猫姫 さん プロフィール

  •  
猫姫さん: 胆管ガンからすい臓ガンへ〜オトは生きる〜
ハンドル名猫姫 さん
ブログタイトル胆管ガンからすい臓ガンへ〜オトは生きる〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/nekohime915/
サイト紹介文2016年9月。夫が胆管ガン〜すい臓ガンへ。膵頭十二指腸手術ができず、ガンと共存。気持ちの共有。
自由文夫は定年前の59歳 そんな夫=オト が
2016年9月15日 胆管がんで入院しました。
乳頭部にできたガンのため
胆管癌でもあり膵臓癌でもあり。
膵頭十二指腸手術ができず、
抗がん剤治療1クールしかできず。
病状や心の中を綴ります。
キセキを信じて。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 160日(平均2.5回/週) - 参加 2016/10/17 22:27

猫姫 さんのブログ記事

  • 来週からホスピスに行きます。
  • 実は2週間前から、ホスピスの空き待ちをしていました。そしていよいよ来週に決まりました。 不安、葛藤、覚悟、期待心の中は複雑です。オトはもっと複雑だったと思います。そして寂しかったと思います。 でも担当医の気持ちがホントにあったかくて優しくて私たちは前進できてます。 闘病ブログって、きっと、もっと前向きな内容で希望が広がる方がいいのかも、と思ったりしたこともあります。 私の場合、不安記事 [続きを読む]
  • 院内コンサートで、
  • 本日 、夜7時から院内コンサートがあった。 学生たちが、ハーブ、フルート、バイオリンなどでディズニーの曲や、真田丸の曲、合奏してくれた。 その後、合唱もあった。中島みゆきのファイトなど。心に染みる。 最後はみんなで 唱歌 『春がきた』を 歌う。 オト、涙ぐんで歌えない。 スタッフが、歌と共にガーベラを配る。 また、涙が・・  春まで生きられた。 生きてる。って実感なのか  [続きを読む]
  • いのちのスープ☆彡
  • オトも私もこの病院の担当医が大・大・大好き。 それは治療の丁寧さはもちろんのこと私たちの心に寄り添ってくれるからです。 その先生が今日言いました。 『いのちのスープ』ってご存知ですか?奥さんに作ってもらってはどうでしょう。 さっそくネットで調べました。辰巳芳子さんが病床のお父さんのために工夫を凝らして作り続けたスープ。 明日さっそく玄米スープを作って持参しよう。 楽しみが増 [続きを読む]
  • 包丁に想いを載せて。
  • 結婚した時、オトと包丁を買いに行った。それから34年また二人で包丁を買いに行った。 身体が動ける間に行きたいと外出許可。オトから私への誕生日プレゼント。 京都 錦市場にある 老舗 『有次』  名入れどうされますか? 入れてください。 大きい包丁は、オトの名前。 小さい包丁は、私の名前。  オト、びっくり、でも嬉しそう。 私、オトの名前も刻みたかったから 家では、魚をさばく事と包丁 [続きを読む]
  • 夫を泣かせてしまいました。
  • 今日は病室に行くなり、こんな切り抜きが。私に見せたかったそうです。 オト:お葬式は家族葬でね。   最近は直葬が一番多いらしい、それでも良いよ。   うちの近くの〇〇や□□で。   法事はしなくていいよ。 私: そっか、じゃあ法事の代わりに   いつもみんなで行った焼き鳥屋にいくよ。    そういえば、長いこと行ってないね。   マスターきっと待ってるよ。 色んな思いがこみ上げて、私泣 [続きを読む]
  • 命が1日のびた日。
  • 病室へ行ったら、オトがいう。 昨日たいへんだったんだ。 夜1Fへ行くと、外に男性が倒れていた。ケガもしている様子。 しばらくして医者と看護師がきてその男性を担架に乗せようとした。 抵抗するので乗せられない。 どうしようか悩んだ末に、男性の足をもって手伝った。しんどかった、すごく疲れた。とのこと。 え-------!!!点滴持ったまま手伝ったの?腹水でおなか10ケ月くらいになってるのに [続きを読む]
  • 知らない間に見てしまってる。
