たいせい さん プロフィール

  •  
たいせいさん: たいせいの中学受験チャレンジ日記
ハンドル名たいせい さん
ブログタイトルたいせいの中学受験チャレンジ日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/tono1248/
サイト紹介文2020年月に中学受験予定です。啓進塾に3年生9月より入塾しました。徹底的な戦略で合格を目指します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 225日(平均3.8回/週) - 参加 2016/10/09 22:16

たいせい さんのブログ記事

  • 算数ケアレスミス対策テストで早速実践したことと著作権問題
  • 本日は月例テスト日。先週から実施開始した「計算問題は必ず検算を行い、結果を?を問題用紙に書くこと」をテストで実践してくれました。人の話をよく聞き真摯に実行すれば結果は必ずついてきます。また理科は私が家庭実験で「意思入れ」したので前回よりは解けた感触とのことです。磁石、電気がそろそろ始まるので理科は「OJT」を徹底していこうと思います。 国語の物語文のよい問題集ですが、なかなか見当たりません。理由を考 [続きを読む]
  • 親の勝手な都合の押し付け
  • 塾の日はできる限り途中駅(急行から各停への乗り換え駅)で息子を出迎えるようにしています。彼はいつも一人で電車乗って帰ってきます。駅で私を見つけると本当にうれしそうな顔をします。その表情見ると本当に切ないです・・・。今日駅から自宅に帰る途中、「父の勝手な想いと都合で中学受験なんかに巻き込んでしまって本当に申し訳ない。」と謝りました。本人は「塾の授業は思ったより楽しいから大丈夫」と言っていますが、「 [続きを読む]
  • 計算問題ケアレスミス対策
  • まだまだどんでもない初歩的な計算問題のケアレスミスを犯しています。志望校の算数問題はそれほど難しくないので1問のケアレスミスが合否を左右します。幸いにして計算スピードはそこそこあるのでケアレスミス対策として、塾の課題である「毎日の算数」における計算問題(4問)の隣に「自分で□を書いて、簡単な問題でも検算を行う。検算がすんだら□に?チェックを入れる」ことをルール化しました。正解が当たり前なのでチェッ [続きを読む]
  • 「空気と水」からの今後の理科学習方針
  • 今週末塾のテスト範囲は「空気と水」。予想通りほとんど理解できていなかったので、「注射器」、「空気鉄砲」を自作、ペットボトルとストローを用意し、実際に自分の手で動かしてみて、結果がどうなるか体験学習で取りんだところ、少し理解が進んだようです。時間はかかるかもしれませんが、当面点数にこだわらず、理科は実験に基づく考察と、星や生物等自分の目で見て覚える学習方針としました。 [続きを読む]
  • ガチョウと黄金の卵と役割分担
  • 私立中、高に通うためにの小学5.6年の塾費用含め、8年間で900万程度必要です。子供1人あたり来年からざっくり月10万程度の出費となります。冷静に考えてみると「やっぱりお金かかるなあ」っていう印象。生活レベル落とさず、乗り切るためには給料から得られる金の卵に加え「黄金の卵を産むガチョウ」を大切に育てる必要性再認識しました。我が家でいう「ガチョウ」は株式投資から得られる「配当金」です。高財務・高配当銘柄を中 [続きを読む]
  • テスト結果
  • テストが帰ってきました。国算9割、社7割、理5割。国語が出来すぎでびっくりしました。「私は」N50弱の学校を第一志望として目標としています。じ国語は出来不出来が激しいため漢字や接続詞など基本問題をきっちりとれればOK、社理は意志入れて自宅学習はほぼ0としています。夏休みに一気に詰める計画です。したがって秋までは算数のみ平均点以上とれていれば全く問題ないのでテスト結果にふりまわされることなく基礎固めをして [続きを読む]
  • 第一志望校の説明会に参加申し込み
  • (私の)第一志望校の学校説明会があるので息子名義で申し込みしました、体験授業も予定しています。「子供のため」の中学受験ですが、一歩引いてみてみると実は「私のため」の中学受験「私のエゴ」に息子を巻き込んでいるのが正直なところです。(私の)第一志望の学校の説明会に参加して、息子自身が自分の進路選択のための判断材料にしてもらえばと思います。私立中学に魅力・意義が感じられないのであればその判断を尊重しよ [続きを読む]
  • コンビニたそがれ堂
  • 青山学院中学における入試国語で非常によい物語文の問題を発見しました。「コンビニたそがれ堂」から出展されていて出題文もさることながら作問も癖がなく非常にすばらしいです。あと2年後これくらいのレベルの問題が解けるようになっていることを期待します。「コンビニたそがれ堂」は自分も読みたくなってアマゾンで注文してしまいました。http://www.jh.aoyama.ed.jp/admission/examination/pdf/language_test.pdf [続きを読む]
  • またまたサイパーでよい問題集GET
  • 連休前に注文していた「サイパー約数特訓練習帳」が届いたので早速開始しました。この問題集(問題集というよりも数をイメージしていく感覚)を解いていくと簡単に頭の中で約数のイメージがつかめます。相変わらず小学生目線で工夫がされていて非常おすすめ問題集です。連休中は自分、妻の実家にそれぞれ1泊づつしました。義理の母曰く、長男は言われないとやらないタイプなので無理やりにでもがんばられせて私立に押し込んだ方が [続きを読む]
  • プリントに腹が立つ!
