classroom_activities さん プロフィール

  •  
classroom_activitiesさん: 中級日本語クラスのためのアイデア集
ハンドル名classroom_activities さん
ブログタイトル中級日本語クラスのためのアイデア集
ブログURLhttp://classroom-activities.hatenablog.com/
サイト紹介文日本語学校で日本語を教えています。N3、N2レベルの文法指導で使えるアイデアを紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 172日(平均1.6回/週) - 参加 2016/10/15 21:52

classroom_activities さんのブログ記事

  • 授業アイデア 「〜をめぐって」
  • 〜けんか、トラブルの経験について話す〜進め方 ① <会話例>を見せて内容を確認する。<会話例>A:子供のとき、食べ物をめぐって弟と喧嘩をしたことがあります。B:何があったんですか。A:弟が私のアイスクリームを食べてしまいました。それでけんかになりました。B:結局、どうなったんですか。A:父が私にアイスクリームを買ってくれました。B:よかったですね。② 以下のような感じで導入するT:この会話のように、誰か [続きを読む]
  • 授業アイデア 「〜たいものだ」
  • 〜 あなたはどう? 〜(お題) 中学生のころに戻りたいものです。  ペアでの会話例A:私は「はい」です。もう一度ちゃんと勉強したいです。B:私は「いいえ」です。もう勉強はしたくないです。(例) 中学生のころに戻りたいものです。    (はい ・ いいえ)小学生のころに戻りたいものです。     (はい ・ いいえ)一生働かないで遊んで暮らしたいものです。 (はい ・ いいえ)一生日本で暮らしたいもので [続きを読む]
  • 授業アイデア 「〜にとって」
  • 〜応答練習〜TSかSSで実施<会話例>A:このカレー、辛いね。B:そう? 私にとっては辛くないよ。<Aさんのセリフ>1.このカレー、辛いね。2.この映画、おもしろいね。 3.このカレー、量が多いね。4.この問題、かんたんだね。 5.このコーヒー、甘いね。6.明日のパーティー、楽しみだね。※Bさんは自分で考えて応答する。◆実際の授業でN3レベルの学生中心のクラスでしたが、思ったよりはスムーズに反応でき [続きを読む]
  • 授業アイデア 「てしかたがない/てしょうがない」
  • T:電車で貧乏ゆすりをしている人がいたら、あなたは気になりますか。どの程度気になりますか。 *選択肢を提示 → 気にならない  少し気になる  気になる   気になってしょうがない (1)〜(6)について、どのぐらい気になるか、TSかSSで話す。(1) <電車で> 足を大きく開いて座っている人(2) <電車で> イヤホンからもれてくる音(3) <レストランで> 隣の人が食べている料理(4) <レストランで> 蚊 [続きを読む]
  • 授業アイデア 「ことから(由来)」 〜スマホを活用〜
  • スマホで検索→発表①まず例を示す。トビウオの写真を見せる。名前の由来を紹介する。→「トビウオは水面を飛ぶことから、トビウオと呼ばれるようになったそうです。」②以下の写真を見せて名前を確認する。カエデ  マグロ  ブリジストン(BRIDGESTONE) シャープ(SHARP)  ③学生はスマホでそれぞれの名前の由来を調べる。検索が難しいようであれば検索のヒントを教える。Google 「カエデ 名前 由来」※グループ [続きを読む]
  • 「中級学習者が望む学習とは何か」を読みました
  • お正月休みにプリント類を整理していたらこんな論文が出てきました。内丸裕佳子(2012)「中級日本語学習者が望む学習とは何か−高等教育機関におけるアンケート調査−」『大学教育研究紀要8号』岡山大学国際センターhttp://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/4/49291/20160528095643200196/bhe_008_061_072.pdf改めて読んでみたのですが、「中級の教科書に対する要望」として、・練習問題を増やす・より多くの例文をつける・ [続きを読む]
  • 授業アイデア 「からすると、からすれば」
  • 以下のような感じで活動を導入T:皆さん、宿題はあったほうがいいですか。ないほうがいいですか。S:(略)T:私の息子は小学生です。息子のクラスの先生は宿題を出しません。  「宿題がないこと」についていろいろな立場から考えましょう。※例を提示: 子どもからするとうれしいです。       親からすると心配です。(例)宿題がないこと(子ども/親)(1)24時間お店が開いていること(客/働く人)(2)禁煙の場所が [続きを読む]
  • 文法授業でクイズを出題〜サボらせない〜
  • 最近は「いかに学生の注意を引き続けるか」、というのが私の中でのけっこう大きなテーマになっています。以前は、表現文型を指導する際、導入後すぐに短文作成をやるというのが一つの型のようになっていました。昔の学習者はそれでもなんとか授業についてきていました。しかし、今私が教えている学習者はなかなか手ごわいです。難しかったり、面倒だと思うとすぐにあきらめてしまったり、私語を始めたり、寝てしまったりします [続きを読む]
  • 授業アイデア 「〜に対して」
  • 〜クイズ〜以下のクイズをプリントにして配布しました。日本人の平均寿命は男性が約80歳なのに対して、女性は約(   )歳だ。日本での育児休業取得率は女性が76.3%なのに対して、男性は(   )%だ。男子の大学進学率は6%である。それに対して、女子の大学進学率は(   )%である。〇〇のアルバイトの時給は、昼間は〇〇円であるのに対して、夜間は(   )円である。答え:87歳(2015年)2.03%(2013年)45.8% [続きを読む]
  • 応答練習は中級クラスでも使える!
