ヒッピー さん プロフィール

  •  
ヒッピーさん: 子なし夫婦の心の放浪記
ハンドル名ヒッピー さん
ブログタイトル子なし夫婦の心の放浪記
ブログURLhttp://hippie55.blog.fc2.com/
サイト紹介文無精子症→細胞すら見付からず→夫婦二人の道へ。日頃の心の内をゆるりと時にはやさぐれつつ綴っております
自由文通院・検査・手術などの具体的な流れに関わることよりは、日々思うことや心の中にある気持ちなど感情の部分を中心に書いてます。
参考になるような情報はあまり書かれてないと思いますが、流し読みに丁度よいブログを目指し、まったりと綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 221日(平均1.5回/週) - 参加 2016/10/14 11:21

ヒッピー さんのブログ記事

  • また始まった
  • 某テレビ局の企画『家族ってなんだ』これ、定期的(年1かな?)に一週間ほど家族をテーマに、その局の色々な番組内でコーナー作って取り上げている期間があるんですね。これを目にすると、なんだか少しモヤモヤするのです。テーマは家族なのに、取り上げられているのは出産や子どものことばっか。家族でくくっておいて子どものことばかりやるなんて。まぁ、この企画に限らず『子ども』と『動物』系は分かりやすく感動路線に持ってい [続きを読む]
  • 言葉が通じることの良し悪し
  • かれこれ10年ほど前、私がまだ20代半ばも少し過ぎた頃、それまで勤めていた会社を辞めてバックパックひとつ背負って東南アジアを旅をしたことがある。英語もほとんど中学で習う単語程度しかわからない自分が、スマホなんかもない時代に「行ってしまえばなんとかなるさ」と旅立ったのは完全に若さから来る勢いだけだったと思う。一応「指差し会話帳」のような、旅によくあるシチュエーションが現地の言葉でまとめられている本をいざ [続きを読む]
  • 母の日だったのね
  • タイトルでお察しの通り、私は父の日も母の日も特に何もしない親不孝者です(^_^;)一緒に暮らしていた頃は気が向けば何か(主に食べ物)を買って渡したりしたときもありましたが、親元を離れてからはめっきり…。ちょうど父の日母の日に実家に寄る用事があれば何かそれっぽい物を買って行ったりはありますが、毎年わざわざ出向いたり贈ったりはしないクチでして。自分が親になったときに有り難みがわかるよ理論も、もはや私には当ては [続きを読む]
  • 自分のタイミング
  • 少し前からパートを始めました。パートを見つける前の私は、新しい職場で新しい人間関係を築くことに二の足を踏み、重い腰を上げられず、それでいて何者でもない自分に落ち込んでは、何かしなければ!と焦る気持ちとの間でただただヤキモキしていました。動き出せない理由のひとつに「お子さんは?」のダメージを、自分がどの程度受けるのか未知数だったから、というのもあったと思います。そんなこんな色々な感情が重なり、グズグ [続きを読む]
  • 連休中の公園にて
  • GW中の何も予定がなかった日、天気がとても気持ち良かったので主人と公園に行った。レジャーシートとおにぎりを持って、ちょっとしたピクニック気分。公園には休日を楽しむたくさんの人がいて、みんなベンチやレジャーシートやテント型の日除けを使ってのんびりと過ごしているようでした。やっぱり圧倒的に家族連れが多いのですが、私は自分が子なしだからか、意識しているわけではないのにどうしても御夫婦二人で来ているっぽい人 [続きを読む]
  • 大きな木の下で
  • ときどき、無性に会いたくなる友人がいる。地元で仲のよかった仲間たちは、男女の垣根なくよく集まってはくだらないことで笑い合える、そんな仲間たちだけど、年齢とともに女性陣は結婚で地元を離れ各地にバラバラになり、私もまさに結婚で地元を離れ、今は盆暮れの帰省のときぐらいにしか会うことはなくなってしまった。その中の一人の男友達が、私にとって特別な友人である。特別と言っても、恋愛感情のようなものは一切ない。そ [続きを読む]
  • 他人の言葉
  • 『何も知らないくせに』『わかったようなこと言わないでよ』私は、生きているとこんな風に思うような場面が時々あります。私は自分の本当に芯の部分をおもてに出すことがないので、「私のことなんて何もわかってないくせに…」って思うことが特によくあるのですが。こう思ってしまうようなことを言ってくる人というのは、その場の空気などお構いなしに自分の考えは言わないと気が済まない人だったり、自分の考えがすべてでそれに沿 [続きを読む]
  • 生きる意味
