法政大学文学部史学科卒の現役高校教師真田マサオ さん プロフィール

  •  
法政大学文学部史学科卒の現役高校教師真田マサオさん: 法政大学通信教育部を4年で卒業して高校教師になった
ハンドル名法政大学文学部史学科卒の現役高校教師真田マサオ さん
ブログタイトル法政大学通信教育部を4年で卒業して高校教師になった
ブログURLhttp://fanblogs.jp/universitydiary/
サイト紹介文リポート、学生生活、通信制大学を卒業する方法を紹介、今思えば苦しかったけど楽しかった4年間の大学生活
自由文法政大学の文学部史学科を通信課程で単位を取得し卒業、地理歴史、公民、中学社会の教員免許を取得して現在は現役の教師として働いています。4年で学士と教員免許をダブル取得する方法を伝授します。すべての合格リポート、卒業までの日々を紹介しますので、参考にしてください。また、2015年度から高校教師として勤務しながら、教員免許を増やすために、通信制大学に科目履修性として通信制ライフを再開しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 195日(平均2.6回/週) - 参加 2016/10/11 22:02

法政大学文学部史学科卒の現役高校教師真田マサオ さんのブログ記事

  • お金は無いけど大学卒と教員免許を取得する方法!通信制大学の勧め
  • お金は無いけど大学卒と教員免許を取得する方法!通信制大学の勧めお金が無いけど、大学に進学したい。とりあえず、大卒の資格が欲しい。こんな自分でも学校の先生になりたい。手っ取り早く、格安で大卒の資格を手に入れる方法とは?通信制大学に入学して卒業する方法が考えられます。私自身何でもっと早く知らなかったのかと思います。第2の人生のスタートは通信制大学しかない。│ 通信制大学の特徴〇通学制に比べて学費が格安 [続きを読む]
  • 仏像の歴史変遷とは‐文学部史学科日本美術史リポート
  • 仏像の歴史変遷とは‐文学部史学科日本美術史リポート 日本は外国の文化の接取のために仏教を取り入れる。その流れで、仏像も日本に入ってくる。仏像に人は何を求めるのだろうか。おそらく、安らぎや清らかさ、神秘性、ご利益感など、さまざまな概念を仏像に求めると思われる。 仏教という宗教はインドで始まりいろんな国に伝わっていく。国や地域性、捉え方の違いによって仏教は違った形で信仰されることになる。それは、仏像も [続きを読む]
  • 教職を続けながら複数免許を取得する方法!通信制大学へ入学しよう
  • 教職を続けながら複数免許を取得する方法!通信制大学へ入学しよう中学、高校の教師は各教科にわかれて採用がある。当然と言えば当然だが、中高の教師は自分が取得している教科でないと授業が出来ない。複数の免許を持っているほど重宝されることは言うまでもない。●複数免許を取得する方法→大学に入学して必要単位を習得するしかない。考られる方法は科目履修生として大学に入学する方法。当然、教師の仕事をしながら、通学生の [続きを読む]
  • ゆめをかなえるのはここから
  • ゆめをかなえるのはここから現在私は小さい頃からの夢をかなえて、高校の教師として働いている。しかし、それまでの道のりは波乱万丈であった。大学受験の失敗、進路変更、調理師としての社会人生活、厳しい修行、お店の経営、破たん、無一文、闘病生活など。一時期、私は人生のどん底を味わっていました。法政大学の通信教育部に入学した事が、夢をかなえるきっかけとなった。働きながら、大学卒と教員免許を格安で取得する事がで [続きを読む]
  • 西洋の哲学者たち‐文学部史学科‐西洋哲学史リポート
  • 西洋の哲学者たち‐文学部史学科‐西洋哲学史リポート デカルトの哲学史での位置付けは、デカルトが持つ精神、物質二元論や機械論的自然観などの思想が、近世哲学時代から近代哲学・近代科学へと移り変わる時代の根本的な基礎となったことであろう。近代哲学はデカルトから始まったと言っても過言ではないであろう。デカルトの二元論は絶対的な存在として神の存在を認め肯定している状態で、実態は精神と物体の2つであると考えた [続きを読む]
  • 教師の仕事とは?法政大学通信教育部教職課程、教職入門リポート
  • 教師の仕事とは?法政大学通信教育部教職課程、教職入門リポート  人間は知識なくしては生きていく事はできない。人間が自分の力で生きていくためには、さまざまな知識や技能を身に付けていかなければならない。子供の時なら、場合によっては、親が面倒をみてくれるために知識や技能がなくても生きていく事ができるかもしれない。しかし、将来自分自身の力で生きていくためには知識や技能が必ず必要となってくる。人間が生きてい [続きを読む]
  • リポートを書くときの基本的な考え方‐無駄を省いて、時間の節約
  • リポートを書くときの基本的な考え方‐無駄を省いて、時間の節約通信制大学には様々な目的で通われている人達がいます。◎通信制大学を早く卒業して、取得した資格をスキルアップにつなげたい。→不必要な事を省き的確に、必要な事だけを書く。│ 通信制大学を人生のスキルアップに考えているリポート作成で大事な事はいかに効率よく短時間でリポートを仕上げるか。テキストの中で、各設題に対しての記述はほんのわずかである。そ [続きを読む]
  • 誰にも言えなかった大学進学‐26歳の大学一年生
  • 誰にも言えなかった大学進学‐26歳の大学一年生法政大学文学部史学科に入学する事が決った。自分の条件にピッタリと合う大学で、この選択肢は結果的に正解であった。大学進学に関しては、年齢的なものもあり、親や知り合いには大学進学のことを黙っていた。定職に就かない若者に対して、世間の目は冷たい。話をした所で、馬鹿にされて、話は終わるだろう。また、入学した時点では本当に卒業できるのか、そして、教師になれるのか [続きを読む]