梟の子 さん プロフィール

  •  
梟の子さん: 梟の子の日記
ハンドル名梟の子 さん
ブログタイトル梟の子の日記
ブログURLhttp://dark-eyes-owlet.hatenablog.com/
サイト紹介文古民家再生経過について、自身の覚書の為に記載しています。できるだけ費用を抑えた改修を考えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 228日(平均2.7回/週) - 参加 2016/10/14 07:01

梟の子 さんのブログ記事

  • 水栓の水漏れ補修
  • 【栓を閉めてもポタポタ】数ヶ月前よりカランを思いっきり締めないと水が止まらない状況だった。最近ではそれが力いっぱい締めても水が止まらなくなっていた。別宅にかかりっきりで、本宅のメンテナンスを怠るとろくなことにならないし、「家一軒をDIYで再生しようとしている人が水漏れも止められないの」とうちのに言われる前に修理をしようとカランをバラしていく。中からコマを取り出して形状を確認し、ホームセンターで同形状 [続きを読む]
  • 南西面の仕上げ塗装作業
  • 【足場板を固定する単管パイプ】前回準備していた足場板の位置から棟までの距離が三間梯子の長さがおさまらない。【固定する単管パイプを手前に付け替え】単管パイプの位置を手前にずらして、かつ、縦のパイプの手前に付け替えて棟との距離を広げた。これで足場板と棟との間に三間梯子が入るようになった。予定より梯子の固定に時間がかかってしまった。【今日の成果】右手第五指の腱鞘炎が悪化しないように最近は作業は2時間ぐら [続きを読む]
  • ノートパソコンの購入
  • 【届いたノートパソコン】サブのパソコンとしてノートパソコンを使用していたが、最近は子供にすっかり奪われてしまい困っていたのでもう1台購入を検討していたところ、新聞広告に2万円台の中古ノートパソコンが掲載されていたので調べてみた。すると結構世の中には中古パソコンが流通している。企業が更新で入れ替えたパソコンと言うことで、考えてみれば職場でもまだまだ使えるパソコンを更新している。なので今回は中古パソコ [続きを読む]
  • 太陽熱温水器の撤去
  • 【北の倉庫の上の太陽熱温水器】この北の倉庫は解体して駐車スペースにするつもりだが、以前から屋根の上の太陽熱温水器をどうするか困っていた。これを昨日、神崎郡神河町大山の薪釜パン工房「丸藤」さんが下ろしてくれた。ユニック等の重機が必要だと考えていたが、丸藤さんは手際よく地下足袋に履き替えて腕に手っ甲をして頭にタオルを巻きつけると、梯子で屋根の上に上がられた。しばらく段取りを考えられていたと思うと、温水 [続きを読む]
  • 固定資産税の納付
  • 【シダ類】敷地内のシダ類。あちこちに生えている。春にはワラビやゼンマイがいたるところに出ている。【フキ】春にはフキノトウもいくつか見ることができる。【ヤマノイモ】ヤマイモのツルだと思うが、秋にはムカゴがなっている。山の斜面に家が建っている感じだ。これでも宅地?山林としか思えないけど登記簿上は宅地。したがって、宅地としての固定資産税を納付しないといけない。納付期限が5月1日までだったが、うっかり滞納し [続きを読む]
  • とにかく屋根に登る
  • 【隙間の補修】棟の北西の端の部分に、トタン板を打ち付けてある構造材が見える部分があった。前から気にはなっていたが塗装作業を進めたいので放置していた。それでもこのままと言うわけにはいかないので、補修テープでふさいでテープがはがれないように全体をコーキングで固めて、仕上げ塗料を塗っておいた。まぁこんなもんで良いやろ。【南東面の仕上げ塗装完了】やっぱりこの仕上げ塗料の色は目立たんなぁ。仕上げた感がなさす [続きを読む]
  • 道具を発掘
  • 【リョービのトリマ TR-40】木材加工を始められるのはまだまだ先だが、ペンキ塗りばかりでは面白くないので、木材加工の準備でも始めて気を紛らわすことにした。で、電動工具のことを調べたり、必要になりそうな工具を物色している。そこで、自宅の収納庫をひっくり返していると出てきたのが上のトリマ。大昔、近隣のホームセンターが改装のための売りつくしセールを開催していたときに見つけて購入していたものだ。ビットも確かス [続きを読む]
  • 土間の片付け
  • 【玄関から見た土間】今日は昼から雨の予報なので、屋根に上がるのはやめて、室内の片づけをすることにした。ただ、その片付けが一番苦手な作業だ。これまでも、ちょっとした時間に片付けなあかんなぁと考えたことは幾度かあるが、そのたびに途方に暮れて手を出さずにきた。今日こそはの思いと共に土間の片付けを始めた。beforeの写真はあまりにひどいのでない。以下はafterの写真ばかり。片付いてないと思われる方もおられると思 [続きを読む]
