ぶるーたす さん プロフィール

  •  
ぶるーたすさん: アマチュア野球見聞録
ハンドル名ぶるーたす さん
ブログタイトルアマチュア野球見聞録
ブログURLhttp://amateur6ase6all.blog.fc2.com/
サイト紹介文アマチュア野球の試合の観戦記を中心に、アマチュア野球の見どころや筆者が思ったことを書きます。
自由文アマチュア野球の試合の観戦記を中心に、アマチュア野球の見どころや筆者が思ったことを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供158回 / 256日(平均4.3回/週) - 参加 2016/10/14 17:20

ぶるーたす さんのブログ記事

  • 成蹊大の1年生が東都4部じゃない件について
  • 大学野球も春のシーズンが完全に終わり、いよいよオフシーズン。昨日まで神宮球場では東都の入替戦が行われていて、2部最下位の国士館大が3部優勝の大正大に2連勝して残留を決めた。国士館大は初戦勝ったにもかかわらずプロ注目の195?右腕の椎野(4村上桜ケ丘)が連投で先発したのはどうかと思うが、それでも結果として、やはり2部と3部の壁は分厚いと再認識した。その試合の前に行われていたのが3部4部の入替戦である成蹊大 [続きを読む]
  • U18日本代表におススメしたい3人の選手
  • 前回(U18日本代表の1次候補発表 〜1番のサプライズは望洋の鯨井?〜)の続きでU18日本代表ネタです。30人の候補選手が選ばれた一方、候補にならなかった選手たちも…。主な候補外の選手は以下の通り・田浦(秀岳館3):投手・西巻(仙台育英3);内野手・峯村(木更津総合3):内野手・安田(履正社3):内野手・嶋谷(宇部鴻城3):内野手・正木(慶応3);外野手・若林(履正社3):外野手特に清宮と双璧をなす西のスラッガーとして注目されて [続きを読む]
  • 全日本大学野球選手権 個人的なベストナイン
  • 立教大の59年ぶりの優勝で幕を閉じた全日本大学野球選手権。今回は家でJ-Sports見れるようになったこともあり、結構見れたので個人的な大会のベストナインを決めてみました。※なおこのベストナインは完全に大会の活躍だけで判断したもので、過去の成績とか本来の実力とかは関係ないです。ピッチャー中川颯 立教大1年準々決勝から3試合連続でリリーフ登板し、計12イニング無失点の好投を見せた1年生サブマリン。特に天理大戦で [続きを読む]
  • 2017年春季関東大会総括+ベストナイン
  • 5/20〜茨城で開催されていた春季関東大会も終わりました。ベスト4は浦和学院・日大三・作新学院・東海大相模とここ近年甲子園で優勝したことのある強豪校の顔ぶれとなったこの関東大会を簡単に総括します。2年ぶりとなる春季関東大会の優勝を飾ったのは浦和学院。この春は埼玉大会の初戦の聖望学園戦で9回2死まで負けていたことを考えると、そこからまさかの大逆転で一気に関東の頂点まで上り詰めました。正直前評判は例年の浦 [続きを読む]
  • 東洋大が東都1部優勝
  • 東都1部は昨日2位の国学院大が破れたことにより、東洋大の11年春以来、12季ぶりの優勝が決まった。11年春に優勝したときが主将鈴木、エース藤岡のロッテコンビ。それから2部降格なども経験して、久々の優勝である。大黒柱のエース飯田この春の優勝の最大の立役者といえば、やはりエースで主将の飯田(4常総学院)であろう。常総学院のエースとして3年夏に甲子園ベスト8、U18日本代表では松井(桐光学園→楽天)・安楽(済美→ [続きを読む]
  • 春の神奈川総括
  • 高校野球は春の県大会が終わって、いよいよ地方大会が始まるという時期です。ということで関東近郊が中心にはなるが、簡単に春季大会を総括してきます。まず第1回は神奈川です。復活の東海大相模春の神奈川大会を制したのは東海大相模。実に神奈川を制するのは、小笠原(現:中日)らを擁して夏の甲子園を制した2015年夏以来で、優勝はおろかベスト4以上もそれ以来である。この間の神奈川の名門中と名門の東海大相模にとっては低迷 [続きを読む]
  • 明治大×慶応大【東京六大学野球リーグ】
  • 5/14 東京六大学野球リーグ 第6週1試合目明治大×慶応大 @神宮球場5週目を終えて東大以外のチ5チームが勝ち点2で並ぶ大混戦の東京六大学野球リーグ。優勝に向けてこの週での勝ち点が重要となってくる中、明治大×慶応大の試合をレポートします。試合スコア※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください明大は1回表に竹村・逢澤の連打で1死2・3塁のチャンス。ここで4番越智の打球は前進守 [続きを読む]
  • 立教大×早稲田大【東京六大学野球リーグ】
  • 5/14 東京六大学野球リーグ 第6週1試合目立教大×早稲田大 @神宮球場前日に雨で順延となり、この日が1日目となった東京六大学野球リーグの6週目。1位の立教大と2位の早稲田大の試合をレポートします。試合スコア※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください早大:小島、立大:田中誠の両左腕の投手戦で3回まで両チームとも無得点。迎えた4回裏に早大は先頭の4番加藤がライト線を破る2ベ [続きを読む]
  • 亜細亜大×日本大【東都大学野球連盟】
  • 5/10 東都大学野球連盟 第6週2日目亜細亜大×日本大 @神宮球場この週で勝ち点を取れなかったほうが、優勝の可能性がなくなるという亜細亜大×日本大の試合の2日目。前日には亜細亜大が勝利しているので、この日亜細亜大が勝てば、日大の優勝の可能性は消滅という試合です。試合スコア※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください日大は1回裏にコントロールの定まらない亜大先発の井上から2四 [続きを読む]
  • 国学院大×東洋大【東都大学野球連盟】
  • 5/10 東都大学野球連盟 第6週2日目国学院大×東洋大 @神宮球場東都1部の1位国学院大と2位東洋大の対決。ここまで勝ち点の取りこぼしのない国学院大は今週2連勝で優勝であったが、前日にあと1死から連続ホームランを浴びて敗れた。そんな中迎えた2日目で、国学院大が勝てばタイに、東洋大が勝てば首位が入れ替わるという試合です。試合スコア※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください1 [続きを読む]