猫之弐吉 さん プロフィール

  •  
猫之弐吉さん: 弐吉工房
ハンドル名猫之弐吉 さん
ブログタイトル弐吉工房
ブログURLhttp://mblog.excite.co.jp/user/nekononiki/
サイト紹介文自作の人形、及びレジンと猫のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 1日(平均91.0回/週) - 参加 2016/10/17 02:09

猫之弐吉 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 猫人形完成。
  • 行程がいくつか飛びました。。パジコのドールフィニッシャーを使ってみましたが扱い難しい。買って1ヶ月くらい放置したせいか、沈殿、分離、塊ができている。数回濾さないとダメでした。仕上がりは悪くないんですが使い勝手。。つるつるじゃなく毛並みを意識して少しでこぼこな感じに。耳、鼻、肉球をつけてひとまず完成。あとは衣装と小物、箱を作りたいと想います。 [続きを読む]
  • 体調不良。。
  • ヤスリ掛けの際の粉塵のせいか、咳と鼻水が止まらなく。ついでにハーフパンツでやってたら、なぜか布のない辺りからしたに蕁麻疹みたいなでこぼこが。粘土にさわった手も、浮腫んだみたいに腫れて赤い。粘土にアレルギーとかあるんでしょうか。。 [続きを読む]
  • 猫人形関節。その2
  • 仮組してみつつ、仕込んだ針金の状態や、受けの穴の広さなんかを調整。頭から脚にかけての関節は良さそう。あとは腕かな。もう少し穴を広げないと、ゴムを結ぶための針金の輪が回転できず関節が動かない様子。ステンレスの針金だからこれ以上小さな輪は作れない。。 [続きを読む]
  • 猫人形手足。
  • 胴体とのバランスを見ながら削ります。手足は特に型が上手くできてない感じで他の部位の倍も削ったりしています。。。大体腕や脚の形になったら手、足をつけます。肉球は、塗装後につけてみようかなと。やり方はレジンを使う予定。 [続きを読む]
  • 猫人形頭部。その3
  • そんな感じで作った頭部がこちら。もう少し削ったり持ったりしたら下処理してから目を固定して、首の受けを作る予定。下二つは確かヤフオクでかったグラスアイ。上のひとつはレジンで目を作ってみようかと。やはり頭作りが一番楽しく、頭だけが胴体や手足の倍も増えていく。。<a href="//art.blogmura.com/ranking_out.html" targ... [続きを読む]
  • 猫人形胴体。その2
  • 乾いたので切り口をきれいに削ります。真ん中のパーツをしっかり磨いたら、それにあわせて受けを作ります。あわせたままぐりぐりねじってみておかしいとこがないか見ながら、何回か粘土を足したり削ったり案配よく収まるまで。できたら今度は肩と足の部分を切り離して、腕と足のパーツが完成したら同じように受けを作る予定。とりあえず胴体部分は、こんな感じになりました。 [続きを読む]
  • 猫人形頭部。その2
  • 耳がしっかり乾いたらもっかいがしがしヤスリ掛け。よく見たらちょっと仮目の位置がずれてたので、右目を2?ほど外側に。あわせて頬の輪郭などを膨らませました。あとはヤスリで削りきれないへこみを粘土で埋めます。あとは乾かしたらまたもう一回ヤスリを掛けます。前の写真とあんま変わらないかな。。 [続きを読む]
  • 猫人形胴体。その1
  • ぐいぐいヤスリなどで形を整えたのがこちら。この状態でちょっとバランスやらを整えた後、切り離します。粘土が足りなかったりで合わせが薄い部分の内側に粘土をつけ、補強して再度乾燥です。 [続きを読む]
  • 猫人形型抜き。
  • ぐいぐいとラドールを押し付けながら詰め込みます。しばらくそのまま乾かしてから外したものが此方に。ぼろぼろ。。更にしっかり固くなるまで乾かしてから、型から抜くときにできたバリや要らない部分を取り、上下が上手くくっつかずに抜けた部分をくっつけていきます。 [続きを読む]
  • 猫人形簡易石膏型
  • 原型が油粘土という点の一番の問題は、型を取るための作業ですぐに器具や爪のあとがついてしまう点で。器用な方なら、あるいはもう少し自分に几帳面さとか、慎重さがあればいいんですが。どれもないので。良い点も沢山あるんですけども、多分型作りはじめてに向いた素材じゃないかも?でも型を取るための下処理が要らないとか、原型が壊れにくいとかはとても楽なんだけど。とりあえず、簡易的に作ってそれをもと... [続きを読む]
  • 猫人形原型
  • 複製、というのを試してみたくなり。油粘土で簡単な原型を作成してみました。猫の人形です。耳はあとからつけることに。簡単な型から、少しずつステップアップ。。、出来るかな。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …