株式会社ジースタイル さん プロフィール

  •  
株式会社ジースタイルさん: 復縁ブログ
ハンドル名株式会社ジースタイル さん
ブログタイトル復縁ブログ
ブログURLhttp://fukuennya.com/blog/
サイト紹介文皆様から送られた復縁体験談や復縁工作についての疑問等が書かれています。
自由文復縁体験談や復縁したいと思っている時にどうすれば良いか分からない…という方の為に参考にして頂ければ幸いです。

復縁は諦めなければ叶うものではないですが諦める前にしっかりとやれるべき事をやってみましょう
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1673回 / 272日(平均43.1回/週) - 参加 2016/10/24 16:04

株式会社ジースタイル さんのブログ記事

  • 復縁に保険はいらない
  • 復縁屋に復縁成功率100%を求める人は本当に復縁したいと思っている人なのでしょうか?復縁したい人が復縁成功率100%を求めて何が悪い!!!と思うかもしれませんが、冷静に考えてみて下さい。復縁成功率100%を復縁屋に求めるという事は復縁に対して保険を掛ける事と変わりません。恋愛をスタートさせようとしている人が、もしも保険を掛けていたらどう思いますか?フラれたら他の人と付き合えばいいや…告白してフラれ [続きを読む]
  • 復縁屋の成功率って出せるものなの?
  • 最初から厳しい事をお伝えいたしますが、復縁屋に復縁工作の依頼をするなら100%の復縁成功率でなければ依頼したくない…という人がいますが、自分がおかしな事を仰っている事に気付いて下さい。まず、誰であっても人の気持を操作する事は出来ません。人の気持を完全に操作する事が出来る超人の様な人が存在し、それを復縁工作だというのであれば数十万円〜数百万円の料金・費用で一般の方の依頼を請ける事はありません。人の気 [続きを読む]
  • 復縁屋の2chの評判ってどんなの?
  • 沢山有る復縁屋の評判を知りたいと思い、色々な検索をかけるかもしれませんが、復縁屋の評判は自作自演のものが多く、正しい評判のモノは出てきません。正しい評判のモノが出て来ないので、どの復縁屋に相談するか?どの復縁屋に依頼するのか?で悩んでしまう方も多いのではないかと思います。復縁成功した人が自分が復縁工作の依頼をして成功したという事を滅多に書く事はなく、復縁工作の失敗ばかりが書かれるので復縁屋の2ちゃ [続きを読む]
  • 復縁工作で心理誘導する内容
  • 復縁屋に復縁工作の依頼をする時にどんな内容の心理誘導をしてもらえるのか?どんな方向に進めていくのか?復縁工作の手法について知りたいという方も大勢いらっしゃいます。心理誘導でどの様に誘導して復縁を意識させるのか?復縁工作を考える人であれば気になる部分かと思いますが、実際に接触する前にプランを立てる際に、どんな話しをして、どんな方向の話しをして、それが復縁に繋がるという確証めいたものをお伝えする事は出 [続きを読む]
  • 想像絶するような勘違いの相談者
  • 復縁屋にはいろんな方からの、復縁メールや復縁相談の電話を頂き、真摯に対応させていただいています。が、中には、とても想像絶するような勘違いをされている相談者の方がいることもあります。今、元カノ、元彼からのストーカー的な事に悩んでいる方は多くいると思います。好きで付き合っていた時は、耐えられたことも、心が離れ別れてしまっては苦痛しか感じないと思います。どうして、付き合う前にストーカー気質に気付かなかっ [続きを読む]
  • 復縁したいからセフレになる事
  • 復縁したい。関係を切りたくない。縋ってでもいい。傍にいれれば良い。俗に言う都合の良い人になる。ここから復縁に持っていくのは出来るのか?という質問を復縁相談の際にいただきます。別れてしまえば自分の事を忘れられてしまうかもしれないからセフレになってでも関係を繋げておきたいという女性の心理。気持ちは分からないでもありません。とりあえず体だけの関係でも繋げておけばいつか自分に振り向いてくれるのではないか? [続きを読む]
  • 復縁屋へ相談する前にやってしまう行動
  • 復縁したいと復縁屋へ相談をされる前に、殆どの方が陥ってしまう行動、言動がいくつかあります。しかし、大切な人から別れを告げられるとやはり、冷静でいられなくなるようで、復縁することの妨げになるようなことを、復縁したい相手に対して行ってしまっているようです。別れを告げた相手(復縁したい相手)が別れた直後に、もう一度復縁するとお考えですか?別れを決断するには、何日も時間を要して決意した事でもあるのです。思 [続きを読む]
  • 浮気をされたけれど復縁したい