  • 今回はおバカの戯れ言。時々、ウェブ上で不妊や子なし関連のニュース記事なんかがあったときには目を通すのだけれど、もちろん記事の内容にも興味はあるのだけど、その記事に対して寄せられているコメントに目を通すようにしています。そこには様々な意見があり、理解を示している人もいれば、もちろん辛辣な意見もあって。辛辣な方で目にするのは、『子孫を残せないなんて生物として生きている意味がない』というような意味合いの [続きを読む]
  • 当たり前じゃないよ
  • 少し前に、GENKINGさんが自身のインスタ内で、性同一性障害の診断書の画像をUPし、自らの気持ちを綴っていた記事を何かで目にした。今はオネェというジャンルが確立され、GENKINGさんもそれっぽい立ち位置でメディアに出始め、こちらもオネェなんだろうと思って観ていたので、改めて診断書とともにカミングアウトされているのを知って、「ん?いまさら?」と一瞬思ったけれど、あぁご本人の中では区切りがつけられていなくてずっと [続きを読む]
  • 私を苦しめるのは私
  • 「他人と比べちゃいけない」「表面的には幸せそうに見えても、それぞれ色々あるんだから」子なしの道を歩むことになって以来、よく目にしたフレーズ。妊婦さんを羨んだり、子連れが眩しく見えたりするたびに、自分でも何度も脳内で繰り返したそのフレーズ。比べちゃいけない比べちゃいけない…だけどいつもなぜかスッキリしなくて。頭ではわかっているのに。私は他人を羨んでるの?あの人になりたいの?違う。たぶんそうじゃない。 [続きを読む]
  • ある意味で力が湧いた
  • 「最近グループの方のLINEに参加してこないけど大丈夫?」心配のふりした興味本位の探り。疲れる。個人宛LINEで聞くことで、せめてもの気遣いしているつもりなのか。昔から精神的にしんどくなる時期があること、だから今は人付き合いを考えるのも疲れること、そのうち良くなったらまた今まで通りに戻れるから今はそっとしておいてほしいこと。ぶっちゃけた。これで察してくれる人は本当に親身になってくれているのだと思うのだけど [続きを読む]
  • 沈み中
  • ブログの更新がなかなかできません。いまだ沈んではおりますが、一時の暗黒と比べると、今は薄闇ぐらいにはなっております。今回の波の発端は子なしのことではなく、色んな要因が重なってしまったのですが、まぁ落ちに落ちました。元々生理不順ではあるのですが、今回もまた生理前の状態がまだ長引いており、ホルモンバランスがガタガタのようで、それに伴って精神不安定な状態も長引き…。それに加え、これは自分の生い立ちに関係 [続きを読む]
  • 無気力〜
  • 先に言っておきます。月1のモノの前で心身ともに沈んでおります。ここ何日か無気力の波が来ております。深く落ち込むのとも違う、感情が凝り固まったような感じです。今現在、たぶん私は子なしLIFEを楽しめていません。望んでいた人生とは違ってしまったのだから、なかなか切り替えられないってのもあるのですが、頭では「今ある幸せを楽しみたい」と思ってはいるのに。子がいないからこそ出来ることってのが、今はのんびりダラダ [続きを読む]
  • 米抱く女
  • 少し前に内祝いをいただいたんです。友人に出産の御祝を渡しましたから、それの御返しをね。「なにがいいのか散々迷っちゃって〜。迷惑にならないものにしたから〜(’-’*)♪」ってことで届いたのがお米。これはね、助かりますよ。正直、好みの合わない物を贈られるより、食べてしまえる、しかも毎日消費するものですからね。しかしね、『産まれたときの体重と同じ重さに合わせてあります♪抱っこして実感してみてください♪』これ [続きを読む]
  • またやってしまった
  • 時々やってしまう禁断の行為『SNS検索』そこに幸せがないことはわかっているのに(笑)ついつい古い知り合いを辿ってみたりして。まぁ大体子ども抱いてますよね。自分が若いときに一緒に働いていた、当時高校卒業したての10代だった後輩も、いまやお母さんをやっていたりしてね。そんなのをなぜか時々、自分から見に行ってしまうんですよね。なんだろうこの行為は。荒療治?ショック療法?なんだか自分に思い知らせるかのように、「 [続きを読む]
  • 備えることは色々あれど
  • 子なしは少なからず先への不安を感じるときがあります。別に、子ども=安心材料とは思いませんが。私の一番大きなイメージは『孤独』です。金銭面的にはむしろ、誰にも頼れないことがわかっている分、いまから多少なりとも備えることができるというのはある種の強みだと思います。子どもがいるからアテにしてたのにこんなはずじゃなかった!ということも起こりません。子育て世帯ほど生活にお金もかかりませんし。あ、大前提として [続きを読む]
  • こっちだって気を遣う