  • 最近、特に目が行くんですが私たちより年上のご夫婦の姿にです。 本当なら5年後、10年後、20年後あんな風に二人で歩いているはずなのに、と。 ありきたりの光景に目が行ってしまいます。年上のご夫婦を知らない間に見てしまっています。 オトは今は車椅子ですが少しでも長く一緒に歩きたいと思います。 明日も晴れそうです。たくさん散歩できそうです。 にほんブログ村に参加しています。↓ぽちっ [続きを読む]
  • 希望は手元供養。新しい仏壇の形です
  • オトは自分がいなくなったらお墓も仏壇もいらないと言います。 そして、先日覚悟を決めた日からのオトの願い。手元供養で有名な京都博國屋へ連れていってほしい。 本日、二人で外出しました。 病院からはタクシーで5分 こんな近くにあったなんてこれも運命だとオトはいいます。 ビルの4階、エレベーターは無く階段です。 無理だと思いました。だって病院では車椅子を使うことも多いもの。 オトの意 [続きを読む]
  • 温泉のお湯を背負って・・
  • ガンの湯治で有名な山梨県の増富温泉。鳥取県の三朝温泉。 私の母(85歳)が大腸がんになってから幾度となく京都から通っています。 年末にオトと息子たちで行ったのも山梨県の増富温泉でした。(残念ながら、高熱で途中棄権になりましたが) もう一度連れていきたい。だけど今の体力では無理。 母と兄が、三朝温泉の熱々の源泉を汲んできてくれました。 私は4リットルをペットボトルに入れてリュックで [続きを読む]
  • 余命を聞いてからは、、
  • 昨日余命1ケ月の宣告のあと。 私 『オト?大丈夫?私今日は病院に泊まろうか?』 オト 『大丈夫。』しばらくして帰る時間になると オト 『今日やっぱり泊まる?』ということで昨夜は病院に泊まりました。 二人で夜遅くまで話をしました。 お葬式は家族葬でしてほしい。在宅治療&ホスピスができたらいい。お墓はいらない。(息子たちを思って)戒名もいらない。などなど。(ちょうど昨日は終活のテレ [続きを読む]
  • 余命1ヶ月?2ヶ月?
  • 先生が来られた抗がん剤かできない今今後どうしていくかホスピスを中心にしていくことになった先生、あとどのくらい生きられますか聞きたいですか?ちゃんと聞きたいですひと月かふた月かでしょうかねオトの覚悟が伝わってくる私の思いは・・まだこんなに元気そうな時もあるお腹は覆水で妊娠8ヶ月みたいだけど、前回より苦しそうじゃない飲み物とプリンやヨーグルトは食べれる遠くまで歩くのはつらそうだけど、すごそこまでは大丈 [続きを読む]
  • 病院の裏で見た芸能人
  • 余談ですが、オトのお見舞いに通う毎日病院の裏は京都で有名な鴨川。そこは私の休憩場所&癒しの場所。 この半年の間にそこで見た芸能人。 科捜研の女のロケがありました。もちろん主演のマリコ役 沢口靖子さん→可愛かった土門刑事役の内藤剛志さん→ドラマのまんま冬彦さん、あの冬彦さん→佐野史郎さんに何故かウキウキ 2月19日の京都マラソンでは森脇健司さん→大声で語りかけながら走ってました。好感。 i [続きを読む]
  • お嫁にきてください。
  • オトの病院の看護師さん。 みんなとても優しくしてくれる。ほんと天使ですね。 退室するとき、そっとドアを押さえて音がしないようドアガラスの向こうで見えない所で気配りしている。どこで会っても満開の笑顔の女性。 こんなお嫁さんが来て欲しいね。 オトに話すと笑ってた。 未来のお嫁さん、孫。会える時まで生きてほしいです。 にほんブログ村のランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • こんなこと言っちゃ何だけど・・
  • オトの入院費。 この半年、ほとんど病院生活。大病院だから、支払いはカード。 こんなこと言っちゃ何だけど・・カード支払いの額が多くてカードのポイントがびっくりするほどたまりました。 欲しかった香水をたまったポイントで買いました。 ほんの少しのオシャレ許してね。 にほんブログ村のランキングに参加しています。↓ぽちっと してくださると嬉しいです。。 にほんブログ [続きを読む]
  • ポート設置、ずっと寝てる。
