misa さん プロフィール

  •  
misaさん: 本棚
ハンドル名misa さん
ブログタイトル本棚
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mi00mi00min-00__00/
サイト紹介文読んだ本の情報や感想、時には映画やドラマの感想などを更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 299日(平均1.1回/週) - 参加 2016/10/16 12:55

misa さんのブログ記事

  • 「!!!!」二宮敦人
  • 3月3日読了。内容(「BOOK」データベースより)雑居ビルのトイレに監禁された女子大生が味わう恐怖―「トイレ」。高校生のナカムラは、間違い電話をかけた女の子と会話をするうちに、相手が殺人を計画していることを知る―「間違い電話」。バイト仲間の一人が毎日イタ... [続きを読む]
  • 「!」二宮敦人
  • 2月23日読了。内容(「BOOK」データベースより)拾った携帯電話のデータフォルダには、友人の死体映像が残されていた(『クラスメイト』)。ふとしたひょうしで部屋の壁に穴があいた。その穴は殺人鬼の部屋とつながっており―(『穴』)。目を覚ますと、全裸で真っ白な部... [続きを読む]
  • 「冬空トランス」長沢樹
  • 2月19日読了。内容紹介(Amazonより)可愛すぎる名探偵・樋口真由&弱小映画研究部・遊佐渉の名探偵コンビの推理〈目次〉・動画投稿サイトで注目を集める天才は、絶対に撮影不可能な、驚異の映像を生み出した。果たしてどのような手段で撮られたものなのか。超難... [続きを読む]
  • 「殺人犯はそこにいる」清水潔
  • 2月12日読了。内容(「BOOK」データベースより)5人の少女が姿を消した。群馬と栃木の県境、半径10キロという狭いエリアで。同一犯による連続事件ではないのか?なぜ「足利事件」だけが“解決済み”なのか?執念の取材は前代未聞の「冤罪事件」と野放しの「真犯人」、そ... [続きを読む]
  • 「ベンハムの独楽」小島達矢
  • 2月8日読了。内容(「BOOK」データベースより)“ベンハムの独楽”この独楽は、白と黒のみで模様が描かれているにもかかわらず、回すと弧状の薄い色が見えてくる。しかもそれは赤や黄色や青など、人によって異なって見えるという。ここに収録されている九つの物語は... [続きを読む]
  • 2017冬ドラマについて
  • 私はドラマが好きで、色々録画しながら観ているのですが、ドラマが好きだと言いながらいつもリアルタイムで観るとき、ながら見をしてしまって内容が入らないことが多々ありました(笑)今回はドラマを観るとき、スマホは封印して集中して観るようにしたら、普段は全く観な... [続きを読む]
  • 「極限冷蔵庫」木下半太
  • 1月30日読了。内容(「BOOK」データベースより)渋谷の居酒屋でバイトをする女子大生・詩乃は、閉店作業中に四十歳独身の女性店長とともに業務用冷蔵庫に閉じ込められてしまう。当初は偶然の事故かと思われたが、なぜか冷蔵庫内の温度が徐々に下がっていく。誰かが扉... [続きを読む]
  • 「忘れ物が届きます」大崎梢
  • 1月29日読了。内容(「BOOK」データベースより)不動産会社の営業で訪れた家の主人が、小学生の頃の自分を知っているという。驚いた自分にその元教師が語ったのは、なぜか二十年前に起きた拉致事件の真相を巡る推理だった。当時の記憶が鮮やかに蘇る…(「沙羅の実」)... [続きを読む]
  • 「崩れる」貫井徳郎
  • 1月22日読了。内容(「BOOK」データベースより)仕事もしない無責任な夫と身勝手な息子にストレスを抱えていた芳恵。ついに我慢の限界に達し、取った行動は…(「崩れる」)。30代独身を貫いていた翻訳家の聖美。ある日高校の同級生だった真砂子から結婚報告の電話があ... [続きを読む]
  • 「隣に棲む女」春口裕子
  • 1月20日読了。内容(「BOOK」データベースより)嫉妬、わがまま、欲求不満、不信…どんな女の心にも潜む悪意の種ははかり知れない。殺人事件の起きた部屋の隣に住み続ける女、不妊に翻弄される女、婚約者が突然姿を消した女、わがままで自分勝手な金持ち女、母親への... [続きを読む]
  • 「隣人」永井するみ
  • 1月16日読了。内容(「BOOK」データベースより)優しい夫に真っ白でふわふわな猫―美由紀の満ち足りた生活は、夫の溺死によりピリオドが打たれる。しかしそれは、新たなる絶望への幕開けに過ぎなかった。小説推理新人賞受賞作「隣人」を含む戦慄のサスペンス集。予測... [続きを読む]
  • 購入本
  • 昨日お気に入りの本屋さんで何冊か購入してきました。その本屋さんの一番目立つ場所の本のディスプレイ、まるで私に買わせるためだけに並べてるんじゃないかと思うくらい、興味を惹かれるタイトルばかりをバーッと一面に並べて、私に見せつけてきたので、手当たり次第購入... [続きを読む]
  • 「絶対正義」秋吉理香子
  • 12月8日読了。内容紹介(Amazonより)4人の女たちに届いた『思い出の会』への招待状。差出人は、5年前に殺したはずのあの女――。正義のモンスター。あんな女、本当は大嫌いだった。範子はいつでも礼儀正しく、一つの間違いも犯さず、また決して罪を許さない。な... [続きを読む]