梟の子 さん プロフィール

  •  
梟の子さん: 梟の子の日記
ハンドル名梟の子 さん
ブログタイトル梟の子の日記
ブログURLhttp://dark-eyes-owlet.hatenablog.com/
サイト紹介文古民家再生経過について、自身の覚書の為に記載しています。できるだけ費用を抑えた改修を考えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 283日(平均2.6回/週) - 参加 2016/10/14 07:01

梟の子 さんのブログ記事

  • 旧小河家別邸を見学(三木市)
  • 【旧小河家別邸平面図】(現地パンフレットより)今日は改修現場の調査をしていただいた建築士さんが改修に関わられた三木市の旧小河家別邸を訪ねてみた。【正面入口から表門】この門の横の番人部屋を改修して喫茶室にされたとのことだったので、さっそくその喫茶室でお茶をいただくことにした。【喫茶室の小屋組】あの小さな格子は空調の吹き出し口か?【床板】こんな床材の仕上げが気になる【喫茶室から見た庭】喫茶室で一休みし [続きを読む]
  • 水回りの計画
  • 【プロパンガスのメーター】先日見学した古民家の様にとりあえず一部だけでも利用できるようにするにはトイレ等の水回りが必要になる。座れる場所は土間に設けるとして、トイレをどこに設置するかと、キッチンと風呂のだいたいの場所だけでも決定して、最低限の給排水設備だけ設置してしまおうと考えている。【風呂釜】母屋に風呂は必要かどうか。当分の間住むための設備は不要だが、シャワーぐらいができると、近隣をサイクリング [続きを読む]
  • 剪定枝の整理
  • 【山積みになった剪定枝】昨年の春に剪定して落としたままにしてあった枝葉と生い茂った草々とが絡み合ってとんでもないことになっている。ただでさへ持て余している刈払い機にこの状態では太刀打ちしようがない。【百日紅の枝】【紫陽花の枝】草々の中から剪定枝を引きずり出して適当な長さに剪定ばさみで切ってみた。これを束ねて置いて冬になったら燃料にするかとも考えたが、こんな事していたらまた数ヶ月たってしまう。そんな [続きを読む]
  • 施主施工の古民家改修現場を見学
  • 【改修現場その1】佐用町で木々に埋もれて危険な建築物になっていた古民家を施主さん自らの手で再生されている現場を見てきた。施主さんは左官業が本職で、補修や改修作業もされるとのこと。全くの素人ではないので参考にはならないかもしれないが、室内は床がはられただけでまだまだ改修途上で、ここにもう住まわれているとの事だ。これまで綺麗にリノベーションされて完成した古民家しか見てこなかったが、こんなんで良いんや、 [続きを読む]
  • トタン屋根塗装の費用と時間
  • 【お気に入りの場所】この時期屋根に上がっているととにかく暑い。塗料をペール缶に補充しに下に降りたときに小休止するお気に入りの場所だ。エアコンがいらないとまでは言わないけれど、風が通り抜けて心地良い。通り土間の玄関を入ったところだ。現状では通り土間とは言いにくい。新建材で覆い隠された小屋組や梁、土壁等、裏へとつながる通りは半間の引き戸のみ。ここは新建材を取っ払ってズドンと、せめて風だけでもたっぷりと [続きを読む]
  • トタン屋根の塗装完了!!
  • 【北西面の仕上げ塗装完了】かなり暑い季節になったので少しだけ早く現地に向かって、残った部分の仕上げ塗装をやった。【北東面の下部も塗装完了】昨年の11月からかれこれ8ヶ月を超えてやっと完成した。【離れの屋根瓦】塗装作業中にふと横を見ると離れの屋根の瓦がはずれているのが見えた。梁の下部に隙間も見える。こんな隙間から小動物が屋根裏に入り込んだらイヤなので、とりあえずズレた瓦をのせておいた。瓦は戻したけれど [続きを読む]
  • ブログを始めて1年がたった
  • 【出雲大社 拝殿】昨年の今日、七夕の日にこのブログ「梟の子の日記」を書き始めた。施主施工中心の古民家再生をされて、古民家再生ブログランキング常時首位の「伊那谷の古民家再生」の野人さんのお薦めで始めたブログ。いつも書いているように雑は雑なりに書いているうちに1年が経過してしまった。できれば今日までにトタン葺きの塗装を完了させたかったけれど、それは叶わなかった。ただ、ブログを始めてみて野人さんが言われ [続きを読む]
  • 北西面の仕上げ塗装
  • 【ゴム底シューズ】ロッカーの中で忘れ去られていた靴。飴ゴム底なので屋根の上の作業にちょうど良いと思い引っ張り出してきて使ってみた。確かに底の素材は滑りにくく具合がよいが、履いていると中敷きがずれてきてゴム糊が靴下についてとんでもないことになった。中敷きを買ってきて取り替えてみたけど結果は同じ。やっぱりゴム底の地下足袋買ってくるかな。【足場の組み立て】塗装面が変わる度にこの作業に時間がかかる。今日も [続きを読む]
