------同系色に、「熊童子(コ [続きを読む]
  • 温室はいつも常夏
  • 今日もしとしと雨です。暖かくなったと思えば、足踏みどころか逆戻り。少し残念な新年度となりました。でも、温室ならそんな天気も関係なし。いつだって夏のような暖かさ(時に暑い)です。ポインセチアだって。ブーゲンビリアだって。こんな季節でも楽しめるんです。自宅に温室が欲しいですが、本格的なのは無理。新しい家を建てる時は、せめてサンルームは作りたいです。--------------------ちなみに、上の写真はいつも行く「西 [続きを読む]
  • 足の遅い春
  • 今日はあいにくの雨。明日も天気はよくないようで。土日は多肉たちに水遣りをする予定でしたが、日が出ないと徒長が心配です。でも、しっかり水をあげたのは2週間前なので、そろそろあげないと……。というジレンマに陥るような微妙な天気が続いています。--------------------今年の春は足が遅く、まだどこかで足踏みをしているようです。ひとつ良いことと言えば、冬の花が長く楽しめることでしょうか。名古屋市では歩道に花壇が [続きを読む]