TradeBitLAB さん プロフィール

  •  
TradeBitLABさん: TradeBitLAB | トレードビットラボ
ハンドル名TradeBitLAB さん
ブログタイトルTradeBitLAB | トレードビットラボ
ブログURLhttp://tradebitlab.com
サイト紹介文ビットコインをはじめ仮想通貨の最新情報やフィンテック事業、経済・マネーのニュースなど幅広くお届け。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供178回 / 196日(平均6.4回/週) - 参加 2016/10/15 08:05

TradeBitLAB さんのブログ記事

  • 進むブロックチェーン決済 リップルに新たな10の銀行が加盟
  • リップル(Ripple)は、まだ他の通貨がなし得ていないような、歴史ある銀行、BBVAを含む新たに10の銀行が加盟を結んだ。リップルラボは決済サービス市場に、小規模で堅実な銀行と新たな顧客を増やし続けている。プレスリリースには新規顧客名と共にこのように説明がなされている。世界最大手の銀行、革新的な決済サービスプロバイダーなど、国境をまたぐ決済のためにリップルに注目する顧客が増え続けています。リストにはMUFG、BBV [続きを読む]
  • リップル送金システム 新たな10の銀行が加入
  • リップル(Ripple)は、まだ他の通貨がなし得ていないような、歴史ある銀行、BBVAを含む新たに10の銀行が加盟を結んだ。リップルラボは決済サービス市場に、小規模で堅実な銀行と新たな顧客を増やし続けている。プレスリリースには新規顧客名と共にこのように説明がなされている。世界最大手の銀行、革新的な決済サービスプロバイダーなど、国境をまたぐ決済のためにリップルに注目する顧客が増え続けています。リストにはMUFG、BBV [続きを読む]
  • 米投資会社 イーサリアムクラシックファンドをローンチ
  • デジタルカレンシーグループ創設者のバリー・シルバート氏(Barry Silbert)は、子会社にあたる米投資会社グレイスケール・インベストメンツ(Grayscale Investments)が、イーサリアムクラシックに焦点を当てた、初のプライベートファンドを開始したと発表した。グレイスケールのサイトはこちら今年初めにこの計画が発表されたときには、シルバート氏はこのように語っていた。「私たちはより多くの投資家に満足いただけるよう、イ [続きを読む]
  • 「ぐるなび」2020年までにビットコイン決済増やす
  • ぐるなびは今秋までにタブレット端末を使ったPOS(販売時点情報管理)レジシステムにビットコインの決済機能を加え、2020年までに同社の加盟店など5万店でビットコインを利用できるようにすると日経が報じた。ぐるなびは飲食店の情報を集めたウェブサイトを運営する企業で、飲食店の検索、予約を無料で行える。オリンピックに向けてビットコインを持っている欧米観光客の利用を見込んでいるようだが、日本のビットコインユーザ [続きを読む]
  • 億万長者のノボグラッツ氏、資産の10%は仮想通貨
  • 億万長者のマイケル・ノヴォグラッツ氏は、彼の全資産の10%が仮想通貨に投資されていることが明らかになった。Michael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ);元フォートレス・インベストメント・マネージャーであり、フォーブスに億万長者としてリストされた経歴を持つ。彼は今後のビットコインの価格を予測しており、 Bitcoin.comはなぜ彼がビットコインに投資することにしたのかを下記のように伝えている。資産の10%はビット [続きを読む]
  • 独自仮想通貨「琉球コイン(仮)」沖縄で構想
  • ブロックチェーンを活用して沖縄独自の仮想通貨「琉球コイン(仮称)」をつくり、流通させる構想が県内外の企業や金融機関の間で検討されている。仮想通貨取引所の開設を支援するビットバンク、販促を支援するメディアフラッグが県内の金融、流通、通信、交通関係の主要企業に構想への参画を提案。取引所を設置し、世界中で利用が広がるビットコインや円、ドルとの換金を可能にする。また店舗などで決済に使える環境を整える。沖縄 [続きを読む]
  • みずほ銀行 新たな決済サービス、エムウォレット設立
  • 株式会社みずほフィナンシャルグループ、株式会社みずほ銀行、株式会社 メタップス、WiL LLC.の4社は、FinTechを活用した新たな決済サービスの提供を目的とする資本・業務提携契約を締結。今年5月にもビッグデータを活用した新たな決済ウォレットアプリ事業を運営する新会社「エムウォレット」を設立すると発表した。ついに大手メガバンクがフィンテック業界に乗り出した。大手銀行が電子マネーを主導するのは初めてのこと。スマー [続きを読む]
  • インフレが起きた場合の仮想通貨のメリットについて考える
  • 80年代のバブル景気、90年代台初頭のバブル崩壊、これらを経験した人でないと、”物価が変動すると、お金の価値が変わる”ことについて実感できないかもしれません。日本はバブル崩壊以降、デフレだデフレだと騒がれてきました。安部政権になってから「デフレ脱却」を掲げて政府は金融緩和政策に取り組んできたわけです。世界も同じです。これまで、金融危機から脱却するため、不換紙幣(紙幣)の輪転機を果敢(かかん)に回してき [続きを読む]
  • 26万店 ビットコイン支払いに対応 投機対象から決済へ
  • ビットコインが決済手段として本格的に店舗に導入される動きが広がりを見せ始めたことを、日本経済新聞が伝えている。ビックカメラは今週にも都内2店舗でビットコインによる決済を試験導入する見通し。リクルート系の店舗も今夏をめどに26万店で利用できるようにする。国内の大手小売店に試験導入されるのは初めてのことだ(4月5日現在、ビックカメラ調べ)。 今まで投機目的が主だったビットコインが決済手段として利用普及するき [続きを読む]