  • 塾からもらってくるプリントが多すぎる。多いのが問題ではなく、重要度がよくわからないのが非常に腹が立つ。授業で使用してものは捨てていいのか、また、できるまで復習が必要なのか?全くもって不明。塾は復習不要と言っていたので漢字以外は基本すぐに捨てているけど立ち止まって考えると、このやり方だどやりっぱなし(できた問題しか理解できていない)なので学習定着の観点からは戦術的によくない。こちらでマトリクス化し [続きを読む]
  • 中学受験という特殊な空気に流されないように・・・
  • 2月からの本コース開始後、3か月経過して改めて感想は、「中学受験という特殊な空気の中」で過ごしているなあ強く感じています。 空気に流されていると本質を見失いがちになり、戦略や作戦を決める自分の間違った判断を繰り返せば受験自体が失敗してしまいます。そこで失敗要因を洗い出し、考え方の再構築を行います。 ●失敗3原則と対応 ■戦略目的があいまい(私立中学進学が目的化)「特殊な空気の中では」どうして [続きを読む]
  • 宿題のレベル感
  • 塾の宿題で「毎日の算数」があります。計算問題4問、文章題2問で構成されています。秒殺で解いてしまうのでこの問題ができることでどの程度のレベル感なのか全くわかりません。(カリキュラムがないため。)四谷大塚の計算と一行、基本問題集、サイパーシリーズを活用して塾で習ったところを復習してますがどれも基本問題ばかりです。算数4月テストはかなり難しいそうな問題だったので今後自宅学習の深さをどのレベルまでの粒度 [続きを読む]
  • ゴールデンエイジの過ごし方
  • 今日の鳩マークフェアプレー杯。残念ながら予選敗退となりましたが、日焼けで真っ黒になった子供たちの成長した姿を観ることができました。何事にも代えられない至福なひと時です。朝早くからボランティア運営でこのような試合機会をいただきましたこと心より感謝申し上げます。試合終了後の挨拶時、担当コーチから「みんなそろそろゴールデンエイジになります。6年生くらいまで観たり教えた貰ったことがすぐに吸収できる時期、親 [続きを読む]
  • 本日のノルマ:塾での算数演習を30分で終わらせる
  • 今日は小学1年の次男が高津でサッカーTMなので朝から電車に乗って付き添い、休日なので長男は11時から少年団の練習。少年団の練習に間に合わせるためには10:30分には塾を出ないと間に合わない計算。算数演習はできた順に帰れます。事前に長男に状況を伝えノルマ通り終わらせることができ、無事少年団の練習に間に合いました。私も朝から自宅→高津→たまぷらで長男に少年団の荷物を渡すー高津→自宅と梯子して乗り切りました。次 [続きを読む]
  • あっという間に春が過ぎて・・・
  • 庭のミツバツツジも散って、5月に向かってオオムラサキツツジ、エゴノキの蕾が膨らみ始めました。あわただしく春が過ぎ、初夏に季節が変わります。そんな中、今日は3日目のテストでした。ここ半月IEEEの論文提出でかなり忙しく、ほとんど自宅学習をみていなかったので、今回のテストは素の実力がでるものと思います。問題もスピード含め徐々に難しくなってきており、春が過ぎてマラソンのようにそろそろ塾でも先頭集団、二番手集 [続きを読む]
  • 改めて・・・中学受験の知識は将来に対して効果が低いと実感・・・
  • 英語論文を執筆していて息子が社会人になるまでには確実に英語(外国語)、や論理的(MECE的)な思考ができることは差別化ではなく、必須要件になると改めて確認しました。中学・高校でやるような詰め込め式の英語ではなく、「生きた会話、論理的な文章が書けること」が求められます。文系中心としたレジャーランド化では到底国際競争に勝てません。個人的には中学受験と私立6年間の費用にかけるくらいなら、行くことが目的ではな [続きを読む]
  • 循環サイクル
  • 国際学会で論文投稿することになったので、夜は息子とリビングで一緒に勉強。こちらも必死に慣れない論文(英)を書いているので、「頑張ってね」と同情の声をかけてもらった。 来週の月テストに向け、妻に頼んで理科の復習(音関係)をしていたのですが、普段から好奇心や興味旺盛でないとなかなか本質を理解するのが難しい教科との妻の評価です。(中学生レベルの知識が早くも必要)土曜日の算数特訓の活用方法が見えてきたの [続きを読む]
