近藤 蓮根 さん プロフィール

  •  
近藤 蓮根さん: 近藤リスクマネジメント
ハンドル名近藤 蓮根 さん
ブログタイトル近藤リスクマネジメント
ブログURLhttp://kassite.blogspot.jp/
サイト紹介文未来を予定し、管理し、リスクをあぶり出します
自由文予測不可能な事象を見えないリスクと言いますが、我々はそのリスクを一度陽のもとにさらけ出す仕事をしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供210回 / 252日(平均5.8回/週) - 参加 2016/10/18 12:07

近藤 蓮根 さんのブログ記事

  • 2020年から始まる産業構造の転換
  • 人工知能だって盛り上がってるけど、「カネ出して消費してくれる人が激減していくっていう世の中で人工知能の所在はないかもなあ。JR白河駅前は小さな銀行の窓口(出勤と振込と納税のみ)と胃腸科/内科クリニックと調剤薬局しかなかった。駅前に本屋らしき区画があったがamazonが届けるし、仲卸市場も小売店も存在しなくても大丈夫だろう。魚や野菜や果物は産地から送られてくるし、重いもの、かさばるものはネットスーパー [続きを読む]
  • 2020年以降、残る産業
  • 理由があって福島県白河市に行った。朝、どこかでご飯食べようと思っても駅前に何もない仕方がないので自動販売機を探したがそれもない目的地へ向かう道中、存在しているのは内科胃腸科のクリニックとお隣の調剤薬局だけが軽自動車が止まっていて繁盛していた*大量人口減少社会を迎える日本、1年で300万人が減少していく。私はそれを「それっぽっち?」ってからかったのだが、そういう深刻さがある。生まれも育ちも東京で人形 [続きを読む]
  • 非寛容の時代
  • 2022年後半から、非寛容の時代と、全体国家主義へ突入する*再び、あのヒトラーみたいなちょびひげのおっちゃんが世界の制覇を始めるわけでもなく、警察権力と裁判所が陰湿的に監視する。SNSとブログを人工知能で監視するのだ。そして軍事的にではなく、精神的に追い詰めていく。そして思想信条で危険サインが出ればカメラを駆使するだから必然的につまらない今日の献立やら洋服となる*学校教育は1945年から考えさせない教育が始 [続きを読む]
  • 日本経済の動向
  • 日本経済は今どうなっているのか?そういう調査をした。*まず、六本木にある飲食店に娘のご学友に電話をさせて未経験18歳女子でバイトしたい。張り紙を読んだと電話するそうすると、答えは「学校卒業してから来てねと取り合ってくれない*次に娘のご学友だが、ハスキーボイスでどう声を聞いても30歳位の姉さんぽい声の子供が落ち着いたトーンで電話するイタリアンや高級料亭での飲食店経験10年ありますってでんわする。履歴 [続きを読む]
  • 安倍ちんの退陣
  • 大奥様には、大変お世話になっていて口止めされていたリ制止されていた。ことあるごとに口止めされているけど安倍ちんは今年の8,9,10月に政権を放り出すかもしれないし選挙に打って出るかもしれない。そこは分からないが今年は現職の首長が相次いで落選するこれは既に決まったことであり気に求めていない話なのだが皆々注意喚起だ*次に来るのは、軍国主義者で色情狂で中國美女大好きな方が宰相となる。乞うご期待だ。彼によ [続きを読む]
  • 頭脳労働の時代へ
  • > 国民の多くが「労働はストレスと時間をお金に変える場である」と考えているので、この労働観の人たちにはAI化というのが残酷な結果を予見させる。「仕事はお金をもらうためだけのためにしています層」の終焉 -「誰でもできる労働は近い将来にどんどんなくなっていく」これは資本主義の大原則なのだ。これは1978年、つまりぼくが小6の頃の朝日新聞のフジ三太郎の窓際族の話で理解している。新聞の活字は追わないがフジ三太郎 [続きを読む]
  • 一退一漏と八紘一宇戦略
  • 中國強酸糖が一退一漏をうたい出したところを見ると、自国経済、特に内需がうまく行っていないと見ている。全世界的に、「お金を使わないゲーム真っ最中」で数字の上下にカネを突っ込んでバクチを楽しんでいる。相場ものはバクチであり、バクチといえば中国人ださて、一退一漏は旧日本の八紘一宇に該当するようは人民元による軍事とブロクのミルフィーユ経済圏なのだ人民中国の官僚は日本に来てものすごく明治以来の日本の研究をし [続きを読む]
  • 今年は後半に雨が多く、9月彼岸過ぎに経済の調整局面がある
