かめろーど さん プロフィール

  •  
かめろーどさん: on a good day
ハンドル名かめろーど さん
ブログタイトルon a good day
ブログURLhttp://moser-dewalt.hatenablog.com/
サイト紹介文アラフォーローディです。他にdewalt工具について使用した感じなど書いてます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 256日(平均1.0回/週) - 参加 2016/10/10 13:19

かめろーど さんのブログ記事

  • ぐるり下北半島 その3 天下の奇勝 仏が浦
  • 海峡ラインと格闘すること数十分、ついに今回の目的地でもある仏が浦に到着!って、ここでいいのっていうくらい古ぼけた看板。どうやら枝道を下ると駐車場があるようで、おそるおそる下る…って急坂!多分10%越えの坂道。多分戻りは登れないな…と思いながら下ると駐車場。車二、三台。天気のせいもあるけどなんだか薄暗くてじめっとしています。駐車場の脇に遊歩道入り口、みたいなところがあるけど、仏ヶ浦とはどこにも書いてな [続きを読む]
  • ぐるり下北半島 その2 
  • 川内ダムヘの登りは、かもしかラインと名付けられており、渓流沿いの緩やかな登りを登っていく感じになります。途中の道では、時折車が通るだけ。虫の鳴き声と呼吸の音、カーボンリムがコォォォーと鳴る音。それだけが響く中、ペダルを回し続けます。そんな森の中を道は続きます。(なのに一人で歩いているおじいちゃんがいた…)途中、むつ市の天然記念物、銀杏木の大イチョウに出くわします。これ、樹名前半の"銀杏木"は、地名 [続きを読む]
  • ぐるり下北半島
  • 下北にいってきました。下北沢じゃないです。本州の最果て、下北半島です。半島ですが、ほぼ陸の孤島的な感じを醸し出してます。青森、八戸から車で二時間。強風でよく止まる電車も走ってますが、それも二時間。最果ての地に来た感が半端ないです。今回は、その下北半島の先の方(よく鉞(まさかり)と呼ばれるところですが、その鉞の刃の部分ですね)を走ってきました。走行距離151.5km、獲得標高1757m、走行時間7:45という [続きを読む]
  • LFJに行ってきました
  • La Folle Journee au Japon2017に行ってきました。略してLFJ,なんぞやという方はまずこちらをご覧ください。ラ・フォル・ジュルネ - Wikipediawww.lfj.jpwikiにもあるように、ラ・フォル・ジュルネ、とは「熱狂の日」と訳されてますね。2009年の"Bach is back!"から行っているのでかれこれ9回にもなります。きっと、行ったことのある方も多いのではないかと思います。今回のテーマは"La Dance"舞曲の祭典ということで、クラ [続きを読む]
  • リシャール・ヴィランク
  • ヴィランクが好きだった。千葉に越してきて、自転車好きの友達ができた。その時まで、僕は自転車について殆ど何も知らなかった。ロードレース、ツールドフランス、チューブラー、W.O.etc.それらが、確かに僕の人生を変えた。その頃はミゲール・インドゥライン、バスクの巨人と言われた男の全盛期だった。穏やかな人格者、という評判の彼に立ち向かうのは、キアプッチ、ツェーレ、ロミンゲル、そしてヴィランクだった。他 [続きを読む]
  • ウェア雑感
  • このくらいの時期はウェアのチョイス、難しいですね。夏物のペラペラのだと肌寒かったり、といって冬物はtoo muchだし。海外サイトでは秋冬物の投げ売りが始まってますね。またribbleでcastelliのperfetto light とnano light bib short買いました。合わせて17000くらい。あとアマゾンで品切れ中のknogのベルを2つ。買ったもののすぐ暑くなって着る機会ないかも。でもミッドシーズン用あるといいんだよなぁ。どうせ秋口には必要 [続きを読む]
  • ひさびさセンチュリーライド(但し、mileではなく、km)
  • ようやっと自転車シーズン本番ですね。もちろん自転車を愛する人なら、冬の間も自転車乗りまくっていたでしょうね。とはいえ、これからはレイヤリングにあまり気を使わなくていい時期ですから、気軽にライドできるということは喜ばしいことです。今回ひさびさにセンチュリーライド但しkmで、をやってみました。結果は…_| ̄|○…脚力が明らかに落ちてることを痛感させられたライドとなりました。3/23に走ったのですが、ま [続きを読む]
