なっつ さん プロフィール

  •  
なっつさん: はちゃめちゃ同棲生活
ハンドル名なっつ さん
ブログタイトルはちゃめちゃ同棲生活
ブログURLhttp://www.koh15-28rui.com
サイト紹介文20代の急に始まった同棲生活。 「結婚ってなんだろう?」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供243回 / 181日(平均9.4回/週) - 参加 2016/10/11 22:23

なっつ さんのブログ記事

  • 同棲して束縛が厳しくなった彼氏
  • 付き合って数カ月後に同棲を始めました。お互いに好き同士で付き合い始めたのでかなり幸せな時間でした。仕事も同じで一緒に生活をしました。女の私は特にそれでも不満はありませんでした。まだ若く、男の人だと自分の時間を欲しがるだろう、友達と遊びたいだろうと思っていましたが、彼はそんな素振りも無く私とずっといました。私も彼と過ごす時間を望んでいましたので、お互いにその点の価値観は似ていたと思います。 しかし、 [続きを読む]
  • 一日一日の中に同棲して良かったと思えることがある
  • 同棲初めて良かったと一番最初に思ったことは、ありきたりかもしれませんが明かりのついている家に帰ってきたという実感だけで当時は嬉しいものでした。思えば一人暮らし歴も数年になっていたので、出迎えてくれる人もいなければ、真っ暗な部屋に帰る毎日だったので「ただいま」「おかえり」というコミュニケーションができるだけでも小さな幸せを感じることができたものです。それから数ヶ月もすれば、家事の分担でケンカに [続きを読む]
  • 顔が好きというだけで付き合うと痛い
  •  顔が好きでお付き合いすることになった。相手からのアプローチもあり、見栄っ張りの私は、友達にも体裁が良い割とイケメンの男と付き合うことにした。 しかし、本当に性格が悪い。その悪さは、言葉で言い表すことが出来ない。簡単に言えば、自分本位。自分中心。自分が一番いい男で俺に、逆らうやつはいないと変な自信を持っていた。 例えば、自分の都合で会う日も決める。そんなことは当然のような感じだ。おれの女なんだから [続きを読む]
  • 恋人と付き合うようになってからがっかりしたこと
  •  仲の良かった女友達と次第に親密になり、ちょっとしたきっかけで付き合うようになりました。最初は恋愛感情はなかったのですが、いつの間にか私の方が大好きになってしまい、どうしても付き合いたいと思い、告白し、成功しました。 しかし、実際付き合ってみると、意外と気づく点が多く、そのどれもががっかりするものばかりでした。まず、付き合う前は全く気にならなかったのですが、近くでみるとうっすらヒゲのようなものが生 [続きを読む]
  • ゲーマー彼氏
  •  この人はマメで気遣いのできる人だと思っていました。もともとゲームが趣味だということは分かっていました。彼の部屋にはゲーム機からその付属品、パソコンまでたくさんの機器がそろっています。 付き合ってラブラブ全開だったときは、私が寝ている間やいない時にゲームをしていました。そのころは私も全然気にしてなかったんです。だんだんお互いに慣れてきて落ち着いてきたころからゲームの頻度があがっていきました。 週末 [続きを読む]
  • 独占欲が強すぎる彼氏
  •  出会い系アプリで知り合った彼と意気投合し、出会ってから3回目で付き合うことになりました。お互いに連絡をマメにする方だったので、彼とはすぐに打ち解けて冗談なども言い合えていい関係を築けそうだなと思っていました。私と彼の実際の連絡のやりとりは仕事以外の時間には、チャットのような速さでラインをするような感じです。 付き合ってから2週間程経っていた頃、私は仕事帰りに急きょ友人と会うことになり彼にも一言メ [続きを読む]
  • 距離感を掴めない相手と付き合うのは一苦労
  • 岩手京都間という遠距離恋愛で付き合い始めたころ、まだお互いに自分たちの距離というのを実際に住んでいる場所の距離と呼応して、できる限り自分たちの内面については触れずにいました。ところが、それが彼女が東京へ住むことになり、京都東京間の距離に縮まり時々会うことが通例となって言ったころ、どうもお互いの距離感を近く考えすぎて、相手の痛いところを普通についてしまう時がありました。 最初は小さなボタンのつけ違え [続きを読む]
  • 彼女との距離が遠い
  •  今はその彼女とは別れてしまいましたが、その彼女と付き合わなければよかったと思ったことです。 当時の彼女は一人の時間が長かったせいか、自分のことしか考えてない子でした。いつでも自分を優先した僕のことは二の次。さらに僕がそのことつについていうと機嫌が悪くなってしまいました。結局いつも僕が折れるしかありませんでした。 中でも一番僕が許せんかったのは、僕が彼女の休みに予定を合わせて会った時のことです。彼 [続きを読む]