  • > 日経平均はアベノミクスのような動きでフィーバーしてます。しかし、〇〇ショックや恐慌は10年に1度必ず訪れます。一般的に危ないと感じる所ですが、実は大金持ちが生まれるチャンスがあるのをご存じですか?一気に億万長者になれる可能性があります。その秘密、仕組みづくりを教えます。*というお知らせがSNSの広告に飾ってありましたこれも、毎月コンサル料を払ってくれる方には、真面目で真剣に教えています。私が言っている [続きを読む]
  • 爆笑!上海ー香港ー北京への投資
  • いろいろな中小企業が、”いまだに”中國への投資とかやっている経済風水的に観て、香港上海への投資はオワコン北京は経済運営が大変で税収不足だ。*こんなこと、各国バブル30年周期説を追っかけていればわかる強酸糖支配の中國は、鄧小平が1984年6月30日に経済開放宣言をしたあと、外資を呼び込んで技術指導も盛んに導入され相互に留学生交換プロジェクトも積み上がって経済は上昇した宿輪先生の受け売りだが経済成長の原則は [続きを読む]
  • バブル30年周期説
  • バブル周期は30年であるの説と、占い師のおばが赤い暦の本を見ながら教えてくれた。1983年の頃であるそれからおばは宅建、二級建築士の資格を取って、1985年から不動産業を始め大手の不動産屋と仕事をしていた。株で稼いだお金持ちを相手に占いで宅地を揃えて、家相の家を建ててあげた。そうするとバブルが弾けてもだらだらちょろちょろ毎月生活費で何百万円か入ってくるのだ。現実に何人かお会いさせていただき、みなさ [続きを読む]
  • 週休3日制の導入
  • 政府が(これが主語)国民の休日を増加させ整備に入った。5月の連休は土日を含めて9日夏休みも7月ー8月で9日(キッズウイークと言うらしい)9月のシルバーウイークも土日を含めて9日になるようだ。有給消化増加も旗を振って、契約社員にもパートのひとにも有給休暇を付与するとしている。実にありがたい。さらにさらにさらに週休3日制の導入も視野に入れ始めた。私は早速、人工知能の会社を友人と作って数学の先生を年収3 [続きを読む]
  • 日本人絶滅化計画
  • もう、これは1904年の日露戦争勝利をして英米独蘭が青ざめてからその計画は進行していたのかもしれない1864年に徳川が、がたがたになったときから40年しか立っていないのに、ものすごい発展ぶりだ。未開の蛮族と見られていた日本人が三揃いを着て英独仏語を理解し、高性能の兵器まで開発してロシアに勝利したからだ。1923年9月の関東大震災のときも驚くものがあった。未開の非文明国家なのだから暴動が発生して首都の英 [続きを読む]
  • 後退する文明、退化する人類
  • 人類は1989年から退化を始めている今すぐ、漫画やゲームを処分してお勉強するべきだ。それか、人類救済のためにはどうすればよいか真剣に取り組むべきである。貧乏人に与えられた唯一の余暇時間の娯楽はお勉強することだ2018年から人工知能の時代になって、人工知能を育成するのが仕事の超優秀な人か人工知能に管理される家畜人間かに分けられる。2039年10月15日午前6時前後に人類は神新人類とおさるのような奴等にわけら [続きを読む]
  • 新しい講座のお知らせ 薔薇金武 (ばらきん)
  • 新しい講座を立ち上げましたその名も、薔薇金武 (ばらきん)といいます昔、私が中3の時、バレー部のキャプテンやってた背の高い痩せている女子は金原さんと言いました。かっこよかったです。話を戻します。みなさん、好きでしょ?こう言うの?待ってたでしょ?私が世界中のお変え持ちの友人知人に聞いて体得したものがあります。そのお友達たちはもともと考えるところがあってそこからお金持ちになっていきやがて買うもの持つも [続きを読む]
  • 来るべき、オイルショック
  • オイルショックが来るのは2044年9月22日から始まります今まで安く商いしていたオイルがいきなり300ドルとかに値上がりします。それは、地球の寒冷化を意味し約60年ほど寒冷化になるのです8月でも隅田川も江戸川も凍って東京駅から歩いてデズニーランドまで通えます。それで、金持ちしか灯油が買えませんし、電気代も1キロワット何十円のレベルではなくて何万円のレベルです生き残るのはただ一つ。バイオマスプラント [続きを読む]
  • 安倍退陣のスーパーテールリスク
  • 一部の金融筋は安倍首相の退陣があると見ているそうだが、でどこを探ると罠酒唐のようだ。私が、九星と四柱推命と紫微斗数星占で追っかけたならば、2020年の1月から5月と出た。特に3月。めんどくさくて投げ出したくなっちゃうのかもしれない。政治は泥沼で誰も従わない。これというメダマもなければ、産業もない。ただただ株高にしがみついているだけですがその霊験ももう終わりかもしれません。体力的にも以前のときとは比 [続きを読む]
  • 祝!日経平均2万円!!でもその前に
