猫姫 さん プロフィール

  •  
猫姫さん: 胆管ガン→すい臓ガン〜夫59才ホスピスで生きぬく
ハンドル名猫姫 さん
ブログタイトル胆管ガン→すい臓ガン〜夫59才ホスピスで生きぬく
ブログURLhttps://ameblo.jp/nekohime915/
サイト紹介文2016年9月。夫が胆管ガン〜すい臓ガンへ。手術不可、ホスピスで限られた命を大切に頑張っています。
自由文夫=オトは定年前の59歳 
2016年9月15日 胆管がんで入院しました。
乳頭部にできたガンのため、胆管癌でもあり膵臓癌でもあり。膵頭十二指腸手術ができず、抗がん剤治療1クールしかできず。現在ホスピスで限られた命を大切に頑張っています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 304日(平均2.3回/週) - 参加 2016/10/17 22:27

猫姫 さんのブログ記事

  • 送り火とともに卒業
  • 最愛なる夫、オトが亡くなり 慌ただしく過ぎたひと月仕事復帰してみんなに見守ってもらったひと月息子たちの勧めで我が家にやってきた猫とともにすごしたひと月(オトは猫が代好きだった。) そうして百ケ日、同じ日、初盆となった。息子たちと想い出を語りあい、オトはいつもそばに。 毎年8月16日には家のすぐ近くで上がる花火を一緒にみていました。 今年はあがりませんでした。 オトのがんばった記録そろそろ卒業です。 応援し [続きを読む]
  • 四十九日 オトと。
  • オト、四十九日。私たち家族はオトの大好きな焼鳥屋さんへ。もちろん手元供養小型ビン?をもってオトとともに。おいしかったね。オト飼っていた猫と天国で会えましたか?幸せにしているのがわかります。短かった闘病7ヶ月。泣いたり笑ったり家族で20年分を一気に過ごした感じ。手元供養はよかったです。そばにいるいつでもお参りできる。心にやさしい、かんじ。オトが描いていた通り。ひとつだけ、オトの誤算あれからとてもたくさ [続きを読む]
  • 時は過ぎる
  • オトが亡くなって来週は49日。 時が過ぎる。 職場復帰して、多くの方に見守られてお花を飾って、遺影に見守られて 時は過ぎる。 今日はオトのゴルフ姿の動画を見た。いい顔してました。 花の香りに包まれて時は過ぎる。そんな日々です。 [続きを読む]
  • 親友
  • オトの学生時代の友オトが社会人になってからの友いまではすっかり年賀状だけのやり取りだけ。私は闘病中のオトに何度か聞いてみたOさんや、Hさん、Mさんにあわなくていいの?電話しようか? そやなー、、↓。もうやり残したことはない?やってほしことはない?会いたい人は? ないよ。。オトの死から三週間たち、私はオトの死を3人に電話で伝えた。25年振り、35年振り。飛んできてくださり、オトの遺影をみて泣いてくれた友。 [続きを読む]
  • 35年前のラブレター
  • 今日は、あれこれ整理をした。封筒にいれたままの懐かしい写真や結婚してから今までの通帳やら出てくるものだから、思い出いっぱい、整理に1日かかった。 あっ、結婚する年に オトからもらった財布だ。 当時、私はまだ20才 オト25才財布の中を開けると一枚の紙。それはオトからもらった最初で最後のラブレター。 ○○へ 二十歳の誕生日おめでとう おれとの結婚などで 精神的に神経を使いすぎるかも 知れないけど おれと [続きを読む]
  • みなのか、なので。
  • オトが亡くなって、三週間。息子たちと集合です。生前にオトが手元供養を強く強く望んでいました。そのお地蔵様の中に家族でオトのお骨を入れました。オトと一緒に買いにいった思い出のホットプレートを出してお好み焼き。笑顔のオトの写真と共に、どこか懐かしいそんな時間を過ごしました。ありがとう、オト。心配しなくて大丈夫。 [続きを読む]
  • 回想 オト、告知された日
  • 入院してすぐの夜腹部に激痛が。腸がねじれるくらい痛かったオトそれは膵炎だった。点滴でオトは落ち着いていく。それからガンであるかどうかの検査結果が出るのに12日もかかった。なかなか検査結果がでなかった。そして陽性反応という結果だった。医師はいう。オトはとても穏やかで強い人だから告知しても大丈夫だと。そして胆管ガンだと説明があった。ショック受けないかと気が気じゃなかった。オトのんびり構えてて、すごすぎる [続きを読む]
  • 手紙