  • 逃げられない
  •  大学生の時、同い年の男性と付き合いました。とても優しく、家も同じ市内だったので、会いたいと思えば仕事前にでもすぐに会いに来てくれる方でした。でも、泣き虫で喧嘩をするとすぐに私が泣かせてしまっていました。どこか遠出がしたいと言っても道がわからないといい連れて言ってくれませんでした。調べろよ!と思ったりもしましたが、結局どこにも連れて行ってくれることはなかったです。 そんなある日、私とは合わないなと [続きを読む]
  • 付き合ってみてわかったナマケモノな彼
  •  飲み会で知り合った彼。私とは年の差が離れていて彼は大学生で私は社会人でした。学生と社会人では気が合わない感じもあるかなと思ったのですが、その時に思った気持ちは学生の割にはこの人は大人っぽいなと思ったのです。 年の差はありましたが、年齢なんて関係ないと彼に言われてお付き合いをする様になりました。付き合い始めは1週間に一度のデートで会うくらいでした。私は一人暮らしをしていたのですが、付き合い始めて2ヶ [続きを読む]
  • 独占欲の強い男
  •  初めてお付き合いをしたとき、私はまだ学生で彼氏はすでに社会人になっていました。私たちは同級生だったのもあり、初めは話も合ってとても楽しく過ごしていましたが、立場の違いから徐々にすれ違いが起きるようになりました。 私は学生だったということもありどちらかというと「男女に友情はある」と考える方でした。授業中でも一緒にグループを作って話し合ったり作業することがありましたし、サークルの中でも男女関係なく役 [続きを読む]
  • SNSでの出会いが良い出会いを生んだ
  •  現在、結婚を考えている彼女がいます。この彼女との出会いはSNSでの出会いでした。 この女性と出会う前、3年付き合った2つ上の彼女がいました。年上のほうが甘えさせてくれるし、付き合いやすいと思っていましたが、やはり男である自分が年下であるということもあってか、長年付き合っていくとどこか見下されているような気がしてなりませんでした。初めは優しかったのですが次第に口調も荒くなり、暴言も増え、ストレスになり [続きを読む]
  • 彼が私の人生を変えてくれた
  •  私は昔から、本を読むのが苦手で、その分語彙力や知識、会話力にかけていました。それを自覚しながらも、まあいいやと思ってしまっていたのですが、今の彼は、そんな私を変えてくれました。 彼はすごく読書する人で、色んなジャンルの本を読んでいました。しかも、本の数を稼ぐために、薄っぺらいビジネス書を何冊も読むのではなく、自分の中にインプットするために、同じジャンルの本を何冊も読み、それをノートにまとめて自分 [続きを読む]
  • 無言のおうし座。無言のうお座
  • 彼女との出会い私は、障碍児です。クラスも同じでも私は話すら出来ない臆病な男の子でした。しかし、障害の痛い足を引きずって積極的に走り回り異見をいう生徒でした。 あるとき、私はこの学校の余りの障碍者差別の改善のために校長と教育委員会に行きました。そして何とか協力して欲しいと頼んだのです。しかし、教育委員会も格好も話にも載ってくれず途方に暮れながら一人どうしたら分かってくれるのか作戦を練りました。 そし [続きを読む]
  • 初めての恋愛が27歳!人生で初の彼女との交際
  •  学生時代、非常に価値観や考え方が幼稚で、ルックスも肥満体で悪く、中高大学と共学ながら恋愛経験はおろか、女友達もいないまま過ごしました。社会人になってからは少しずつ社会経験をして社交力やマナーが身に付き、男性としてレベルアップしていきました。 27歳のとき、当時の総務の仕事が安定していたので母から婚活を奨められ、某大手検索サイトのマッチングサービスに登録、そこで初めて彼女ができました。彼女は「オタ女 [続きを読む]
  • 私達夫婦の絆の話
  •  私は、システムエンジニアをしています。ITバブルという時代があったのですが、1人で3人分の仕事をしないといけない位、技術者が不足していました。しかし、仕事を断るわけにはいかないので、生活を仕事のみという感じで仕事をしていました。 朝、5時起床で、夜中の1時に就寝という生活が2年位続きました。もちろん、休日出勤も当たり前でした。私は、フリーランスで仕事をしていたので、労働基準なんてものは無くてひたすら [続きを読む]
  • 彼女と付き合って助かった
  •  私には現在彼女がいますが、私にとって非常に心強く、プラスの存在となっております。まず、私自身が身の回りの事をきちんとするようになってきた事が挙げられます。付き合うまではいい加減な生活を送っておりましたが、彼女から忠告を受け、もう少しまともになって欲しいと言われ、彼女に嫌われたく無いという思いから、部屋の掃除や自炊などもしっかり行うようになりました。 また、定期的に彼女に家に来てもらい、食事を作っ [続きを読む]
  • 優しさの塊!私の恋人!
