やよいの さん プロフィール

  •  
やよいのさん: 「普段着」の迷宮
ハンドル名やよいの さん
ブログタイトル「普段着」の迷宮
ブログURLhttp://ameblo.jp/yayoino3/
サイト紹介文なんでもいいけど、やっぱり迷う「ご近所コーデ」。 どこから手をつけていいのか迷っている人のために。
自由文家と近所だけで過ごす毎日で何を着ているか、いわゆる「定番」といわれているものは、「普段着」としてはどうなのか、などを書いていこうと思います。
アラフォー、子供一人の「毎日の洋服」です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 158日(平均1.3回/週) - 参加 2016/10/19 21:52

やよいの さんのブログ記事

  • ニットの普段着使いは、カットソー
  • 手持ちのニットは、「お出かけ用」「普段着用」などと決めていません。 「お出かけ用」と決めてしまうと、出番が少なくなりますから。 いつもどんどん着ているものを合わせるもので、「ちょっとお出かけ」にしています。 冬の厚手ニットの合わせ方は、基本的には、カットソー+ニット。 クルーネックタイプのシンプルな無地のカットソーをインナーとして着ています。 ニットの衿は、浅いVネックや、ボー [続きを読む]
  • 普段着の春先コーデ
  • 3月下旬になると、気分は、一気に春! コーデを春っぽくしたい、というとき、「ゆれるもの」を取り入れるのがおすすめ! たとえば、この春ならやわらか素材のワイドパンツ。 先日、しまむらで見つけました。ごく薄いデニムの素材。 普段着として、大活躍です。 腰回りが自分にジャストサイズのものを選ぶと、すそが広がりすぎず、着太り防止になります。 丈は、しっかり下まであるほうが、出番が多 [続きを読む]
  • 普段着ダウンをふりかえる
  • 黒のダウンは、もうそろそろおしまいにしたい時期。 しまう前に、ちょっと考えてみましょう! ・今シーズン、そのダウンを着ていてどういう気持ちだったか。・ほかに欲しいと思うような色があったら、便利だったと思うか。 ここで、それを考えておくことで、来シーズンの「お買いもの」につながります。 自分のことをふり返ってみると、こんなかんじ。・一番寒い時期に対応していた厚さだった。・毎日、 [続きを読む]
  • 冬のマンネリ化から脱出
  • お気に入りのニット3枚+ニットワンピースをくりかえし着ているうちに、2月も半ば・・・。 気に入っていることに変わりはないのですが、少し、「マンネリ」を感じるときも出てきました。 いまから厚手ニットを買い足すのは、さすがにもったいない。でも、寒さはピークなので、春物には手が伸びない。 そんなとき、ふと、クローゼットのなかの「秋物」に気持ちが向きました。 9月ごろから11月ごろまで活躍して [続きを読む]
  • アラフォーの冬は、足首をかくす
  • 寒さがピークに達しています。 この冬、靴下の重ねばきをしたら、そのあたたかさに、やみつきになっている日々です。 「足首を見せて、すっきりコーデ」という言葉もありますが、アラフォーはよく考えて! 寒空の中、スニーカーをはいて、足首を見せるようにボトムのすそをアップしている人を見ると、「さむっ」と思ってしまうのは、年でしょうか・・・。 「普段着」では、そこまでがんばらなくても、と思いま [続きを読む]
  • バーゲンで、グッとこらえるコツ
  • あっというまに新しい年を迎え、バーゲンの季節が始まっています。 これまでの自分の失敗のひとつに、「せっかくだから、おしゃれなものを買おう」 そんな気持ちで買ったものは、「おしゃれ着」なので、あまり出番がありません。 そして時間がたつうちに好みが変わって手離す、ということのくり返し。 去年から今年にかけて、「普段着の充実」を意識するようになりました。 すると、今年のバーゲンがやっ [続きを読む]
  • 40代と敏感肌と静電気
  • この冬、静電気をあまり感じていません。 いつもの冬なら、あちこちで、バチッとなっています。 車に乗り込もうとすると、バチッ。服を脱ぐときに、バチバチッ。レジで小銭を渡そうとして、バチッ。 それなのに、今年は、静電気にごぶさた。 なぜ? と、思っていたら、テレビで貴重な話を聞きました。 「綿素材を着ていると、静電気が起こりにくい」。 な〜るほど〜、と大きくうなずきました [続きを読む]
  • 3着ずつあれば、たりる
