sketchvn さん プロフィール

  •  
sketchvnさん: スケッチトラベル ベトナムブログ
ハンドル名sketchvn さん
ブログタイトルスケッチトラベル ベトナムブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/sketchvietnam/
サイト紹介文ベトナム在住者がおすすめするレストラン・グルメ情報や、とっておきの場所などベトナム情報をご紹介☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 345日(平均2.2回/週) - 参加 2016/10/11 12:50

sketchvn さんのブログ記事

  • ホーチミンのタクシー事情で知っておいてほしいこと
  • ホーチミンは、世界基準で見てもタクシー料金が安い街。初乗りが11,000 〜 12,000ドン、約60円程度と安価で、観光客が街中で利用する範囲であれば、数百円で賄えることが多々。日本だったら一人分のバス代くらいの金額です。 それを数人でシェアできるのだったら、安いですよね。しかも結構、すぐに拾えます。ここ数年で雨天時は競争率が上がり拾いにくくなりましたが、それでも便利。ドア to ドアでどこにでも行くことができてし [続きを読む]
  • 喧騒を離れての特別な休日を
  • ホーチミン市にお住いの人にはもちろんですが、リピーターが多いと聞くので、ホーチミン市に何回めかで再訪問される方へのおすすめ情報。 街を離れて、特別な休日を過ごしてみませんか? こちらのホテルは、ホテルに向かうところからスペシャル。ホーチミン市内の街中から車で15分ほどの船着き場にボートでお迎えに来てくれます。 そこから約30分ほどのホテルまで、ボートに揺られてサイゴン川の旅を楽しみながら向かいます。 [続きを読む]
  • ダック・ミートを手軽に麺で!
  • ベトナムは鶏肉をよく食べますが、アヒルの肉もよく食べます。アヒルというと、ちょっとびっくりされる方もおられるかもしれませんが、「ダック」といえばイメージが変わるのではないでしょうか。 そうです。北京ダックのダックです。日本では大変な高級料理。ですがベトナムでは。。。 北京ダックに使うような、5〜6キロサイズのダックの丸焼きが、1500円程度で日常の総菜屋さんで売られているため、日本人的にはダックの株が [続きを読む]
  • 裏路地の実力派ビストロ
  • 最近発展が著しい3区の、とある裏路地にあるレストラン。居住用のレジデンス併設のお店なのですが、こじんまりとしていながら、その内容がとてもゴージャスなお店なんです! 店内は豪奢すぎず、カジュアル過ぎずの頃合いで、気楽にランチに来るもよし、夜、しっとりとした雰囲気で食事を楽しむもよし、お仕事の打ち合わせなどに使うもよし。 一人でサクッとお食事に来られている方も多く、パソコンを開いてお仕事に勤しまれ [続きを読む]
  • ベトナムのお魚料理を食べたいなら?
  • ベトナムに遊びに来る方で、シーフードをお目当てにしている方は少なくないように思えます。しかし、ホーチミン市内は実は海からさほど近くないことと、外国人向けのお店も多いということから、華やかなシーフードとなると結構お高くついてしまったり。 もしくは、とてもローカルなお店だったら安いけれども、初心者にはちょっと行きにくいとか。そんな時に、頼りにしたいのがこちらのお店。 ニャチャンという港町から毎日新鮮 [続きを読む]
  • 空飛ぶお焦げ?!が人気のお店
  • 空飛ぶお焦げが人気のお店として、各種、ガイドブックなどに載っているお店ではありますが、そういう場面で有名なだけに、逆に敬遠している方がいらっしゃったりしませんか? こちらのCom Nieu Sai Gonというお店は、実はローカルの方からも人気のお店。内装も美しく、且つ、ベトナムのトラディショナルな雰囲気を醸しているので、旅行者はもちろんのこと、在住者が客人をおもてなしするにも適したお店です。 れんが造りに高い [続きを読む]
  • 今のうちしか食べられないかも?
  • Hu Tieu(フーティウ)という麺料理があります。御多分に洩れず、お米が材料の麺ですが、一度、乾燥させているのが特徴です。 そうすることにより、独特のコシを出し、輪郭をはっきりさせる効果があって、同じお米の麺でもフォーやブンとはずいぶん趣が違います。 そんなフーティウは南部の方でよく食べられている麺で、南部ホーチミン来たのだったら、北部が発祥のフォーより食べるべき料理と言えるかもしれません。 そんなフ [続きを読む]
  • 心ゆくまで火鍋を堪能!
  • 火鍋って、日本でも人気のお鍋の一つですよね。そうです、あの2種類のスープを陰陽デザインのお鍋に分けて入れて、いろんな具材を次々に炊きつつ楽しむお鍋。 中国のお料理だと思われてることが多いようですが、諸説の中にはモンゴル発祥という話もあり、「モンゴル料理」として火鍋を提供しているお店も多いようです。こちらも「モンゴル鍋と焼物の店」と看板に書いてあるようです。 ホーチミンでも飲食店のグループをたくさ [続きを読む]
  • 身近なベトナムの名産品!