  •  出会った時からとても優しい人でした。基本的なことかもしれないですが、歩くペースを合わせてくれる、車道側を歩いてくれる、外食をする際にはソファー席を譲ってくれるなどの心遣いが出来る人です。 付き合ってからも、私が仕事へ行く前には毎回「気をつけてね」「頑張ってね」と言ってくれます。これは今でも変わりません。一緒にいる時間が長くなるほどお互いに慣れてしまい、言わなくなることが多いと思いますがずっと言っ [続きを読む]
  • 生理用品を買ってきてくれた時
  •  恥ずかしい話なのですが、ひどい痔になってしまって手術したんです。その後は、やはりお尻を切っていますのでしばらくは出血したり、傷口から浸出液が出ます。そのため、ガーゼをあてる必要があるのですがズレたりしますし面倒なので私はナプキン派でした。 でも、傷口がジンジンとかなり痛みますし、多めに買っておいたのに買い置きが無くなってしまって。それで、仕方なくガーゼをまた使用することに。でも、傷口に触れるので [続きを読む]
  • 年下からの熱烈なアプローチ
  •  私が初めて付き合った人はとても独占欲が強くて、私のことを思い通りにしたいという気持ちの強い人でした。当時私は大学生だったのですが、授業などの最低限の場合を除いて他の男性と会話をすることは良しとされず、ましてや食事の場に他に男性がいるとわかると激怒されました。そんな恋愛が続くわけもなくお別れをしたのですが、私の中で男性への恐怖が抜けず、新しい恋を始めることができずにいました。 ある日、授業で一つ下 [続きを読む]
  • 鬱に苦しんむ私を支えてくれた彼女
  •  私は仕事でクレーマー対応や職場の上司からの叱責にストレスで鬱病に陥ってしまいました。併せて対人恐怖症や拒食症にもなり、部屋から出ることもできなくなる始末。そんな時に付き合っていた彼女が、職場から話を聞き私の家にやって来ました。 初めのうちは彼女さえ家に上げること出来ませんでしたが、毎日来てくれる彼女に心を許すことができ部屋に招き入れました。久しぶり私を見た彼女は優しく抱きしめてくれ涙を流していま [続きを読む]
  • 役割分担と些細な習慣などで同棲を後悔する事って多い
  •  現在の夫と結婚する前に、2年間同棲生活をしていました。私も夫もそれまでは実家暮らしをしていたので、親元から離れて初めての生活になりました。好きな相手との同棲生活なので、別件選びから引っ越し、入居と細かな事務手続きなどもすべてが楽しく感じられたのですが、いざ生活を始めてみるとやはり現実が見えてくるものです。 当時は夫が会社員、私はフリーターとしてフルタイムの仕事に就いていたため、買い出し以外の家事 [続きを読む]
  • 生活にだらしない人だったので同棲しなければよかった
  •  付き合っていた彼氏と一緒に暮らしたくて、同棲することになりました。付き合っていたときは仕事は銀行員でいい車にも乗り、スーツでびしっと決めていた彼でしたので、きっと同棲しても生活もきちんとしていると思っていました。 私も生活のしつけには両親が厳しかったので、同じような環境で育った人だと勝手に思ってしまっていたのです。しかし同棲してみてとても驚きました。なんとものすごい生活にだらしない人だったのです [続きを読む]
  • 男尊女卑というワードがぴったりな男
  •  以前付き合っていた彼氏と二ヶ月間だけ同棲をしました。同棲と言っても、きっかけは一人暮らしだった私の家に彼が転がり込んできただけのようなもので、同棲生活をするにあたって、生活費は折半することを条件に出したのです。 家賃は月々の変動はないのですが、光熱費と食費は異なるので、彼は家賃分を支払うことで話はまとまりました。 しかし、同棲生活がスタートしてすぐに私の不満は募り始めたのです。まずは家事をしなく [続きを読む]
  • 他人と毎日一緒に暮らす事
  •  私は今付き合っている彼女とアパートで約2年間同棲しています。初めは大好きな彼女とアパート探しや家具屋さん巡りや電気屋さん巡りなどなど楽しいことだらけでテンションも上がりっぱなしで浮かれまくっていました。 しかし、一緒に暮らすとなるとこれまでのように1週間に1、2回デートに行くのとはわけが違くて、育ってきた環境の違う言ってしまえば全くの他人同士が今までとは違う環境で一日中一緒にいるわけですからそり [続きを読む]