恋するパンダ さん プロフィール

  •  
恋するパンダさん: 恋のしろくろ
ハンドル名恋するパンダ さん
ブログタイトル恋のしろくろ
ブログURLhttp://koipan0120.blog.fc2.com/
サイト紹介文恋するパンダのいままでの恋、これからの恋。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 300日(平均3.1回/週) - 参加 2016/10/15 20:31

恋するパンダ さんのブログ記事

  • 私のこと、おぼえてる?
  • クラスごとに学校の中を案内されていた。まだ、2日目のクラス。みんな、ぎこちない感じだった。音楽室とか、化学室、生物室いろいろと回って、図書室の前で少し待たされていた。すると、3人の女の子が僕に近づいてきた。そして、真ん中の子が僕に話しかけてきた。「恋パン君…だよね?」 [続きを読む]
  • 物理的つながり、精神的つながり
  • 話せなくても電話つながっていたら嬉しいなって思ったりホットライン、専用電話を作りたいなって思ったのはやっぱりつながっていると嬉しいからという理由で。それは電話がつながっているという物理的なつながりでもありそして、君とつながっているという精神的なつながりでもある。話せなくてもふと電話を見てつながっていると嬉しかったり切れているとなんだか寂しかったり切れたまま音信不通だと待ち遠しかったり。 [続きを読む]
  • 長い恋は高校へ
  • 小学校入学してゆきちゃんを知ってかわいいなって思ってそして、中学を卒業した。小学生の時にゆきちゃんと両想いだった人は転校し中学で両想いになったゆうじは別の高校に行った。そして僕とゆきちゃんは同じ高校へ。だけど恋のことはあまり考えていなかった。勉強ついていけるかとか。 [続きを読む]
  • 卒業旅行
  • 高校受験が終わった。勉強会メンバーはみんな、志望校合格。みんなで南に卒業旅行に行った。素敵なリゾートホテルだった。電車の旅も、とっても楽しいものだった。ホテルでは初めてエスカルゴを食べた。カタツムリだーって思った。味はおぼえていない。 [続きを読む]
  • 手が届かない部分
  • 生きていれば。歩いていれば。順調なことばかりでは、ない。歩けば足も疲れる。つまずき、転ぶ。痛い、泣く。それでも立ち上がる。それでも歩く。 [続きを読む]
  • その言葉が心にはりついている
  • その言葉が心にはりついている。このままはりつきっぱなしならばきっと、楽しくないものになる。いつか、僕がその瞬間を迎えると思う。理想通りの人なんていない。そんなことはわかっている。十分すぎるほどに。 [続きを読む]
  • 相談されたらためこむタイプ
  • 親友の相談に乗っていた彼女。その相談は、ちょっと難しい問題。真剣に話を聞いて、彼女なりの想いを伝えて。親友もいろいろ吐き出して彼女はそれを受け止めて。彼女は相談に乗るとその想いを受け止めてためこむタイプらしい。きっと、共感し過ぎちゃうんだろうね。 [続きを読む]
  • つなげていたい電話
  • 話せなくてもなんとなく、切りたくなくてつなげていたい電話そういうとき、嬉しい。話せなくてごめんねって思うけれど。話しかけてくれたのに、返事がなくて寂しくて切っちゃったってあとで打ち明けられたときなんだか、かわいいなって思った。 [続きを読む]
  • 会いたいと願うこと
  • 会いたいと願うこと。会いたいと思われること。会いたい人がいること。会いたい人であること。それはとても嬉しいこと。結果を求めるのではない。会えるか会えないかというよりも会いたいと思ってもらえるかどうか。叶えるのは難しい状況にあっても、願われるか。 [続きを読む]
  • 昔、LINE交換をした人
  • 昔、LINE交換をした人と久しぶりに会った。LINE交換した当時は親同士が意気投合してあんた達も友達になりなさいって言われて。交換した当日はLINEをしてでも、その日だけで終わった。そんなことを少し思い出していた矢先だった。 [続きを読む]
  • 進路変更
  • 僕もゆきちゃんもゆうじも志望高校は同じで進学校だった。同じ目標に向かって努力していたし高校生になってもこういう関係が続いてそして2人は付き合うのだ。そんなことを思っていたし応援するつもりでいた。 [続きを読む]
  • お元気でしたか?
  • 昔。まだ、彼女がいた頃。遠距離恋愛をしていました。その時に、紹介された女性がいました。僕はその話を聞いていなくて彼女がいるのに、近い人を紹介すると言われたことに反抗してその人とほとんど話しませんでした。新しい恋を探してなどいなかったし。 [続きを読む]
  • 好きなタイプの顔
  • めちゃくちゃ美人!って感じではないけれどあー、この顔タイプだなぁって顔はある。それが知り合いの親友なんだけど。この前、久々に会った。あんまり会ったことないんだけど久々に見たらなんだか違った感じだった。やせたのかな? [続きを読む]
  • 協力
  • ゆきちゃんもゆうじも恥ずかしがり屋さん。奥手な感じだった。一緒に帰ればいいのに、なかなか誘えなかったみたい。だから、3人で帰ろうって提案した。そしてできるだけ、楽しい話をした。そして途中まできて忘れ物をしたふりをして学校に帰ったりした。そこから先は2人で帰れるように。 [続きを読む]
  • 好きになった人
  • ある日、ゆきちゃんに相談された。ある人を、好きになったと。その相手は、当時の僕の親友だった。彼は努力家であり、おもしろくて、スポーツも万能だった。僕は、お似合いだと思った。だから応援することにした。2人に幸せになってほしいと思った。どっちも大切な人だったし。 [続きを読む]
  • 消しゴムと名前
  • 中学生の頃。好きな人の名前を消しゴムに書くのが流行っていた。それを誰にもバレずに、誰からも使われずに自分で全部使ってしまうと想いが通じる。両想いになれる。そんな噂があった。ある日、とある女子が消しゴムを取り出していた。その子はある男子が好きで、それはみんな知っていた。だけどその男子は、その女子に興味がなかった。 [続きを読む]
  • 不思議かもね
  • 不思議かもね。って、思う。こんな2人の関係。たとえば、電話つなぎっぱなしとか。前ほどではないけれどそれでもだいたい電話はつなぎっぱなし。話せるときでも話せないときでも。 [続きを読む]
  • そして、ベッドへ
  • 夜食を食べたらなんだか眠くなってきた。すごく眠くなったので、眠いと言うと「しばらく寝る?」と聞かれた。うーん、と考えていると「私のベッドで寝ていいよ」と、言われた。正直、ドキドキした。だって気になってる人と部屋に2人きり。 [続きを読む]
  • 付き合っちゃう!?
  • 勉強が一段落してはなちゃんのお母さんが差し入れにラーメンを持ってきてくれた。ラーメンをすすりながら、話した。恋愛の話になった。ひろあき君が誰か好きな人がいるということを、はなちゃんは知っていた。信じられないって笑ってた。好きな人いないって言ったくせにいるとかなんなのって。 [続きを読む]
  • 女子の部屋で勉強会
  • とある定期テスト期間。はなちゃんのお母さんからはなと一緒に勉強してやってはなに勉強教えてやってと、言われた。場所は、はなちゃんの家だった。女子の部屋は初めてではないけれども気になっているはなちゃんの部屋。ドキドキしないわけがないよね。 [続きを読む]