ishiokiba さん プロフィール

  •  
ishiokibaさん: 石ころ図鑑
ハンドル名ishiokiba さん
ブログタイトル石ころ図鑑
ブログURLhttp://ishiokiba.blog.fc2.com/
サイト紹介文身近に落ちている石一つでも、歴史を持っている。 そう信じて岩石全般を扱っています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 286日(平均3.8回/週) - 参加 2016/10/12 23:30

ishiokiba さんのブログ記事

  • 楽しい鉱物実習講座 第4回
  • みなさんこんばんわ。調査で打った背中がまだ痛い。管理人です。今日は益富地学会館で「楽しい鉱物実習講座」が開催されました。おかげさまで第4回を迎えたこの講座(管理人は第3回からの参加ですが)、今回は結晶学についてです。結晶学っていろんな概念があって難しいですよね。そこを実習で補いながら勉強しようというのが今回の目的です。最初は結晶と形態の概念について説明をします。概念のお話だったので単位格子や有理指 [続きを読む]
  • 【報告】有田市地ノ島の結晶片岩の調査
  • みなさんこんばんわ。やっぱり昼食はおにぎりにかぎりますね。管理人です。さて、今日は天気もよく絶好の観察日和だったので、前回予告させてもらった地ノ島の観察会の下見に同行させてもらってきちゃいました。初島駅から少し歩いたところに、松林渡船という渡し船の営業所がありますので、そこで券を購入して船に乗り込みます。小さい船ですが、波は穏やかなのでそこまで揺れません。船が出てすぐに、目指す地ノ島が見えてきます [続きを読む]
  • 【予告】和歌山地ノ島で観察会をします
  • みなさんおはようございます。中国のタブレットってすごく安いんですね。買おうかな。管理人です。久々に石の話題です。益富地学会館の観察会のお知らせですよ。 和歌山県有田市地ノ島へ岩石鉱物観察会 2017年9月3日(日) 開催予定 三波川変成帯および御荷鉾帯の岩石を観察する予定 場合によっては膝下まで海に浸かる可能性があるので、濡れてもいい格好でより詳細に知りたいという方は、益富地学会館HPまで。船を使って島 [続きを読む]
  • 認定証が送られてきた
  • みなさんこんばんわ。暑い日が続いてぐったりの管理人です。先日益富地学会館に行くと、管理人の名前がゴールドになっていました。何を言っているかわからない人もいると思いますが、これは会館の鑑定士のお名前ボードの話で、鑑定士補は白い名札なのに対し、3級以上の鑑定士は金色の名札になるのです。ちなみに鑑定士の方々のお名前は、益富のHPでもご確認いただけます。こちらにも管理人の名前がありました。名前がゴールドにな [続きを読む]
  • ルーペで思い出したのですが
  • みなさんこんばんわ。名刺用紙を買ってきたが自分で作れるデザイン力がない。管理人です。ルーペで思い出したのですが、ずーっと昔、ダイソーで宝石用のルーペが売っていたことがあります。右が倍率20倍で200円、左が30倍で300円でした。当時は衝撃を受けました。金属製で値段の割にはしっかりした作り。こだわる人にはおもちゃでしかありませんが、管理人にとっては貴重な予備ルーペになりました。持たないよりいくぶんかましだと [続きを読む]
  • ヨドバシカメラのLED付きルーペ その2
  • みなさんこんばんわ。またうっかり顕微鏡を落札してしまいました……。管理人です。もうこれ以上レンズのついた製品を増やすのはいい加減やめたいのですが、今日もルーペの紹介をします。本日ご紹介する商品はこちら。これまたヨドバシ地下1階にて販売されていたLED付きルーペ。昨日のものと比べて少し高級感のある作り。それでも税込み699円! しかもポイント10%還元!! お安い!!!買ってしまいました。昨日は言い忘れていまし [続きを読む]
  • ヨドバシカメラのLED付きルーペ その1
  • みなさんこんばんわ。EDSはまだ動かせそうにありません……。管理人です。今日は夕方ヨドバシカメラへ寄ってみました。最近鉱物愛好家の間で密かに噂になっているルーペをチェックするためです。かなりの腕前を持った愛好家のお二人なのですが、ヨドバシで買ったルーペを持ち歩いているとうかがいました。ホンマかいな。そもそも、ヨドバシで鉱物を観察するルーペなんてものを売っているのでしょうか。真相を確かめねば。京都ヨド [続きを読む]
  • 高田クリスタルミュージアムからのお誘い