  • 今日は、昨日の腰痛で、もうお見舞いにいけないかと思いましたが、痛み止めを飲んで何とか行けました。 だって、オトはポート設置術の日だったから。少々無理しても行きたかった。 ポート設置は、9時半から始まって2時間。結構時間がかかりました。 私が行ってから16時に帰るまでオトは、うつらうつら。してました。 明日は笑顔が見れますように。ついでに、私の腰痛も治ってますように。 にほんブ [続きを読む]
  • 腰が、、ピキッ、、で思い出した。
  • 今日も看病で病院へ。帰ろうとソファーから立ち上がったら、、、 腰がピキッ。うっ。やばい。 私は10年前腰痛になり、あまりの痛さで気絶?したことがあります。その時は倒れたまま動けず、オトに1週間看病してもらいました。 恥ずかしいけど、1日目は全く動けず(少しでも動くと激痛)トイレも行けず・・・ なんと!オトに『小さい方』の処理をしてもらったのです。 オトがいてくれて、よかった、ってそ [続きを読む]
  • 私が毎日病院通いすることって、、
  • 病院通いも約6ケ月。片道1時間から1時間半かかる。 どうして毎日いく? 私が高校生の時、父が長い闘病で亡くなった。母は片道1時間かけて、毎日毎日病院へ行っていた。 それを、みていたからだろうか。看病には毎日いくものだと自然に思っている。 まして長く生きられないなら尚更。 この先夫婦で元気に暮らしていける病状ならたまには行かない日があったかもしれない。 毎日病院通いすることって [続きを読む]
  • もうすぐ私の誕生日だった。
  • 今日の病室。 この調子だったらおかあ(私)の誕生日までに退院できるかな。 え? 誕生祝に京都の寺町に包丁を買いに行こう!(老舗の有名なところがあるらしい) もらう前だけど、嬉しかった。限りある命の中で何かを一生懸命考えてくれてる。 絶対退院してもらわなくちゃ。 [続きを読む]
  • 錯覚?まだまだ大丈夫?
  • 2日前は、しんどそうで見ているのがつらかった。 昨日は入院での点滴が効いたのか顔色が全然ちがう。 あれ?また良くなるんじゃないのかな この調子でいくとまた食べれるようになるんじゃないのかな?治療の余地があるんじゃないのかな。 お腹に広がったガンの存在を忘れてしまう錯覚を起こすそんな日でした。 今日もいつものようにヤッホー!調子はどう?と笑顔で病室に入ろう。 [続きを読む]
  • 7日間しか自宅に居れなくて・・
  • 待ちに待った担当医の診察日。2時間待ち、再入院となった。 十二指腸に入れたステント内が細くなっている小腸にガスがたまっている胃のどこかにも異常などなど さてどうする カメラを入れての検査は負担が大きすぎる。 ではではどうする できる限りおなかの中で何が起こっているかを確認する 限られた命なら何とか穏やかに生きてほしい。 声を出して泣きながら帰った。明日は笑顔で病室に入 [続きを読む]
  • 在宅、初めて訪問看護士に電話したら・・
  • この三日間口から殆ど食べ物が入らなくなった。水分系のみ。 胃の下からお腹まで、ぷっくりでてきた。(また腹水がたまってきてる様子)足に若干むくみが・・何度もトイレでもどす。 もう私の心配の限界。訪問看護士に初めて電話した。 二人の看護師がすぐきてくれた。聴診器あてたり、おしりの具合(便通)みたり長い間背中のマッサージ。 『担当医師の予約が明日だから何とかがんばりたい。』とオトがいう [続きを読む]
  • なかなかうまくいかない自宅療養
  • 2ケ月振りのゆっくり自宅。 楽しみにしていたリフォームしたお風呂。しんどいのに毎日つかる。手すりつけといて本当によかった。 退院して5日目 オトは段々食事が入らなくなっています。おなかも少し膨らんできました。おしっこも1日3回程度熱は平熱。ずっと横になっています。 在宅医療の医師に来てもらおうよ・・まだ大丈夫在宅看護士に来てもらおうよ・・大丈夫、木曜日の通院日までがんばる。・・いよい [続きを読む]
  • がん難民って?
  • 退院後、自宅でどのように過ごせるのか在宅医療(訪問看護)が必要だということで準備に入った。 今の病院に通院できる間は通院する。(希望)検査結果がよければ抗がん剤治療を再開する。(希望) 再開できなければ終末医療のための選択肢を考えてみないといけない。 1クールの途中までしかできなかった抗がん剤治療オトの気持ちの中では副作用があってもまた抗がん剤治療を再開したいと思ってる。 だって抗 [続きを読む]