  • 香港の商社 イーサリアムのOTC取引を開始
  • 香港に本拠地を置く、国際商品およびデジタル資産を取り扱う民間の企業が、ビットコインについで時価総額2位であるイーサリアムの大口「OTC取引」を開始した。OTC;「Over The Counter(オーバー・ザ・カウンター)」の略で、取引所を介さず、売り手と買い手が直接に取引することをいいます。これは、取引の当事者間(金融機関等と顧客の間)で、数量・価格・決済方法などを決めて売買を行う相対取引のことを意味します。また、そ [続きを読む]
  • リップル一時8円超まで。オルトコインが上昇
  • ビットコインの問題が解決の糸口を見出せずに議論が続く中、多くのオルトコインの取引量が活況だ。特にEthereum(イーサリアム)は、このビットコインのスケーラビリティ問題をきっかけに、価格が大幅に上昇。すでに次のレベルまで達した感じがあり、価格はそのまま一定のラインで保たれている。リップルが一時約8円に最近の最も高騰したオルトコインと言えばリップル(XRP)だ。昨日4月2日には8円を一時越える場面も。本の一週間 [続きを読む]
  • 三菱UFJ リップルの技術を使って18年に即時決済めざす
  • 三菱東京UFJ銀行は2018年初から、仮想通貨の中核技術であるブロックチェーンを活用した次世代型の国際送金サービスを始める。先日はインドのアクシス銀行が、リップルを金融システムに採用することを発表したばかり。2017.03.24インド「アクシス銀行」が金融システムにリップル採用 XRPが高騰 インドで3番目に大きな銀行「アクシス銀行」がリップルを採用すると発表した。これにより、アクシス銀行はインドで初めてリップルと提 [続きを読む]
  • ロシア、日本がクリル諸島で共同仮想通貨政策を検討
  • ロシアと日本が、共同でクリル諸島にて仮想通貨推進プログラムを展開する可能性が出てきている。ロシアのメディア、FutureBankingが発表した情報によると、クリル諸島地域における共同経済成長プログラムの一環として、日本政府が”経済成長を刺激する”可能性のある通貨の導入を計画しているという。クリル諸島;一見聞きなれない名前だが、実は千島列島(ちしまれっとう)のこと。クリル諸島は英名。北海道本島の東、根室海峡か [続きを読む]
  • ノアコインについてフィリピン大使館から注意喚起
  • あたかもフィリピンの国家プロジェクトであるように思わせる、フィリピン発の次世代の仮想通貨としてセールスされている”ノアコイン”がある。ノアコインには販売代理店、セールスサイトが数多く存在。中にはノアコインを大々的にセールスしている本人が登場し、見るだけで儲かるというような話しを収録した動画も掲載されている。ノアコインセールスサイトしかし、3月14日にフィリピン大使館から、このノアコインについて注意喚 [続きを読む]
  • 仮想通貨関連法4月1日に施行
  • 仮想通貨交換業者を登録制にするなどを盛り込んだ「銀行法施行令等の一部を改正する政令等」が、4月1日より施行開始されることが決定。施工前の登録準備期間は、3月25日より開始となる。金融庁はこれに伴い、昨年12月28日から1月27日にかけて募集していたパブリックコメントへの回答を公開多数の事業者から、合計138の質問やコメントが寄せられた。パブリックコメントはPDFファイルにて金融庁のホームページのこちらで公開されてい [続きを読む]
  • インド「アクシス銀行」が金融システムにリップル採用 XRPが高騰
  • インドで3番目に大きな銀行「アクシス銀行」がリップルを採用すると発表した。これにより、アクシス銀行はインドで初めてリップルと提携した銀行となる。アクシス銀行(Axis Bank)の副専務理事、V Srinivasan氏は「我々はお客様の利便性の向上と、銀行業務の簡素化を行うため今回の決断に至った」と述べた。現在のシステムでは5日程度掛かる送金に対して、ブロックチェーン技術で即時入金を目指す。今最も急成長している世界の主 [続きを読む]
  • フォーク懸念の中 ビットコインを買っているのは誰?
  • 先日ビットコインハードフォークの危機についてお伝えしたとおり、今なおハードフォークがなされるかどうか議論が続いている。2017.03.21ビットコインのハードフォーク危機とは? Bitcoin CoreとBitcoin Unlimitedの対立のさらなる激化とハードフォークリスクに備え、先日、世界中の取引所20社及び、PoloniexとBitmexらが、ユーザーの混乱を防ぐため、共同で緊急声明を発表した。最近、ビットコインの価...ビットコインが2つのチェ [続きを読む]
  • ビットコインのハードフォーク危機とは?
  • Bitcoin CoreとBitcoin Unlimitedの対立のさらなる激化とハードフォークリスクに備え、先日、世界中の取引所20社及び、PoloniexとBitmexらが、ユーザーの混乱を防ぐため、共同で緊急声明を発表した。最近、ビットコインの価格が下落したり伸び悩んでいるのには、この「ハードフォーク危機」の問題が関係していると見られている。それら賛同した取引所のひとつ、Zaifが和文に訳した声明文はこちら。これらはビットコインの取引をは [続きを読む]
  • ショップサーブ ネットショッピングでビットコイン決済を標準搭載
  • 株式会社Eストアー(JASDAQ上場、証券コード4304、本社:東京都港区、代表:石村 賢一、以下「Eストアー」)は、3月15日(水)に、通販システム「ショップサーブ」の12,500店の利用社すべてに対して、ビットコイン決済を標準機能として搭載する。Eストアーでは、これまで、通販システム「ショップサーブ」における購入者の支払い手段として、各種クレジットカード決済、コンビニ決済(前払、後払)をはじめ、各種電子決済ならびに事業 [続きを読む]