Hatoko さん プロフィール

  •  
Hatokoさん: ままごと草
ハンドル名Hatoko さん
ブログタイトルままごと草
ブログURLhttp://hatoko.mamagoto.com/
サイト紹介文鳩子のトランスジェンダーな絵草紙です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 185日(平均2.0回/週) - 参加 2016/10/15 22:27

Hatoko さんのブログ記事

  • 肌寒い日に
  • 2016年ごろに、ある投稿で使った記憶がある写真です。そのころホームページをやめてしまった人がいて、そのまま音信不通になってしまったような、 ちょっと肌寒かった3月下旬ころの撮影。 [続きを読む]
  • 古びた桜の木
  • だいぶ前の写真ですが、古びた桜の木があって、枝は少なめでした。古くなると枝が衰えるのでしょうね。、少しの枝は、垂れ下がっていて、花を咲かせていました。 [続きを読む]
  • 水車小屋
  • 雪解けの水が、さらさらと流れ出して、ふもとの小屋の水車を、ゆっくりと回しはじめます。・・・・春ですね。(2006年の春は、こんな感じでした。) [続きを読む]
  • 首の上と下
  • 首から上は別の写真から貼り付けました。見事なあたま切れ写真でした。背景の白っぽい窓は、写ってた部分の延長コピーのようなもの。 まあまあに出来たと思ったのですが、よく見ると、中ほどの窓枠が、極端な樽型歪曲になってます。一番曲線になってるあたりが、写真のいちばん隅だったのでした。 [続きを読む]
  • 春の風
  • 首を長くして待っていた春。写真は季節は5月で、晩春から初夏の感じです。首をテーマに選びました。首はちゃんと写ってない写真が多いですが、風が髪を少し持ち上げた感じ。 [続きを読む]
  • 芸のある写真
  • 去年の写真。緑が強過ぎたのを下げたら自然な色になりました。さて自分の写真を撮るようになったきっかけは、1980年代の末にある雑誌を見てからなのですが、 だんだんと、写真とは「過去の自分との対話」であるような、そんな感覚がめばえてきたのでした。遠方の人に見せるためにも写真は必要でした。なので、楽しんでもらえるような写真を撮ろうと工夫をするようになりました。ネット時代になっても基本は同じです。楽しんでもら [続きを読む]
  • 12月の雨
  • 22日の夜に雨が降って、23日は暖かい日でした。この写真は20世紀の最後の年(2000年)。11月だったかもしれませんが、この日も冷たい感じはなかったと思います。 似たポーズのアングル違いの2枚。左足の指を少し浮かしてるのは、雨で濡れてたせいかもしれませんね。素足のようですので。 [続きを読む]
  • 初心に帰って
  • 1989年といえば平成元年。まだ寒いころの写真で手が赤くなっています。この写真は、背景を手作業で消して真っ白にして、"Welcome"と書いて、2003年の最初のホームページの表紙画像で使いました。というわけで初心に帰った気持ちでまたがんばりましょう。カメラが上方から撮ってるので、細長い顔に見えますね。 [続きを読む]
  • ブロックノイズを除去
  • ホームページにアップした「写真補正のページ2 ノイズとひずみ」で、ブロックノイズの除去をした写真画像です。1997年の初期デジカメで撮って、今回少し拡大したので、輪郭はぼやけ気味。 赤色が強過ぎる気がしたので下げたのですが、左のは下げ過ぎかも。こういう背景の写真は色調整が難しいです。背景の色を正確に記憶していないので。カテゴリは初夏にしましたが、記録では3月の撮影です。 [続きを読む]
  • 肘を少し外に開いて
  • 光と影のせいで目がぱっちり撮れたような写真。(首が太く見えますが、向かって右へ傾けて顔は逆を向いてるせいもあるかもしれません)2本の腕を下に下げたときは、八の字のような裾広がりの形が良いかも? 肘から先が少し広がる感じで。この写真では・・・? ほんの少しだけですね。この写真では、肘の向きが、左右で違っています。左腕は、肘の内側が前になる前後の向き、右腕は、内側のまま横向きです。左腕のように、肘の内 [続きを読む]
  • 背中を凹ませてみると
  • 9月の雨の中のお散歩で、濡れ雀になって、ちょっと休憩したとき。右手に持ってるのはカメラのリモコンです。首から下は、きれいに撮れたほうだと思いますが、顔は?蒸し暑い日の雨で、思った以上のお化粧崩れでテカリ顔でした。明度補正というか、ハイライトを下げたり、顔だけコントラストを下げたり、目や唇などのパーツをよけて顔全体にボカシを入れたり・・・、目の下のアイラインが滲んで、たぬきのようなパンダのような感じ [続きを読む]
  • 黒いベルト
  • つづいて、1989年の夏。この日は、とても気持ちが不安定だったように思います。写真を見ると、泣いたあとのような顔。・・・たしかに、そういうふうに見えるのですが、泣いたとか泣かされたとかいう記憶はありません。そういうときは、ベルトでウエストをぐっと締め上げたりして、案外そういうのがストレスの発散になってたのかもしれませんね。 [続きを読む]
  • 足首も使いよう
  • 1989年の初夏、神田のあるところへ行くと、いつものYさんが、今日はどんなふうに撮ろうかなんていうので、とりあえず、近くにあった脚立をまん中に置いて考えました。そして、脚立の上に乗って、しゃがんで、「見えない」ポーズを考えました。お尻のまん中を、片方のかかとに合わせたら、足首がじゃまをして、見えませんでした。大成功ですね♪ #^o^# (右の写真は、左右を反転させてあります)このあと、ごろごろ寝ころんで2〜 [続きを読む]