  • 中級クラスで応答練習をしていますか?応答練習は初級クラスでするものというイメージがあるかもしれませんが、中級クラスでも使えます。N2、N3レベルの文法であれば会話の中で使われるものもけっこうあります。このサイトでも、応答練習をいくつか紹介してきました。授業アイデア 「〜というよりも」 - 中級日本語クラスのためのアイデア集授業アイデア 「ばかりでなく」 - 中級日本語クラスのためのアイデア集これらは [続きを読む]
  • Q&Aでクラスの空気が変わる!
  • このサイトではN2、N3の文法項目を含む練習や活動を紹介していますが、その中には「Q&A」や「〇×クイズ」もあります。「Q&A」の例はこちら↓授業アイデア 「〜うえで」 - 中級日本語クラスのためのアイデア集「〇×クイズ」の例はこちら↓授業アイデア 「〜から〜にかけて」 - 中級日本語クラスのためのアイデア集これらの活動は、ペアワークでもTSでも実施可能ですが私自身は最近はTSの形態でやることが多いです。という [続きを読む]
  • 授業アイデア 「に関する」
  • 〜Q&A〜Q1.どんなニュースに興味がありますか。<答え方> 〇〇に関するニュースに興味があります。Q2.初対面の場合、どんな話題がいいと思いますか。  <答え方> 〇〇に関する話題がいいと思います。Q3.初対面の場合、どんな話題はあまりよくないと思いますか。<答え方> 〇〇に関する話題はあまりよくないと思います。  Q4.留学生にはどんな悩みがありますか?  <答え方> 〇〇に関する悩み※ク [続きを読む]
  • 授業アイデア 「〜ものだ」
  • 〜 あなたはどう? 〜進め方の詳細は、以下をご覧ください。授業アイデア 「〜さえ〜ば」 - 中級日本語クラスのためのアイデア集<素材>(例)子どもの時、よく本を読んだものです。(1) 子どもの時、よく泣いたものです。(2) 子どもの時、よく運動したものです。(3) 子どもの時、よく叱られたものです。(4) 子どもの時、よく友達と遊んだものです。(5) 子どもの時、よく手伝いをしたものです。(6) 子どもの時、よく嘘をつ [続きを読む]
  • 授業アイデア 「〜ことだ」(助言、忠告)
  • 〜 応答練習 〜<会話>の下線部を替えて練習する。詳しい進め方は以下を参照→授業アイデア 「〜しかない」 - 中級日本語クラスのためのアイデア集<設定>Aさんは後輩です。Bさんは先輩です。Aさんはいろいろな悩みを先輩に相談しています。<会話> A:なかなか、やせられないんです。B:運動することだよ。<カード> 例)なかなか、やせられないんです。友達ができないんです。会話が上手にならないんです。アル [続きを読む]
  • 授業アイデア 「ことだから(のことだから)」
  • 〜 応答練習 〜本当は、クラスメイトについて話すことができたらいいと思うのですが、お互いのことをよく知らなかったり、ネガティブなことだと微妙な空気にもなりそうなので架空の人物を設定してみました。 <会話>の下線部を替えて練習する。Bは、<人物設定>に基づき、発話する。<会話> A:田中さんにお願いしたら1万円貸してくれると思いますか。B:(ケチな)田中さんのことだから、貸してくれないでしょう。 <人物 [続きを読む]
  • 授業アイデア 「ばかりでなく」
  • 〜 応答練習 〜<会話>のBさんの下線部を替えて練習する。下線部は自分で考えさせる。詳しい進め方は以下を参照→授業アイデア 「〜しかない」 - 中級日本語クラスのためのアイデア集<会話> A:勉強はしてるんですが、会話ができるようにならないんです。B:勉強するばかりじゃなくて、友達を作ったらどうですか。   <導入例>T:Aさんは後輩です。Bさんは先輩です。Aさんはいろいろな悩みをBさんに相談しています [続きを読む]
  • 授業アイデア 「〜向き」
  • 〜 Q&A 〜授業前に、教師は、<質例文>を必要に応じてアレンジする。<質例文>を学習者に配布する(あるいは、黒板に提示する)。学習者は<質例文>を見ながら、ペアで質問し合う。ペアでの活動終了後、教師が学習者に質問する。 アレンジ1:時間がない場合は、教師が学習者に直接質問してもよい。 アレンジ2:プリントを配布する場合は、ペアの一方(質問する側)だけに       渡すようにしてもよい。     [続きを読む]
