chuck さん プロフィール

  •  
chuckさん: Only you can free yourself.
ハンドル名chuck さん
ブログタイトルOnly you can free yourself.
ブログURLhttp://chuck0523.hatenadiary.jp/
サイト紹介文25歳のwebエンジニアの個人ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 284日(平均2.0回/週) - 参加 2016/10/15 14:20

chuck さんのブログ記事

  • ふぇ〜寝坊しちゃったよぉ
  • 今朝、寝坊しちゃいました。出社時間には間に合ったけど、給湯室(みたいなとこ)にささっと忍び込んで慌ててワックスをつけて制汗剤を浴びて…といった有り様。転職して2ヶ月が経とうとしている。完全な油断…。今朝、ぼけーっとした頭で漠然と思ったのが、しばらくはこの生活が続くんだよなあーということ。つまり、平日の朝から晩までがんばって働くわけで。ふらーっと海外に行って、のんび〜りと現地で1~2ヶ月過ごすなん [続きを読む]
  • 外国人の日本語をおちょくった日本人
  • はい、僕です。タイトルの通り、外国人の日本語をおちょくった日本人。先週の金曜に、チームメンバーと軽い飲み会がありました。飲み会というか、もっとカジュアルな「一杯引っ掛けてから帰ろうぜ」的な。自分を含めて、6人で小一時間ほど飲んでました。そこで、イングランド出身のエンジニアさんが、日本語で発話。「chuckさんは、ろっひゃくえんください」そうそう、ビール代の集計。僕らは普段は英語でコミュニケーシ [続きを読む]
  • 3連休
  • 3連休終わっちゃいましたね〜僕はのんびり過ごしちゃった気がします。まあ休めたし、いっか。でも、会社の同僚はエンジョイしてるんだろうな〜。明日「How was your weekend?」なんて聞かれるんだろうな〜。軽く振り返り。土曜日読書会の新メンバさんと顔合わせ。新宿にて。油断してて10分も遅刻しちゃいました…。chuck0523.hatenadiary.jp年齢も職業も見た目も知らない状態だったのですが、実際に会ってみるとマジメそう [続きを読む]
  • 読書会のためにLINE Botを作った
  • 読書会ではLINEグループで連絡をしてるんだけど、せっかくだからBotを作った読書兄貴Bot。サイトのURLを出してくれたり、スケジュールの手助けをしてくれたり、サイトからの問い合わせを通知してくれたり…等々。ひとまず1対1のチャットは上手くいってるので、明日グループに組み込む予定。それにしても、晩ごはんを食べ終わってちょっと作業を始めるはずが、気づいたら午前4時に…。眠いし、お腹すいた…。仕事以外のプロ [続きを読む]
  • 読書会にお問い合わせが…!
  • 最近ゲイの読書会を作ったのですが、せっかくなのでサイトも作ってみました。chuck0523.hatenadiary.jpこちらです。gays-who-read.herokuapp.comサイトを公開したのは、およそ1ヶ月前。そしてサイトにはお問い合わせフォームがあるのですが、今週ついに「参加申し込み」が…!早すぎないですかね???ちょっと怖い…。ひとまず顔合わせを兼ねて、今週末にお会いしてきます。たまたまサークルのメンバーで1人都合が付 [続きを読む]
  • 読書会 #3
  • 昨日、土曜日は第三回目の読書会でした。chuck0523.hatenadiary.jp今回のテーマ本は、「夏への扉」でした夏だから、という安直な理由で…笑当読書会としては、初の洋書・初のSFでした。僕はSFが好きなのですんなり読めましたが、これは他の人には重いんじゃないかなあ…という不安が。けれど、いざ集まって話してみると、案外みなさんサクッと読めたようで。さすが、読書会に参加するだけあって、皆さん読書力が高い… [続きを読む]
  • 会社員に戻って1ヶ月
  • 会社員に復帰して、ちょうど1ヶ月が経った。振り返りも兼ねて、ちょっと長めに書いてみようと思う。chuck0523.hatenadiary.jp生活サイクル生活サイクルについては、完全に順調そのもの。朝起きられるかどうかがとても不安だったけど、今のとこクリアしている。これにはヒミツがあって、ここ最近は会社の食堂で朝ごはんを食べている。食堂は朝昼晩に開放されて、基本的には全食無料。朝ごはんに間に合うようにしていると、 [続きを読む]
  • Twitterを辞めてみた
  • なんとなしに、Twitterを辞めてみた。やっていた理由海外のプログラマさんのリアルなつぶやきが見られる前職の方とのつながりを保つことができる自分の書いた記事を発信できる辞めた理由海外のプログラミングの情報は、別の所でも見られる前職の方の目を気にして、新しい職場のことをつぶやきづらい特に発信したいことがなくなってきた単純に言うと、辞めてもいいやと思えた。ダラダラと続けるのがあまり好きじゃないから、 [続きを読む]