  • 日経平均株価が2万円になった。今はちょうど資産の時代だ。まだまだ上がる。買えとか買うなとかは自分で判断してほしい。今は、資産の時代なのだ。*罠酒唐(どうも北京の傀儡っぽいからこの名前をつけた。政治スパイがザクザクいそうだ。凶暴罪反対はつまるところ北京の出先機関のような政党が、警察権力によって踏み込まれたら困るからだろう)がやってたときは6000円を睨む下げ模様で、会社の中ではリストラの嵐が吹き荒れ [続きを読む]
  • 薔薇と金運の日々
  • 昔、「酒とバラの日々」っていう映画だか三文芝居らしいものがあってぼくはポスターだけを見た。1974年頃のことだった一緒に歩いていた占い師のおばに、「薔薇は金運、酒は貧乏」飲んではダメよと教わる。そうして2度めのバブル期の終わり、再び人はバラを贈り、酒で人生をなくす。よくできているのだな。薔薇は金運です。酒で人生をなくします。開運法は、自らのお部屋を薔薇で満たしましょう。そして好きな女性には香りのも [続きを読む]
  • 前川氏記者会見について
  • 文部科学省の前川喜平・前事務次官(62)は25日、都内で会見し、安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐり表面化した、「総理のご意向」などの内部文書を「間違いなく真正なもの」と明言した。前川氏は計画に携わった当事者。選定の経緯を「公平であるべき行政がゆがめられた」と指摘、国会の証人喚問にも応じる構えだ。 前川氏は会見で、「出会い系バー」への出入りを読売新聞に報 [続きを読む]
  • 爆笑!中國の一帯一路政策
  • 中國、景気の良い時代は2012年に終わって、今じゃ夜も寝ないで輪転機で人民元を刷って市場に入れて株価と人民元と理財商品の買い支えをしています。「おまえはもう、(経済的に)死んでいる」ということですかな〜さて、経済政策が発表されるのと同時に一帯一路の国際イベントがありました。で、思ったわけですよ。昔、これと同じことがあったよな!と宋代だかなんかで、イスラム商人がシルクロード独占しているので皇帝が商業 [続きを読む]
  • 仕組債で、国民大貧乏時代が到来する
  • 某大手都市銀行様から母の枕元に電話があって(私の家は一人1回線固定電話がある)携帯に電話かかってきた。さて、その超大手都市銀行様はニューヨークや上海や北京の金融機関に株式を握られ役員も日本人の顔をかぶった妙に香港の言葉が上手で香港の事情通が頭取とかになっているそうなのだ。あ〜、だから、香港上海深センの不動産、理財商品のデフォルトは発表されないのか。さて、内容を聞いてみると普通預金に積んであるささや [続きを読む]
  • 田園調布に家が立つ(爆笑)
  • かつて昭和バブルの頃、田園調布に家が建つという漫才があった。その頃、どんなに儲かっていない会社にも銀行さんは金を貸しに来た。よそのオタクは儲かっていたので5億10億だったが、我が家は1億だった。で使い方は自由だと言う。それで、父、祖父、母と私で自動車に載り田園調布の売出し物件を見に行ったが1億円で買える家はなかった。ちょうどその頃、ドルが200〜220円から一気に80円時代になる頃だったので祖父は [続きを読む]
  • 投資信託は吟味の上で
  • メキシコペソ、ロシアンルーブル、トルコリラ、豪ドルの凍死神託販売している日本の証券会社がいて、短期で借りて売り逃げる準備満々だ。昔、茅場町の交差点でやっている証券会社のおっさんが先物突っ込まして客が自殺しないと一人前じゃないと東西線の中で言っていた。つまり、客に損をさせてなんぼの世界なのだ。これから6月。ボーナスが出るのに合わせて、株を上げているボーナスが出たら、目も当てられない結果になって塩漬け [続きを読む]
  • 2022年からの凶暴罪予定
  • 共謀罪が衆議院を通過した。それでもって参議院も通過するだろう。そしたら警察庁のなかに公安調査庁が強化され内閣府の以降に合わせて凶暴罪専門の警察の特別警察が出来上がるKGBみたいなものだ。日本て逆行してんじゃねえの?てな感じだ明治時代の特高を思い浮かべてほしい共産党や左巻きの団体の殲滅は良しとして政府に不都合な個人団体を根絶やしにしていった。寒い日に水風呂に入れて拷問をかけ心臓麻痺で殺したり暑い日に水 [続きを読む]
  • 半夏生
  • 6月29日から7月5日にかけて大雨の多い日が続くと言われており、4月からの仕事をとりあえずこの日までにめどを付けなくてはいけないとされています。生水には毒気が混じっているので湯冷ましで上澄みだけを飲みましょうという説があります。さて、現在では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日となっている。と、されています。暦をめくってみますと、今年は南九州で豪雨のようですから南九州にお住いの皆様は注意して家 [続きを読む]