Sophia さん プロフィール

  •  
Sophiaさん: ポンちゃん日記
ハンドル名Sophia さん
ブログタイトルポンちゃん日記
ブログURLhttp://1dmandsap.blog.fc2.com/
サイト紹介文1型糖尿病の娘(小学生)のSAP(インスリンポンプ)日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 127日(平均4.5回/週) - 参加 2016/10/21 11:27

Sophia さんのブログ記事

  • 塾長との面談:カミングアウトをしたところ
  • (学校じゃないけど似たような感じなので「学校生活のこと」カテゴリで)なんとなーくブログから、うちのムスメが中学受験準備中であることを察していただいてはいると思います。今日、ムスメの通う塾の塾長先生との面談がありました。こちらから御願いしての面談で、目的は、「1型糖尿病であることのカミングアウト」でした。さすがに緊張したぜい・・・本当は、入塾前か入るタイミングで話すことなのかもしれませんが、わたくし [続きを読む]
  • 今年のバレンタイン
  • 毎年恒例バレンタイン?今年は1週間遅れで。溶かしたミルクチョコにグラノーラを砕いたものをまぜこんだら、甘さがマイルドになり、かつ、食感もアップして、なかなかに美味でした〜感謝をこめて、ムスメから。誰あてかは… 書くまでもないですね。受け取ってもらえるのが、うれしいね。お察しください。 [続きを読む]
  • SAPユーザ対象☆「インスリンポンプの安全講習会」
  • IDDMネットワークさんから以下の案内メールをいただきました。拡散大歓迎!ということですので、転載します。「インスリンポンプ」の安全講習会、と銘打ってらっしゃいますが、中身は、☆SAP利用者限定の講習会☆パッと見、SAPユーザは、「あ、関係ないかっ」って思っちゃいそうな気がするのが残念。ただ、内容は、贅沢だと思います。・【メーカさん直撃可!!】 トラブルの多いSAPをなだめてはすかしては使っているユーザの我々 [続きを読む]
  • 春は別れの季節だけど…
  • 2月も半分以上が過ぎてしまいました。3月になれば、あちこちから聞こえてくるのが、人事の噂。誰がどこへ異動するとか、しないとか。それは、仕事関係だけではなく、子供の学校でも、病院でも。そんな中でも、ひときわ気になること。それは、主治医の異動です。***我が家がお世話になっている先生は、大学病院の医局所属のDr.なので、避けては通れないのが、定期的な「人事異動」。どうも2−3年おきに、医局と提携病院とを行 [続きを読む]
  • 高いのにはわけがある(その4)
  • SAPにしてから、ボーラスの計算が多少間違ってたとしても、だいたい180〜70の血糖変動の幅の中で安定してきました。逆に言うと、300超の高血糖↓何かある!ということで、また夜中から朝にかけて、そんなことがあったので「その4」を。***【状況説明】・持つかな〜持たないかな〜と、様子をみてたセンサがやっぱり持ちそうになかった(何度目かの「要センサ交換」アラート発生)ので、寝る前23時前にセンサ交換・センサ交換時 [続きを読む]
  • IDDMカーボカウントセミナー③カーボカウントの極意
  • ちょっと記事の順番が飛んでしまいましたが、日本IDDMネットワークさん主催「IDDMカーボカウント&先進デバイス活用セミナー」についての続きです。②で終わろうかと思いましたが、あまりに情報不足な気がしたので、おまけの③を。セミナー時に、わたしが走り書きした超個人的メモです。内容に関する責任は、私の「耳」にあると思います。「え?ホントに?」と思われることは、鵜呑みにされず、必ずお近くの信頼できる方(主治医の [続きを読む]
  • IDDMカーボカウントセミナー②講義概要
  • ①が、関西弁への感動だけで終わってしまったので、②では、さすがに内容について。ただ、2016年2月開催回、今から1年前のものなので、情報量は少ないです。その点はご了承くださいませ。***まず資料。PPTのスライドのプリントアウトが小冊子にされているものを頂きました。これが、6スライド/ページで、なんと24ページ!!スライド総数144枚!!当然、全部は使われませんでした。いくら講義に6時間あるとはいえ、さすがに無理 [続きを読む]
  • 「言わせとけ」
  • 先にお断りしておきますが、「プライベート」カテゴリのは、ロクな内容がないです。まずドン引きされるに間違いない系ネタを。今年2017年に入って早1ヶ月ちょい。節分がおわり、 次のイベントは世の中的にはバレンタインデーですか?なんかそれより私自身は、仕事上の年度末の慌ただしさにやられてますが、今年の目標、やりたいこと、楽しいことを一つでも多くする!に決めた以上、なんか楽しいかやりたいことをやんなきゃなあ…と [続きを読む]
