メタボ招き猫 さん プロフィール

  •  
メタボ招き猫さん: 季節とともに暮らす迷走日記
ハンドル名メタボ招き猫 さん
ブログタイトル季節とともに暮らす迷走日記
ブログURLhttp://kispend365.hatenablog.com/
サイト紹介文季節や日々の出来事などの情報や雑感をお伝えしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 319日(平均0.9回/週) - 参加 2016/10/17 15:24

メタボ招き猫 さんのブログ記事

  • 8月29日の秋田県の記念日に因んで
  • 8月29日は秋田県の記念日●秋田県の記念日 [秋田県]秋田県が1965年に制定。1871年(明治4年)の廃藩置県の際に、初めて秋田県の名称が使われた日を太陽暦に直すと8月29日になることから、1965年(昭和40年)に県が制定した日。県民の県政に対する認識と参加意識の高揚を図ることを目的としている。明治4年7月14日(新暦1871年8月29日)、廃藩置県により「秋田県」という名前が初めて使われた。★秋田のいいところ角館 [続きを読む]
  • 8月27日の『男はつらいよ』の日によせて
  • 8月27日は『男はつらいよ』の記念日です。●『男はつらいよ』の日1969年のこの日8/27日、山田洋次監督・渥美清主演の映画『男はつらいよ』シリーズの第1作が公開された。「フーテンの寅」が最初に登場したのはテレビドラマで、この時は最終回で寅さんは死亡した。しかし、あまりの反響の大きさのため映画で復活し、以来48作にも及ぶ世界最長の長編シリーズとなった。男はつらいよ 第1作 オープニング■8月27日 『男はつらいよ [続きを読む]
  • 今日8月24日はどんな日? 支倉常長が7年ぶりに帰国
  • 今日はどんな日?☆彡歴史1594年 盗族・石川五右衛門とその親族が京都・三條河原で釜茹での刑に処せられる「石川や浜の真砂は尽きねども 世に盗人の種は尽きまじ」。(新暦10月8日)wikipedia - 石川五右衛門 1904年 日露戦争・遼陽会戦が始る。1620年 伊達政宗の使節としてスペインに赴いた支倉常長が7年ぶりに帰国。(新暦9月20日)1949年 「北大西洋条約」が発効し、北大西洋条約機構(NATO)が発足。1955年 森永ヒ素ミルク事件。 [続きを読む]
  • 6月11日は二十四節気の一つ「入梅」
  • 6月11日は二十四節気の一つ入梅です。●『入梅』 : 二十四節気・雑節等。七十二候の一つ(26項)。雑節の一つで、太陽が黄経80度の点を通過する日で、雑節暦の上での梅雨入りの日です。梅の実が熟する頃に雨期に入る事からこう呼ばれる様になったとされています。「梅雨」に入る一つの目安とされていますが、地域や気候によってだいぶ異なります。※入梅とは入梅(にゅうばい、ついり、つゆいり)は、梅雨入りの時期に設 [続きを読む]
  • 11月9日は『十日夜 とうかんや』 稲の収穫祭と月見・観月
  • 11月9日は『十日夜・とうかんや』です。とおかんや【十日夜】旧暦10月10日に行われる稲の収穫祭のこと。群馬,埼玉,山梨,長野県にかけて行われている名称。この日に長野県東筑摩では葉付きのダイコンと餅とを箕(み)に載せて,庭上に神を祭るところがある。埼玉県秩父では9日を亥子(いのこ)の日といい,11日に亥子餅を亥の神に供え,外では,男の子がわらの棒をもって土をたたいて遊ぶ(子供たちがわら鉄砲をつくり,それで地 [続きを読む]
  • 11月7日は二十四節気の立冬で冬のはじまり。立冬食の極意とは?
  • 2016年11月7日は立冬です。★立冬(りっとう)は、二十四節気の第19。十月節(旧暦9月後半から10月前半)。現在広まっている定気法では太陽黄経が225度のときで11月7日ごろ。恒気法では冬至から7/8年(約319.59日)後で11月6日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。期間としての意味もあり、この日から、次の節気の小雪前日までである。2016年の立冬は11月7日、小雪は11月22日ですから11月7日及び11月7日〜2 [続きを読む]
  • 11月6日は土用明け。土用って土曜日で半ドンになる日のことじゃない?
  • 土用とは二十四節気の立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間のこと。季節と季節の変わり目の混沌とした時期を示す。土用は各季節の変わり目にある。土用の間は、土の気が盛んになるとして、動土・穴掘り等の土を犯す作業や殺生が忌まれた。土いじりはNGです。土用って「土曜日の半ドンではなく18日間の休養日」なのです。2016年の秋土用は10月20日〜11月6日であり、10月20日が土用の入りであり11月6日は土用明けとなる。★土用 [続きを読む]
  • 11月5日は縁結びの日 良縁の結ばれ方の時間と場所と作法とは?
  • 11月5日は縁結びの日 ○縁結びの日古くから縁結びの地として知られる出雲路。その出雲地方では神在月と呼ばれる旧暦の10月(新暦11月頃)、全国から神々が出雲に集まり、結婚、恋愛、健康などさまざまな縁について会議が行われるとされる。人々の良いご縁が結ばれる日をと、島根県松江市の「神話の国・縁結び観光協会」が制定。日付は11と5で「いいご縁」と読む語呂合わせから。※出雲大社縁結び:出雲大社の縁結びの由来は、 [続きを読む]