  • 本当に気に入っていれば、服の枚数は、減らすことができる この冬、実感しています。 奮発したセーターと、バーゲンで買ったセーター。 色や形が気に入っていて、着心地がいいので、ほぼ交互に着ています。 さすがに1日おきに同じ服を着るのは気になるので、あいだの日に、ニットワンピースや、秋ニットを加えて。 「お気に入り」をそろえていくと、自分の傾向が、見えてきます。 わたしの場合、ひ [続きを読む]
  • 裏起毛のピンポイント使い
  • 寒さが増してきて、あったかボトムに、心惹かれる日々です。 現在、持っているのは、「冬素材」のズボンが2着。 裏起毛ではありません。 毎年、「今年こそ買おう」と、迷っています。 迷う点は、かさばること!枚数が増えること! さらに、手ごろなお値段のボトムは、なんだか安っぽい素材に見えて・・・。 今年、裏起毛の「ニーハイソックス」と、裏起毛のロングタイプのレッグウォーマーを [続きを読む]
  • 「普段着」と、きれいめコート
  • ご近所や、スーパー、公園などで着る「普段着」。 この季節、一番上には、ダウンジャケットがちょうどいい。 少し前は、ウールのコートの季節。 コートは、毎年買えるようなものではないから、買いかえるときには、相当迷います。 どういう色が欲しいのか。形はどうするか。 この2点だけを考えていると、思わぬ落とし穴。 大事なもう一つのポイント。「どこで着るのか」 15年以上ぶり [続きを読む]
  • 好きだけど、似合わないもの
  • 好きだけど、似合わないもの。 わたしには、いっぱいあります。 まずは、和風のもの!「和物」には、どうしても心惹かれます。 あとは、レース! フリル!淡いきれいな色! そういう「好きなもの」を服装に取り入れようとしたこともありました。 「普段着」だから、好きなものをきていいはず!という思いです。 その結果、なにもかも中途半端になりました。 服の枚数も増大。&nbs [続きを読む]
  • 冬の寒い日の「普段着」
  • 今日は、理屈ではなく、昨日と今日、着ていた服装の実例です。 こちらの気温は、10度前後。昼には少し暖かくなって、13度くらいでした。 昨日<トップス>厚手のニット:白長袖Tシャツ:黄色8分袖あったかインナー:白ブラトップ <ボトム>裏起毛のカーキのデニム風ズボン 今日<トップス>厚手のニット:紺長袖Tシャツ:黒8分袖のあったかインナー:黒ブラトップ <ボトム>少し厚手 [続きを読む]
  • なぜ普段着で迷うのか
  • いまさらですが、「なぜ、普段着で迷うのか」です。 それは、自分に似合うものがわからなくなってしまったから、だと思います。 少し若かったころは、なんでも着ていたし、鏡を見ても、さほど違和感を感じませんでした。 40歳を過ぎたころから、鏡の中の自分に違和感を感じるようになります。 なにが自分に似合うのか、わからなくなっていきます。 突き詰めると、「少しでも自分をよく見せたい」という [続きを読む]
  • 「見る目」を鍛える
  • 「見た目」ではなく、「見る目」を鍛える。 「似合うかどうか」を判断する見る目を鍛えると、自分に何が似合うのかを少しずつ判断できるようになってきます。 その鍛え方。 同じ人のいろいろなコーデを見続けることが、効果的です。 たとえば、ニュースキャスター。 毎日、おなじニュースを見ているなら、そのコーデを見て、言葉にしてみましょう。 「似合っている」「似合っていない」だけではなく [続きを読む]
  • 衣替えのときのチェック事項
  • 40歳をこえたら、衣替えのときのチェックは、しっかりしましょう! 「昨年までの服が似合わないっ」ということがあるから。 特に、40歳を半年すぎたころから、ひしひしと感じられるようになった気がします。 それは、「普段着」でも、おしゃれ着でもおなじです。 去年、あんなに着ていた服が、どうして似合わないのか。 本当に不思議です。 でも、多くの人が経験しているようなので、しっかりと [続きを読む]
  • ロンTの誘惑
  • 「ロンT」=シンプルな長袖のTシャツ。この記事では、そんなふうに思ってください。 少し寒くなりすぎましたが、ちょっと前までは、ロンTが便利な季節でした。 夏の名残りで、下着の上に一枚だけ着る気軽な薄さ。 少し寒い時には、カーディガンやパーカをはおればいい。 ザブザブ洗えて、干すのも、かんたん。「Tシャツ」だから、肌触りもいい。 その便利さが、落とし穴! アラフォーが、シンプルな [続きを読む]
  • レースとフリルを、封印する
