ishiokiba さん プロフィール

  •  
ishiokibaさん: 石ころ図鑑
ハンドル名ishiokiba さん
ブログタイトル石ころ図鑑
ブログURLhttp://ishiokiba.blog.fc2.com/
サイト紹介文身近に落ちている石一つでも、歴史を持っている。 そう信じて岩石全般を扱っています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 229日(平均4.0回/週) - 参加 2016/10/12 23:30

ishiokiba さんのブログ記事

  • 2017年 木津川かわらの石観察会
  • みなさんこんばんわ。ああ、スライド作らなきゃ……。管理人です。今日は木津川のかわらで「かわらの石観察会」が開かれました。天気も良く、程よい風で涼みながら観察ができました。結構な数のご参加をいただいて盛況でした。指導員はかなりあわただしく動いていました。まあでも岩石は難しいです。指導員でも迷うことがあります。申し訳ない。こういった一般の方に公開している企画で設営から撤収まで楽しく過ごせたのはとてもい [続きを読む]
  • 指導員は緊張する
  • みなさんこんばんわ。今日は早く寝なきゃ。管理人です。いよいよ明日は木津川にて「かわらの石観察会」が開催されます。実は管理人が人生で初めて参加した観察会がこの木津川での「かわらの石観察会」なのです。当時、石の名前もろくに知らない管理人にとって、なんの変哲もない石ころに名前をつけていく指導員は憧れの対象でした。それが約十年も経って自分が指導員をするようになるとは、信じられないことです。ちなみに、かわら [続きを読む]
  • 京セラの人工オパール
  • みなさんこんばんわ。姪っ子が6歳なのに塾に通い始めた。管理人です。今日、大学の玄関付近でしゃがみこんでいる人影を発見。知っている方だったので声をかけると、謎の水溶液(?)に光をかざしている様子。聞くところによると、人工的にオパールを沈殿させている溶液で、すでにオパール独特の遊色効果が観察できるとのこと。試しにのぞいてみると、たしかにオパールのきらきらとした遊色効果が観察できます。これは面白い。場所 [続きを読む]
  • 観察会へ参加してきた 「西山の地質と岩石」
  • みなさんこんばんわ。5月と言えど油断は禁物、日焼け止めの準備はよろしいですか。管理人です。5月はやはり巡検向きの季節ですよね。ということで今日は高田クリスタルミュージアム主催の「西山の地質と岩石」観察会へ参加してきました。高田クリスタルミュージアムは京都市西京区灰方にある博物館。出発前に展示を拝見しましたが、立派な標本がならんでしました。西山の岩石も一通り展示されていたので、事前にチェック。今日は [続きを読む]
  • 昔の巡検の写真が出てきたのだが……
  • みなさんこんばんわ。そういえば調査に使う鉛筆って12色+HBの13本なんじゃないかと気づいた管理人です。写真を整理していたらポンポン山に登ったときの巡検の写真が出てきました。撮影日を確認すると2008年11月となっています。もうそんな前になるんですね。あらためて写真を見返してみると露頭っぽいものが写っているのですが、いったい何を写したかったのかわからない写真がいっぱい出てきました。これでは巡検の写真とは言 [続きを読む]
  • 予習 京都西山の地質
  • みなさんこんばんわ。顕微鏡の複雑さをあらためて実感。管理人です。今週末はわりと忙しい日が続きます。明日は益富で会議、明後日は高田クリスタルミュージアムで行事に参加してきます。明後日の行事というのが、京都の西山の地質と岩石を観察する観察会なのです。管理人は学部生時代にポンポン山に登ったきり西山の地質にはまったく関心がなかったのですが、いい機会なので勉強させていただこうと思います。観察会は当日の観察は [続きを読む]
  • 100均の「自撮り用LEDライト」…物撮りに使えるか
  • みなさんこんばんわ。そろそろ虫除けの準備をしないと。管理人です。昨日の記事で触れましたが、とある商品の電池を買い忘れたので、今日買いに行ってきました。一軒目の100均に売ってなかったのではしごしました。別に100均にこだわる必要はないのですが、安いので。何の電池だったかと言えば、こちら。セリアの「自撮り用LEDライト」です。もちろん管理人は自撮りする趣味は持ち合わせていないのですが、物撮りに自撮り用ライト [続きを読む]
  • 壁岩のコノドント