  • オトがガンと発覚してすぐ私は職場の友人に泣きながら告白した。友人は突然の告白なのにちゃんと聞いてくれた。その時コメントはなかった。だけど、その後、時々お手紙をくれた。私の大事な宝物。メールではなく手書きのお手紙。心から心配してくれてるのがわかる。私は言葉を文章にするのは苦手。でも言葉を文章にするのは大事。飾らなくても想いは伝わりますか。私も人にちゃんと想いを伝えたい。 [続きを読む]
  • 回想 ガンとわかった日
  • 昨年9月オトは二週間ほど下痢が続いていた病院へいき整腸剤をもらっていた。単なる下痢だと思っていた。そのうち、湿疹も何もないのに、背中や手に痒みがでた。一週間後に出勤する前に病院に行った。それは黄疸の症状だった。即入院胆管がつまっていた。胆管にステントを入れた。若い医師は、私にこういった。胆管ガンに間違いありません。胆管ガンの場合、手術できて二年手術できなかったら一年もし膵臓がんなら手術して一年手術 [続きを読む]
  • オトと息子たち
  • オトがもう意識が無くなった時のこと。オトに向かって長男が話しかけた。おとうはおかあと結婚して、ほんまによかったな。と。死が近づいた時オトは何か伝えようとしていた。次男はひらがな表を作って言葉を読みとろうとした。もう目も見えてなかったのかもしれません。結局オトは何がいいたかったのか、わからなくてごめんね。でもね病室で家族の絆が見えたことは確かです。オト、心配しなくて大丈夫。みんな今日も元気です。 [続きを読む]
  • 母のことば。
  • オトが危篤の日私の母(88才)が病室にきたときの話ですオトの手や足をさすりながらオトちゃんよう働いてくれた手やね〜よう働いてくれた足やね〜と何度も何度も言ってさすりました。年配者の声は的を得ていました。マッサージしながら私も伝えればよかったと。今日部屋の中オトのスーツを見ながらほんとによく働いたね。ありがとう。と祈りました。友達に言われました。おかあさん、自分より先にムコさんに先立たれてショックやと思 [続きを読む]
  • 旅立ちから、ふたなのか
  • オトが天国へ旅立ち二週間。書類関係や来客に追われています。オトのことを、話すときはウルウルになりますが、なぜか、家にいるとき涙が出ません。いなくなってしまった感覚がありません。おはよう、今からごはんだよ。ほら、○○さん、きてくれたよ。もう寝るよ、おやすみ。そばにいるような感覚です。オトの死はあまりに早く自分のことのように心配し、そして悲しんでくれたみんなに、ありがとう、とごめんなさい。の気持ちでい [続きを読む]
  • 天国に届いています。
  • ありがとうございました。やさしいお言葉のコメントを沢山いただきました。私の心に届いています。天国に届いています。この場をお借りしてみなさまに心からお礼申し上げます。★★★★葬儀はオトの希望通り、小さく滞りなく済みました。戒名もないし、お位牌もないし、仏壇もないし、お墓もありません。小さな骨壺に少しの骨と、亡くなる前にオトが用意したお地蔵様の手元供養のみです。そのお地蔵さまがなんだかとても愛くるしく [続きを読む]
  • オト、天国へ旅立ちました。
  • 2017年5月8日 0時2分夫であるオトが天国へ旅立ちました。応援してくださった方々に心よりお礼申し上げます。心の支えとなり、勇気をくださり本当に嬉しかったです。胆管ガン→すい臓ガンという病気に立ち向かった8ヶ月間はあっと言う間でした。5月2日にはもう目覚めないかもと言われましたが、それから5日間、毎日夜にはほんの少し目覚め、私達家族と意志疎通が取れました。GWであったため、息子たちと3人でホスピスでずっ [続きを読む]
  • ホスピス+復活
  • 昨日のオト昼の12時になっても起きる気配がない。もう14時だよ。耳元で大きな声で呼んでも、揺すっても、マツゲをさわっても、ピクリともしない。先生、なぜ起きないんですか?次男と私に説明がされる。チアノーゼがでている。血圧が下がっている。酸素を吸入。もう目覚めない可能性が高い。・・・・・15時長男がきた。昨日から16時間寝てるよ。オト目覚める。まさかの復活。 みんなが揃うのまってたんだね。目覚めてくれてありが [続きを読む]
  • ホスピス+息子
  • あー、ひと月振りのビールや。えっ?禁酒してたん?そやで、なんかあったら車乗れへんやん。連チャンで飲み会あったけど飲んでへんで。☆☆☆飲み助の次男がまさかの禁酒☆☆オトに焼き鳥の味を何とか届けたい。ごく薄のガーゼにタレを染み込ませ、つくね をくるんで、口へ含ませた。えっ?どうしたん?☆☆☆長男は思いがこみ上げて涙ポロリ☆☆2人ともいい息子です。オトの自慢の息子です。★★★★★にほんブログ村に参加して [続きを読む]
  • ホスピス+いっしょにね。
