近藤 蓮根 さん プロフィール

  •  
近藤 蓮根さん: 近藤リスクマネジメント
ハンドル名近藤 蓮根 さん
ブログタイトル近藤リスクマネジメント
ブログURLhttp://kassite.blogspot.jp/
サイト紹介文未来を予定し、管理し、リスクをあぶり出します
自由文予測不可能な事象を見えないリスクと言いますが、我々はそのリスクを一度陽のもとにさらけ出す仕事をしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供236回 / 309日(平均5.3回/週) - 参加 2016/10/18 12:07

近藤 蓮根 さんのブログ記事

  • 戊の戌の(小変革期)
  • 2018年は己の戌年だ。この年に、小さな変革がたくさん集まるようになる。天皇陛下や安倍ちんの勇退大きな視点で見ると大したことがないが楔がもげるような事態となるだろうそれと震度5くらいの地震。大したことはない。土砂が道路を埋めるくらいだ日銀の日本国への財政ファイナンスがついに噛みつかれるがEUROもドルも元もみんなやってる景気の交代も起きるし総選挙で自民党も負けるだろうが罠酒盗は置いてきぼりだ。こうやっ [続きを読む]
  • 携帯電話端末製造会社の身売り
  • ついに携帯電話の端末製造会社が身売りであるこんなの、今更の発表か?遅いんじゃないの?って感じで待っていたのだもう、携帯電話もスマフォもいらないよね。今、自分のスマフォにはメッセンジャーとGMAILしか入れていないそれでいいと思っているし、別段不自由していない。デフォルトで入れていた電話機能はガラ携が担っているそれでiphoneも売れなくなっているようだ発売から10週年。もう終わりだろう。新しいもの出さない [続きを読む]
  • 就職と転職の裏で
  • 学生や若い兄さんたちが就職や転職活動を一所懸命やっている影で、 私は会社経営者に対してアドバイスしている働かないやつだったり、給料泥棒だったり、ヒモやジゴロみたいだったり、会社の名前出してお金引っ張って逃げちゃったりしますから。 人間努力というのは短期決戦で長期に努力するというのは無理がある。 性格もそうだが、「社長のために一所懸命、動けるか」というところにある こんな例がある。 とある日本画の美人女 [続きを読む]
  • 携帯電話会社が事業を捨てる日
  • 2018年、携帯電話が斜陽となる。儲からないのだ。 それ故、今のうちから買い手となるファンドを探している 1社は特許を山のようにバンドルして 1社は、広告料を売上の8割使って 1社は、世界規模でつながることを目指して 1〜5兆円で売るべく、買い手を探している。 総務省が全社MVNOな格安スマフォにするために指導をして、旨味をなくす。 2018年現在国民の95%がスマフォを持ち通信しているのでこれ以上、広 [続きを読む]
  • 2018年は天の現象に変化があります
  • ID:sn0bt7 2018年は天の現象、つまり、政治、産業、風俗に変化があります天の回路が切り替わって地の現象も切り替わって人の心も変わります。だからいうのです。来年がチャンスです。古い技術は退場します。日本の地上波デジタル放送、ガソリンエンジン、アパート経営、風力発電変わって、太陽電池、電気自動車、全電化住宅、在宅勤務となり大手町に働きに来なくても良いですそして天皇陛下と安倍ちんは退位して新しい方が来る [続きを読む]
  • 都会での仕事
  • 昨日の、このフレーズに違和感を感じた「結局、一握りの強者たちが富を独占、貧者から収奪しようとする構図は何も変わっていない努力では越えられない壁。将来が絶望しかない、追い詰められた人々。」それは、自分が使い捨ての部品であることを知らないからだ。裸一貫で東京さきて、10年以内に富豪になって・・・というおとぎ話を追いかけているのかねえ?自分が部品から生産設備の自動化施設だったら逆転する。ということを知ら [続きを読む]
  • 世界経済の行方
  • > 最近「専制政治」「重商主義」という言葉が頭をよぎる。貴族・地主の「土地」が、現代は「株式」に代わっただけ。貴族と奴隷、地主と小作人、経営者とアルバイト。結局、一握りの強者たちが富を独占、貧者から収奪しようとする構図は何も変わっていない努力では越えられない壁。将来が絶望しかない、追い詰められた人々。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大金持ちや領主は揺さぶられない。だが、この9月 [続きを読む]
  • 過疎地域の高齢人口減少下で起きる自然災害