  • 頑張れ!! 刈払い機
  • 【玄関前からbefore】今日は朝まで雨が降っていたので屋根に上がるのはあきらめて、草刈りをすることにした。【玄関前からafter】このビューは代わり映えせんなぁ。【北東の隅before】電工ポストのところに行くには通らなければいけない。【北東の隅after】こちらはちょっとすっきり感がある。【母屋と倉庫の間after】ここも代わり映えがせん。【西の倉庫前after】ここはかなりすっきりした。これで西の倉庫に行きやすくなった。【 [続きを読む]
  • 無人探査機?を購入
  • 【無人探査機?】昨夜からの雨は今朝になってもすっきりしない。今日は1日雨模様と言うことで、現場に行っても屋根の上には上がれそうもないし、ましてや塗装作業も無理そうだ。そこで、今日はオモチャで遊ぶことにした。現場の蟻害の状況を見ていると本宅の方の床下も気になって仕方がない。床下点検は数年前(いや、10年近く前かも)に専門家にみてもらって、その時点では問題なかった。自分で床下収納から床下に入り匍匐前進で [続きを読む]
  • カレ一作りに挑戦
  • 【集めた材料】ルーを使わないカレー作りに挑戦してみたくなってネット検索をしてみると、100均で購入できるスパイスで作れるカレーのレシピを発見。そこでレシピの材料を集めてみた。向かって右から、ターメリックパウダー、クミンパウダー、レッドペッパー、コリャンダーパウダー、トマトピューレ。(ここで誤りが一つ。レッドペッパーではなく、レッドチリパウダーだった)実際はコリャンダーパウダーとトマトピューレは100均で [続きを読む]
  • 南西面仕上げ塗装完了
  • 【隅の三角形塗装完了】同い年の梯子を使って残っていた部分の仕上げ塗装が完了した。【下から届く部分も塗装完了】わざと残していた下部も仕上げ塗装をやってしまい、これで南西面の仕上げ塗装が完了した。【県道から見た屋根】これで県道から見える屋根は仕上げ塗装が完了した。屋根だけ見ればだいぶ廃屋感がなくなった。【脚立用伸縮足】屋根から降りると足元は廃屋感満載の草原状態。それはさておき、この伸縮足は役立ってるな [続きを読む]
  • 母屋の3Dデータ
  • 【土間から室内を見たところ】先日、子供が現場に付き合ってくれた時に、現場の計測をやっていたと思ったら3Dのデータにしてくれた。【逆に室内から土間の方を見たところ】データは ARCHICADで作られていて、全体をいろんな角度から眺めることができる。 こんな事からでも子供が関わってくれるのは嬉しい。今日は蜂の巣退治に追われた一日だったが、実は南西面の仕上げ塗装作業も行っている。【今日の成果】朝から重たい空模様で少 [続きを読む]
  • 蜂の巣退治の続き
  • 【水鉄砲とスミチオン】今日中に決着をつけたくてホームセンターで買ってきた。これで現地に向かい、2lのペットボトルに半分程度水を入れてスミチオンを50mlほど入れ転倒混和する。それを水鉄砲のタンクに入れて準備完了。母屋の勝手口から出たらすぐ上に巣が見えるので、液を噴射させて蜂が襲ってきたら勝手口から母屋の中に逃げ込む段取りだ。で、ターゲットとの距離4,600mm、水鉄砲のポンピングをして噴射!!心配していたが液は [続きを読む]
  • 蜂の巣確認
  • 【スズメバチ用殺虫剤】左が以前購入した殺虫剤で、右が今回購入した殺虫剤。昨日、北の倉庫の棟に近い軒下にとっくりを逆さにしたような巣を発見。【蜂の巣】【拡大】この形は作り始めて間もない巣らしくて退治するなら今のうち。以前購入した専用殺虫剤を巣に向けて発射してみたが、巣の手前の空中に散布しただけになった。以前、古民家再生ブログの野人さんがスズメバチ退治について書かれていたので、その記事を参考に材料をホ [続きを読む]
  • 敷地内の草刈り
  • 【東の隅】屋根の上ばかりにいてると敷地内がとんでもないことになっている。こちらの隅は給電ポストがあるので電気を使用したいときはブレーカーをONにするために進入する必要がある。【母屋と北の倉庫の間】ここも西の倉庫に行くときに通るがこれではとても歩きにくい。【西の倉庫前】敷地の中で一番日当たりがよく、将来小さな畑でも作りたい場所で、以前にも書いたが春にはフキノトウやワラビ、ゼンマイが出てくる。【玄関前 [続きを読む]
  • 南西面の仕上げ塗装作業の続き