  • 北東面の仕上げ塗装作業続き
  • 【再生中の看板】子供がせっかく作ってくれた看板を、まだ立ててなかった。道路側に立ててやろうと思っていたが、とりあえず玄関横に掲示しておくことにした。で、今日も朝から塗装作業。仕上げ塗装は嫌いなケレン作業がないので気持ちは少し楽だ。【朝から2時間でここまで】【うちのが握ってくれたおにぎり】ちょっと腹ごしらえと休憩して、塗装作業の続きをやる。【今日の成果】で、2時間やってここまで。例によって下から手が届 [続きを読む]
  • 仕上げ塗装開始
  • 【仕上げ塗装用塗料】右はこれまで塗っていた錆止め塗料のサビキラープロ。左がこれから塗る仕上げ用の塗料の遮熱屋根用塗料。トタンの下には茅が残っているので、遮熱の必要性はないと思うが、まぁせっかく塗るんだからこれでいくことにした。【左が遮熱塗料、右が錆止め塗料】色は銀黒。黒も考えたけれど、せっかく遮熱なので、ちょっと控えめに銀黒にした。でも、なんか代わり映えがしない。【見る角度を変えても】やっぱりたい [続きを読む]
  • 照明器具をどうするか
  • 【中途半端にレトロな照明器具】室内には照明器具が残っている。屋根の塗装が完了すると、次は室内に戻るので、天井にある照明器具が邪魔になる。【似たような照明器具】南側の庭に面した部屋に上の照明器具。【台所の照明器具】納戸と呼ばれる台所の横の部屋にも同様の照明器具がある。通電してみるとちゃんと点灯する。蛍光管とグロ一球を交換すれば十分実用になる。でも、蛍光管を今後も使い続けるかどうかだ。自宅の方は蛍光管 [続きを読む]
  • コーキング処理
  • 【コーキングガンにセットした変成シリコン】トタン波板の錆止め塗料の塗装が一通り完了したので、トタン板の所々にある穴(おそらく、トタン板の張り替え時にできる、前の釘穴)を変成シリコンで塞いでいく。仕上げ塗装時に見つけた度に塞いでいく方が効率が良さそうなんだけど、この変成シリコン、開封すると保管が困難。なので、一気に穴埋めをやってしまおうと言うわけだ。【コーキングした場所の一カ所】なんと地味な作業だ。 [続きを読む]
  • 刈払い機が難しい。
  • 【刈払い機】また、草むらとの戦いの季節がやってきた。できるだけ争わず無視をすることにしているが、それでも作業で通るところは邪魔になるので何とかしたくなる。【こんな可愛い花も咲いている】【ガスカル】カートリッジ式のガスを燃料にする刈払い機を使っている。混合燃料を使う通常の刈払い機はメンテナンスが大変そうだったので、このタイプを購入したが、結局使いづらい。エンジンがかかってもなぜか直ぐに止まってしまう [続きを読む]
  • 錆止め塗装作業最後の面が終了
  • 【南東面の錆止め塗装終了】今日は天気も良いので朝から現場にでかけ、残った最後の南東面の錆止め塗料を塗った。昨年11月から始めて、やっと錆止め塗料を塗り終えた。中央上部のトタンではない波板の部分は、天窓にするか薪ストーブの煙突を出す準備をするかは先の楽しみにして(問題の先送りとも言う)とりあえず塗り終えた。【南側から南東面を見る】【東側から南東面を見る】感慨深いものがある。この気持ち、塗ったものしかわ [続きを読む]
  • 井戸の水
  • 【桃の花】購入当時は枯れかかっていて、花も数えるほどしか付いていなかったけれど、今年は新しい枝を伸ばして花も沢山付けている。【桃の木ともみじの木】冬に手前のもみじの木をばっさりと剪定してやったので、上に被いかぶさるものがなくなって元気になったのかも。それでも幹は枯れ木の様子。幹から元気にするにはどうしたら良いのか。【井戸の中】この井戸の水、まだ汲み上げたことがない。どんな水なんだろう。地区の人の話 [続きを読む]
  • トラック結び
  • 【トラッカーズヒッチ】先日もホームセンター ナフコ加古川西店さんで単管パイプを追加購入した時に、運搬用の軽トラに単管パイプを積み込むのを店員さんに手伝ってもらった。このホームセンターはいつも利用しているが、いつも積み込みを手伝ってくれる。その時、店員さんは単管パイプが荷崩れしないようにキッチリと縛ってくれるので、どんな結び方か見てはいるのだがなかなか同じようには結べない。手持ちの書籍に書いてあるこ [続きを読む]
  • ケレン作業最後の面