  • ご無沙汰です
  • 前の記事から1ヶ月も空いてしまいました。自営業者のみなさま、確定申告は無事終わりましたでしょうか?わたくし、何とか終わったものの税金がっつりでした(T_T)ま、すんだことはいいとして(よくない)その近辺で風邪を引いたりして、ここのところ自転車にのれてませんorzさてさてワールドではサイクルロードシーズンが開幕してますね。去年のツールからjsportsオンデマンドに入会したので、今年は頭から観るぞー!と意気込 [続きを読む]
  • サイクリングデータのログ(sigma rox 10.0 &STRAVA )
  • その昔、自転車を始めた頃と今では色々なことが大きく変わってます。ふと考えると、もう二十年前、昔友人二人と3人で伊豆を一周(千葉から自走)した頃、今では当たり前のことが何もなかった。地図は紙だったし、家に連絡するのは公衆電話、ライトはハロゲンですぐ電池がなくなり…当時古い自転車に乗っていたのでインデックスなしのダブルレバーだった。(ちなみに西伊豆にはコンビニがなかった!)テクノロジーの進歩ってすご [続きを読む]
  • ある晴れた日に。dhb classic roubaix ジャージ 
  • 少し前の記事でにdhbをはじめ、何点かウェアを購入したというものにコメントいただき、dhb classic roubaixジャージについて、質問いただきました。(ゆき さんありがとうございました!)裏起毛とはいえ厚手とはいえないので、最近あまり着てなかったので、2/21午後に着て走ってみました!どんな格好だったかというと、上からKASK Vertigoメットカステリ ニットスカルキャップカステリ ネックウォーマー(帽子にもなる)そ [続きを読む]
  • ボーラ(組み付け編)
  • さて、ボーラを愛車に装着しましたので、ご報告したいと思います♪ まずは、ホイールにタイヤをはめていきます。ハッチンソンのFUSION5、パナレーサーのr’Air。嵌め合いは、ちょっと固い。最後はタイヤレバーで押し込みます。(ちなみに、付属品に例のカーボンのレバー、ついてます。実はだいぶ前にショップの店員に勧められて買っていたので2セットあります(笑))あとはスプロケットの交換です。シマノはしばらくさわってい [続きを読む]
  • BORA!BORA!BORA!
  • 組み付けは終わったのですが、写真がまだ整理できてないので、間を埋めるために、「なぜ、BORAを選んだのか?」ということについてだらだらと書きたいと思います。まず、今のホイール状況は、Easton EC70SL (38mm)fulcrum racing7 (25mm)という感じ。フルクラムは練習用のいわゆる鉄下駄ですが、Eastonも、約1800g程で、お世辞にも軽いとは言えません。平地王国の千葉には向いてるかもね!けだし物欲というのは恐ろしいもの [続きを読む]
  • ボーラがうちにやってきた
  • campagnolo。それは、自転車パーツ界の巨人であり、生きたレジェンドである。かどうかは知りませんが、およそロード系を嗜む人間であれば、知らない人はモグリといわれても仕方ない、パーツメーカーという枠を越えて競技用自転車の歴史そのものともいえる、そんな会社。初代のトゥーリオ・カンパニョーロが雪の降るレースで峠越えの際、かじかんだ指でコグの交換ができず、その経験からクイックレリーズを考案し、その機構は今 [続きを読む]
  • ホビット族とは
  • 「…彼らは、小さな種族である。ドワーフ小人よりも小さい。背の高さが実際にはそれほど変わらない場合でも、ドワーフほどずんぐりも、がっしりもしていない。ホビットの背丈は、われわれの尺度でいえば二フィートから四フィートだが、現在では三フィートに達する者がほとんどない…ホビット庄のホビットたちについていえば、陽気な衆であった。かれらは明るい色どりの服を着て、ことのほか黄色と緑を好んだ。しかし靴はめったには [続きを読む]
  • 極東 PLUS one midi パッキン交換 その2
  • 省時間、省労力の極東産機 PLUS ONE midiですが、次第に明らかとなった欠陥がありました。それは、パッキンがことごとくへたり、漏れるということです。これは、糊タンクと攪拌機を接続するユニットなんですが、パッキンが二つあります。これが薄い、ペラペラのゴムパッキンで、やがて接続部分からのりが漏れ出しました。この二つは汎用品のゴムパッキン(水道用)に変えることで、解決しました。(でも薄すぎですよ、極東さ [続きを読む]