  • 授業アイデア 「〜というよりも」
  • 〜 応答練習 〜<会話>の下線部を替えて練習する。詳しい進め方は以下を参照→しかない - 中級日本語クラスのためのアイデア集<会話> A:昼ごはん、まだ食べないんですか。B:食べないというより、食べられないんです。レポートが終わらなくて。  <カード>(例) 昼ごはん、まだ食べないんですか。パソコン、買わないんですか。エアコン、使わないんですか。去年私があげたズボン、最近はいていないですね。もう、 [続きを読む]
  • 授業アイデア 「〜次第で」
  • 〜 賛成? 反対? 〜授業前に、教師は、<意見文>を必要に応じてアレンジする。<意見文>を学習者に配布する(あるいは、黒板に提示する)。教師は<導入例>のように活動を導入する。ペアで、各意見について、賛成かどうか話す。ペアでの活動終了後、全体で意見交換をする。賛否の根拠も言ってもらう。 ※アレンジ:<意見文>を文字で提示せずに、教師が読み上げ一問ずつ賛否を問う。<導入例>T:次のような意見があ [続きを読む]
  • 授業アイデア 「〜ざるをえない」
  • 〜 応答練習 〜<会話>A:Cさん、会社のお金を使ってしまったらしいですよ。B:本当ですか。会社を辞めざるをえないでしょう。<導入例>T:AさんとBさんが共通の知り合いについて話しています。 Aさんは、最近聞いた話をBさんに話しています。 それを聞いてBさんが自分の考えを言っています。 今からペアで会話をします。 Aさんは、<カード>を読んでください。 Bさんは、何と言 [続きを読む]
  • 授業アイデア 「〜からすると」
  • 〜 Q&A 〜1.授業前に、教師は、<質例文>を必要に応じてアレンジする。2.<質例文>を学習者に配布する(あるいは、黒板に提示する)。3.学習者は<質例文>を見ながら、ペアで質問し合う。4.ペアでの活動終了後、教師が学習者に質問する。アレンジ1:時間がない場合は、教師が学習者に直接質問してもよい。アレンジ2:プリントを配布する場合は、ペアの一方(質問する側)だけに      渡すようにしてもよい [続きを読む]
  • 授業アイデア 「〜を通して」
  • 〜 〇×クイズ 〜■すすめ方1(目からのインプット)1.授業前に、教師は、<クイズ>を必要に応じてアレンジする。2.<クイズ>を学習者に配布する(あるいは、黒板に提示する)。3.学習者はペアで1題ずつ読みながらクイズの答えを考える。4.ペアでの活動終了後、全体で答え合わせをする。正解だった学習者にその理由を説明させる。難しい場合は、教師が説明する。■すすめ方2(耳からのインプット)1.授業前に [続きを読む]
  • 授業アイデア 「〜だけ」
  • 〜 Q&A 〜授業前に、教師は、<質例文>を必要に応じてアレンジする。<質例文>を学習者に配布する(あるいは、黒板に提示する)。学習者は<質例文>を見ながら、ペアで質問し合う。ペアでの活動終了後、教師が学習者に質問する。 アレンジ1:時間がない場合は、教師が学習者に直接質問してもよい。 アレンジ2:プリントを配布する場合は、ペアの一方(質問する側)だけに       渡すようにしてもよい。      [続きを読む]
  • 授業アイデア 「〜わけではない」
  • 〜 応答練習 〜授業前に、教師は、<カード>をペアの数分準備する。教師が<会話>を提示する。学習者はペアになる。Aさん役とBさん役を決める。<導入例>のように活動を導入する。教師はAさんに<カード>を渡す。Aさんは<カード>を読み上げる。BさんはAさんの発言を聞いて発言する。その際、<会話>の下線部を変える。教師は、活動の途中で、2人の役割を交替させる。ペアでの活動終了後、何組かに発表させる。最終的に [続きを読む]
  • 授業アイデア 「〜しかない」
  • 〜 応答練習 〜授業前に、教師は、<カード>をペアの数分準備する。教師が<会話>を提示する。学習者はペアになる。Aさん役とBさん役を決める。<導入例>のように活動を導入する。教師はAさんに<カード>を渡す。Aさんは<カード>を読み上げる。BさんはAさんの発言を聞いて発言する。その際、<会話>の下線部を変える。教師は、活動の途中で、2人の役割を交替させる。ペアでの活動終了後、何組かに発表させる。最終的に [続きを読む]