  • アキレス腱が
  • くるっと振り返るポーズのため、アキレス腱も少し引き締まって見える写真。1989年夏。上半身だけ横向きにすると上半身が細く見えるというポーズの、後ろ向き版ですね。このブログは、画像検索NGの設定をしてあります。なので、そんなにたくさんの人が見てくれるわけではないのですが、拍手が4つ、5つとなると、うれしいものですね。ありがとうございます。「拍手コメント」について [続きを読む]
  • 1996年のおへそ
  • 1996年に「へそ出しルック」というのが流行っていたので、とりあえず撮ってみたのですが、おへそのずっと上まであるGパンを、下げてみただけでした。当時はまだ身体も細かったわけですし、もっとちゃんとしたやりかたで何枚か撮っておけばよかったと、悔やまれるわけですが、1996年の写真ということで・・・。右の1枚で、なぜこんなに上を向いてたのでしょうね? 下が滑ったのかどうか? 当時の記録をみると、ウエスト70ですが [続きを読む]
  • 秋の光のなかで
  • 光が強過ぎてしまった写真です。もうちょっと良く撮れてたらと思うと、惜しかったですね。小さな丘の上に古いお寺があって、庭の隅っこにあった老木はケヤキかも?9月だったのに葉っぱがほとんどなくて、木の下は明るすぎた感じ。 ホームページのアルバム Hatopedia の表紙で、2010年を代表してサムネイルに使いました。他にも、ままごと草はまだなのは・・・?1996〜99 2001 02 08 7枚もあります。 [続きを読む]
  • 木馬と私
  • 去年の12月はとても暖かい日が多くて、そんな日のお散歩。カメラを少し高い所に置くことができました。持ち運び用の細い三脚は1メートルの高さしかなく、昔からややローアングルから撮った写真がとても多かったのですが、最近はそれではあごのラインがきれいに撮れないことも増えてます。 古くなった木馬。横座りは安定感が悪いです。腰骨だけ乗ってて、脚全体は浮いている感じ。10年前の夏は、こんな感じ。木馬には頭がありまし [続きを読む]
  • 秋の終りの日
  • 秋の終りの日、池には、鴨さんの姿が見えません。なぜか右方向へ泳いで逃げてしまったみたいで、水面に小さな波のあとが見えてます。 ↓ 夕暮れのころ一人で来てみたら、鴨さんたちが寄って来てくれました。鴨のいる池 2004年の秋のことでした。 [続きを読む]
  • 「写真補正のページ」
  • 「ままごと草」では、ホームページやブログでは使えなかった真っ黒に撮れた写真を、明るさ補正したりして再生し、「初公開」となったものがたくさんあります。さまざまな補正や再生のパターンについて、ホームページで 「写真補正のページ」のコーナーを作って、まとめようと思いました。最初は「明るさ補正」について。今後、他にも2〜3ページを追加の予定です。次の写真(2006年夏)も、少し明るく調整したら、雰囲気の良いもの [続きを読む]
  • サンゴジュ
  • ときどき見かける木なのですが、名前を思い出せませんでした。垣根で見かけることがありますよね。そこで画像検索、キーワードは「垣根 大きな葉」。似ている画像が出たので、見てみると、サンゴジュかも?。8月ごろに赤い実がみのるそうです。写真の季節は9月ごろ(1993)だったので、実が熟し過ぎて形が崩れて垂れてしまってます。植物図鑑では、きれいな実のときの写真しか見られないので困ります。(関係ないかもしれませんが [続きを読む]
  • 秋の愁い
  • 秋の初めの愁いを秘めた表情?がお気に入りの一枚。ファイル名は、92i101。1992年の9月の1本めのフィルムの1枚目の意味です。このころからセルフ写真に夢中になってしまったのでした。 その1か月後はこんな感じ。 霧の中の吊り橋さて、これまで「ままごと草」にアップした写真の数を調べてみたら、今日の1枚でちょうど500枚でした。お気に入り写真としては、まだ他にもたくさんありまして・・・、そうですね、鳩子の名前にちなん [続きを読む]
  • 同じ木かも
  • 写真の右側に、けやきの木でしょうか、大きな木。幹の表面は暗い緑色の苔がむしてます。右後方は丘のような感じ。2013年の初夏。 2枚めは、1997年の同じ季節のころ。間違ってパノラマモードで撮ってしまいました。写っている木は、同じ木のような気がしてます。上の写真の左側方向から撮ったような・・・?。16年の時間の隔たりがありますので、木肌は若々しいですね。人物も同じなのかもしれませんが、ちょっとぼやけて撮れてま [続きを読む]
  • 秋の雨の日の空とばら
  • 雨の日にばらの花の前で。「9月の雨の日のばら」というタイトルで同じ日の違う写真もアップしてました。こちらは、白っぽい部分が、真っ白に飛んでしまってます。そのおかげで、だいぶ色白に見えますね。遠くを見てるような表情がお気に入りの写真。 [続きを読む]
  • 思い出、九つ目
  • 「思い出八景」というタイトルで、ホームページのアルバムの1ページを作ったのは、2005年のことでした以前に写真に収めた場所を、13年ぶりにもう一度訪れてみるという企画で、同じ場所で撮った新旧8枚づつの写真を載せました。8組を選んだときに、漏れてしまったのがいくつかあります。2005年のまだ紅葉には少し早い時期で、池があったような場所。そして1992年の赤い紅葉の見える場所。 そんなに何10メートルも違わないほぼ同 [続きを読む]