  • みなさんこんばんわ。駐輪場の契約更新してきた。管理人です。以前、西山の地質の観察会にお邪魔した高田クリスタルミュージアムさんからお手紙が届きました。素敵な封筒。中身は、次に開催予定の行事のご案内でした。すみませぬ。管理人は参加することができません……。せっかくですから、みなさんにもお知らせしておきますね。  7月9日(日) 10時から12時  「火成岩の標準的な標本づくり」  高田クリスタルミュー [続きを読む]
  • 鉱物鑑定士の役目
  • みなさんこんばんわ。神岡鉱山の標本の美しさは想像を超えていた。管理人です。この間益富地学会館に行くと、管理人の3級鉱物鑑定士の認定書が作成されているところでした。せっかくの肩書ですし、そろそろ名刺でも作らないといけないかな、と感じています。アマチュア間で自己紹介するときにはやはり必須でしょう。ついでにこのブログのURLも載っけておきますか。ところで、3級鑑定士とはどんな人を認定するのでしょうか。鑑定 [続きを読む]
  • 「ブラタモリ」日本地質学会から表彰
  • みなさんこんばんわ。結晶学難しい。管理人です。Yahoo!のトップニュースに「ブラタモリ 地質学会から表彰」の一報がありました。 ブラタモリ 地質学会から表彰私はテレビを一切見ないのですが、地質学を身近に取り上げてもらえる番組があるのはいいことです。これからも多くの人に地質の魅力を伝えていっていただけることを願っています。 [続きを読む]
  • 厚紙で標本箱を自作してみた
  • みなさんこんばんわ。暇じゃないよ。管理人です。ちょっと前にTwitterで話題になっていた標本を入れる紙箱の作り方が素晴らしかったので、自分もやってみようと思いいろいろ準備しました。A3の厚紙やらルレットやら、100均でも手に入れられる材料と道具でできるのがとても魅力的。あとは、35mm幅の製本テープ。好きな色で作れるのもポイント。まあ管理人は無難に黒を選択しましたが。ここでは作り方を詳しく教えないので、興味のあ [続きを読む]
  • 液晶でクロスニコル観察
  • みなさんこんばんわ。掃除しなきゃ! 管理人です。先日偏光板を何枚か手に入れたので、思いついたことを実行してみようと久しぶりの工作をしました。虫眼鏡に丸く切った偏光板を貼る。以上。何がしたかったかというと……液晶から出ている光は偏光なんです。つまり、液晶に岩石薄片をくっつけて、この虫眼鏡で覗いてみると……はい。簡単にクロスニコルによる観察と拡大が一度にできてしまうんです。おしまい。 [続きを読む]
  • 名古屋ミネラルショーへ行きます
  • みなさんこんばんわ。実は中部地方生まれ。管理人です。私は岩石に興味を持ったのが高校生のころで、もっぱら『地学図説』を片手に勉強していたのですが、当時は博物館や同好会などへのご縁がなかったため、中部地方で露頭を見たり観察会に参加したりした経験というのがほとんどありません。大学受験のため京都へとやってきてから益富地学会館に入会し、観察会などに参加するようになったので、近畿周辺の岩石とのご縁が強いように [続きを読む]
  • 鑑定士のお仕事
  • みなさんこんばんわ。鉱物鑑定士になってからお仕事をいただけるようになった管理人です。お仕事というのは益富地学会館の行事のお手伝いのことです。いろいろ振っていただけるというのはありがたいことです。勉強させていただきます。ちなみに管理人がお手伝い(お邪魔?)する予定の行事はこちら。6月  17日(土) 「偏光顕微鏡の見方教室」  18日(日)・20日(火) 「薄片作製教室」7月  23日(日) 「楽し [続きを読む]
  • 下西山谷の含銅硫化鉄鉱鉱床
  • みなさんこんばんわ。お寿司食べたい……けどここ最近交通費の出費が多いから我慢。管理人です。ぎりぎりで生きています。さて、今日は昨日購入した含銅硫化鉄鉱の標本の産地を訪れるべく久々の鉱物産地探索です。『我等の礦物』第10巻第6号にある益富壽之助氏の記載(pp.270-276)を頼りに、とある駅から川沿いを歩いていきます。同じ京都市内とは思えないくらいの涼しさでした。この時期観光客が多いのもうなずけます。ごく最近 [続きを読む]
  • 京都市内に含銅硫化鉄鉱の鉱床が!?
  • みなさんこんばんわ。やっぱり運営委員会のある日はみんなと石の話ができるから楽しい。管理人です。今日は益富地学会館へ行ってきました。なんだかんだで久しぶりになってしまいました。3階では企画展「◯?△□鉱物収集の楽しみ方」展が行われており、素晴らしい標本を見ることができました。 みなさまもぜひお立ち寄りください。さて、今日はその3階展示室の100円標本コーナーで、珍しいものを発見しました。京都市に存在す [続きを読む]
  • 源岩は混在岩?
