たいせい さん プロフィール

  •  
たいせいさん: たいせいの中学受験チャレンジ日記
ハンドル名たいせい さん
ブログタイトルたいせいの中学受験チャレンジ日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/tono1248/
サイト紹介文2020年月に中学受験予定です。啓進塾に3年生9月より入塾しました。徹底的な戦略で合格を目指します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 316日(平均3.5回/週) - 参加 2016/10/09 22:16

たいせい さんのブログ記事

  • 成長を感じた日
  • 今日は所属する少年団のU12招待試合でした。妻と会場のお手伝いをしました。途中から去年卒団したOB(中1)が応援に来たのですが、たった半年でいろんな面で大きく成長していてビックリ!。小学校から中学にあがると蝉が脱皮するように「大きく成長」するんだなと実感したのと、きっと自分も子供のことで本当に熱くなるのは小学校卒業までなんだと思うとなんだか切ない気持ちになり、(サッカーと受験が終わると抜け殻になりそう [続きを読む]
  • 文句の一つも言いたくなる
  • 今日から夏期講習後半戦。持ち帰ってきたプリントの多さに辟易。中学受験進学塾はなぜかレベルの異なるすべての生徒に対し、画一的←ここポイントに大量のプリント配って+親に負担を押し付けるだけの簡単なお仕事だなぁと文句の一つも言いたくなります!!プロなら学力向上+志望校合格コミットしろ!(正直、サイパーとか四谷大塚の問題集やっていた方がよっぽど効果的。)どうやら我が家の通塾の位置づけ(どの塾を選択しても [続きを読む]
  • 豆電球と電池 自由研究終了
  • 先週木曜日からの少年団合宿→本日まで帰省と約8日間ほぼ勉強から遠ざかっていました。今は(特に算数・理科)解き方を覚える勉強ではなく、地道に自分なりの解法を発見する勉強が出来ればと考えいるのでこの夏はいろんな実体験ができ、本人もこの夏は「楽しい!充実している!」と満足そうです。 今日は自由研究課題と塾の夏期講習のテスト対策の二兎を追って理科の実験を実施しました。(基本11回路はすべて息子が自作しまし [続きを読む]
  • 秋の気配
  • 今日は朝5時から次男と次男の保育園時代のお友達と山梨までクワガタ採取。(東名と圏央道が繋がったおかげで1時間強でついてしまいます。)目標の100匹は届きませんでしたが、深山、ノコギリ、コクワの五目採取で合計80匹GET。今回は深山、ノコギリのペアが交尾しているところも見れてよい経験になりました。取ったクワガタは次の世代に循環できるようメスは山に放してきました。自分も子供気分に帰れる毎年恒例のクワガタ採取が [続きを読む]
  • 算数:復習+やり方を覚える勉強方法
  • 2月くらいに算数の講師にある件で電話した時、①復習+公式に縛られる②復習のしすぎでやり方を覚えてしまう勉強方法についてだいぶ否定的でした。(やり方を覚える方法だと初見の問題に対応できなくなる。)その頃はあまり意図がわからなかったですが、最近その意味がようやく理解できました。算数に限ってはおそらくこの方法だと復習テストは成績が取れるのに、受験が近づくにつれ実力テストでは点が取れなくなってしまいます。 [続きを読む]
  • 妻の心配事項
  • 妻から心配事項を打ち明けられました。 ①受験ママみたいにあれもこれも先回りしてお膳立て、自分のことは棚に上げて、エゴの押し付け、ギャンギャン子供に文句ばかり言っていると自分で判断できなくなってしまう。 ②合格したとしても「自分の意志ではなく、親に言われてやっただけ」といつか何らかしらの言い訳に使われる。(父の性格に似ているので、親が意図した道からは外れる。) ここは真摯に受け止め、息子の意志・自分で [続きを読む]
  • 潮流
  • 今日から4日間息子がサッカー少年団の合宿で不在です。厳しい練習そして仲間と至福の時を過ごし、人として一回り成長して帰ってくることを楽しみにしています。さて、ITの現場の最前線にいると大きな変化をヒシヒシと感じていますし、日本的な垂直統合モデルが通用せず、技術をもった会社の下剋上が期待できるのでわくわく感もあります。 ・EV・IoTによるネットワーク化の進展・ロボット(効率化)活用・買い切りモデルから課金 [続きを読む]
  • 豆電球(電気回路9種類)+(2種類)
  • 電流関係は実体験で体験しないとなかなか理解できずらいので、ホームセンターで豆電球とソケットを購入して二人で基本9回路を自作。塾のプリントと四谷大塚の問題集はほぼ正解することができました。二兎を追って自由研究で発表する予定です。 残りの2回路(豆電球の並列と直列の組み合わせ)は自作したのですがどうしても並列側の電球が光らず・・・途方に暮れています。どなたかなぜ光らないか教えていただけないでしょうか! [続きを読む]