  • 敬語使えない問題
  • 相変わらず敬語、使えないよね~ビックリしますね。自分の喋りに。今日上司から質問をされたんですよ。それに対して自分の返答は、「いや、xxですね」いや、って敬語としてOKなの???「いえ」の方が無難みたいですね。(ソース: Yahoo知恵袋 )detail.chiebukuro.yahoo.co.jp(ソース: Yahoo知恵袋)他にも、自分の喋りはちょっと残念なことが多い。「けっこうxx」とか「xxしちゃいました」とか、普通に [続きを読む]
  • 読書会 #2
  • 昨日は第二回目の読書会でした。chuck0523.hatenadiary.jpお題本は又吉さんの「劇場」。読書会の当日、小田急線の中で読了しましたw子供の頃、夏休みの宿題は毎日10ページずつやっていくタイプの子どもでした。早めにやるでもギリギリにやるでも無く。三つ子の魂百まで、ですね。今回も、予定どおり読了できてホッと一息。窓の外を見ると既に下北沢で、不思議なドキドキがこみ上げてきました。これから、本の感想を [続きを読む]
  • 普通
  • お風呂に入りながらテレフォン人生相談を聴いていたんだけど、脳天に衝撃が走った。「そういえば、僕は今、とても普通の大人になりつつある…!」ちなみに、本日のテレフォン人生相談↓↓www.youtube.com26年間の人生を振り返った時、僕はずっと普通であることに憧れていた気がする。高校までずっと友だちがいなかったし、大学では「こじらせ」が悪化してしまった。そして5年ほど続いたそのバブルはつい最近弾けて [続きを読む]
  • 読書会 #1
  • 先週の月曜日に、読書会がありました。記念すべき第一回です!chuck0523.hatenadiary.jp前回の記事で書いたとおり、テーマ本は舟を編む。舟を編む (光文社文庫) | 三浦 しをん |本 | 通販 | Amazon個人的な感想としては、とても良い本でした。別々のキャラクタが順番に主人公になり、1人称が変わっていくスタイル。どのキャラクタのパートが良かったかで盛り上がれました。舟を編むは辞書編纂のお話でして、読書会のテ [続きを読む]
  • 新しい生活
  • 前回の記事で書いたとおり、転職をして会社生活に戻った。chuck0523.hatenadiary.jp入社1週間目が終わったので、所感を。これが大きい会社…この度入社した会社ですが、とにかく大きな会社です。今までは、中小企業しか経験が無かったので、この一週間はとにかく毎日驚きっぱなしでした。まず、建物全体がその会社なんですよね。出社時間になるとエレベーターホールにはズラーッと行列ができていて、なんて沢山の人がい [続きを読む]
  • 心が空っぽになってしまって、それから
  • 前回の記事では、ここ2~3年の自分について振り返ってみました。chuck0523.hatenadiary.jp記事の中で、僕は3つのことを認め・受け入れ・決意をしました。今までずっと承認欲求に突き動かされていたこと承認欲求は愛されたいという気持ちの裏返しだったことこれからは周りの人に真剣に向き合っていくこと今日は、今の心境や今後の展望について書いていきます。空っぽになってみてさて、自分の本心に向き合ってみたところ [続きを読む]
  • ようやく自分の弱さが分かった
  • さあ、週末だし考えよう。ずっと考えないようにしていたけど、自分の本当の内面について。自分の決定的な弱さについて、書きながら考えてみる。これまでの遍歴ここ2年ほどの近況を整理しておくと、以下のようになる。就活をせずに、プログラミングの独学をスタート上京をして未経験の学生でもできるプログラミングのアルバイトをスタート大学卒業と共に、バイト先の会社で正社員となる正社員となるも、もっと新しいことを [続きを読む]
  • ゲイの読書会を作ったのさ
  • まだタイミングが早い気もするけど、書いちゃお。実は最近、ゲイの読書サークルを作ったのでした。動機まだまだ東京にいることになったので、新しい居場所を作ろうと思いました。chuck0523.hatenadiary.jp社会人になってからは、ありがたいことにゲイの友人が何人かできたんだけど、特に共通の趣味があるとかではなく、なんとなく気の合う友人と言った感じ。まあ、最近、こんなことがあったりもしたけどね。chuck0523. [続きを読む]
  • ゲイの読書サークルを作ったのさ