  • 普段着コーデを変えたい!と、思っている方に効果的。 「レースとフリルのついている服を完全に封印する」という方法。 以前のわたしの一例。 シンプルなデニムシャツだと、物足りなくて、インナーに、レースのついたコットンキャミソール。 今ならわかります。 インナーには、シンプルなタンクトップを合わせたほうが、よかった! 撮影したそのときのコーデがあるのですが、アラフォーにとっ [続きを読む]
  • 一気に変えると、自分が変わる
  • 今とは違う自分になりたいとき、現在のクローゼットの中身が、どれもしっくりこないとき、服を何枚買ったら変わることができるのか。 そういう悩みを抱えるときもあるかと思います。 予算という、大きな問題もあります。 たとえば、「ひと月に、服にかけられるお金はこのくらい。だから、2枚ずつ買い替えていこう」 または、「今月は、この金額のものを1枚だけ買おう」 人によって、生活はさまざま。だ [続きを読む]
  • 「骨格診断」は、目安になる
  • 「骨格診断」というものがあることを知ったのは、今年に入ってから。しかも、夏ごろ。 いろいろな書き方があり、最初に読んだ内容では、あまりピンときませんでした。 いろいろな人の書いた「骨格診断」を読んでいくうちに、なるほど!、と、思い当たることあり。 たとえば、お店で洋服を試着していて、どちらのデザインを買おうか、迷っているとき。 自分のタイプがわかっていると、迷い道から抜け出せる手が [続きを読む]
  • 「普段着」と「部屋着」
  • 「普段着」は、コンビニやスーパーへも、行ったりすることができるコーデ。最近の言葉だと、ワンマイルウエア。 「部屋着」は、お店に買い物へ行ったりしない服。家の中だけで着て、宅配便の人などなら見てもしかたない、ぐらいのレベル。 わたしの中では、こういう区別になっています。でも、意外と人によって違うようです。それぞれでいいのかと。 ちなみに、わたしの場合、「部屋着」=パジャマ、ではありません [続きを読む]
  • 「オータム」「ナチュラル」のボトム
  • ひとつ前の記事は、いろいろな人に向けたボトムのおはなし。 でも、漠然としてしまったので、今日は自分自身についての話を。 自己診断ですが、わたしのパーソナルカラーは「オータム」。骨格診断は、「ナチュラル」。 愛用しているボトムは以下の通り。 <今シーズン(秋)+春> カーキ色のカーゴパンツ 洗いのかかったブルーデニム濃いグレーにも見える黒デニムホワイトデニム薄い水色のデニム紺色ガ [続きを読む]
  • 体型別、おすすめボトム
  • 「似合うボトムって、体型によって違うんだ!」と、おどろいた体験が続きました。 なので、体験から感じたことを、つづってみようと思います。 何から試せばいいのか、と、迷ったときのひとつの参考として。 まず、「普段着」として考えた場合、どのような体型の人にも、デニムはおすすめです。 形は、まっすぐなラインのストレートデニム。少しだけストレッチが入ったもの。 ストレッチスキニーだ [続きを読む]
  • 服と靴、どちらを先に買いかえるか
  • 今の自分を変えたい! そう思っても、何から手を付ければいいの?と、迷う人が多いのではないでしょうか。 「靴に合わせて服を選ぶ」という話も聞きますが、根本的なところを見直したい場合は、自分の分析から。 なにより大切なのは、自分の生活をよく考えること。 「普段着」として手に取りやすいのは、ズボンなのか、スカートなのか。 ズボンの場合、デニムがいいのかチノパンのような綿パンツがいいの [続きを読む]
  • 普段の靴の、ランクをあげる
  • 前回に引き続き、靴の話題です。 「普段着」のレベルをあげたい場合、靴のレベルをあげることをおすすめします。 そういうわたしは、今年、コンバースにたどり着くまで、相当、さまよってきました。 近所のお店や、スーパー系列のお店で、1000円〜2000円の靴を買うことが多かったです。 たまに、3000円ぐらいを「奮発して」買うような生活でした。 なんとなく「あかぬけない」と、わかっていながらも、「 [続きを読む]
  • 「普段着」の靴
  • スーパーへちょこっと行くときは、やっぱり、「手を使わずに」スポッとはける靴がいい。 そう思います。 朝起きて、新聞をとりに行くときも、スパッとはいて、スパッとぬげる。 そういう靴が一足あれば、玄関に出しっぱなしになる靴の数も減ります。 わたしが愛用しているのは、コンバースのスリッポン。色は、白。 ひもがなく、いわゆる「ベロ」の部分の裏側に、ゴムがついています。 半年ほどまえ [続きを読む]