* みつは * さん プロフィール

  •  
* みつは *さん: *ことばの雫*
ハンドル名* みつは * さん
ブログタイトル*ことばの雫*
ブログURLhttp://8kotonoha8.blog.fc2.com/
サイト紹介文ある日突然ネットに実名で書き込みがされたら あなたならどうしますか・・?
自由文人生の3つの坂『上り坂』『下り坂』『ま坂』。
その『まさか』の出来ごとで 心の波と闘い中
前向きだけどネガティブ
わたしってこんなだっけ・・?40代も後半
まだまだ自分探しは終わりそうにありません。

心の整理ブログです。
よろしくお願いします*
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 335日(平均0.6回/週) - 参加 2016/10/14 12:04

* みつは * さんのブログ記事

  • 突然ですがネット被害にあいました。
  • 普通の主婦です。家庭は円満です。でも、【ネットの掲示板に酷い書き込みをされた被害者です。】書き込みがされることのなかった日々に戻りたいと願っても、この事実は変わりません。きっとこういったケースが増えてくるのだろう・・・と思い何かしら励み・・だったり、解決のお役に立てれば・・と ここに残すことにしました。もし、今被害に遭われてる方はすぐに誰かに相談してください。これは一人では抱えきれるものではありま [続きを読む]
  • 理由なき犯行。
  • 犯人の特定ができ山田は任意同行、取り調べを受けた。素直に答えていたらしい。告訴はしなかった。今の日本ではそれほどの刑罰を与えられないからだ・・。それに・・一日も早くこの人たちと、この件と縁を切りたかった。肝心の理由は「噂を聞いたので、書き込んだ。」 「自分が書いたことで人が反応するのが面白かった。」 ・・・・・・・・・。結局被害者はわたしの他にも数名いた。揃いも揃って噂されてた?(他の人のそんな噂 [続きを読む]
  • 特定。
  • わたしのスマホに先生の名前が表示されました。電話が苦手なわたしでも、このときは迷わず電話に出ていました。「相手側から連絡がありました。」先生のお話ではまず、相手の奥さんが開示請求を確認し 旦那に何のことか問い詰めたとのこと旦那が自分のしたことを白状したと。すぐに削除するので許してもらえないかと言っていますがどうされますか・・?「一体誰なんですか・・?」相手は自分の名前は言いたくない。名前を伏せたま [続きを読む]
  • 同時進行。
  • 2週間待たずして、まず警察の方から連絡がありました。捜査内容は教えてもらうことは出来ませんが、何かしらの進展があったことはわかりました。(わたしの精神的苦痛を知られていたのでバカなことをしないよう言える範囲で教えて下さったのかもしれません)弁護士先生にそのことを報告し、そのとき「ログの保存請求を出しました」と報告を受けました。それから約1週間後 どこのブロバイダーから発信されたものかが特定(同一人 [続きを読む]
  • 直感。
  • 病院にはセカンドオピニオン。弁護士も自分に合う先生を探せばきっと見つかる・・はず!それが難しいことは前回のことで経験済みですが ・・・警察が動いてくれたこともあって、気持ちが前向きになり「諦めなければなんとかなる!」と思えるようになっていたのがよかったのでしょうか視野がほんの少しですが広がり・・高速を飛ばして日帰りで帰れる距離まで範囲を広げてみたら「ピン!」と来る先生が見つかったんです。さっそく事 [続きを読む]
  • 手立て。
  • 犯人の反応は、書き込みをやめるどころか反応したのがよほど嬉しかったのか挑発をしてくる内容が書き込まれていました。そもそも まともじゃないから、書き込みするんだよね・・・それにしても・・・まさか喜ぶとは・・ とにかく検索して見つけた方法を試してみるしかない。警察には相談済みではあったが、改めてサイバーポリスに電話そして法務局に相談こうして動いてみたことで、地元刑事課には県警(サイバーポリスは県警にあ [続きを読む]
  • トンネル。
