ロメオ さん プロフィール

  •  
ロメオさん: 気楽にとり(鳥&撮り)歩き
ハンドル名ロメオ さん
ブログタイトル気楽にとり(鳥&撮り)歩き
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/romeo135bb
サイト紹介文近場で身近な野鳥たちを観察しながら撮影しています。
自由文野鳥の名前がわからない時や間違っている際、教えて下さるコメント大歓迎。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 161日(平均8.5回/週) - 参加 2016/10/21 12:04

ロメオ さんのブログ記事

  • モズ、独身ばかり
  • 行く先々でモズを見かけますが、独身ばかり。念願のオスとメスいっしょの場面に遭遇できません。上の写真のモズ雄くんと直線距離で300mくらい離れたあたりにモズ子さんがいました。警戒心が強く、ようやくこの枝に止まった所で撮影させてくれました。こっそり隠れて撮ったつもりが、やはり気づかれていたようですね^^;モズ(百舌、百舌鳥) Bull-headed shrike 全長 約20cm 今日も「気楽に鳥&撮り歩き」を見てくださってあ [続きを読む]
  • コンデジでルリビタキ
  • 3月上旬に撮影したルリビタキのオスです。ちょうどミミズを食べている所だったので、一眼からコンデジに持ち替えて写してみました。どこかでメスを撮ってから、いっしょに投稿しようと思っていましたが機会がありませんでした。今シーズンは、昨シーズンより多くのルリビタキを見られましたが、メスは、警戒心が強くてすぐに逃げてしまう鳥ばかりでした。もう繁殖地に向けて旅立ってしまったかもしれませんね。来シーズンもたくさ [続きを読む]
  • オオジュリン、コチドリ
  • 午前中、用事のついでに足を延ばして、溜め池へ撮影に行きました。真冬のように冷たい風が吹いていました。オオジュリン(大寿林)Reed bunting 全長 約16?カルガモの前に何か小さな鳥がいる?と写したら・・・コチドリでした。一度気がつけば、あちこちで姿を見かけます。冬鳥が旅立ち、入れ替わりに夏鳥たちの飛来が始まっているのですね。早くも渡ってきたツバメも、空を切るように飛び回っていました。コチドリ(小千鳥) L [続きを読む]
  • ウミアイサ、うれしい再会
  • 1月上旬と同じウミアイサのオスに再会しました。このウミアイサは、上のクチバシが短く変形しているので他と見分けがつきます。繁殖期らしく羽のコンディションもよくなり元気そうです。無事に生き延びていけるのか、気がかりだったので、こうして再会できて安堵しました。正面顔さかんに羽繕い。居心地の良かったこの池を覚えていて、帰路にも立ち寄ってくれたようです。ウミアイサは、ユーラシア大陸や北アメリカの北部で繁殖す [続きを読む]
  • ジョウビタキと公園の鳥たち
  • 先週、コンデジを持って都市公園を歩いてみました。一番愛想が良いのはジョウビタキ。消火栓の看板の上に止まりました。晴れの予報が外れて、曇った寒い日でした。ジョウビタキも羽をふくらませています。先日、同じ場所を通りかかった時は、姿が見えませんでした。渡りのために移動を始めたのかもしれませんね。キセキレイ、まだ留まっていました。来年も同じところで会えるかな?ツグミ、この日も芝地にたくさんいました。シロハ [続きを読む]
  • ハシビロガモ
  • カモたちの姿が、日ごとに減っていきます。ハシビロガモは、一頃より数は減りましたがまだ滞在しています。渡りの途中で羽を休めている鳥もいるのかもしれません。メス繁殖羽にかわりつつあるオス。グルグルとまわって採食。ゆったりとした動きでおだやかな印象のハシビロガモですが、オス同士、さかんにけん制し合っていました。一冬越して人間にもなれて来たのか、近くから撮っていても逃げません。たくさん食べて体力をつけて無 [続きを読む]
  • ツグミ、花のそばに・・・
  • 花壇のそばにいたツグミ、花のそばへ寄ってくれました。梅の枝にも・・・ツグミ(鶇) Dusky thrush 全長 約24cmシロハラ!去年のノートで確認したら、4月半ばころまで滞在していたシロハラ。緑の草地で撮れる機会もあるかもしれません。シロハラ(白腹)Pale Thrush 全長 約25?トラツグミ(虎鶫) White's Thrush 全長 約30?山間部の公園を歩いている時、偶然、見つけたトラツグミ。警戒心が強く、あっという間に林の [続きを読む]
  • 近所のモズ子さん