  • 1型糖尿病児の将来について思うこと
  • ご近所さんからこんな話を聞きました。その方には高校受験真っ最中の中3のお嬢さんがいて、親子で色々な高校を沢山見てまわられたそうですが、志望校決定の決め手となったのは、そちらの学校長のこんな言葉だったそうです。「うちの学校の生徒達は、何にでもなれます。就けない職業はありません」(ちなみに、朝ドラ「あさが来た」のモデルにもなった某名門女子高です)大事な時期の子どもを預け得る学校を探している時に、なんと [続きを読む]
  • 黄色くて透明なもの、それは
  • ポンちゃん(SAP:MiniMed620G)の手技や使い方に慣れてきて、随分賢い子に育ってきたなぁ〜と思う今日この頃。ではありますが。でも、油断してると、いきなり「ギョッ!!」とさせてくれちゃったりなんかして。最近も一つ、トラブルではないんですが、そういうことがありましたので、その個人的メモ兼ご紹介を。***とあるポンプの交換日のことです。ああめんどくさっ、とムスメが体にくっついたカニューレを外したところ、何や [続きを読む]
  • 悲報(でも、たいした内容ではありません)
  • このブログを始めたいきさつについては、こちらで書かせて頂いている通り、純粋に、情報系のブログにしたかった、ということですが、次第にわたしの息抜きの場になり始めたこともあり、ムスメには当然内緒で、他の人にも誰にも内緒で、こっそりと、日陰に隠れるように続けてきました。なので、ブログの中身にしても、心情をあからさまに吐露することはあっても、個人的なことは、プロフィールに書いてる以上のことはあえて避けて、 [続きを読む]
  • 【雑誌】内科 Vol.119, issue 1(2017)
  • 『内科』(南江堂)で、糖尿病関連の特集号が出てました。『内科』 Volume 119, issue 1 (2017)特集「糖尿病治療の個別化−個々の症例にベストな治療とは」http://www.pieronline.jp/content/issue/0022-1961/119010目次と抄録まで無料で読めます。小児1型糖尿病については、阪市大の川村先生が、『小児・思春期の1型糖尿病』とのタイトルで書かれています。論文自体は、1論文単位のお支払(Payview)で誰でも読めるようですが、 [続きを読む]
  • 高いのにはわけがある(その3のおまけ)
  • 今朝のポンちゃんのモニター。100ピッタリのを見ると、意味もなく縁起がよさげなのはなぜ?かつ、安定のフラットなグラフ^ ^…これだけだと、なんだか落ち着いてるみたいに見えますが実は、昨日は、こんなのが!お昼前、なんにもしてないのに、いきなりの300超!はあ?何か食べた? →食べてません。基礎止めた? →止めてません。おまけに、補正してもしても下がらない(涙)(??の数の多さったら!)こうなると、いつもならポン [続きを読む]
  • ある日の診療風景①主治医の職業を忘れる
  • ある外来受診日の診察室内でのムスメとDr.とのやりとり。その① ***Dr. 「最近の調子はどう?」ムスメ「うーーーん・・・ちょっと風邪気味っぽい?」Dr. 「どんな風に?」ムスメ「なんかダルいとか、頭痛いとか」Dr. 「良くないじゃん。辛い?」ムスメ「うーーん、まあなんとか。でも、それほどでもないし」で、ここで診察室内にかけてあった聴診器に手を伸ばそうとしながらDr. 「ちょっと診ようか?」ムスメ「え??誰が [続きを読む]
  • SAPの一番の問題点だと思うこと
  • 今日、何人かのSAPに詳しい人と話してて、これこそが、SAPの一番の問題点だと、わたし達が思ったこと。***このブログは、基本的にSAPの良さを勧めるスタンスで書いていますが、ここが改善しないのなら、誰にでも勧められるデバイスじゃないなあ…と、今日、しみじみ考えたことがあります。それは、トラブルが多いのに、そのトラブルを改善しようという雰囲気がメーカ側に感じられないこと。SAPにトラブルに多いことは、既に周知 [続きを読む]
  • 今月のHbA1c(2017年1月)
  • もうダメだ、行ける訳ない、と両手を挙げて降参してた今月の外来に、何とか行けました... 良かった...念ずれば通ず。ではなくて。わたしの場合「もうダメだぁ〜」と、愚痴れば何とかなるパターンが多いような。でもって、今月のHbA1cです。前月比0.4%ダウン↓ポンプの不調時以外は、180〜70mg/dLのムスメのコントロールのターゲット内に収まってることが多いから、実感ともぴったりあう数値。そして、久々の6%台!・・・なのに [続きを読む]
  • ピンチ!!