  • 友人同士との話題の中で、子どもに関連する話題になるときがある。子育てに限定した話題ではなく、自分の子ども時代の事も含む、ざっくりとした子どもの話題。もちろん私は子育てのことは未知の世界なので、子育てのことだったら余計なことを言わないように聞く側にまわるのみだ。だけど自分の子どもの頃の話ならば経験してきたことだし、昔を懐かしむような話題には普通に「あのぐらいの年齢のときはこうだったなー」みたいな感じ [続きを読む]
  • どの選択も夫婦それぞれ
  • 最近は鬱々としているヒッピーです。blogを始めてから、上がったり下がったりを繰り返しながら、ずーっとグズグズグズグズとしておりますが、多くの方に共感のコメントをいただき、励まされたり元気を貰えたり本当に有り難く感じております。おそらく、同じ境遇だったり、関連ワードなんかで辿り着いた方が読んでくださっているのかなぁと思っております。でも「もしまったく子なしとは無縁の人が辿り着いてここを見たときにどう思 [続きを読む]
  • ただの吐き出しPart2
  • ここ何日か気分が沈んでいる。主な原因はおそらく「働いていないことから来る焦り」からだろうと思う。私が働かなければ生活が苦しいということはないし、別段働くことが大好きなわけでもない。それならそんなに焦ることはないじゃないかとも思うのだけれど、完全に養ってもらっているだけという主人に対する申し訳なさと後ろめたさ。それに加えて『何者でもない自分』に対する嫌気と苦しさと悲しさ。『何者でもない自分』の中には [続きを読む]
  • ただの吐き出し
  • 今日はなんだかイライラする。嫌味を含んだ言い回しに私は敏感なほうだ。そして負けず嫌いだからこちらも少し含んだ返答をしてしまう。これが悪循環を招くことはわかっているのだが。ちょっとしたことなのにイライラモヤモヤが止まらない。ぶつける場所もないし、ぶつけるほどの出来事でもない。だけどイライラだけは膨らんでいく。全然関係ないことなのに、勝手に子なしのことまで絡めて考えてしまったりしてドツボに落ちていく。 [続きを読む]
  • 辛い辛いと言わないで
  • 持病と闘いながら、望んで望んで妊娠することができた先輩がいる。妊娠できたことは本当に喜ばしいし、嬉しかったんだけど。持病が関係するのか、まったく関係ないのかはわからないが、早産の危険があり安静にしていなければいけない状況になってしまったらしく、入院しながらの妊婦ライフを送っているようで。「妊婦さんとして過ごすクリスマスも年末年始も病院のベッドの上だから辛い」「ずっと寝ているのも辛い」「点滴も辛い」 [続きを読む]
  • 踏ん切り
  • 私は現在無職。去年まで働いていた職場が、休みや勤務時間の融通が利かない職場だったこともあり、本格的に妊活に取り組もうと考え始めた時に辞めることを迷っていたのだけれど、主人の検査を始めた頃から検査のための通院も増え、嫌味を言われながら休みの都合をつけることにも疲れ、主人の手術日程が決まったと同時に私は仕事を辞めました。それからあれよあれよと子なしの道に進むこととなってしまって、もう通院の必要もなくな [続きを読む]
  • 無事に乗り切る
  • 明けましておめでとうございます。本年もゆるりとお付き合いのほどよろしくお願いいたします(^-^)さてさて、年末年始は親戚付き合いがあるので、子なしにとってはちょっと気が重い時期になりがちです。うちはと言うと、私側と主人側共に子どものことに触れられることなく無事に乗り切りましたー!嬉しい(T-T)昨年精子がなかったことがわかり、子どもを諦めてから初めて迎えた年末年始。ドキドキハラハラ気が気じゃなかった…(-_-;) [続きを読む]
  • 落ち着いています
  • ここのところ、心がめっきり落ち着いています。時期的には月一のモノの前で、いつもだったらグズグズと愚痴を書き込む周期のはずなのですが。友人とのグループLINEでは相変わらず「授乳で乳首が伸びた」だの、誕生日用のキャラご飯プレート談義などの子育てあるあるが飛び交っておりますが。フムフム、大変だなぁと思いながら興味深く見ております。グループLINEとは別で、私が苦手とする出産報告もあったのになぜ今回はこんなにも [続きを読む]
  • エネルギーの無駄遣い
  • 私に子どもができないことを知っている数少ない友人の中の一人の女性。ことあるごとに、「○○さんとこ、結婚して妊娠中だって」「△△ちゃん、こども産まれたって」「□□くんも今度二児のパパになるんだって」という古い知り合いや昔の同級生なんかの情報をくれる…(-""-;)私に子どもができるできないに関わらず、その友人はそういった話題が好きなんだろうけど、こちらとしては(わざとやってる…?)と勘繰ってしまう。そんなこ [続きを読む]