白金 鉄朗 さん プロフィール

  •  
白金 鉄朗さん: 鉄道と旅行と日々のことがらの日記
ハンドル名白金 鉄朗 さん
ブログタイトル鉄道と旅行と日々のことがらの日記
ブログURLhttp://freshverdure.hateblo.jp/
サイト紹介文鉄道と旅行と日々の出来事で思ったこと考えたことを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 294日(平均1.7回/週) - 参加 2016/10/21 11:25

白金 鉄朗 さんのブログ記事

  • 仙台市内の繁華街・自転車を無料で駐輪できる場所は?
  • こんにちは!!仙台市内を自転車で移動することが多い私です。でも、自転車を置く場所にいつも困ってます。ほんのちょっとの時間なら路上に置くこともありますが、長時間に路上に駐輪するのはちょっとためらいがあります。仙台の中心部では自転車を路上に置いておくと基本、仙台市は放置自転車とみなして撤去してしまうのです。タイミングが悪い場合は、ほんのちょっとの時間置いただけでも撤去されてしまった・・・なんてことも [続きを読む]
  • 黒澤全先生のセミナーに行った後、私が最初にしたこととは?
  • 5月14日仙台市花京院にある「調圧ルーム・アトモス」で黒澤全先生のセミナー「アドバンス・エナジーセミナー(ひと編)」がありました。そこで聞いた黒澤先生の話で、私が特にインパクトを受けたお話が、安定しようとすると、逆に不安定になりますそれは、世の中は常に動き続け変動しているのからです。安定しようとして同じことを続けたら、周りからどんどんズレていって、逆に不安定になっていきます。毎日何かに挑戦し続け [続きを読む]
  • 「一ノ蔵」 のおいしいお酒を無料で飲む方法は?
  • 一ノ蔵の定番といえばこちら。一ノ蔵(いちのくら)無鑑査 本醸造 辛口 1.8L がよく知られていますね。この一ノ蔵のお酒を無料で飲める方法があったんです!それがこちらです。一ノ蔵では、年に一度、蔵開放のイベントが行われています。そう、宮城県の有名な日本酒の製造元、「一ノ蔵」の蔵開放イベントがあるのです。仙台駅でこのチラシを見つけたのがきっかけですが、(「JRで行こう!」とありますもんね。)この [続きを読む]
  • 京都の晩秋・鞍馬寺・貴船神社への旅(5)
  • 前回は、鞍馬山中を歩いて鞍馬寺の奥の院を通り西門までのところまで書きました。今回は貴船神社界隈を散策したことについて書いています。貴船神社は水の神様を祀っています。貴船川の川の流れに沿ってひらけた山あいに、本宮・結社・奥宮の順で社殿が並んでいます。貴船神社の説明によると、貴船の名は、古くは「気生嶺」「気生根」とも書かれていたそうです。大地のエネルギー「気が生ずる山」「気が生ずる根源」を意味している [続きを読む]
  • 京都の晩秋・鞍馬寺・貴船神社への旅(4)
  • 京都の晩秋・鞍馬寺・貴船神社への旅、今回は第4回目です。前回は、鞍馬寺の本殿金堂まで登り、奥の院入口に入ったところまで書きました。今回は(35)背比べ石(36)木の根道(37)大杉権現社(38)僧正ガ谷不動堂(39)義経堂(40)奥の院魔王堂(41)西門まで一気に行きます。鞍馬山奥の院は修行の道本殿金堂までの参道は坂や階段があって登るのが大変でしたが、それでも歩きやすく整備されていました。しかし、これから先の鞍馬寺の奥 [続きを読む]
  • 京都の晩秋・鞍馬寺・貴船神社への旅(3)
  • 京都の晩秋・鞍馬寺・貴船神社への旅の今回は第3回目です。前回は、鞍馬寺の参道の途中(22)貞明皇后行啓・御休息蹟で、休憩したところまで書きました。 今回は(24)転法輪堂(26)本殿金堂までのところを書いています。休憩をしたので、少し身体が楽になりました。再び鞍馬寺の本殿に向けて歩き始めました。坂道と階段は延々と続いています。天狗がいるかもしれないと思わせる風景ですね。参道で撮影した写真は、人 [続きを読む]
