tree さん プロフィール

  •  
treeさん: 沖縄の空から降ル言葉
ハンドル名tree さん
ブログタイトル沖縄の空から降ル言葉
ブログURLhttp://tree77.ti-da.net
サイト紹介文沖縄移住組です。エメラルド色の海、鮮やかなブーゲンビレア、癒しの島、沖縄で、思ったこと、感じたこと
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 303日(平均2.4回/週) - 参加 2016/10/12 19:31

tree さんのブログ記事

  • 心の源泉のようなところに人を大切に思う純真な愛情があれば人と人は穏やかな時間を共有し、思いやりの交換ができるようになる気がします。 [続きを読む]
  • たったひとつの価値
  • 人だけでなく、花や木もひとつとして同じものはなく、それぞれにいろんな環境の中で生まれ、それぞれの時間を生きている。たとえ人と違っても、何も持っていなくても、その人がその人であるというだけで、ひとつの大切な価値。誕生したことが、立派な価値。 [続きを読む]
  • 雨上がりの雲間から、だんだん広がって大地に届く太陽の光朝、カーテンの隙間から差し込むクリアで澄んだ光一日の終わりを彩る美しいサンセットの光太陽の雫が、海面に浮かぶように瞬くダイヤモンドのように輝く光森を散歩している途中、木々の間から降り注ぐ木洩れ日テーブルの上でほのかに揺らめくキャンドルライト・・・わたしたちの周りには、いくつもの光が、いつも、輝いています。もしその光が見られなくなったら・・・視覚 [続きを読む]
  • 雨上がりの雲間から、だんだん広がって大地に届く太陽の光朝、カーテンの隙間から差し込むクリアで澄んだ光一日の終わりを彩る美しいサンセットの光太陽の雫が、海面に浮かぶように瞬くダイヤモンドのように輝く光森を散歩している途中、木々の間から降り注ぐ木洩れ日テーブルの上でほのかに揺らめくキャンドルライト・・・わたしたちの周りには、いくつもの光が、いつも、輝いています。もしその光が見られなくなったら・・・視覚 [続きを読む]
  • 夏の朝 早い時間散歩に出掛けるのも好きですほんとうは、やんばる辺りに住んで、それができたら幸せだな・・・と思っています。 [続きを読む]
  • 自転車、のりにいこ!
  • 誕生日にパパから自転車を買ってもらった6才の女の子私の家に遊びに来て、「自転車、乗りにいこ!」という。だから少し散歩しました。籠にペットボトルのさんぴん茶を入れていて、暑い時、飲むという。沖縄の子だな〜と思いながら、隣を歩く。道を渡りたくて、車が通りすぎるのを、ずっと待っていたのだけど、なかなか車が止まってくれなくて、女の子が一言。「みんな優しくないね〜。」自転車をこぎながら、道端に落ちている煙草 [続きを読む]
  • 沖縄音楽
  • ここ、沖縄でいいな〜と思った音楽イギリス人とアメリカ人のユニット。とにかくカッコいいです。大城美佐子さんはライブにも行きました。シルキーボイスと称される歌声は唯一無二ではないでしょうか。いろんなアーティストが出演した後、三線を手に、トリとして登場した大城美佐子さんのオーラは、沖縄民謡界の重鎮としての風格があって、圧倒的でした。そして古謝美佐子さん。読谷村のやちむんの里で野外ライブがあって行きました [続きを読む]
  • @Paris
  • CDの整理をしていたのですが、(未だにCDを買っています)パリでのライブ盤が多いことに気づきました。臨場感があるのでライブ盤をよく買います。久々にギターを弾いてみようかな・・・と、今日友達と話していました。せっかくなので、三線かスパニッシュギターを習おうかな・・・ [続きを読む]
  • 夏時間
  • 雲の通り道。読谷村から北谷にかけて、だいたい同じ道筋で雲が通ることがあるそうですそうなるように決まっている、自然の法則みたいなものってあるな・・と思います人にも同じように、起こることの法則みたいなものがあるような気もします窓の外の広い世界を眺めながら・・・7月が一番沖縄らしい月と聞いたことがあります。暑いけど、ゆったり・・・沖縄の夏時間 [続きを読む]