  • ベトナムの農産物というと、多種類ある南国のフルーツ、コーヒー、そして最近ではMAROUさんで知られるところとなったカカオ豆、それにこちらのブログでも紹介したことがある、カシューナッツなどのナッツ類。色々と知られているところですが。。。 コショウ。これが実は、農産物の主力の一つ。コショウ自体は日本人も日常的に使っている調味料ですがその産地としてベトナムが有名です、というのはあまり聞いたことがない方も多 [続きを読む]
  • 旅行の初日にお勧め☆夜プラン!
  • 旅行の目的は様々かと思いますが、買い物を楽しむにしても、食事を楽しむにしても、まずは街の様子を知ってからじゃないと何かと大変。 そこで、旅の初日にお勧めしたいのがこちらの夜プラン。治安はそんなに悪くない、とはいえ、慣れない土地での夜歩きは気を使うもの。そこで、初日をこんなプランにしたら、翌日からの動きもスムーズになるのでは?と言うご提案♪ 市内の主要ホテルでしたら、ピックアップのバスがお迎えにあが [続きを読む]
  • 路上のおやつ③
  • おやつ、と聞くと、甘いお菓子を思い浮かべがちではないかと思いますが、本来おやつというのは、食事と食事の間の時間の空腹を満たすためのもの。 特に、東南アジアでは、一度の食事の量を少なくして、1日の食事の回数を多くする、という習慣を持っているところが少なくありません。 というのも、東南アジアは気温が高く、食べ物が傷みやすいですよね。食中毒の危険が日本のように涼しい時期が長い国よりずっと多い。 ですが、人 [続きを読む]
  • ヌクマムを使いこなせ!
  • ベトナムの代表的な調味料といえば、N??c m?m 。ニョクマム、またはヌックマム、ヌクマムなどと呼ばれる、日本でいう所の「魚醤」。 英語ではダイレクトに、フィッシュソースと呼ばれるこの調味料は、魚介類、特に小魚などに塩を加えて、ツボなどの容器に入れ、冷暗所で半年から一年ほど熟成させた後に上がってくる水分を調味料としたもの。 かつてベトナムの海沿いでは各家庭ごとにこのヌクマムが仕込まれていて、家庭ごとに [続きを読む]
  • シントー飲むなら、ベトナムらしく?!
  • ホーチミンは果物天国。日本では見かけない珍しいフルーツもあれば、おなじみだけど、日本ではとてもお高いフルーツがお手頃価格で食べ放題! …ではあるのですが。。。旅行者の方が泊まるのは、キッチン付きのお部屋ばかりではありませんし、キロ単位で販売されることが多いベトナムのフルーツは多すぎる。。。 ということで、勢い楽しめるのが、ビュッフェ形式のお食事の時だったり、レストランのデザートメニューにある、フル [続きを読む]
  • ベジタリアンをお洒落に気軽に美味しく楽しむ!
  • ホーチミンでのベジタリアンレストランの魅力はこれまでにも何度もお伝えしてきましたが、どこか格式張っていたり、日本人的には不慣れな事もあって様子を伺ってしまう所があったかもしれません。 しかしそれが、気軽なカフェのような外観で、お値段もお安く、且つベトナム料理がベースとなっていて美味しい、ということであればどうでしょう? サイゴン大聖堂や中央郵便局と言った観光名所からあまり遠くない位置にあるこちらの [続きを読む]
  • フランスの風をホーチミンで!
  • 以前、レタントンという日本料理屋さんがたくさんある場所にお店を構えていらしたのですが、一時、お店を閉じられて、たいへんに惜しまれていたこちらのガレット。最近、9月23日公園の近くに復活しました! ブルターニュ地方発祥のそば粉入りガレットは、クレープの前身とも言われますが、日本ではクレープの方がポピュラーで、美味しいガレットを食べられる機会が少ないかもしれませんが、それだけにこう言う機会は是非とも活 [続きを読む]
  • ゴージャスを楽しむならここ!!
  • 五つ星のホテルでも、気軽な旅行着で楽しむことができるのが南国・ホーチミンの良いところではありますが、旅行の最中に一度くらい、または在住者の方は特別な時に、きちんとドレストアップしてお出かけできるレストランを知っていても良いですよね♪ そんな時にオススメしたいのがこちら。 わーお、眩いばかりの豪奢な店内!予約して伺うと、まずはウェイティングバーにてウェルカムドリンクを振る舞われます。その時の混み具合 [続きを読む]
  • イカが主役のベトナム麺!