  • 浮気をされたけれど復縁したい。浮気をされている最中だけれど、戻ってきて欲しい。そのように仰るお客様は、多くいらっしゃいます。浮気の善し悪しそもそも浮気は良いことではありません・・・とは言うものの。確かに浮気は傍から見ていてふしだらで気分が良いものではありませんが、結局良いものなのかどうかを決めるのは本人の性格次第で、それについて責めたところでお相手様の気持ちがお客様に向くことはありません。浮気真っ [続きを読む]
  • 根拠のない自信を持つ人
  • 以前に復縁相談に来た人が他の復縁屋に依頼して復縁が失敗したので復縁屋、別れさせ屋ジースタイルに復縁相談に来たという人がいます。その方は他の復縁屋の悪口を延々と並べ、復縁出来ない理由を他の復縁屋の所為にしていました。電話では、かいつまんで話しを聞いていたので、その方の話しを聞いていると他の復縁屋は全く何もしていなかったのではないか?という様に聞こえてきました。そして面談をする事になり、他の復縁屋の話 [続きを読む]
  • 別れた恋人と復縁する為に
  • 別れた恋人の事をどれだけあなたは好きですか?どの程度復縁したいと思っていますか?復縁したい気持ちは本気ですか?自分よりも復縁したい相手の事を大切にしたいと思っていますか?別れた恋人と復縁する為にはどれだけ復縁したいのか?という強い気持ちを持つ事も必要です。強い気持ちを持つ事は前提条件になるのですが、もちろん気持ちを強く持つだけでは復縁出来ません。強い気持ちを持つ事は復縁には必要不可欠です。何故なら [続きを読む]
  • 勘違いが甚だしい人
  • 復縁相談に来る人で勘違い甚だしい人について書いてみたいと思います。復縁屋は復縁相談に来る人に対して無料でお請けする会社が多く、相談料はいただいていません。相談時にお金をいただかない理由の一つにお金をいただいてしまえば、復縁に向けて必要な事を言わなければならない時にも「お客様」という相手に対して厳しい事を言えなくなる可能性があり、厳しい事を言わなければならない状況にも関わらず言えなければ復縁に繋がら [続きを読む]
  • 素人の復縁アドバイス
  • 復縁相談に来る人の中には「友人に〇〇した方が良いって言われたんです」という話しをした後に、これ合ってますか?という話しをする人がいます。そのアドバイスの内容を聞いていると耳を疑う様な事を仰る人もいますし、どこをどうすれば、そういうアドバイスになるのですか?というアドバイスを受けている人がほとんどです。恋愛というものを知っているのか?と疑わしくなる様なアドバイスが多く、友達に言われたんですけど…と仰 [続きを読む]
  • 復縁したい相手は些細な事とは思ってません
  • あなたが恋人と喧嘩をしてしまうのは、どんな時ですか?恋人同士や夫婦間での些細な喧嘩は少なからずありますよね。例えば、お互いのどちらかに非がある場合には、意見がぶつかり、感情的になってしまったり、ついつい声を荒げたり、強い口調になってしまった経験がある人も多いのではないでしょうか?実際に、喧嘩や言い争いになってしまうのも仕方がない事かもしれません。復縁屋、別れさせ屋ジースタイルには、復縁したいと強く [続きを読む]
  • 思慮が足りないから破局する
  • 関係が破綻し破局する理由には、様々なものがあります。喧嘩、浮気、マンネリ・・・。しかし、理由は様々なものがあれど、その根底にある原因の多くは、【思慮の足りなさ】ではないでしょうか?それぞれ別の個人であること人にはそれぞれ、立場や状況、気持ちがあります。勿論お客様にも立場や状況や気持ちがあるように、です。人付き合いにおいて、それを考慮せずに相手の領域に土足で踏み込む人は、敬遠されます。恋人付き合い、 [続きを読む]
  • 言葉が足りなくて復縁出来ないケース
  • 自分の気持ちを誰かに伝えたくても、上手く伝える事が出来ない…伝える為には何て言えば伝わるんだろう…?こういった事を考える人は誤解を受ける事はまずありません。しかし、話しが噛み合っていないにも関わらず、「何故相手は分かってくれないんだ?」「何故相手は気付いてくれない?」と自分は伝えているつもりになり、相手に対して自分が出来る事はない。と考えている人は自分に対しての疑問を持つ様にしてみて下さい。自分の [続きを読む]
  • 復縁屋、別れさせ屋のブログの内容
  • 復縁屋、別れさせ屋は多くの会社がブログを持っています。復縁の仕方が書いてあるブログ、その日の調査の模様を書いているブログ。復縁屋、別れさせ屋によって様々な内容のブログが書かれています。復縁屋、別れさせ屋のブログを読みたいと思う人はどんな人が多いのでしょう?調査中に美味しいモノを食べたという報告のブログを読みたいのか?復縁工作、別れさせ工作の最中にあったエピソードが読みたいのか?復縁の仕方が書いてあ [続きを読む]
  • 心のブスの復縁