  • イタリアのエッセイ
  • エッセイが好きです中でもイタリアの生活に関するエッセイが好きです須賀敦子さんと内田洋子さんイタリア人の気質がうまく描写されていて、面白い。イタリア人というより、人間の特徴をイタリアの人たちの生活を通して浮き彫りにしているのかもしれません。「洋」という字のつく名前の人は、海外へ渡ることが多いな・・・と思っていたら、内田洋子さんのお父様が、海外へ出て活躍するように(太平洋を渡って)との願いを込めて名付 [続きを読む]
  • この色の本が・・・
  • 本の整理をしていたら、この色のカバーの本が多いことに気づきました。白い本も好きで、よく装丁買いしますが、このシアン系も好きなのだと気づきました。(だから何なの?という感じですが・・・) [続きを読む]
  • 木洩れ日
  • もうすぐ海が見えるという期待感とともに木洩れ日の中を歩く。なにか期待することがある、というのは、モチベーションを上げてくれる、いい素材だな・・・と思う。 [続きを読む]
  • ムーチー
  • 近所の子供たちがまた遊びに来たので、沖縄の素朴なお菓子、第2弾!ムーチーを作りました。6年生のよく来る女の子が2年生の弟を連れてきました。“福の神”のような顔だちの男の子。この子はきっと、家でも福の神的な役割なんだろうな・・と思わせるオーラ。(おもしろくてかわいい子です。)月桃の葉が家にあると言ってたくさん取って来てくれました。福の神君に葉っぱをきれいに拭いてもらい、女の子たちはお餅を作る係。実際 [続きを読む]
  • 沖縄戦慰霊の日です。
  • 新聞で読みました。「GAMA(月桃の花)」という映画のモデルになった女性が語り部をされているという記事。今、96歳なのだそうです。親族からはもうそろそろ無理だろう・・と言われているそうですが、ご本人はまだ続けると、仰っているそうです。実際に、ご本人も記憶が薄れている部分もあり、お子さんを亡くされた時の話を最近は語らなくなっているそうです。でも、それは無意識だと、ご家族の方が仰っていました。本当は話した [続きを読む]
  • 時々、
  • 時々、晴れます。泳いでいる人たちもいます。夏は、もうすぐ! [続きを読む]
  • コザ
  • 好きな街、コザ。独特の雰囲気があります。音楽の街だから、もっといろんなライブハウスに行きたいと思いながら、あまり行っていませんでした。最近できた?シアタードーナツという映画館も興味あります。戦後は、コザ暴動なども起きて、時代に翻弄されながらも、独自のカラーを貫いてきた感のある街。少し乾いた感じの、沖縄。退廃的な雰囲気が魅力的に映る、夜が似合う街。 [続きを読む]
  • ペンネ・アラビアータ
  • ジーノ・ジロロモーニさんの有機ペンネを使って。カチョカヴァッロの焼きチーズも。パッケージに、いい言葉が書いてありました。「ジーノ・ジロロモーニは考える・・・昔は、アコーディオンさえあれば楽しく過ごせたのに今は、いったい何があれば楽しい時間を送ることができるのだろうか。」 [続きを読む]
  • マングローブ林
  • 梅雨の中休みに出かけた大浦湾マングローブ林を見学に。湾の中に橋が一本通っていてそこを歩く。水の上を歩いている感じでちょっと怖かったけれど、異空間でした。おもしろい場所です。ミッツマングローブさんという名前は、絶妙なネーミングだな・・と思いながら、その橋を渡っていました。 [続きを読む]
  • ヘンリー・ディーン
  • ヘンリー・ディーンのフラワーベース面白い形や深い色ベルギーの作品だと聞きました。いろんな色があったのに「白」を選んでしまい、ちょっとむつかしいかな・・と感じています。でも、独特の存在感のあるヘンリー・ディーン。花を活けず、ただ飾って置くだけでも素敵ですよ、と店員さん。マーク・ロスコの画風を思わせる色合い。赤っぽいのにしても良かったかな・・。 [続きを読む]