  • 諦めなければ・・・という気持ちと 抜け出したい気持ちに揺れる日々どうにもならないジレンマ見いだせない光に自暴自棄に入ってしまったわたし。(どうやって死のう・・・ こんな書き込みをされる人間なんて生きてる意味ない・・。)(旦那に申し訳ない・・・。子供たちに申し訳ない・・・。)とことん落ち込み、そこからまた立ち直る。(こんな奴のせいで死にたくない。)大切に想ってくれる人たちの顔を一人一人思いだす。こち [続きを読む]
  • 匿名という隠れ蓑。
  • 警察もダメ、弁護士もダメ。ネットでの誹謗中傷を得意とする弁護士事務所は都会にはたくさんある。会って、話して、担当してくれる先生を知って 信頼してお願いしたいわたしとしては無理がある。もし、旅費をかけても会ったとして・・また今回のような結果になってしまったらそんな無駄な時間もお金もない。自分の中での諦めから、あとはこの出来事が静まるのを待つしかない・・・そう言い聞かせる毎日。(何か方法はないかな・・ [続きを読む]
  • 諦め。
  • 【ネット誹謗中傷】住んでる地域で検索こんな田舎でネットに詳しい弁護士なんて正直数えるほどしか居なかった。人生で弁護士にお願いすることなんてこれっぽっちも考えてなかったのに・・・【初回相談無料】に目が止まる。電話が苦手になってしまったわたしの代わりに旦那が弁護士事務所に連絡を取る。日付も決まり、いよいよ・・・担当の人の印象は、早口で苦手・・。時間に追われてるのか、こちらの話しをじっくり聞いてくれる感 [続きを読む]
  • 葛藤。
  • 「弁護士に頼め!金はいくらかかっても出すからとことん戦え!」心配して何度も様子を見に来る両親。平気な顔をし続けるには無理があった、わたし。「・・うん。」わたしが我が子を愛しいと思うように両親もまたわたしの悲しみを取り除こうと必死だった。ネットに詳しいわけではない。だから励ましの言葉がちょっとズレてることもあったが、それでも親なりにどうにかしてやりたいと思ってることは充分すぎるほど伝わった。どん底に [続きを読む]
  • 悔し涙。
  • 寝付けない日々、何度も気になり手に取るスマホ。次は何が書き込まれているのだろう・・・もし、旦那や我が子の情報だったら・・・わたしが誰かに恨まれてるせいで家族に危害が及んだら・・・・・(わたしのせいで・・わたしのせいで・・・)メンタルはボロボロでした。知らないうちに誰かに恨まれていたのだろうか、普通に暮らしてるだけなのにそれがいけないことなのだろうか・・・書き込まれる理由は自分にあるはず・・。地元に [続きを読む]
  • 動。
  • 状況は悪化する一方。頼みは警察・・・「動いてくれるのかな・・。」スマホであれこれ検索した結果、このくらいでは動いてくれそうもないことは理解しつつも諦めるよりは動いてみなければ・・・やってみないとわからない。この時 すでにわたしだけではなく、旦那の職業から子供の学年まで書き込まれていた・・。黙って見過ごすもんか。絶対に犯人にたどり着いてやる!食欲も失せ、常に周りの目を意識する生活のなかただ犯人を特定 [続きを読む]
  • 直視。
  • まずはじめに、カテゴリの『ま坂。』は実際の出来事です。個人を特定出来るものは全て変えて書いています。川上 美津について知ってる人〜??たくさんのスレッドが並ぶ中、それはありました。(まさかのタイトルがフルネーム・・・)愕然としました・・。結婚してからの十数年使い続けてきた氏名・・・すぐには受け入れられない現実北町に住んでて男好き〜以前○○で働いてたぞ交流がある人色々教えてくださいハッキリわたしだと [続きを読む]
  • 波紋。
  • どうすることがいいのかわからず、昔からの親友に相談にいきました。こういうことは誰にでも話せることではないから・・・。「・・ちょっと・・・何これ・・・」驚きで顔をしかめながら読み終わった親友から出た言葉は「ほっておいたらダメよ!ネットって怖いんだから!!ちゃんと警察に行って被害届出しておいで!」「警察」「被害届」・・・そういうことなの・・?深刻な状況を受け入れなければいけない。のか・・。個人情報を書 [続きを読む]
