産婦人科医 さん プロフィール

  •  
産婦人科医さん: 現役産婦人科医の時間外診療
ハンドル名産婦人科医 さん
ブログタイトル現役産婦人科医の時間外診療
ブログURLhttp://obgyne.hatenablog.com/
サイト紹介文カンジダ、ミレーナ、避妊、生理痛など、女性の悩みについて産婦人科医の立場で説明します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 302日(平均2.9回/週) - 参加 2016/10/14 16:28

産婦人科医 さんのブログ記事

  • 腹筋しすぎたら子宮が出てきちゃう??
  • ダイエットは永遠の課題ですが、個人的には筋トレが一番ラクかなと思っています。ランニングやウォーキングは時間がかかるし、やっている間はカロリーが消費されますが、お休みしている間はカロリー消費されません。その点、筋トレは週に3回程度のトレーニングで大丈夫。テレビを見ながらでも出来るし、トレーニングしていない間も筋肉による基礎代謝が期待できるので、どんどんカロリーが消費されるのです。ランニングやウォーキ [続きを読む]
  • 「ついで」検査のおすすめ
  • 皆さん、子宮がん検診は受けていますか。なかなか「検診」というのは受診のハードルが高いと思います、私自身、しっかり検診を受けているかというと・・・ 受けないといけないとは思っているんだけど そもそも、病院にわざわざ行くのがハードル高いですし、婦人科であれば尚更ですよね。ただ、そんな中でも「おりものが増えた」「何となくお腹が痛い」「痒みがひどくなってきた」といった理由で受診される方がいて、そういう [続きを読む]
  • 帝王切開の吐き気には〇〇が効く
  • 赤ちゃんが逆子であったり、前回帝王切開をしていたり、お産の途中で赤ちゃんが苦しくなったり、と様々な理由で帝王切開をすることがあるのですが、帝王切開中にお母さんが気持ち悪くなってしまうことがあります。その原因の一つとして、麻酔によって血圧が下がってしまい、気持ち悪くなることがあるのですが、その対策として しょうが が効果がある、という論文を見つけたので、今日はそれを紹介したいと思います。論文はZe [続きを読む]
  • 妊娠中に気をつけること 手洗いをしっかりと!
  • 先日、ローストビーフや火がしっかり通っていないお肉を食べると、トキソプラズマという微生物に感染して赤ちゃんに影響が出る、という話をしました。それと同じように妊娠中に気をつけたいものがあります。それがサイトメガロというもの。これは、小さい子供のオシッコや唾液にたくさん含まれていて、それらを触れた手で何かを食べると、口から感染してしまうのです。そのため、そういったものに触れた後にはしっ [続きを読む]
  • 妊娠中に食べてはいけないローストビーフ
  • 初めて妊娠した方は不安がいっぱいで、赤ちゃんが子宮の中に確認できた時点で「何か心配なことはありますか」と尋ねても、「何を聞けばいいのかわからない」と言われることが多いです。そんな中でもよく聞かれるのは「妊娠中にやってはいけないこと」お酒やタバコは当然ダメなので、みなさんうなづいてくれるのですが、生肉や生ハムなど加熱不十分なお肉はダメだというと、驚かれることも多いです。特に、近頃よく見るロース [続きを読む]
  • 麻疹ワクチンは必要なのか
  • 様々なワクチンがある中で、ワクチンを接種した後に何らかの副作用が出た場合、「それがワクチンのせいだ」と問題になることは度々あります。そこで、今回は 麻疹 について調べた事をまとめてみました。クリニックのHPになります。麻疹について | 平和島レディースクリニックこちらのHPに詳しくまとめているのですが、ワクチンを接種することで様々な病気の確率を下げることができます。感染ワクチンショック(全ての薬に可 [続きを読む]
  • 子どもが10歳になりました
  • 先日、うちの娘が10歳になりました。学校でやったカルタがとても面白かったようなので、誕生日は、「ドラえもんのカルタ」と「ドラえもんの百人一首」をプレゼントしました。まだカルタしかやっていませんが、そのうち百人一首の上の句だけで「パシーン」と取るようになってくれるかな、と親バカながら楽しみにしています。それにしても、10年、本当に月日が経つのは早いですね。10年前と言えば、自分はまだ医師になりたての [続きを読む]
  • 「病は気から」っていうのは事実
  • みなさんは、プラセボという名前をお聞きになったことはあるでしょうか。日本語で偽薬と訳したりします。偽の薬、つまり「薬として作用する成分が何も入っていない、単なる粒」ということです。なぜ、そういうものが存在するかと言うと、ある薬の作用や副作用を調べる時に使うのです。まずは、薬を飲んでもらう人100人に集まってもらいます。それだけだと、薬が効いてるのか効いてないのかわからないので、同 [続きを読む]