  • 困った… そろそろ外来なのに、その日に病院に行けそうにない…行けない理由が仕事なら泣きながらでも調整するけど、そうじゃないから、始末が悪い。わたしがどうしても動けない。ムスメは問題ないのに、病院までムスメを連れていける人がいない…こういう時、小児ってやっかいだなと思う。診てもらえるのが家から離れた大病院しかなく、病院指定の平日昼間の時間帯のみの外来に、毎月1回必ず行かなきゃならない生活。コントロール [続きを読む]
  • 心配だから頭にくる
  • 慣れてくればテキトーにもなる。それはわかる。学校でお菓子を食べたくない。それもわかる。保健室にいちいち行きたくない。それも、わかる。でも、低血糖なら、補食しなきゃ。50台でくらくらするなら、基礎停止だけじゃ危ない。夕方4時。学校から帰ってきたムスメの変わりない様子に、今日も元気で良かったとホッと胸をなでおろす時間。「聞いて聞いて!今日さあ、ヤバかったんだあ〜!!」いきなり興奮して話出すから、何かと思 [続きを読む]
  • 予備のインスリンポーチ
  • 前に、インスリンポーチについて記事を書きました(→「インスリンポーチにはお金をかけなさい」)あのピンクポーチを日常的に使ってるメインとすれば、ムスメにはもう一つサブのインスリンポーチがあります。それは、通学用バックに入れっぱなしにしているものです。以前は、自宅でも学校でも、同じ1つのインスリンポーチを使いまわしていました。が、ごくたまに、ですが、ポーチを、家に忘れたまま学校へ行ってしまうことがあり [続きを読む]
  • 順調な時のパターン例
  • トラブルネタが続いたので逆のパターンについても。カニューレもセンサも装着が上手くいって、順調な時はこんな感じ。ある日の、午前8時〜翌朝8時までの24時間の血糖値(グルコース値)の変動グラフです。赤ラインは、上が180g/dL、下が80mg/dLで設定してます。一応これが、うちのムスメの今の血糖コントロールの目安なので。この日は、最大で184、最低で74。2本の赤ライン内にきれいに収まってます。ボーラス追加(■印)は、朝食 [続きを読む]
  • 「検出限界下限」エラー
  • 「SAPとトラブルは切っても切れない関係」ということで、今朝久々に起きたケースを。ポンちゃんは、基本、お利口な子だと思うんですが、時々非常におバカになります。勝手にどんどんグルコース値を下げて解釈しちゃいます。で、勝手に、CGMの検出限界値を振り切って、表示不能にしちゃいます。たとえば、今朝のケースで言うと。夜中から何度も何度も「低グルコースアラート」がブルブル(うるさすぎるんで音ナシに)なって、その都 [続きを読む]
  • 今のわたしの寝不足は近い将来デバイスが解決してくれる(はず)
  • 先日の「インスリン注入遮断」のダメージを引きずっている間に、はや2日が経ってました。3度目にまっとうにカニューレがセットされて以来、特に何もしなくても(←ここ大事)、多少、ボーラス計算が狂っていたとしても(←ここも大事)大きな崩れのないキレイな血糖値(グルコース値)の動きで、グラフを見るたび癒されます。そうなのよー。普通に動いてさえくれれば、ポンちゃんはとってもいい子なのよーーー(涙)褒めて育つ子な [続きを読む]
  • 「インスリン注入遮断」連続発生で心が折れかけた話
  • 昨日、ポンプの交換をしたんですよ。もう何十回となくやってる手技です。目を瞑っててもできるくらいに慣れてるはずです。装着時のトラブルもほとんど経験したことないです。なのに!昨日は!お昼に、新しいカニューレを装着した後のボーラス注入から、「インスリン注入遮断」のアラーム発生!(泣)(時系列は下から上です)インスリンが入らなきゃ当然高血糖にもなるので、「高グルコースアラート」も出まくり。(ここでは省略し [続きを読む]