恋するパンダ さん プロフィール

  •  
恋するパンダさん: 恋のしろくろ
ハンドル名恋するパンダ さん
ブログタイトル恋のしろくろ
ブログURLhttp://koipan0120.blog.fc2.com/
サイト紹介文23時に更新される、恋するパンダの恋のお話。
自由文「大切な君」へ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 194日(平均3.8回/週) - 参加 2016/10/15 20:31

恋するパンダ さんのブログ記事

  • 2人の勉強会
  • とあるテスト前。中間テストか期末テストか忘れたけど。はなちゃんと2人で勉強した。いつもはみんなで勉強してる場所で2人で、勉強。その時にはやってた曲なんか流しながら勉強した。ノリノリすぎて、初めて家族以外の前で熱唱した。そんな楽しい勉強会だった。 [続きを読む]
  • Hだらけ
  • 修学旅行の夜とかもそうだけど泊まりの時の夜は、学校ではできない話をする。定番なのは、誰が好きなのかだった。当然、みんなと好きな人の話もしたけれどなぜかゆきちゃんのことは誰にも言えなかった。本当に憧れというか。彼女にはスポーツ万能な人が似合うというか。好きでいるだけで幸せというか。 [続きを読む]
  • H×H
  • 傷つけてしまった話を傷つけてしまった子の母から聞いて本当に申し訳ないと思った。傷つけてしまった方は、はるか。気になる方は、はなちゃん。2人とも元気な子だった。はなちゃんは、ボーイッシュって感じ。はるかは、みんなに男としか思われていない感じ。 [続きを読む]
  • H2
  • 勉強会に参加していた女子。2人とも、イニシャルがHでした。ある日。勉強が終わって、気になるHちゃんの方の親が迎えに来た。その時僕はなにも考えずになんでHちゃんの方が先に帰るのーもうひとりの方が先に帰ればいいのにーって言ってしまった。なにも考えていなかった。 [続きを読む]
  • 気になる気になる
  • 笑顔が素敵な子はなんだか気になる存在になっていった。元気で、明るい子だった。毎週の勉強会が楽しみだった。早くその日がこないかなって思ったし終わらないでほしいなって思った。でも勉強中は勉強に集中。楽しみなのはそれが終わって親が迎えに来るまでの間だった。 [続きを読む]
  • おかえり、日常
  • しばらく話せなくてやっと話せるようになったときに、彼女が言った。「ただいま、日常」言わないけれど話したかったんだろうな。寂しかったりしたんだろうな。LINEはしていても、声が聞きたかったんだろうな。そんなことを考えた。寂しいとか、話したいとか言えばいいのに。 [続きを読む]
  • あたるも八卦
  • 占いはあたるも八卦、あたらぬも八卦と言います。それでもなんとなく気になってしまうことではあるけれども。今朝、Facebookを見ていたら「知り合いかも」に元カノがいました。名字が変わっていて、結婚したことを知りました。この人のことはまたあとでシリーズで書くので詳しくは書きませんがいわゆる「見える人」から、この人は結婚できないしできたとしても幸せな結婚はできない、離婚すると言われていました。また、前カノのこ [続きを読む]
  • 勉強会
  • 中学生になって仲いいメンバーと勉強会をした。みんなで集まって、勉強をしていた。この頃の僕は勉強ができる方だったので勉強で苦労したことはなかった。勉強というのは楽しいものだったしテストというのも好きだった。パズルを解くように楽しいことだった。 [続きを読む]
  • 話ははずむ
  • 中学生になった。中学生になると、ゆきちゃんはMちゃんとすごく仲よくなった。僕は小学生の頃からMちゃんと仲がよかった。自然と、ゆきちゃんと話すことも増えていった。話したことがない期間が長かったことが嘘のように毎日たくさん話すようになった。 [続きを読む]
  • 去年の話
  • 電話で話してて、去年の今頃の話になった。去年みたいになっちゃうかもー。ほら、おぼえてる?去年もこうなったじゃない?と、彼女が言った。僕は、笑って言った。おぼえてるもなにも、去年の今頃は出逢ってないよだから、おぼえてるとかじゃなくて、知らない(笑)あれ、そうだっけー? [続きを読む]
  • つながり
  • 最近、電話が減っていて。LINEも減っていて。例えば電話は、話せても話せなくてもほとんど1日中つながっていた。だけど最近は寝る前の本当に話せるときだけだったり。つながっていてもいつの間にか切れていて切れることは誰かに折り返さなきゃとか電話しなきゃとかでこれまでもあったんだけど [続きを読む]
  • 更新時間の変更
  • ブログ更新時間を22時にしていましたがいつも更新がギリギリなのと間に合わないことも出てきたので更新時間を1時間遅らせて23時更新にしようと思います。過去のふりかえりはいいのですがその日のことはできるだけその日に書きたいですしね。日記として。後でふりかえって思い出したりしたいし。 [続きを読む]