  • 家の近所に縄張りを構えるメスのモズ。警戒心が強くてすぐに隠れてしまいますが、この日は近くから撮らせてくれました。オスとメスがいっしょにいる所を写したいのですが、なかなかチャンスが巡ってきません。すぐ近くにオスのモズもいるのですが、こちらもかなりの恥ずかしがり屋です。モズ(百舌、百舌鳥) Bull-headed shrike 全長 約20cmおまけアオジといっしょに小さなヒメオドリコソウ(姫踊り子草)も写っていました。 [続きを読む]
  • 初めましてオオジュリン
  • 葦原を探して、ようやくオオジュリンに会えました。野鳥に興味のない方には、スズメに見えてしまうかもしれません。写真を撮り始めるまで、私もそうだったと思います。オスの夏羽は頭が黒くなるそうですが、まだ茶色っぽい鳥ばかり。『くらべてわかる野鳥』叶内拓哉氏によると、オオジュリンは、「青森県以北の平地の葦原で繁殖し、それより南の地域の葦原で越冬…葦の葉鞘をむいて、中にいるカイガラムシを食べる」そうです。上手 [続きを読む]
  • ジョウビタキと名残り梅
  • わずかに花が残る梅の枝、ジョウビタキがあちこち飛び回っていました。渡っていく前に、一冬過ごした縄張りに名残を惜しんでいるかのようでした。そろそろジョウビタキたちも旅立つ頃ですね。こちらは2月の寒い日に撮影したジョウビタキです。別の個体ですが、真冬に羽をふくらませて丸々した姿と、今とはかなりシルエットが違っていますね。ジョウビタキ(尉鶲)  Daurian redstart 全長 約15? 今日も「気楽に鳥&撮り歩き」 [続きを読む]
  • ハチジョウツグミ
  • 先週の撮影分から、ハチジョウツグミです。背中の色は、灰色みがある薄茶色、と言えばよいでしょうか?レンガ色をしたお腹も見せてくれました。お腹のレンガ色が濃く鮮やかな個体もいるそうですが、この個体は薄い方なのでしょうか?茶色い松の落ち葉の中で、保護色になっていました。以前に撮影したハチジョウツグミらしき個体の写真はこちら↓淡色のハチジョウツグミ?http://blog.goo.ne.jp/romeo135bb/e/fcc2a8726835eeaea89c9 [続きを読む]
  • ホオジロ、女の戦い?
  • 日当たりのよいすっきりとした所でホオジロがさえずっていました。すぐそばには可愛らしいメスの姿も。カップルかな?と思ったのですが、メスの様子が少し変です。近くにもう一羽、別のメスが。2羽は睨み合いをしています。とても可愛らしい顔をしていますが、メスたちは真剣です。お互い、相手が止まっている所めがけて一直線に飛びうつり、追いかけっこのような動きを繰り返します。オス同士がメスをめぐって争いをすると、聞い [続きを読む]
  • もう一度、トラツグミ
  • 前回、途中で飛んで行ってしまったトラツグミを再訪。今季最後かもしれないので、たっぷり写してきました。運良く独占撮影会。近くから堪能できました。小さな種子を見つけて、うれしそうに食べました。小さな食べ物を一所懸命に探す姿、いじらしいですね。トラツグミ(虎鶫) White's Thrush 全長 約30? 今日も「気楽に鳥&撮り歩き」を見てくださってありがとうございます。↓ポチッと押して頂けると励みになります。どうぞ [続きを読む]
  • ズグロカモメ、夏羽へ
  • ズグロカモメも夏羽へ変わりつつあります。このカモメは、すでに頭部がほぼ真っ黒です。沿岸の人口島には大きな工場が立ち並んでいます。有害な排煙や排水は規制されているので、見た目ほど野鳥たちにとって住みにくい環境ではないようです。浅瀬に好物のカニを見つけて、高度を下げました。蟹を獲りました。浅瀬に持ち帰ってゆっくり食べます。まっ黒な頭のなかで、目の上下の白い部分が目立ちますね。まだ冬羽のままのカモメも。 [続きを読む]
  • 夏羽のカンムリカイツブリ
  • 週末、夏羽にかわったカンムリカイツブリを観て来ました。大きな川の真ん中あたりを泳いでいました。スズガモの群の向こうで遠いです・・・羽ばたいたスズガモにピントを持っていかれました^^;遠いけれど、初めて夏羽を見られました。耳あてのようなモミアゲのような飾り羽ですね。比較的近くに来てくれたのは、冬羽でした。カンムリカイツブリ(冠鳰) Great Crested Grebe  全長・約56cmスズガモ(鈴鴨)Greater Scaup・Diving [続きを読む]
  • 梅林のモズ
  • 梅林を縄張りにしているモズ。メジロと同じ時に撮影したのですが、小鳥を狙っている様子はありませんでした。花見の人を警戒しつつ、梅の木の間を飛び回っていました。抜け目なくあちこちに視線を向けています。何か獲物を見つけた?時々、地上に降りて昆虫のような物を獲っている様子でした。細長い草の葉のようなものをくわえていました。まるで爪楊枝みたいに見えますが、なんでしょう??モズ(百舌、百舌鳥) Bull-headed sh [続きを読む]