  • 笑って。
  • 「落ちついて聞いて。」と、口を開いたのは旦那でした。「うん、何?どうしたの?」「実はね、みっちゃんが出かけてる間に暇で 職場で○○って掲示板にいろんな情報が出てるから見てるって言う人がいたから見てみたんだけど、そこにさ・・。」「え?そのサイトって変な人たちが書き込みしてるあまりよくないサイトでしょ?そんなの見て・・・バカじゃないの!!で・・?なに?」「うん・・。とにかく落ちついてね・・?」「うん? [続きを読む]
  • あの日。
  • あの日のことは、今でもよく覚えています。月1・・前の職場の友達とのランチの日でしたから・・・いつも通り楽しく会話をし、いつも通り・・・いえ、その日は旦那が休みで夕食を作ってくれることもあっていつもより少し帰宅が遅くなった日でした。帰宅すると駐車場には何故かわたしの両親の車があり日中に来ることはあっても、夕食時に来ることは滅多になかったので(何かあったのかな・・?)と、不思議に思いながら玄関を開けま [続きを読む]
  • 平凡こそ しあわせ
  • 毎日が 幸せでした。ときどきイラっとはするものの、でも言いたいことが言える旦那さますっかりわたしの身長を追い抜いた 息子たちそして おそそうはするものの 可愛い犬2匹。毎日は 当り前のように時間の流れに逆らうこともなく 平凡にすぎていました。わたしにとって それは永遠に続くものと思えるような幸せな時間。 [続きを読む]
  • ころころろ*
  • 摩訶不思議な妖怪たちに守られながら今日も元気に(?)寝込んでいる江戸有数の大店の若だんな・一太郎。ある朝起きると、目から光りが奪われていた!その理由は、空前絶後のとばっちり?長崎屋絶体絶命の危機に、若だんなが名推理。だけど光りの奪還には、暗雲が垂れこめて―。佐助は妻と暮らし始め、どうなる、若だんな?絶好調「しゃばけ」シリーズ第八弾。 すっかり「しゃばけ」に魅了されて し [続きを読む]
  • 漁港の肉子ちゃん
  • 男にだまされた母・肉子ちゃんと一緒に、流れ着いた北の町。肉子ちゃんは漁港の焼肉屋で働いている。太っていて不細工で、明るい―キクりんは、そんなお母さんが最近少し恥ずかしい。...    初 西加奈子さんの本 キャラが強烈 笑って、笑って、最後に泣いた。 こんなに愛情溢れる人ってなかなか居ない。 愛あるところには、やはり温かい想いの人たちが集まるのかもしれない   [続きを読む]
  • 神様の御用人*6
  • 神様たちの御用を聞いて回る人間――“御用人”。ある日、フリーターの良彦は不思議な老人から一冊の本を託され、狐神の黄金とともに八百万の神々のもとを訪れて御用を聞くはめになってしまった。かくして、古事記やら民話やらに登場する、人間以上に人間味あふれる神様たちに振り回されることになり……。今回は「平将門」「建御雷之男神」「宗像三女神」の三柱のお話でした泣けて  笑えて  神様を身近に感じられる本です御 [続きを読む]
  • (*´ー`*)
  • すっかり 季節は 秋ですね 寒いのは苦手だけど、秋を感じるお出かけは好きです [続きを読む]
  • ほ ぼ 日 *
  • 遅ればせながら来年から ほぼ日1年生ですpp旦那ちゃんと来年の手帳探しに あちこち見てまわってたんだけど増田セバスチャンのほぼ日が 頭から離れずでも、見に行ったときには売り切れてて・・店員さんに再入荷情報聞き出し〜の のお迎えとなりました(〃艸〃)ムフッ1年間使うものだから お気に入りがいいもんね何を書こうか 今からワクワクです [続きを読む]
  • 人魚の眠る家
  • 「この世には狂ってでも守らなきゃいけないものがある。 そして子供のために狂えるのは母親だけなの」脳死・・臓器提供・・・心臓が動いていても 「死」として受け入れられるのか・・なにをもって「死」なのか愛する我が子の命を終わらせることが自分に出来るのだろうか・・自分よりも大切なもの成長して生意気を言うようになっても 子供かな(ゴメン旦那ちゃん)だから、自分と重ねては見れないほど辛いstoryだった・・な。それ [続きを読む]