  • 会えなかった
  • 今日は更新予定の22時を過ぎていますが更新します。今日は、会いに行ってきました。でも、会えませんでした。会いたかったから残念でした。だかえらまた、会いに行こうと思います。会えなかったのは結果。会おうとしたのは行動。自分も、そして彼女も会いたかったから自分たちの意思で会うための努力はした。 [続きを読む]
  • 初めては、職員玄関で
  • そんな僕も、小学6年生になった。あいかわらず、ゆきちゃんは白くて茶髪でかわいかった。ある日、下校していたら職員玄関の所にYくんを見かけた。僕はYくんと仲がよかったのでYくんのところに行った。するとそこにはゆきちゃんもいた。ゆきちゃんとYくんは4年生まで同じクラスだった。Yくんは女子からあまり好かれていなかったけれどゆきちゃんは他の人と変わりなく接するような子だった。 [続きを読む]
  • 虚像との対峙
  • 時に相手と向き合っているようで虚像と向き合っているということがある。これは恋愛だけではなくて対人関係すべてにおいて言えることでもあって。それは大切であればあるほど陥りやすい部分でもある。失いたくない。とか。嫌われたくない。とか。 [続きを読む]
  • 幸か不幸か
  • なにもかもが特別だった頃その言葉のひとつひとつによろこんでつながっていることが特別だった頃。それをいつしかあたりまえだと感じるようになってつながっていると嬉しかった時間はつながっていないと不満に変わったりする。交わしたかった言葉は、日常に埋もれる。なにもかもが特別で嬉しかったはずなのに。 [続きを読む]
  • 素直になれなくて
  • 素直になることってきっと恥ずかしくて最初にできていたことができなくなってきたりもして「好き」が大きくなるたびに簡単には口にできなくなったりそういう人だっている。大きくなると口にしたくなる人もいる。愛し方なんて、人それぞれ。それぞれに正解はなくてただ、お互いが過ごしやすければいい。そう思う。 [続きを読む]
  • おかえり
  • なんだか正確な理由はわからないけれど電話が切られていてそれはいろいろな感情と記憶が入り乱れたそういうもののせいだと思ってそれからどうするのかと考えていた。その“空白”の時間の中できっとすごくすごく考えてきっと寂しい想いもたくさんしたり素直になれなくて意地も張ったり [続きを読む]
  • 記憶
  • 記憶というものは人を喜ばせるし悲しくもする。楽しませるし苦しめる。楽しい記憶を思い浮かべたり悲しい記憶に苦しめられたり。恋愛においても、そう。 [続きを読む]
  • 誰かがいないと
  • 後輩がいるのだけど。その後輩は、ひとりが苦手。困ったことがあってもひとりでは耐えられないし戦うこともできない。不安になったりするとすぐにそばにいてくれる男を作ってしまう。それ自体は悪いことではない。だけど、多くの問題は男関係。彼氏がいたとき、彼氏とうまくいかなくなったら言い寄ってくる男に頼る。 [続きを読む]
  • え、知ってるの?
  • 僕は、ゆきちゃんがすごく仲がいい子と仲がよかった。途中まで一緒に帰ったりもしていた。なのにゆきちゃんと話したことないとか、謎だけど。そこは、恥ずかしがり屋さんな僕なもので。ある日、その子と一緒に帰ってた。ゆきちゃんのクラスはまだ帰りの会中だった。なんかの話で、ゆきちゃんが僕を知ってるって話になった。それって恋パンくんのことでしょ?ってゆきちゃんが言ってたよって。 [続きを読む]
  • チャンス到来?
  • ゆきちゃんとそいつのラブラブっぷりは有名で知らない人はたぶんいないくらいだった。そして僕もそいつと仲よかったし、そいつは人気者だったし特に憎いという感情も悔しいという感情も何もなかった。僕にも結婚を約束した子がいたし笑だけど僕の相手は遠くに引っ越してしまった。いつ会えるのかもわからなくなった。また会えるのかもわからなくなった。 [続きを読む]
  • 話すことはなく
  • 小学生になって初めて会った茶髪の子。茶髪で、白くて、線が細くて、スポーツ万能で。その子の名前は「ゆき」だった。たまたま見かけて気にはなっていたけれどゆきちゃんとは話すこともない日々が続くことになる。しかもゆきちゃんには、両思いの相手がいた。そいつは僕もなかよしだった。そしてみんなが知っているくらい両思いは有名だった。 [続きを読む]
  • ピカピカの恋
  • 小学校は、新築だった。僕たちが初めての生徒だった。ピカピカの校舎、ピカピカの一年生。そして入学して間もなく僕はひとめぼれをした。その子は髪が茶色だった。肌が白かった。そして細かった。ピカピカの恋だった。 [続きを読む]
  • 春日和
  • 昨日から降っていた雨。君から今日会えそうって連絡がきたら、やんだ。今思えばその雨も春雨だったのだろう。空は晴れ、春日和。ぽかぽか陽気に誘われて、久しぶりに君に会える。今日は本当にひさしぶりの休日で1日寝ていようと思ったけれど会いたかったから会いに行った。 [続きを読む]