  • 京都の晩秋・鞍馬寺・貴船神社への旅(2)
  • 京都の晩秋・鞍馬寺・貴船神社への旅の続きです。前回は、鞍馬寺の入口、山門(仁王門)までたどり着いたところまで書きました。(写真は鞍馬寺・本殿金堂)引き続き、今回も鞍馬寺のことについて書いています。鞍馬寺案内図これが、鞍馬寺の案内図です。本殿・金堂までの長い坂道を登った後、さらに山を越えて、貴船神社へと降りていくルートになっています。私は、事前に鞍馬寺から貴船神社へ行くのルートをきちんと調べて [続きを読む]
  • 京都の晩秋・鞍馬寺・貴船神社への旅(1)
  • 「そうだ、京都行こう」このキャンペーン、みなさんよく知ってますよね。私もおんなじです。「そうだっ!思いついたら、すぐにでも京都に行きたい!」京都はたくさんの観光スポットがあり、季節によっても風情が変わるので、何度でも行ってみたいところですね。今回はその中でも、晩秋に訪れた鞍馬寺と貴船神社について記事を書いてみようと思います。ここは私にとって、とても趣が深く印象が強く残っているところです。鞍 [続きを読む]
  • 映画 コンカッション 見ましたか?
  • 映画「コンカッション」を見てきました。アメリカで現実にあった、そして今も進行している内容を取り扱った社会派ドラマなんです。主演は、ウィル・スミス。主人公の名は「ベネット・オマル」彼はアフリカのナイジェリアから夢と希望を抱いてアメリカに渡ってきた優秀な医師。職業は検死官。遺体の検死解剖をして死因を調査する仕事をしている。 ある日、一人の遺体の検死解剖に立ち会ったことから、オマル医師の人生が大きく [続きを読む]
  • 鉄道と風景・札幌・岩見沢そのほか(北海道旅行記)
  • 北海道旅行記については終了しましたが、それでもたくさんの写真を撮ってきた中でやっぱり残しておきたいなと思う写真がたくさんありました。今回は、北海道旅行記ブログに入りきらなかったものを写真集みたいな形で記事を書いてみました・・・札幌駅 改札口(2017.2.9)JR北海道721系電車(2017.2.9)寒さ対策のため、車両内には客室との入口に仕切り扉があります。1つの車両にはドアが3つありますが、それぞれが同じような [続きを読む]
  • 北海道旅行〜自分なりのグルメ。(北海道旅行記)
  • 北海道旅行で食べたものを思い出してみました。一応カロリーバランスを考えて、こんな感じにガッツリ食べたりはしないですよ。私は旅行中に、街中を歩き回ること、写真撮影をすることを中心としています。食べる時間をそちらにまわしてしまうので、食事はいつも後回しになります。また、食べるところの事前調査はきちんとしておらず、現地でその時の思いつきで決めているため、食べているものは他の人と比べると貧弱かもしれませ [続きを読む]
  • 函館駅周辺のこと(北海道旅行記)
  • まだまだ北海道旅行は続きます。今回は札幌に行く途中に、少しだけ時間をとって歩いてみた函館駅周辺についてのことを書いています。ここは、新函館北斗駅の改札口付近。新函館北斗駅は、現在の北海道新幹線の終点の駅です。駅舎内は暖房が十分効いているのですが、寒さ対策で大きな電気ストーブ?が天井から吊り下げられています。新函館北斗駅から次に函館駅に向かいました。地図で見ての通り、新幹線の新函館北斗駅と在来線 [続きを読む]
  • 函館の路面電車いろいろ(北海道旅行記)
  • 私の北海道旅行については、これまで札幌、旭川、美瑛についてご紹介してきました。今回は、北海道旅行の初日に北海道の鉄道の玄関口、函館で撮影した路面電車の車両をご紹介します。市電は走る広告塔です。このように、とてもにぎやかです。こちらは、最新型です。低床式なので上り下りが楽です。形が現代的でスマートですね。名前が「らっくる号」これら車両の写真はほぼ、市役所前の停留場で撮影しました。私は知らなかった [続きを読む]