  • みなさんこんばんわ。姉がヘアドネーションをしてきたらしい。管理人です。急にバッサリ切ってきたので別人かと思いました。さて、GW中ですが、実家で石の整理をしていると、懐かしいものが出てきました。京都市右京区保津峡に産する砥石型頁岩です。なぜこんなものを採集したかと言うと…丸で囲った箇所に、「コノドント」と呼ばれる微化石がついています。学部生だったころ、友人が示準化石としてのコノドントを研究しており、壁 [続きを読む]
  • 岩石標本は難しい
  • 皆さんこんにちは。実家でまったり。管理人です。今日は来るべき「かわらの石観察会」に向けて岩石標本の成形の特訓。近くを流れる中津川の川原で適当な大きさの岩石を割っていきます。なかなか割れてほしい方向に割れてくれません。摩滅されている川原の石なので破断面を三方向に出してやりたいのですが、難しいです。いつもの石割り用ハンマーでないのも理由ですが、圧倒的に管理人の力量不足。会館に置いてある見本の標本などは [続きを読む]
  • 別子地方のルチル
  • みなさんこんばんわ。実家へ帰らせていただきます。管理人です。大阪ショーにて、たんくらさんで立派なルチルの結晶が販売されていたので、気になっていました。標本は、点紋緑泥片岩中の曹長石のレンズにルチルの結晶がいくつか散在しているものでした。3日目になって店頭に並んでいなかったので、「売れてしまったのですか?」と尋ねると、見栄えがしないから仕舞ってしまったとのこと。よく確認すると、四国中央の別子地方の標 [続きを読む]
  • 晶癖が違うだけで別の鉱物に見えてしまう
  • みなさんこんばんわ。やっとGWゆっくり過ごせる。管理人です。昨日接触測角にて面角一定の法則を確認した人工水晶ですが、実はこんな形のものも手に入れていました。明らかに晶癖が違います。もはや四角柱状の別の鉱物にしか見えません。言われなければこれが水晶だとわからないでしょう。水晶とわかっているので一応c軸の方向も確認できたのですが、天然でこんな晶癖の水晶が出てきたら鑑定は難しいです。天然の水晶がきれいな六 [続きを読む]
  • 面角一定の法則
  • みなさんこんばんわ。DP研磨難しい。管理人です。大阪ショーも昨日をもって3日間の日程を終えたわけですが、管理人がお手伝いしていた会館コーナーでは、いつもの標本や書籍、採集器具に加えていろいろなものを販売していました。それは何かというと、今回は日本電波工業株式会社さんのご協力を得て、人工水晶と空間線量計を扱っていたのです。もともと日本電波工業さんは水晶振動子のメーカーさんです。そちらが福島の原発事故を [続きを読む]
  • お気に入りの調査かばんを見つけよう
  • みなさんこんばんわ。新学期が始まってもう1ヶ月も経つなんて…。管理人です。石ふしぎ大発見展大阪ショーが本日3日間の日程を終えて終了しました。会館コーナーで石と書籍と採集・整理用品とガイガーカウンターを販売していた管理人もなんとか乗り切ることができました。傍から見ていると石を売るだけの簡単な商売に見えますが、標本の説明・お金のやりとり・梱包などいろいろな仕事があるのでみなさんが思っている以上に大変で [続きを読む]
  • 黄銅鉱を手に入れました
  • みなさんこんばんわ。3級鉱物鑑定士試験の結果が期待できそうにない管理人です。今日は石ふしぎ大発見展大阪ショーの2日目でした。疲れました。管理人は例年通り益富の会館コーナーの販売を担当しています。会館のコーナーは、書籍や採集器具のほかに委託標本も扱っており、標本に関するいろいろな質問を受け付けています。「これのどこが該当する鉱物なのか」「母岩はなにか」「産状はどうなのか」「産地の現状はどうなっている [続きを読む]
  • ミネラルショーで買えるもの(石以外)
  • みなさんこんばんわ。鉱石ラジオ用に黄銅鉱がほしい。管理人です。さて、いよいよ石ふしぎ大発見展の大阪ショーが明日に迫りました。今年も益富の会館コーナーではアマチュアの委託標本を販売するので、国産鉱物をお求めの方はぜひお早めに。大阪ショーは西日本最大級のミネラルショーらしいので、たくさんの方にご来場いただけると思います。石を買うのもミネラルショーの醍醐味なのですが、せっかくなら普段買えない標本の整理用 [続きを読む]
  • スピネルグループ
  • みなさんこんばんわ。10年ぶりにMP3プレイヤーを買い替えた管理人です。SONYはやはりすごかった。さて、管理人は今度ようやく鉱物鑑定士3級の試験を受けるのですが、絶望的に勉強不足であることを実感しています。昔から勉強は苦手なんですが……こればかりは努力あるのみ。ところで、標本を見ながら鑑定の練習をしていると、なんとクロム鉄鉱の仲間とスピネルの仲間の見た目がそっくり。これはどう判別するのか?まあ産状や共存 [続きを読む]