  • 医師を目指したきっかけ
  • 医師として働いていて、よく聞かれるのは「ご両親はお医者さんですか?」という質問です。世間的には医者の子供が医者になる、という印象が強いようですが、私の両親は医師ではありません。母は専業主婦で、父は普通のサラリーマンでした。父方の家系には医療関係者はほとんどおらず、母方の家系に何人か医師がいるのですが、私自身が医学部に入るまで、そのような情報は知りませんでした。しかも、父は大の医者嫌い。という [続きを読む]
  • 妊娠と有機溶剤の曝露について
  • 先日、仕事で「有機溶剤」を使っている方から妊娠に対する影響を質問されたので、少し文献を
    調べてみました。Kristen I. Mcmartin MSc,et al.: Pregnancy outcome following maternal organic solvent exposure: A meta-analy
    sis of epidemiologic studies, Am. J. Ind. Med. 34:288?292, 1998. この論文では7036人の調査をしたところ、有機
    溶剤に曝される仕事をすることで奇形の確率が1.64倍になり、2899人の調査で流産の確率が1 [続きを読む]
  • バルトリン腺の腫れについて
  • obgyne.hatenablog.comデリケートゾーンの痛みについて、以前ブログを書いたのですが、その中でもバルトリン腺について、まとめたいと思います。バルトリン腺とは、腟の左右に1つずつある粘液を分泌する部分です。その粘液が出てくる部分が何らかの原因でつまった場合に、バルトリン腺から出口に向かう管の部分が腫れてしまって、症状を引き起こします。まず、小さくて症状が軽い場合には、何もしなくて大丈夫です。自然に無くなっ [続きを読む]
  • 不思議な飲み物
  • お題「おばあちゃんの思い出」私の祖母は京都に住んでいました。私自身、京都の病院で里帰り出産だったのですが、家は滋賀県だったので、年末年始には京都にある祖父母の家に遊びに行っていました。鴨川沿いにある中華料理屋さんで、お皿を乗せた台がクルクル回るのを初めて見て、大興奮したのを覚えています。それ以来、お正月といえばおせち料理より「クルクル回る中華料理」と言うイメージが付いてしまったくらいです。 [続きを読む]
  • がん家系かどうか気になりませんか
  • 時々、「母に癌が見つかって」「祖母が癌で亡くなっていて」のように、近い家族に癌患者さんがいると、ご自身の癌を心配される方がいらっしゃいます。そこで、今回はがん家系について説明したいと思います。婦人科的に「がん家系」として以前話題になったのは、アンジェリーナジョリーさんが癌予防のために乳房を切除した、というニュースが流れた時でした。乳がんと卵巣癌は密接に関係していることがあり、遺伝性乳癌卵巣癌症候群 [続きを読む]
  • 子宮のポリープと言われたら
  • 子宮がん検診や、おりもの検査で婦人科を受診した時に子宮のポリープと言われることがあります。子宮のポリープは、大きく分けて二つあって、ひとつは子宮頚管ポリープというもの。そして、もうひとつは子宮内膜ポリープというものになります。ここでは、子宮頚管ポリープについてまとめたいと思います。まず、基本的な方針としては、切除して顕微鏡で診る検査に回すことになります。というのも、ポリープ自体は良性腫瘍であること [続きを読む]
  • 生理の量が多いけど薬は飲みたくない方へ
  • 普段の生理の量が多くて、貧血もあって、ピルやディナゲストを勧められているけど、毎日飲むのは大変だし、、、という方に向けて、今回は書いてみたいと思います。生理の量の多さには、原因がいろいろあります。子宮筋腫が子宮腺筋症が原因の場合、手術をして筋腫や子宮そのものを取ってしまうのも一つの選択肢です。また、ピルやディナゲストなどの内服薬を使って、出血の量を減らすのも一つの選択肢です。今回は、それとは別の方 [続きを読む]
  • 医者が文章を書く、ということ
  • 先日、ある健康サイトの監修を頼まれました。少し前にいい加減な情報を書いた記事を量産して問題になったサイトがあって、あまり「健康サイト」に対する良いイメージはなかったのが正直なところです。また、マスコミなど取材をする立場の人達は、取材された人の考えを伝えるのが目的ではなく、取材した側の伝えたい内容に沿うように勝手に監修するのが仕事だと個人的には思っています。その点が不安だったのですが、こちらで [続きを読む]
  • ついに改装が終わりました