  • 極東 plus one midi パッキン交換
  • クロス屋です。クロスというのをどう貼るか、実はあまり知られていません。よくホームセンターで売られている糊付き壁紙というのは、クロスに粘着材がついていて、既存クロスの上からでも貼れるのですが、プロは使いません。ではどうするか。リフォームなどされた方は見たことがあるかもしれませんが、糊付け機という機械があり、その機械を使ってクロスに糊を付けて、貼る。という流れです。さて、この糊はどういうものなの [続きを読む]
  • Xperia XZインプレ その②
  • 前回の続きです。発熱性Z4といえば、SoCが原因と思われる、発熱問題がありました。使っていた個体も、ご他聞にもれず、爆熱。複数アプリを立ち上げて操作すると、途端にアッチッチです。(T_T)九州旅行の時もそうでした。旅行の時というのは、必然的にいつもよりもスマホを使うシーンが多くなります。 マップみたり、周辺のグルメスポット探したり、時刻表みたり、経路探索したり、写真撮ったり…いつもより、使うシーンが多い分 [続きを読む]
  • スマホ変えました。 Xperia Z4 →XZ ①
  • 一年半ほど使ったZ4を機種変しました。最新XperiaのXZです。1ヶ月程使っての使用感など書きたいと思います。アプリはそこそこ入れる方、ゲームは殆どしない、仕事でマップ系のアプリやカメラはよく使う。電話もよくかけるし、またよくかかってくる。環境としてはこんな感じです。ほかの方のように数値とか出してインプレするのはちょっと苦手(というか面倒)なので、あくまでいままでの使用機との比較(主に直近のZ4)にな [続きを読む]
  • 指輪物語
  • 先回の記事で、指輪物語の巻頭に書かれている、一つの詩を引用しました。いまは、ロード・オブ・ザ・リング といった方がわかる人も多いのでしょうけど。中学校の図書室、あまり人気のないコーナーにその本はありました。カラーの表紙には、何ともいえない迫力のある絵。それが、まだ新版になる前の指輪物語だったのです。旅の仲間。二つの塔。そして、王の帰還。トールキン教授が(作者のJ.R.R.Tolkienはオクスフォー [続きを読む]
  • 指輪物語 叙
  • 三つの指輪は、空の下なるエルフの王に七つの指輪は、岩の館のドワーフの君に九つは、死すべき運命の人の子に一つは、暗き御座の冥王のため、陰横たわるモルドールの国に。 一つの指輪はすべてを統べ、 一つの指輪はすべてを見つけ、 一つの指輪はすべてを捕らえてくらやみのなかにつなぎとめる。陰横たわるモルドールの国に。(J.R.R.Tolkien,瀬田貞二・田中明子訳 評論社 より) [続きを読む]
  • 追突
  • 先日(もう1ヶ月前ですが)、追突事故に遭いました。現場の帰りに信号待ちでの事でした。事故を起こしたのは若い男性で、ぼーっとしていたということ。軽でしたが、私の後ろの車(これも軽)につっこみ、その車がまた突っ込んできて…という流れで、完全なる玉突き事故です。最初の車はエアバッグ全開、バンパーは完全に脱落、クーラントダダ漏れという感じで、自走不可能状態。二台目は、そこまでではないにしても、中の人 [続きを読む]
  • 九州に行ってきました
  • 友人(同業者)が、福岡に引っ越したのは三年前。前から遊びに行こうと思っていた、そのときがきました。やはり同業の友人二人と奥様。そしてうちが二人。計五人でJetstar。安くていいねぇ。一人片道5000切ってる。ほんとに小さい頃、福岡に住んでました。Googlemapでみると、昔よく行った近所の中華料理屋がまだあった…!いってみたかったなぁ。すっかり福岡になじんだ友人のコーディネートで、屋台やら、佐世保・長崎、 [続きを読む]
  • サイクリング・エクスプレスの完成車組み立て
  • 友人のSさんが、サイクリング・エキスプレスでロードを買った。Sさんは、保険会社の代理店の営業をやっていて、仕事を含め保険のことでお世話になっているのだが、ロード仲間でもある。いままでは、解体屋から安く譲ってもらったアルミのアンカーに乗っていた。ただ、乗っているうちにポジションが合わなくなっていったらしい。股間に炎症が発生したみたいで、しばらくロードに乗れなかった。(僕はあまり経験ないですが、ロー [続きを読む]