  • 2017年9月は経済危機とともに自然災害も発生するまず、北海道の芋畑が流出して田んぼのようになってしまうそして、これはどっちかなのだが東日本で土砂崩れが起き、それが川をせき止めてしまうかもしれない。3つ目は多摩川から相模川の間の低地で街が沼のようになって道路を濁流が転げ落ちるようになる。この時、家屋は流され、山は崩れ、低地は沼地のようになります。観光できていた人たちが被害にあって安く旅行している人 [続きを読む]
  • 2017年9月彼岸過ぎ、日本経済の変調
  • 2017年9月の彼岸すぎに水害によって都市機能が麻痺してなおかつ日本経済の変調が来る2018,2019年と経済不審であるさて、何がどうなるかは知らないが、原油、金地金、ビットコインの下落がある。北海道のじゃがいもの収穫がまたしても見送りとなる。大企業の65歳以上の役員たちが相次いで責任を取って辞任をする同時に銀行証券保険の役員たちもボロボロとクシが抜けるようにやめていく銀行は、貸し剥がしをして新規融資を [続きを読む]
  • 企業防衛
  • 2018年以降の企業防衛は土地でも現金でもない。それは特許とか実用新案登録であるもうね、株式交換で提携関係なんて売られて終わりだ。賢い企業は特許と弁護士でぐるぐる巻きにして特許の許可証で先方の社長のほっぺを引っぱたくくらいで仕事しないと全然ダメだ。あなたの会社は特許有りますか?なければすぐに会社の全部門で特許を取りましょうこれは分かる人でないとわからない。このベースの特許の上に非公開のノウハウを乗っけ [続きを読む]
  • 2019年のカタストロフ
  • 2019年に世界中でカタストロフがやってくる経済、金融、商業で混乱がおき、そして火山噴火と地震が追い打ちをかけるそして温暖化と寒冷化が同時にやってくる人類はみな、自らの行為に恐怖して、自分の行動を反省した。だがもう遅い。人類は、大自然から、強烈なしっぺが意思を受けたのがこの歳であるもう、おそい。生き延びるあらゆる手段を考えよ。日銀券戻るもユーロもポンドも使い物にならない唯一宗教をやっていいた人は救 [続きを読む]
  • 2017年からの予定
  • 今後の予定2017年=丁酉 沢山咸 結婚が増える時期。 若い男と若い女性が出会って通じる。吉2018年=戊戌 地山謙 天皇も首相も降段。 君子は終わりを全うすることができる。吉2019年=己亥 風地観 経済国力の衰退。  自分の行きざまを見て進退を決定して吉2020年=庚子 風雷益 ビッグ・チャンス来。利益、名誉、多忙、積極的にせめて吉2021年=辛丑 地火明夷 困難が襲ってくる 無能のふりしておとなしくしているが吉 [続きを読む]
  • 2022年の米中戦争
  • 中國は米国と戦争しようとしているかもしれないやり方が姑息で、米国ヨーロッパ、日本から得た最新の技術を北朝鮮に供与してその動静を伺い、勝てると思ったら攻める仕組みだ2017年年末に折りしも中國向けの特恵関税が日米英にて外され、中國はドルの獲得手段を失ってしまう矢継ぎ早に日米英豪乳の五カ国が中国系外国人(会社)が所有する不動産に特別加算税をかけるので2018年19年は投げ売りになるだがちょっとまて、北朝鮮を [続きを読む]
  • 自由貿易の衰退
  • 2017年10月から12月にかけて自由貿易が衰退する。米国は、アラブも中国大陸からも受け入れなかったがついに貿易も受け入れなくなる労働者を受け入れないばかりか、他の国で作った安い部品も受け入れなくなる。ガソリン自動車エンジンが、筆頭に挙げられるが、世界中からクレームが来るので排ガス規制を「こんなつくれないだろ?」というところまで高めて、米国はさっさと電気自動車にする。ハイブリッドの時代は終わったし [続きを読む]
  • 2018年の世界不況
  • 2018年は世界不況だ。小さな産業界の激震では済まされなかったのだ2017年8月の彼岸過ぎに起きた不況はダラダラとまだ続いているガソリン自動車から電気自動車へ画像伝送系の規格が、非遅延型の4k8k画像伝送cobolから人工知能、VR、ARドローンの無人機自動飛行技術驚愕的新薬の登場進化した対放射能コーティングされたロボット技術そうやって、技術の大地殻変動が起きて「昭和」「戦後」の技術では対応できなくなるも [続きを読む]
  • 相場格言と商売
  • 相場格言に「相場で儲けるのはもうひとりバカを探せ』というのがあるようですそれと同じように、現代日本も、お客様は神様ですとかはなくてそうやっておだてて蟻地獄におっこどして顧客を隷属化しています。とある携帯電話会社は有線のインターネットも電器もガスも包括契約させて解約できないようにがんじがらめにしておいてご褒美にアイスをくれるそうだ。私は、よくよく個別に性能をチェックして価格を見極めて加入しなかったし [続きを読む]
  • 不況という言葉遊び