  • 【同い年の梯子を登る】いよいよ最後の面。昨年11月から作業を開始して5ヶ月経過した。やっとここまで来た。今日は作業中に加西市地域まちおこし協力隊の下江さんが来てくれた。内部も興味深く見ていただいたが、「大プロジェクトですね」との感想。いろいろと加西市内の様子をお聞かせいただいたりと、私にとっては有意義な時間を過ごせたが、下江さんにとってはどうかなぁ。さらに写真も撮っていただき、一人作業がゆえに屋根の [続きを読む]
  • 脚立専用の伸縮補助脚
  • 【脚立専用の伸縮補助脚】今日の天気は昨日から雨の予報だったので、北西面の残った部分のペンキ塗りはあきらめて、先日Amazonで購入した脚立専用の伸縮補助脚(購入価格は¥8,390)を脚立に取り付ける作業をする事にした。【足が浮いた脚立】現場の敷地内は一見平らに見えても平らなところなど一つもない。こんなところでの作業だから多少のガタつきは無視して作業をしてきたが、グラっとしてヒヤッとしたことが何度か有る。古民 [続きを読む]
  • 単管パイプ関係の購入額
  • 【これまで購入した単管パイプ関係】古民家ブログの野人さんはご縁があって中古の単管パイプを入手されたと言うことだが、確かに単管パイプは使い慣れれば結構様々な用途に使える材料だ。当方がこれまで購入した単管パイプの総数と金額を表にしてみたら上記の内容になった。できるだけ購入を控えるように必要分を少しずつ購入していたが、それなりの数になっている。元々、専門業者に足場を依頼すると20万円から30万円程度の費用が [続きを読む]
  • 北西面の作業継続
  • 【蜂の巣対策】今日は作業開始前に、この穴がどうしても気になるので、殺虫剤を吹き込んで、テープで塞いでおいた。あっ、「水」が「木」になってしまった。【単管パイプの足場】クランプの扱いがだいぶ慣れてきた。自在と直交も上手く使い分けられるようになってきたと思う。この面は同い年の梯子が大活躍だ。お互い人の役に立つ間は頑張ろうな。【今日の成果】ケレン作業の残りをやってから、錆止め塗料を塗る。もうお馴染みの作 [続きを読む]
  • パノラマVR撮影機材
  • 【魚眼レンズを装着したデジタル一眼カメラ】数年前に撮影方法を教えてもらったパノラマVR撮影用の機材だ。最近は現場に行くことが多く、機材を持って山歩きをする事がなくなり、撮影ができていない。機材の中には特殊な雲台とリモコンがあり、これらと三脚が必須になる。これらがバラバラに置いてあるので、撮影に出かける前に寄せ集めて荷造りをしないといけないことが余計に億劫にさせている。【プラスティックの密閉容器にセッ [続きを読む]
  • 北西面のケレン作業
  • 【庭の水仙】ほったらかしの庭にも春はやってくる。枯れ草の隙間に水仙が花を咲かせていた。【北西面の切り妻部分】水の文字の形に穴があいている。下の格子の形も中が見える。【格子の中】中の茅葺きがよく見える。こんな場所に鳥や蜂が巣を作らないわけがない。鳥ならまだしも蜂が巣を作ったら近づくこともできなくなる。蜂が飛び回る前にこの場所の作業を終えたいのだが・・・。【小動物のミイラを埋葬】床下にいた骸を長い間放 [続きを読む]
  • 足場の再組立
  • 【北西面の足場】もう一度必要なパイプとそうでないパイプを考え直すことにした。【南東面の足場】反対側のパイプの組み方も見直してみるともう少し単純にする事ができそうだ。【組み直した南東面の足場】いたって単純な構造になった。【組み直した北西面の足場】こちらも南東面と同様に単純に組み直して、梯子の足元の足場板の固定を信頼できる形に組み直した。三角柱を横にしたような構造に組み上がったパイプの部分を横にスライ [続きを読む]
  • 2.0?シャープペンシル
  • 【2.0?シャープペンシル】木材に印や線をひくときに0.5?シャープペンシルを使用してきたが、古民家ブログの野人さんは建築用シャープペンシルを使われているとかで、探してみると2.0?シャープペンシルがあった。2.0?の芯ホルダーとの違いは、ホルダーはノックしている時に芯がフリーになって引っ張り出して適当なところで止めるが、シャープペンシルタイプはその名の通りノックする度に芯が少しずつ出てくる。なのでシャープペ [続きを読む]
  • 善防山・笠松山登山
  • 【本日の登山ルート】今日も天気は良いけど現場には行かず、屋根より高い山へ行くことにした。ふるさと創造会議の山部会の方々が善防山の新しい登山ルートを整備されたと言う事で、山歩きのイベントに参加する事にした。9時から好日山荘の加藤智ニ先生のご講義を拝聴した後に善防公民館を出て登山スタート。【烏帽子岩登山口】昨年の山開き登山で登った登山口より北のルートで一気に善防山城跡に登るルートだ。【烏帽子の滝】途中 [続きを読む]