  • 四谷大塚練習問題集(上)一回目終了
  • 塾で習っていない単元(鶴亀算等々)以外に関して四谷大塚 練習問題集(上)が終了しました。 概ね8.5割の出来。やはり「等差数列」は6割の出来と際立って理解力不足なので再度サイパーシリーズで基礎固めを実施することとします。その他、国語、理科、社会は日々知識問題の取り組みを強化していますが、やらされ仕事的な課題を終わらせることが優先になっていて力がついている状況ではないです。(これじゃ伸びないなあ・・・ [続きを読む]
  • 夏期講習スタート、算数は早くもエンジン全開
  • 本日より夏期講習スタート。どうやら少しクラス替えがあった模様塾からの課題は予想通り国語の漢字程度だったので、時間的な余裕がかなりあるこの4年生の夏休みを活用し、息子と私の中学受験勉強の根本的な「型」を形成し、確立していく、そしてその型を「習慣化」し統合戦略、作戦を固めていく。どんなに息子が勇戦・力投してもここがまずいと戦略のミスは補えない。親として根本的なことを見定める夏と覚悟を決めています。 算 [続きを読む]
  • 見てはいけない現実
  • いましがた会社からの帰り道。下の子の同級生の6年生S通いのお兄ちゃんと駅で会いました。(9時45分くらい?)同じ塾に通っていると思われる女の子も5人位見かけました。拘束時間が少ないSでも6年になるとこんなに遅くまで通塾しなければいけない厳しい現実を見てしまいました。 小学生が夜10時くらいに帰ってくるってどう考えても異常・・・とは言っても自分自身も「中にいると」そのうち「異常が正常」に変わるんだろうな・・・ [続きを読む]
  • 単なる習い事ではないサッカー
  • 3連休日曜・月曜朝から晩まで市で開催されたサッカー5年生大会に出場しました。他県・他市からの招待参加もあり総数32チームでの戦いです。普段人数が足りず3年生に助けてもらっているのでこの大会は5年生を助ける番です。大会2日目の今日。暑さの影響で熱中症になってしまった5年生選手が数人でてしまい4年生主体で戦いました。結果は負けてしまいましたが、圧倒的な不利な状況でも全員のチャレンジ&カバーで互角の戦いができま [続きを読む]
  • 角川まんが学習シリーズ 日本の歴史
  • 本日の算数練習をもって上期が終了しました。早いもので2020年2月1日まで約六分の一を消化しました。最後の算数練習もなんとか45分で終わることができ算数は順調に進んでいます。息子の半年の全体的なレビューとしては小学校でもごく「普通の出来」かつ自宅での学習が「1時間強」の中「予想外の大健闘」といえます。私の反省点として前半戦はやや過干渉気味で伸びる障害になっていたこと(修正済 現場にはあまり口を出さない。や [続きを読む]
  • 2か月ぶりの月次テスト結果
  • 先月は学校公開のため欠席したため、2か月ぶりに受けた月次テストが本日帰ってきました。全体的な印象はやや平均点が低いなあと感じました。そんな中、本人が自信をもって100点狙っていた算数は惜しくも届かず・・・「今回は残念だけどいい経験ができた。次回は絶対100点取りに行く!!」と意気込んでいます。理科は応用自在と公文の問題集で基礎的な学習方法を確立しつつあるので満足できる点数。社会は相変わらず学習方法が確立 [続きを読む]
  • コバンザメ戦法
  • インターネットの発達のおかげで私は、投資、中学受験等々「コバンザメ」戦法(他人のいいやり方をマネする。=マネシンボ作戦)を取り入れています。投資に関しては10年以上前にインターネットの掲示板で知り合った方のやり方をうまく真似して大成功を収めました。また中学受験算数においても参考にさせていただいている方のやり方を真似して序盤戦はうまく機能しています。(ちなみにサイパーシリーズはコバンザメ戦法です。) [続きを読む]
  • 算数7段構え戦法
  • 金曜日に四谷大塚練習問題集が届きましたので、塾で習った単元を基礎問題ではなく「標準問題」中心に10ページほどやってみたところ8.5割は自力で解けましたので夏休みに向けて算数の学習スタイルがほぼ確立できそうです。夏休みで習った単元は当初の「四谷大塚基本練習問題」より上方修正し、「四谷大塚練習問題集」を完璧化(全問自力で〇を取る)することを目標としています。 方針:先取り、難問奇問は相手せず、塾で習った単 [続きを読む]
  • 毎週土曜日 算数演習