  • 世の中は出版不況だ!と編集者がリストラに合って大騒ぎしている。ところが世界中は<英語><ラテン語>コンテンツの奪い合いだ本当は、「日本語の印刷不況」なのだ。コンテンツは美しい日本語の活字から表現自在なyoutubeにシフトした。消費者は全然OKなのに広告業で食ってる奴等が悲鳴を上げている広告制作もyoutube向け動画広告は忙しいが静止画はゼロに近づいている若者のビール離れというのも製造業の人たちが勝手に言いふら [続きを読む]
  • 台風が来ました
  • 台風がきました。今日は東京日暮れからドロドロみずみず土砂崩れ〜こんなこと、もう一つ肝前からわかっていたので、7月1日時点で8月7日は12時からおやすみです。当然です。皆さんグレゴリオ暦なんか使ってからそうなるんです。十干十二支九星を年月日時間+場所で追いかけていれば、いろいろ手を打てるものなんですそして私は心配症なので、十干十二支九星+西洋占星術で自分の住んでいる東京を觀ますすると、どうでしょ〜。 [続きを読む]
  • 2018年ー産業界の激震
  • 2018年は全産業全業種が転覆するだろう今まで大企業だ、既得権益だとふんぞり返っていた業界がほんの些細なスモールテクノロジー、子供のおもちゃかよというものでひっくり返る*それは造船から始まりカップラーメンに至るまであらゆる場面で時代の変化が起きる日本の動きの遅い大企業はたちまち業績悪化に見舞われ、中国企業の傘下に入るだろう。1980年代、ヨーロッパ、北米の家電業界は全て淘汰されて日本企業に奪われた [続きを読む]
  • 2020年以降の金融の中心地
  • 「市場の秩序は、常に一つの拠点を<中心都市>と定めて組織されてきた」これは風水「二元八運」でも読み取ることができる。そしてイナゴの大移動のようの巨大化しながら移動して、古い拠点は超貧乏になるいでおろぎーのめんでいうとこうるさいしったふうなじいさんたちがまゆげをつりあげてしてきするのでどうかそれはすきかってにじぶんのぶろぐでやってください私は経済の巨大化と資金を集める力と透視力に着目して書くことにす [続きを読む]
  • 結婚式はオワコン
  • そう言えば結婚式をちらつかせて、実は金融業というのが流行った時があった。こういうのに騙されちゃうんだな。みんな。そう思ったわけですよ。結婚式で法外な予算(平均400万円)をかけてさらに年利14.98%の利息をとって、両方の親族を追加保証人にしている悪徳金貸しなのが実態ですね。んなののところでやらないほうがいいです。ローン支払い中に離婚したときのリスクは保険ではカバーできないですよねで、ちょっと企画の上手 [続きを読む]
  • 地球という生命体
  • 地球は生命体であるなぜなら、自転も公転も彼は自費でやっている自費とはどういうことかというと、自転も公転も太陽と月と木星が地球を回してくれて尚且つ付きが自転させてくれているとか言ってた理科の教科書は半分だけ正しい半分だけそのエネルギーはあるがあとの半分は地球の自転エネルギーをどこから出しているかということだ。私の考え方はこうだ。地球は人類を作り出した。その前は恐竜だったが、恐竜は頭が弱く感情も単純だ [続きを読む]
  • 日本の今後の行末
  • 昨日の選挙で「トイチ」(都民ファーストの会の愛称)が、かったそうですね。中を見ると罠酒盗(社会党とか労働組合系)が、やばいとなって寝返った方もたくさんいたと聞いてます。*一方自民党は60議席から随分と没落したそうですね「おごれる平家はひさしからずや」って、こういう言葉が鎌倉時代からあるのに忘れちゃうんですねえ。人間て。馬鹿ですねえ。*あ!ぼくは都知事選も都議会議員も人工知能にしてくれ!って思いまし [続きを読む]
  • 人民中國経済の終焉
  • 持つべきものは米国東海岸大学院(ジョンズ・ホプキンスとか言っていた)経済学部出身の甥彼にあれ調べろそれ調べろとやって、fxで小金を稼いでいた。お礼に赤いきつねを毎月送ってやった。彼はそのキツネを友人を作るツールにしてバンバン配っていた。私は物量作戦でどんどん送った。さて、私のおいは去年ニューヨークのなんちゃらという銀行に入ると、営業力はないのを見抜かれFRBに派遣され下積みをしている。来年の2月にその [続きを読む]
  • 2018年7月、日本の自動車部品の終焉
  • 2018年7月.その事故は北米で起こる。原因が、日本企業の自動車部品であると特定された。日本企業は自動車部品製造を東南アジアと中國に委託しており製造ー検品が現地人に丸投げしてほぼいい加減であったのに、日本の本社は何もしないで様子を見て、それでけが人が出た。裁判は年末に結審して結果、日本企業の上場廃止と取引停止更には本体が中国側に売られ上海で上場することとなる。日本の収益構造はここで全部終わりを告げ [続きを読む]