  • 美人は3日で飽きる、ブスは3日で慣れる。この言葉を聞いた事がある人は多いかと思いますが、見た目が良くても心がブスの人、見た目が良くなくても心がブスの人は沢山いらっしゃいます。復縁屋の言う心のブスとは自分勝手な振る舞いや自己中心的な思考。他人の事等考えずに、自分の都合ばかりで行動し、他人に迷惑を掛けても何とも思えない、復縁とは縁遠い人の事を言います。しかし現実は復縁とは縁遠い人程、復縁したいと仰り、 [続きを読む]
  • 復縁屋は復縁したい方の希望です
  • 今付き合っている相手から何の前触れもなく別れてほしいと伝えられたら、伝えられたあなたはどうしますか?別れを伝えられた方は「何故??」と冷静でいられなくなりますし、誰もがひどく落ち込むでしょうし、到底受け入れることは出来ないと思います重症になると、寝込んでしまったり、パニックになってしまったりと、人それぞれのはずです。好きな相手との別れ際、自分が別れを告げる方であればあらかじめ覚悟できますが、では振 [続きを読む]
  • 反省をするために、学ぶ
  • 破局について、「反省をしてます!」と仰るお客様がいらっしゃいます。しかし、「お客様にとっての反省とは、具体的にどのようなものですか?」と伺うと、口ごもる・・・。そういうお客様は、反省の気持ちはもちろんですが、そもそも日本語の語彙力がないのではないでしょうか?反省―自分の行動について省みて―考えや気持ちがどのように変化をしたか?それをアウトプットする能力に乏しいから、「どんな風に反省したの?」と聞か [続きを読む]
  • 復縁したい相手の立場に立って考えられる人に②
  • 復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへの復縁したい方からの相談が日々増えているわけですが、大切な相手との破局を経験し、その相手と復縁を強く望まれている方達には共通した事があります。それは「相手の立場に立って物事を考える事が出来ていたのか?」という問題です。先日、相手の立場にたって物事を考えられない、考えようとしない人には、「人の話を最後まで聞かない」という共通点があることをお伝えいたしました。下記参照↓ [続きを読む]
  • 復縁の為の反省の内容を代筆
  • 弊社ではご契約いただいた後はラインやメールの添削も行わせていただいていますが、ラインやメールの内容を全部作って欲しいという方もいらっしゃいます。全てを代筆してしまえば復縁した後のやり取りも代筆しなくてはならなくなり、自分である程度出来る様にならなければ復縁した後にラインやメールのやり取りで別人が書いていたという事に気付かれてしまい、再度別れに繋がってしまいます。代筆する事は出来ますが、代筆を使って [続きを読む]
  • 復縁しましたの感謝の声
  • ご依頼いただいて復縁成功した方達からは感謝の声をいただきます。本当にありがとうございました。その言葉をいただく度に復縁屋をやってて良かった…と思うものです。タイミングが合わずに復縁成功しなかった人達ももちろんいらっしゃいますが、復縁する為にどうすれば良いのか?たかが数か月でも、ほぼ毎日四苦八苦していく時間を共有します。その結果、復縁成功しました。という声を聞く時は、この仕事をやっていて良かった。と [続きを読む]
  • ラインのブロックを解く前に
  • 復縁したいからラインのブロックを解きたい…ラインのブロックを解く為にどうすればいいんだろう?そればかりを考えてしまい、解いた後の事を全く考えていなければラインのブロックを解いた所で意味がありません。そもそもどうしてラインのブロックをされてしまったのか?ラインのブロックを解く前に、ラインをブロックされていた自分をもう一度見直して下さい。ラインをブロックするのは簡単です。簡単ですけれど、普通はブロック [続きを読む]
  • 復縁したい相手の立場に立って考えられる人に①
  • 復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへの復縁相談が増加している状況で、大切な相手との破局を経験し、その相手と復縁を強く望まれている方達には共通した事があります。「相手の立場に立って物事を考える事が出来ていたのか?」という問題です。復縁屋、別れさせ屋ジースタイルに相談される全ての方に当て嵌まるというものではありませんが、少なからず相手に別れを告げられた方の多くはこのように復縁したい相手の立場にたって物事を [続きを読む]
  • 会話が続かないアプローチを改善する
  • 以下にある会話の例を2つ挙げます。今回はこれらの会話を基に、コミュニケーションについて考えてみましょう。会話の例例1:Aさん「最近流行の、原宿の○○ってお店のパンケーキ、食べたことある?」Bさん「食べたころあるよー」Aさん「僕は食べていない」Bさん「・・・」例2:Aさん「ドラマの話とかしようよ!」Bさん「最近は○○ってドラマを見てるよ」Aさん「僕は見ていない」Bさん「・・・」所感上記の会話を見て、 [続きを読む]