  • まだタイミングが早い気もするけど、書いちゃお。実は最近、ゲイの読書サークルを作ったのでした。動機まだまだ東京にいることになったので、新しい居場所を作ろうと思いました。chuck0523.hatenadiary.jp社会人になってからは、ありがたいことにゲイの友人が何人かできたんだけど、特に共通の趣味があるとかではなく、なんとなく気の合う友人と言った感じ。まあ、最近、こんなことがあったりもしたけどね。chuck0523. [続きを読む]
  • 久しぶりのブログいじり
  • またこのブログを書くようになってきたので、デザインや広告を見直してみた。デザイン前回のデザイン変更は230日前らしい。chuck0523.hatenadiary.jp今回のデザインは相変わらず1カラム。それでも、前のデザインよりももっとシンプルなテーマを発見したので差し替えました。write - テーマ ストアシンプルで良い感じ。それと、スマホ版のデザインもついにPCと同じものに。ただ、このデザインは文字サイズの問題 [続きを読む]
  • まあ、友人と喧嘩し(かけ)たわけなんですが
  • せっかくの連休だったんだけど、友人と険悪な感じになってしまった。この記事の続きと言えば続きかなあ。chuck0523.hatenadiary.jpこの記事を書いたのも連休だったんですね。連休には何かが起こる。心が揺さぶられてブログに書かざるを得ないような何かが…。まあ、友人とは2, 3時間ほど飲んだり話したりしてたんですよね。じゃあ、そろそろ解散って時に「俺さ、どうしても子どもが欲しくて、婚活サービスに登録しちゃ [続きを読む]
  • うわのそら
  • 帰国してからは、まあ仕事もするんだけど、基本的にはあまりヤル気が起きない状況が続いている。それでも、何かしなきゃと思って、やっぱりプログラミングをしてしまう。カナダに行って、自分が思ってるほど自分の英語力は高くないなと再確認してしまった。だから、Twitterで英単語Botを作成した。twitter.comBot作成ツール!みたいなものもあるけど、まあ真心をこめてプログラミングをしたよ。あとは、2年前くらいに作 [続きを読む]
  • 涙の跡
  • AviciiのTracks of My Tearsという曲がすごく好きなんだけど、調べてみたらオリジナルはなんと1965年にリリースされていた。こっちがAvicii版で、Avicii -Tracks Of My Tears (HQ)こっちがSmokey Robinson & The Miraclesによるオリジナル。The Tracks of My Tears - Smokey Robinson & The Miracles1965年ですよ。50年以上前。良い曲が世代を超えて継承されていく。すごいですね。Although I might be laughing loud [続きを読む]
  • 失敗、くわしく
  • さて、最初の海外移住計画が失敗に終わったわけだけど、もうちょっと詳しく書きます。chuck0523.hatenadiary.jp失敗カナダにはビザ無しでも最長で6ヶ月滞在することができます。それを当てにして、6ヶ月の間に仕事を見つけて、ビザの問題も解決するはずでした。ところが、実際には入国審査の段階でいきなり引っかかってしまいました。動機があまりにあやふやだったからでしょうね。空港で入国審査室に通されて、5時間拘束 [続きを読む]
  • 失敗
  • 前々回のブログでは、カナダに行って仕事を見つけるぜ!的なことを書きましたが、実は見事に失敗しました。なんとかなる精神で飛び込んでみましたが、想像以上になんともなりませんでした…詳しく書こうかどうか迷いましたが、今はやめておきます。ただ、今は日本に帰ってきていて、どうしたらいいのか良くわからない状況です。たぶん、近いうちにまた書きます。 [続きを読む]
  • 僕らいつまで友だちでいられるんだろうね
  • 2ヶ月の台湾滞在を終えて、日本に帰ってきたまず、会うのが大学時代の友人何度かこのブログで書いているかもしれないけど、トランスジェンダーの男の友だちLGBTサークルの中で、最も仲良くなったのが彼。ゲイではなく、ね初めての海外は本当に楽しくて、彼にドバーッととりとめもなく話してしまった彼は彼で、転職していた。まあLINEで話していたから知ってはいたけど、具体的な話を聴くのは初めてだった。彼は大学卒業後 [続きを読む]
  • イスラメイをずっと聴いている
  • 今読んでいる本が面白い。今年の直木賞を受賞した、恩田陸さんの「蜂蜜と遠雷」。カンタンに説明すると、ピアノのコンクールのお話。その中で、天才的な少年がイスラメイという曲を弾く。AppleMusicで聴いてみたら、まあ良い曲。テンポが良くて、トリッキーで、ストーリーがある。ココ最近、ずっと聴いています。そういえば、きちんとクラシックを聴いたことなかったよなあと。これからハマっていくのか、それとも一過性のブ [続きを読む]