  • みなさんこんばんわ。合理的なのは理解できるが能率主義は認めない。管理人です。昨日ご報告したホルンフェルスですが、洗ってみると組織が見えてきました。泥質なマトリクス中に砂質な岩片を含んでいるようです。源岩は混在岩だったのでしょうか。薄片が楽しみです。 [続きを読む]
  • 気を取り直して大宮林道へ
  • みなさんこんばんわ。6歳児にかけ算ってどう教えたらいいんだ? 管理人です。昨日の続き。大宮川沿いの林道へ続く道が進入禁止になっていました。どうやら危険箇所が存在するようです。地図上では、根本中堂への登山道から降りて迂回する道があるようです。迂回をしたりなんやかんやでで調査を続行。大宮川は山間の谷を流れるゆるやかな流れの川で、好天での川沿いの歩きはとても気持ちがいいものです。花崗岩は花崗斑岩を確認し [続きを読む]
  • 八王子山の構成岩は?
  • みなさんこんにちは。そろそろ食費を収めないといけないと感じつつ家計が火の車。居候の管理人です。働いていたころのお給料を崩しつつ院生をやっていくのは厳しいですね。さて、今日は比叡山方面へ行ってきました。まずはこちら。日吉大社の北にそびえる八王子山。写真を見てもらうとわかるのですが、山頂近くにあるお堂が日吉大社の三宮と牛尾宮です。受付で参拝料を支払い境内へ。日吉大社といえば小林秀雄の『無常という事』が [続きを読む]
  • 超丹波帯・丹波帯の岩石を見にポンポン山へ
  • みなさんこんばんわ。最高気温が25℃を超えたら外に出たくない。管理人です。今日は天気がとても良かったのでポンポン山に登ってきました。あれ、比叡山は? と思われるかもしれませんが、それはまた明日で。いろいろ事情があるんです。阪急高槻市駅からバスで川久保までやってきました。さっそく河床には砂泥互層があります。ここで見られる岩石は超丹波帯の高槻層に属するそうです。そういえば、資料では川久保の集落入口付近に [続きを読む]
  • 薄片教室を開催するそうです
  • みなさんこんばんわ。東京では今日からミネラルフェアらしいですね。管理人です。5月は益富地学会館で「かわらの石観察研究会」が開催されましたが、6月は「薄片教室」が開催されます。詳しく言うと、6月17日(土)は「薄片の見方教室」、18日(日)、20日(火)は「薄片作製教室」です。もし自分で作りたいという方は、18日か20日のどちらかに申し込んでください。人気企画らしく、例年早めに定員に達してしまうらし [続きを読む]
  • 輝緑凝灰岩ってなんですか?
  • みなさんこんばんわ。明日あたりから少しは涼しくなるかな? 管理人です。突然ですが、みなさんは「輝緑凝灰岩」という言葉を聞いたことがありますか?まあ、いわゆる「緑色岩」と呼ばれているものと考えて差し支えないでしょう。付加体の岩石の中で玄武岩質の岩石を指す言葉です。かなり古い言葉ですが。「輝緑岩」や「輝緑凝灰岩」なんて言葉を聞くと、地向斜の時代の言葉かな、なんて感じます。そもそも、中央海嶺でできた玄武 [続きを読む]
  • そろそろ計画の立案を……
  • みなさんこんにちは。暑い日が続きますね。でもクーラーはがまん。管理人です。ゼミ発表も終わり日程にも少し予定が出てきた管理人ですが(ゼミ発表を控えていても木津川の観察会は出る)、そろそろ個人的な活動として京都周辺で岩石の観察ができる場所の開拓を始めないといけないと思っているところです。なかなか付加体の岩石をまとまって見られる場所ってないものですね。誰か知っていたら教えてください。比叡山周辺で接触変成 [続きを読む]
  • 十年前の図鑑といえば……
  • みなさんこんばんわ。ゼミ発表終わったー! 管理人です。さて、以前の記事で3級鉱物鑑定士に合格したことを報告させていただいたのですが、「鉱物鑑定検定3級合格のご感想」なるものを書いてほしいとの要請が合格通知と一緒に封入されていました。感想って何を書けばいいんでしょうか。鉱物の勉強の仕方とか、お世話になった方のこととかでしょうか。お世話になったといえばなんといっても石ふしぎ発見展の会館コーナー。あそこ [続きを読む]
  • 2017年 木津川かわらの石観察会
  • みなさんこんばんわ。ああ、スライド作らなきゃ……。管理人です。今日は木津川のかわらで「かわらの石観察会」が開かれました。天気も良く、程よい風で涼みながら観察ができました。結構な数のご参加をいただいて盛況でした。指導員はかなりあわただしく動いていました。まあでも岩石は難しいです。指導員でも迷うことがあります。申し訳ない。こういった一般の方に公開している企画で設営から撤収まで楽しく過ごせたのはとてもい [続きを読む]