  • 『石―昭和雲根志』
  • みなさんこんばんわ。姪っ子が小学校受験するらしいです。管理人です。昨日ツイッターの「地球科学の本」で益富壽之助氏の『石―昭和雲根志』が紹介されていたので、とてもうれしかったです。『昭和雲根志』にかぎらず、益富先生の本は格調高くしかもよみやすい文体で書かれており、読む人を捉えて放さない魅力があります。さて、この『昭和雲根志』ですが、一体どんな本かというと、実は管理人も益富先生の文章を読むのに夢中で考 [続きを読む]
  • もうすぐ大阪ショー
  • みなさんこんばんわ。よくゆとり世代って言われます。管理人です。あと少しで石ふしぎ大発見展大阪ショーですね。管理人は3級の鑑定士試験とスタッフとしての参加です。もうご存知かもしれませんが、あらためて告知をば。石ふしぎ大発見展 2017 第23回大阪ショー4月29日(土・祝)から5月1日(月)まで 10時〜18時(最終日は16時まで)場所は大阪天満橋・OMMビル2階 ※京阪天満橋駅東出口から来ると早いです入場 [続きを読む]
  • アクセス解析をしてみた
  • みなさんこんばんわ。実はアルコールがダメなんです。管理人です。ブログをやっている人はきっとどんな方が見ているのかというものが気になると思います。ちなみに管理人はあまり気にしたことがありません。すいません。ゆるーくやってます。とはいえ一度はアクセス解析なるものをやってみたい気になり、4月のアクセスを検証してみました。ブックマークから来てくれている人もいるみたいで大変恐縮です。いつもつまらない記事です [続きを読む]
  • 自己紹介ができる場所
  • みなさんこんばんわ。こたつしまいましたか? 管理人です。土日に益富地学会館で勉強していると、当然いろんな方がやってきます。以前は「この人誰だろう…」と思いながら特に会話もなかったのですが、近年になって事務の方が「こちらはA(管理人)さん。こちらは○○さん…」とお互いのことを紹介してくれるようになりました。おかげで最初の自己紹介ができ、そこから会話が始まることも多くなりました。ちょっとしたお気遣いで [続きを読む]
  • 会館の蔵書に『日本の鉱物産地総覧』が加わりました
  • みなさんこんばんわ。イースターって何? 管理人です。今日は益富地学会館へ行ってきました。会館で所蔵している木津川の川原の石の標本で勉強したのと、さがしものを少々。そうそう、以前話題沸騰していた山田滋夫さんの『日本の鉱物産地総覧』が会館の蔵書として所蔵されていました。電話帳のように厚いという話は本当でした。興味がある方は一度ご覧になってみてください。発行されて少し経ちますので、ご使用になっている方の [続きを読む]
  • 地質に興味を持つ方が一人でも増えるように
  • みなさんこんばんわ。管理人です。先日、友人と話し込んでいたとき。今度の木津川の石ころ観察会の話になりました。管理人(以下、K)「今度、このあいだ一緒に行った木津川で小学生相手に石ころの観察会やるんだけど、来る?」友人(以下、Y)「小学生相手か、大変そうだな。」K「石の割り方から観察の仕方、ポイントや地質のことまで一通り教えるんだけど。」Y「大文字の接触変成帯の話も一緒にしたら、高温変成岩のでき方も教え [続きを読む]
  • 薄片作成技術が紹介されるようですよ
  • みなさんこんばんわ。単斜輝石だと思って薄片を磨いていたら角閃石でがっかりの管理人です。屈折率で見分けがつくはずなのですが……ちなみにこんな石です。愛媛県の関川でいわゆる「エクロジャイト」と認識されているであろう石ころです。赤色はざくろ石、それを縁取るように存在する暗い緑色は緑泥石、明るい緑色は角閃石でした。私の見立てでは、明るい緑色は単斜輝石だと思ったのですが。ざくろ石を囲むように緑泥石が成長して [続きを読む]
  • 春の新作
  • みなさんこんばんわ。春眠暁を覚えず。管理人です。最近作成した薄片箱の新作をご紹介します。まずはこちら。以前も作成したスライド式のプラスチック蓋の箱に色を塗ったものです。なんとなくおしゃれな雰囲気がお気に入り。続いてはこちら。留め具つきの木箱に仕切りを入れて二段にして、薄片を入れられるようにしました。蓋が高いので、薄片を安定させるために発泡スチロールの板を蓋側に貼り付けました。最後はこちら。少量用に [続きを読む]