  • 【カベアナタカラダニ?】玄関先のコンクリートの上を大群で歩いている。調べるとおそらくカベアナタカラダニのようだ。人を刺すことはないようだが足元に大量にいると思うと良い気がしない。【今日の作業開始位置】そんな足下のちまちました事は置いといて、今日も屋根に上がる。【今日の成果】半分より少し左側まで塗れた。【足場の単管パイプの移動】で、今日も足場の単管パイプを次の作業位置まで移動させておく。やはりこの作 [続きを読む]
  • 足場の確保に時間がかかる
  • 【右上隅の塗装】三間梯子を一番右端に設置しても届かなかった場所が右上隅にある。ここは三間梯子では長すぎるので例の同級生梯子を使うが、この梯子のための足場を設置する必要がある。【設置した足場】この足場を設置するのに1時間近くかかってしまった。たった1/4畳程の塗装のために。【今日の成果】で、2時間程でこれぐらいしか塗れていない。明日も天気が良さそうで、来週ぐらいから梅雨入りしそうなので、明日は朝から塗装 [続きを読む]
  • 水栓の水漏れ補修
  • 【栓を閉めてもポタポタ】数ヶ月前よりカランを思いっきり締めないと水が止まらない状況だった。最近ではそれが力いっぱい締めても水が止まらなくなっていた。別宅にかかりっきりで、本宅のメンテナンスを怠るとろくなことにならないし、「家一軒をDIYで再生しようとしている人が水漏れも止められないの」とうちのに言われる前に修理をしようとカランをバラしていく。中からコマを取り出して形状を確認し、ホームセンターで同形状 [続きを読む]
  • 南西面の仕上げ塗装作業
  • 【足場板を固定する単管パイプ】前回準備していた足場板の位置から棟までの距離が三間梯子の長さがおさまらない。【固定する単管パイプを手前に付け替え】単管パイプの位置を手前にずらして、かつ、縦のパイプの手前に付け替えて棟との距離を広げた。これで足場板と棟との間に三間梯子が入るようになった。予定より梯子の固定に時間がかかってしまった。【今日の成果】右手第五指の腱鞘炎が悪化しないように最近は作業は2時間ぐら [続きを読む]
  • ノートパソコンの購入
  • 【届いたノートパソコン】サブのパソコンとしてノートパソコンを使用していたが、最近は子供にすっかり奪われてしまい困っていたのでもう1台購入を検討していたところ、新聞広告に2万円台の中古ノートパソコンが掲載されていたので調べてみた。すると結構世の中には中古パソコンが流通している。企業が更新で入れ替えたパソコンと言うことで、考えてみれば職場でもまだまだ使えるパソコンを更新している。なので今回は中古パソコ [続きを読む]
  • 太陽熱温水器の撤去
  • 【北の倉庫の上の太陽熱温水器】この北の倉庫は解体して駐車スペースにするつもりだが、以前から屋根の上の太陽熱温水器をどうするか困っていた。これを昨日、神崎郡神河町大山の薪釜パン工房「丸藤」さんが下ろしてくれた。ユニック等の重機が必要だと考えていたが、丸藤さんは手際よく地下足袋に履き替えて腕に手っ甲をして頭にタオルを巻きつけると、梯子で屋根の上に上がられた。しばらく段取りを考えられていたと思うと、温水 [続きを読む]
  • 固定資産税の納付
  • 【シダ類】敷地内のシダ類。あちこちに生えている。春にはワラビやゼンマイがいたるところに出ている。【フキ】春にはフキノトウもいくつか見ることができる。【ヤマノイモ】ヤマイモのツルだと思うが、秋にはムカゴがなっている。山の斜面に家が建っている感じだ。これでも宅地?山林としか思えないけど登記簿上は宅地。したがって、宅地としての固定資産税を納付しないといけない。納付期限が5月1日までだったが、うっかり滞納し [続きを読む]
  • とにかく屋根に登る
  • 【隙間の補修】棟の北西の端の部分に、トタン板を打ち付けてある構造材が見える部分があった。前から気にはなっていたが塗装作業を進めたいので放置していた。それでもこのままと言うわけにはいかないので、補修テープでふさいでテープがはがれないように全体をコーキングで固めて、仕上げ塗料を塗っておいた。まぁこんなもんで良いやろ。【南東面の仕上げ塗装完了】やっぱりこの仕上げ塗料の色は目立たんなぁ。仕上げた感がなさす [続きを読む]
  • 道具を発掘
  • 【リョービのトリマ TR-40】木材加工を始められるのはまだまだ先だが、ペンキ塗りばかりでは面白くないので、木材加工の準備でも始めて気を紛らわすことにした。で、電動工具のことを調べたり、必要になりそうな工具を物色している。そこで、自宅の収納庫をひっくり返していると出てきたのが上のトリマ。大昔、近隣のホームセンターが改装のための売りつくしセールを開催していたときに見つけて購入していたものだ。ビットも確かス [続きを読む]