  • ど真ん中
  • 春期講習の終了テストの帰ってきました。結果は「ど真ん中」。終了テストは私も妻もは体調不良でやめればと進言しましたが、本人の意思で38度の熱が出てる中テストを受けました。判断は本人に任せるようにします。うちは妻が結果(というか中学受験)に全く無関心なので本人もリラックスした環境で取り組めているようです。兄の受験勉強の副産物として小学1年の弟が朝早くに起きて公文の宿題をしていました。今日夕方からのサッカ [続きを読む]
  • スタンプラリーで意欲を引き出す
  • 子供たちのからの提案で先月からドラえもんのスタンプラリーを開始しました。10個集めたら2,000円分の好きなものが買えます。(二人ともベイブレードか本を希望しています。)スタンプラリーを始めてから毎日自分たちで作成した段ボールのスタンプの数を眺めながら兄弟で意欲的に課題に取り組んでいます。そういえば自分的にも「はやく勉強やれよ!」「なんでこんな問題できないんだ!!」という発言もすっかりなくなりました。&n [続きを読む]
  • 時間価値の最大化と現状までの課題に対する解決
  • ■現状までの課題の整理 ●算数 場合の数 △ →サイパーシリーズと四谷大塚基本練習問題集(下)+計算と一行 (下)で同じ短いスパンで問題を繰り返し練習●国語 物語文  × →なかなかよい問題集が見つからないので、当面いくつかの問題集から物語文のところをピックアップして、1日1題解くようにする。   →点数にはこだわらない。子供にはなぜその回答になるかを    問うようにする ●社会 グラフの読 [続きを読む]
  • 答えのイメージが頭に浮かんだ
  • 今日から毎週土曜日 無料算数演習が開始されたので、通塾は週3日となりました。塾は月に一回程度のテスト+通塾時の漢字と計算確認テストがある程度なので、カリキュラム、偏差値やテスト対策に追われることなく、塾で理解不足な部分をじっくり家庭学習で補うことができています。今日の算数練習で問題を答えのイメージが浮かんだので、15分で終わることができたと言っていました。塾と塾の毎算、サイパー思考力シリーズ [続きを読む]
  • 今の受験勉強を続けていくとグローバル競争には勝てない
  • 今日、トップからの新課題に対し、同僚と解決策を議論している際、IT化によってどんどん定型業務が減ってきていて、過去の延長線上、時間をかけて解決できない新たな課題に対処するスキルが必須だなと改めて感じました。現状の受験勉強スタイル(難解だけど実社会で全く役に立たない問題を出題して優劣を決める)だと閉鎖的な環境かつ、過去の延長戦上のルーチンワークをいかに早く処理かを競うならかなりの威力を発揮します。 [続きを読む]
  • 熱くなりがちな自分のための10の心得
  • ノルウェーサッカー協会の活動スローガンです。 自分もそうですが中学受験でも「子供の可能性と現実とのギャップ」に熱くなることが多いと思います。テスト結果で親が嬉しい悔しいのではなく、子ども自身が嬉しかったか?それとも悔しかったか?。受験をするのは子どもです。親ではありません。このことをいつも心がけるようにしています。 『親のための10の心得』 1.試合や練習を見に行ってあげましょう。  [続きを読む]
  • 場合の数
  • 春期講習で「場合の数」を習いました。飛び込みの影響で電車が大幅遅延し、授業に遅刻したので肝心なことをを聞きそびれていまったようです。場合の数は小学6年生で習うことと志望校の頻出問題ですのでおなじみ「サイパーシリーズ」を活用し公式に頼らず、図と表組で理解を深め繰り返し学習します。少年団でリーグ戦やトーナメント戦があるので、試合を題材にして子供が頭でイメージできるよう工夫をします。算数今のところやや理 [続きを読む]
  • 【物語文の読解】早期対策とそもそも論
  • 成熟度が低いうちの子の場合、物語文の読解は「なんとなく授業聞いて、なんとなく長文解いて、テクニックだけ仕入れてよくわからいまま出来たり出来なかったりする(水物科目)ことが容易に予想できるので、時間があるこの4年生のうちに良問を見つけて出来る出来ないのメカニズムの早期確立を図ります。小手先のテクニックや単に長文問題にトライするのではなく、なるべく短い文章で良質な問題をピックアップし、答えがあっていて [続きを読む]