  • 今まで改装していたので、仮の状態で診察していたのですが、先日改装が終わり、新たな内装の中で診察が始まりました。先月は雑然とした診察室や内診室での診察となってしまい、ご迷惑をおかけいたしました。本日から5階の新たな内装での診察となります。キッズルームもありますし、個別のソファでゆっくりお待ちいただけると思いますので、何か気になることがあれば、お気軽にご来院ください。また、電話番号も本日より変 [続きを読む]
  • おりものの匂いが気になったら
  • 外来によく来られる患者さんの訴えの中で、おりものの匂いというのは、かなり頻繁にある症状です。おりものが増える原因としては、カンジダであったり、クラミジアであったり、淋菌であったりと、様々な原因が考えられるのですが、匂いの原因になるのは、その多くが、細菌性腟症というものです。そこで、今回は細菌性腟症についてまとめたいと思います。腟内には、もともと乳酸菌がいるのが正常な状態なのですが、この正常な乳酸菌 [続きを読む]
  • 子宮がん検診で精密検査を受けた方へ
  • 子宮頸がん検診で引っかかってしまい、精密検査を受けた方は、結果次第で半年後や3か月後のフォローになっているかと思います。そこで、今回は「精密検査の結果」について説明したいと思います。まず、精密検査の結果でよく出てくるのがCIN1CIN2CIN3という表記です。正常と癌の間にCINという状態が存在することになり、1が一番正常に近く、数字が大きくなるにつれて癌に近づく形になります。CIN1は、日本語では軽度異形成と言 [続きを読む]
  • 悩みの乗り切り方
  • 私はO型なので、基本的に細かいことは気にしません。血液型だけで性格が決まるわけがない!!というごもっともなご意見は置いといて・・・何か聞かれても、よほどこだわることがなければ「お好きにどうぞ」とホイホイYesを言ってしまう性格です。よく言えば、おおらか。悪く言えば、いい加減だと思っています。ただ、最近は散らかっているのが気になるようになり、たまにA型と間違えられたりします。やっぱり、血液型はあてになら [続きを読む]
  • 子宮内膜症で手術が大変だった話
  • 以前、子宮内膜症で癒着が大変だったために、人工肛門を作ることになったブログを書きました。obgyne.hatenablog.com今回は、腸ではなく尿管に癒着があって大変だった話をしたいと思います。その患者さんは、もともと生理痛が酷かったのですが、腰の痛みが急に強くなった、ということで受診されました。診察してみると、子宮や卵巣は全く腫れていません。腰の痛みも背中の真ん中あたりで、どうも婦人科とは関係なさそ [続きを読む]
  • 不妊症かな、と思ったら
  • 一般的に避妊せずに1年経っても妊娠しないことが不妊症の定義とされています。とは言え、「1年も待っていられない」「一刻も早く妊娠したい」という方もおられると思います。そこで、「不妊症か否か」という定義は置いておいて、ある程度簡単に「妊娠できるのかな」という気持ちに答えられる検査を説明したいと思います。まず一番簡単に調べられるのが基礎体温です。病院を受診しなくても、「基礎体温計」を購入して、体温表をつけ [続きを読む]
  • 中絶手術を減らすために
  • 日本全国で年間18万件もの中絶手術が行われています。中絶手術というのは、患者さん本人の精神的・肉体的ダメージはもちろんのこと、実際に中絶手術をする産婦人科医や、それに関わる看護師、医療スタッフ、みんなが精神的に傷ついてしまう手術です。産婦人科医は、できることなら中絶手術はしたくないのです。そこで、今回は中絶手術後の避妊方法について説明したいと思います。中絶手術を受けた後、早ければ10日ほどで再び排 [続きを読む]
  • ミレーナという避妊方法
  • 妊娠したものの、様々な理由で中絶を選ぶ方がいるのですが、精神的にも肉体的にも同じことは繰り返したくないですよね。コンドームはどうしても男性主体の避妊であり、女性主体で避妊するためには、ピルやミレーナを使ってもらうことになります。obgyne.hatenablog.com生理痛に対する治療法としてミレーナがある、ということは以前説明したのですが、避妊にも十分効果を発揮します。パール指数といって、1年間に避妊に失敗する確 [続きを読む]
  • ピルを飲むと妊娠しにくくなる?
  • 生理と整えたい、避妊をしたい、などの理由でピルを希望される患者さんは多いのですが、よく質問されるのはピルを飲んで、将来の妊娠は大丈夫なのかということです。結論から言うと、長期間ピルを服用しても、将来の妊娠には影響しません。実際に、ピルを内服している6万人を対象にした論文があるのですが、妊娠希望があってピルを中止した人のうち、1年後に8割、2年後に9割の人が妊娠した、という結果になりました。ピルを服 [続きを読む]