  • 札幌時計台と北海道庁旧本庁舎(北海道旅行記)
  • 今回は、札幌時計台と北海道庁旧本庁舎へ行って来たことを書いています。時計台は、さっぽろテレビ塔から歩いてほんの数分のところにあります。上の写真のように、時計台が静かで落ち着いた場所にあるイメージが強いですが、実際は街のど真ん中にあります。周りには高いビルがいくつも建っていて、とても情緒ただよう場所ではないです。街が大きく発展したので、時計台の持つ歴史的なイメージと現実が合わなくなったのでしょうね [続きを読む]
  • 札幌市電(北海道旅行記)
  • 今回は札幌市内を走る、路面電車「札幌市電」のことを書いています。札幌市電は、札幌駅から見ると南西部を走っています。環状(ループ)になっていて、1周するとおよそ60分。内回りと外回りがあります。路線図もっともこのようになったのは意外に新しいんです2015年12月に、西4丁目 −すすきの間が開業して、このループが完成しました。雪ミク電車2017初音ミク(雪ミク)のラッピング市電も走っていました。平成28年11月21日か [続きを読む]
  • さっぽろ雪まつり・その2(北海道旅行記)
  • 今回は、「さっぽろ雪まつり」の「すすきの会場」について書いています。すすきの会場は 大通公園会場から歩いて5分ほどの”すすきの”の中にあります。すすきの会場は大通公園会場のような広いスペースがありません。そこで、広い道路を使って氷像を展示しています。ですので、昼間の時間は、このように車が通っています。そして、時間が来ると通行止にして車道を人が歩けるようにしています。たくさんの氷像が展示してあった [続きを読む]
  • さっぽろ雪まつり・その1(北海道旅行記)
  • 北海道旅行の本当の目的は、「さっぽろ雪まつり」でしたが、これまで全く記事にしていませんでした。ゴメンナサイ。さてっと、今回からは、「雪まつり」について書いていきますね。「さっぽろ雪まつり」は大きく3つの会場に分かれています。1.大通公園会場2.すすきの会場3.つどーむ会場私が見てきたのは、1と2です。「つどーむ会場」は現地に到着する前の調査不足で、存在自体を知らなかったのでいけませんでした(涙) [続きを読む]
  • 旭川駅と列車(北海道旅行記)
  • 今回は旭川駅と列車について書いています。旭川駅は、函館本線の終点であり宗谷本線と富良野線の起点となっています。2011年11月に立て直された高架駅です。見た通り、横に長い大きな駅です。さらに駅のすぐ隣には、駅に直結しているイオンモール旭川駅前店があります。こちらも2015年3月に開業したばかりの、新しくて大きい店舗です。ショッピングができるほかに、レストラン街や映画館もありました。入口には、スタバが見えま [続きを読む]
  • 旭川冬まつり(北海道旅行記)
  • 北海道は、札幌だけが「雪まつり」をしているイメージがありますが、実は旭川市でも「旭川冬まつり」というイベントを行っているんです。今回は、「さっぽろ雪まつり」のあとに旅行した、旭川市でのことについて書いています。さて、旭川市は北海道のどの辺りにあるかご存知でしょうか?札幌市の北東部、北海道の真ん中にある街です。旭川は冬とても寒い地域です。公式記録に残っている、日本で一番寒い気温(日本の最低気温 [続きを読む]
  • 雪あかりの動物園(北海道旅行記)
  • 前回に引き続き、旭山動物園について書いています。 雪あかりの動物園私が旭川に行ったときは偶然にも旭山動物園では2月7日から12日まで「雪あかりの動物園」というイベントが行われてました。通常、冬の期間は午後3時30分までの開園時間なのですが、旭川市内で行われる「旭川冬まつり」に合わせて午後8時30分まで延長して開園しているのです。普通だったら夜の動物園を見ることはできません。夜の雰囲気を味わえる、 [続きを読む]