  • 日本人がよく知る「フォー」は北部の料理。南部では、フーティウが実は人気。 フーティウというのは、大元は中国の麺だったらしいのですが、ポルポト時代に、カンボジアに持ち込まれたものがさらにベトナムに持ち込まれ、プノンペン風のフーティウ=フーティウナンヴァン、として親しまれるようになったとか。 ベトナム料理としてよく知られているフォーやブンが生麺として扱われることが多いのに対して、フーティウは半乾燥から [続きを読む]
  • カニ、食べる?
  • ホーチミンと言うと、何となく海産物が豊富で安いイメージですが、実は海からそんなに近くはないのと、観光客や外国から来た在住者がかなり多いので、物価的には安くなく、シーフードはむしろ高級品、としているお店も少なくないです。 勿論ローカル向けのお安いお店もあるのですが、衛生面の不安を感じながら旅行先で食事をするのは中々リスキー。となると、せめて屋内のお店で、となるのですが、綺麗なお店は中々高い。 特にエ [続きを読む]
  • 500円で1日中、ビュッフェ天国?!
  • 中心街からは車で(渋滞でなければ)15分ほどの所にあるお店。ワザワザ足を運んでほしい理由は…? ・ビュッフェなので色んな物が楽しめる・ベトナムのローカル食材、商品を楽しめる・制限時間がなく、朝から晩までやっているので 時間の調整がしやすい などなどなのですが。。。なんと言ってもその価格。 お一人様、80,000ドン。約400円?! 税金とサービスが入って、最終的には99,000ドンになるのですが、それでも約500円。 [続きを読む]
  • 飛び切りゴージャスな朝食を!
  • ホーチミンに来たら楽しんでほしいのがビュッフェ。ホテルビュッフェからレストランビュッフェまで、その種類や傾向、価格の幅も実に広く揃っています。 そんな中でも飛び切りゴージャスな朝食ビュッフェを今回はご紹介しようと思います。 場所は市内でも唯一の「6つ星」を誇るレヴェリーサイゴンというホテル内のレストラン。 え?ホテルの格付けって星5つが最高じゃないの?と思われた方がいらっしゃると思いますが、一般的に [続きを読む]
  • Nuts Nuts Nuts !!
  • ベトナムのお土産として人気が高いのがナッツ!特にカシューナッツは世界的にも注目を集めているようで、最近では書外国でのブランドかが進んでいると言う話もチラホラ。 スーパーでも買えますが、市場などで量り売りをしているものを買うのがおススメ。特におススメなのは真空パックにしてくれる、Tan Dinh市場にあるA Muoi というお店。 ナッツ屋さんはかずあれど、真空パックにしてくれるお店は数少なく、こちらは日本人慣れ [続きを読む]
  • ホーチミンでUBERを使おう!
  • 日本では法律的な問題から利用が出来ないUBER。いわゆるインターネット配車サービスで有名な会社ですが、日本ではデリバリーサービスとして活用されているものの、タクシーの様な使い方はできないのが残念なところ。 しかし世界各地での利用者数はドンドン増えていて、将来はその運営スタイルがもっともっと生活に浸透して来るだろうと言われている画期的なシステムです。日本で使えないなら、対応している海外に出たときこそ試 [続きを読む]
  •  ツウぶって部位まで指定!手巻き生春巻き?!
  • ベトナムの方はなんでも巻き巻きして食べるのが好き。お肉やお魚等のお料理は、そのまま食べる事もありますが、なにかにつけて、葉っぱやライスペーパーで巻いて食べるお料理が多い。炭水化物もお野菜も獲れるからバランスは良いと思うんですけどね。 今回ご紹介するのは、Bang Trang Cuong Thit Heo(バン・チャン・クン・ティッヘオ)という、茹で豚とお野菜をライスペーパーで巻き巻きしていただくお料理。色々取り揃えている [続きを読む]
  • 貝料理のフルコース!
  • せっかく海外旅行に来たなら、せっかくホーチミンに住んでいるなら、ローカル色豊かなお店で食事をしたい。ローカル色豊かな食べ物を食べてみたい!と思われる方に、特にお勧めしたいのが。。。 『貝料理』 日本だと各シーズンに数種類ずつしか出回ることがない「貝」ですが、ホーチミンには、常時軽く十数種類以上の貝の種類があって、それぞれに合った調理法がいくつもあり、なんと貝だけでレストランのメニューすべてを賄えて [続きを読む]
  • 年中いつでもビアガーデン?!
  • ホーチミンは、多少暑さに環境があれども、基本的に年中夏です。ということは、年中ビールが美味しいんです。しかも世界水準で見てもトップクラスにビールが安い。ビールがとても身近な国。 お店によっては、フルーツジュースを使ったソフトドリンクよりビールの方が安い、なんてこともあって、節約の為にビールを飲もう、なんて笑い話があるくらい。 ライトな味わいのものが多いので、サクッと飲んでいき易いと言うこともあり、 [続きを読む]