  • 毎週土曜日 無料算数演習は、プリントが終わった人から帰れます。10時45分目途にチャンレンジ問題まで終わらないと午後のサッカー練習に余裕をもって間に合にあいません。こればっかりは自分でやり遂げるしかなく、遅れたら「自己責任」だと本人も自覚している毎週超高速で終わらせて帰ってきます。 昨日は別事業所での打ち合わせだったのでTM駅で待ち合わせをしたのですが、下り方面が同じの何人かの塾生とみんな小学生らしい笑 [続きを読む]
  • 入口での親の「実績重視」がますます強まっています・・・
  • 子供の可能性が「未知数」だけに親がサッカー少年団においても自分が住んでいる地域の少年団ではなく、「勝てる」「強い」「小学1年からビシビシ鍛える」チームを選択する傾向が加速しています。素質が高い子がどんどん集めるのでどんどん強くなっています。一方、うちの子が所属しているチームは市内でも弱い部類のチームですのでどんどん過疎化が進んでいます・・・。中学受験塾も同様の現象が起きているのではないでしょうか近 [続きを読む]
  • 俺何したらいい?から挑戦と創造へ
  • 都会の子にありがちな「何か用意してあげないと何を したらよいのかわからないような子になる」のは危機的なので(時間を持て余し俺何したらいい?って親に聞いてくる子がどうやら多い。)夏休み、親が何か課すのではなく、自らがやりたいこと(課題)を掲げて挑戦と創造をしていくことになりました。①体操に挑戦(家から4Kmのスポーツクラブに自転車で通う。)②スケボーに挑戦③算数に関して、100点を取りたい。そのためいま [続きを読む]
  • 塾レビュー
  • 2月から約6か月経過しましたのでこのあたりで塾のレビューをしてみます。                〇フィットしていた点〇 テストでクラスや席順がきまるわけでないので精神的な負担が   少ない。〇 月テスト1回、また偏差値がでないため、テスト、偏差値に振り回  されることなく「親が」落ち着いて取り組める。(精神的に優位な状  況で日々過ごせる。)〇 やや宿題が少ない(時間にゆとりがある)ので、親が [続きを読む]
  • 誰かが教えてくれる場所ではなく、自らが学ぶ場
  • 小学校、サッカー少年団、塾は誰かが教えてくれる場所ではなく、自らが学ぶ場であることを再度意識付け。なんとなく行って、なんとなくやっているだけでは上達は望めなせん。  5月、6月と学校行事、サッカー公式戦が続いたので、自らが最低限の時間の中で、やるべきことを優先順位付けし月次テストに臨みました。今回は先回りによる「偽装点数」ではなく、本人実力の「素の点数」が出ますので、存分に失敗してもらい失敗から自ら [続きを読む]
  • 大人が消えると子供は考え始める
  • 土曜日の公式戦、僅差で負けたけど強豪相手に非常に良い試合ができで大満足だったと興奮気味に報告してくれました。私が嬉しかったことは勝ち負けではなく、内容で満足していること、また、チームメイトの活躍を賞賛していたことです。4年生になりサッカーでは私は子供から離れ、やっていることを「褒める」のではなく、「認める」ようになったらどんどんなにをすればいいのかを自分で考えるようになってきているようです。コーチ [続きを読む]
  • テストの考え方
  • 今の時点では「偏差値が出るテスト」はあまり意味がないと考えています。中学受験塾では週、月、クラス分け、等テストが多すぎ。客観数字が出てしまうのでどうしても振り回されてしまう方も多いのでは??。(そもそもなぜ中学受験塾にはテストによるクラス分けなんてあるんだろうか?大学受験塾のように対象校をコース分け(例:最難関コース、難関コース、中堅コース)し、生徒がコースを選択できないのはなぜなのか疑問を感じ [続きを読む]
  • 塾面談
  • 本日塾面談に行ってきました。中学受験のする唯一のゴールは志望校合格です。事前に志望校を伝え現在の能力からどの程度点数を取れそうかプロの視点で希望的観測なしにお願いしていました。開口一番結果を伝えていただきました。各教科の担任に過去問を分析いただいたようで結果は、算数8割、国語6.5割、理・社6割とほぼ私の想定する合格したいパターンと同様でした。(国語は塾の予想の方が高い。)今後どのような変化があっても [続きを読む]
  • 注目データ:合格者数ではなく、実進学実績が重要
  • 前にも大学合格実績は延べ合格者数ではなく、進学実績が重要とブログで書きました。(中学受験塾も同様にデータを開示していただきたいものです。) 昨年に引き続き、今年も本日発売の「週刊朝日」で有名大学現役進学者数総覧が特集されました。早速読んだところやはり中学偏差値50程度の私立中高は大学への出口のみの視点だとかける時間と費用、中高6年間一貫での先取りもむなしく費用対効果が非常に低いと言わざる負えない数字 [続きを読む]