  • 寝ている時間が増えた。起きてる時は咳をしている。タンがなかなかとれない。しんどいね。ホスピスだけど身体に管が三本つながった。半分夢うつつ。まどろみながらオトはいう。聞き取りにくい。息子2人と私、三人で焼き鳥食べに行っといで。家族でよく行った大好きな焼き鳥三人で行かないよ買ってきたよ。オトのそばで食べようね。一緒にね。☆★にほんブログ村に参加しています。↓ぽちっと してくださると嬉しいです。。 [続きを読む]
  • ホスピス+実行不可
  • 今日はオト自宅へGo 実行日車椅子が自宅に入るか確認した。お風呂に椅子も考えた。息子は事前に車椅子の乗り降りのさせ方を習った。先生が救急隊員用の手紙を用意した。準備万端だ。でもオトの体調が↓↓↓。さあ、どうする。昼前までは帰りたいと言っているオト。私も連れて帰りたい。反対する看護士。応援する看護士。家族会議。最終、オトが、止めとこう。といった。中止となった。だけど、その分以上に家族団らんをした。病室 [続きを読む]
  • 今日でひと月経ちました。
  • ホスピスにきてちょうどひと月。真面目な顔でオトがいう。もうお母さん→妻である私がいないと何もできなくなったなこれから先、どうなっていくんやろそやけどこれからもよろしく頼むな。急に言われたものだから、、大丈夫、心配しなくていいよ。こちらこそよろしくたのんます。たのんます、なんてへんな京都弁?のワタシでした。5月、6月、まだまだ頑張りましょう。★☆★にほんブログ村に参加しています。↓ぽちっと し [続きを読む]
  • ホスピス+計画
  • できるかどうかはわからない。もう外出は無理と言われていた。でもでも家に帰りたい、帰らせたい。車椅子小サイズ だめなら息子たち+おんぶ の手段を提案してもらった。実行できるだろうか。オト(自宅へgo)計画。☆★☆★にほんブログ村に参加しています。↓ぽちっと してくださると嬉しいです。。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • ホスピス+もしも
  • オトは現在、さらさらの水分のみ口から摂取可能です。毎朝フレッシュジュースを作り、網でこして飲みます。私がたまに食べるカップラーメンのおつゆを一口飲んで、うまい。とご機嫌です。 もし、何でも食べでもいいよ。 って言われたら、何食べたい? やきとり。やっぱり、そうなんだ。よく家族でいった焼き鳥やさん。私もまた一緒にいきたいよ。。★☆にほんブログ村に参加しています。↓ぽちっと してくださると嬉しい [続きを読む]
  • ホスピス+さびしいね
  • 昨日までは、ベッドから起きあがるのも、車椅子に移動するのも、トイレに連れて行くのも、私が手伝っていた。 介助、上手になったな。とオト。でも今日からは、呼び出しブザー。 睡眠導入剤の量が増えた 自分で立つことが厳しい 私一人では支えが危なくなった ステロイドの量を減らしていく私の手が、スタッフさんの手になる時期がきました。オト、寂しそう。私も寂しい。看護士さんにパンツ下ろしてもらわなあかんようになっ [続きを読む]
  • ホスピス+ポカポカ
  • ここのホスピスの駐車場は、とても広い。堤防の下、広場のような場所もある。今日は快晴、ポカポカ日和。あれ?広場にベッド??スタッフが二人いる。えっ???なんとベッドのまま、日光浴されてました。山の方をみながら、スタッフさんが寝ている患者さんに話しかけておられました。お部屋からそんな所までベッドで連れて行ってもらってたんですね。お天気も心もポカポカです。☆★☆にほんブログ村に参加しています。↓ぽちっと [続きを読む]
  • ホスピス+私にも
  • おどろいた。ボランティアの若い女性がアロママッサージにきてくれた。むくんで白くなったオトの足をマッサージ。ゼラニウムの香りが心地よい。奥様もお疲れでしょう。とまさかの私にまでマッサージをしてくれた。オトはとても気分良さそうに私と彼女を眺めてくれていた。※※コメントやメッセージいつもたくさんの方に私たち夫婦を見守っていただき、心から感謝しています。とてもとても励まされています。ブログ始めてよかったと [続きを読む]
  • ホスピス+怒鳴る
  • 結婚して30年オトにきついこと言われたことはない。穏やかな優しい性格。そのオトが昨夜、私に怒鳴った。新しい睡眠導入点滴。。麻酔のように効いた薬、夜中に起きてトイレは不可能。ここで初めての介護パンツ。目覚めてしまい、朦朧としているのに何が何でも自分でトイレにいきたい。 起きようとする。危ないので阻止すると トイレに行かせてくれ。一言だったけど初めて聞いたどなり声。すぐスタッフが駆けつけてくれて、事なき [続きを読む]