  • マヒワの水浴び
  • 水流についたら、ちょうどマヒワが水浴びに降りてきたところでした。まったく準備をしていなかったので、あわててカメラを取り出して撮影しました。近くから見ると、黄色が鮮やかでとてもきれいな野鳥でした。メスも降りてきました。オス二羽の右にメスが一羽。小さなマヒワが水浴びする姿、とても可愛らしくてドキドキしながら観察しました。運良く、素敵な場面を見られてとても幸せなひと時でした。マヒワ(真鶸)Eurasian siski [続きを読む]
  • 庭園のルリビタキ
  • 日本庭園で越冬しているルリビタキに会いました。回り込んでも逆光になる場面が多かったです。鳥の方もこちらを観察しているのでしょうか?ルリビタキ(瑠璃鶲)Red-flanked bluetail 全長 約14cm昨日は、良いお天気で海辺で楽しく探鳥してきました。写真もたくさん撮ったのですが、以前の写真も未整理のままです^^;溜めてしまうと、ついつい編集がおっくうになってしまいますが、楽しみながら、ぼちぼち投稿していきたいと思っ [続きを読む]
  • 梅にメジロ
  • この時季の風物詩・梅にメジロ、初めて蜜を吸う所を見られました。二羽で花から花へ飛び回っていました。仲の良い夫婦のように見えました。つぼみに足をかけて蜜を吸っています。メジロ(目白・繍眼児) Japanese White-eye  全長約12 cm 今日も「気楽に鳥&撮り歩き」を見てくださってありがとうございます。↓ポチッと押して頂けると励みになります。どうぞよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • シジュウカラ、ヒヨドリ、梅の花に…
  • 梅林には食べ物が豊富なのか、色々な野鳥たちが見られました。お目当てのメジロを待つ間に・・・。シジュウカラも。シジュウカラ(四十雀)Japanese Tit・Oriental Tit 全長 約14cm ヒヨドリ、梅の花にチュ♪大食漢のヒヨドリですが、花を食べることなく蜜だけ味わっていました。強風に、尾羽がめくれ上がります。ふぅ〜やれやれ・・・別の公園にて。獅子脅しに水を飲みに来ていたヒヨドリもう少し近くから撮りたかったのですが [続きを読む]
  • 梅林のジョウビタキ
  • 二カ所の梅林でジョウビタキに会いました。花の盛りの枝垂れ梅。ついでに、ジョウビタキの後姿もご覧ください^^;花の蜜を吸うわけではないので、なかなか花のある場所には止まってくれませんでした。花見の人も多く、シャッターチャンスはほんの短時間でした。こちらは、別の梅林のジョウビタキ。蕾ばかりで花のある枝に止まった所は撮れませんでした。銀髪の男前。びゅうっ!!風に乱れる銀髪。南向きの斜面にある梅林を出たとた [続きを読む]
  • お山の池のカモたち
  • 先日、お山の池でカモたちを観て来ました。護岸璧の上で日光浴を楽しんでいました。オナガガモのオス、左にいるのはヒドリガモのメスのようですね。ストレッチ。地元の野鳥の会の方々に見守られているおかげか、あまり人を恐れません。ヒドリガモのメスものびのび。賑やかなヒドリガモの群。カップルらしき2羽。キンクロハジロ、繁殖期になって光沢が増したように見えました。オスとメスが2羽ずつ。秋に見かけたカップルかもしれま [続きを読む]
  • シロハラ、トラツグミ、ツグミ
  • 昨シーズンと同じく、今年もたくさんのシロハラが越冬しています。冬鳥たちが渡っていってしまう前に、じっくり見ておきたいと思いながら写しています。シロハラ(白腹)Pale Thrush 全長 約25?草被りになってしまったトラツグミ。開けた場所に出るのを待っていましたが、通りかかった人に驚いて飛び去ってしまいました。^^;公園を散策していても、鳥の存在に気付かない方が大半。意識して歩かないと、野鳥は見えない存在なので [続きを読む]
  • カシラダカ、アオジ
  • 地上で採食していたカシラダカ、散歩で通りかかった人を警戒して木の枝に飛び移りました。カシラダカ(頭高)Rustic Bunting  全長 約15?Rustic =田舎の、素朴な、飾り気のないあちこちで見かけるアオジですが、関西では冬鳥です。アオジ(青鵐)Black-faced bunting  全長 約16? 今日も「気楽に鳥&撮り歩き」を見てくださってありがとうございます。↓ポチッと押して頂けると励みになります。どうぞよろしくお願いし [続きを読む]
  • ミヤマホオジロ+タヌキに遭遇!
  • 今回は、フェンスの向こう側で距離があったので望遠コンデジで撮りました。オスは、時々、動きを止めるのでなんとか写せました。メスは動きが早く、ブレブレ写真ばかり^^;オス、メス、一羽ずつ。つがいになっているのでしょうか。ミヤマホオジロ(深山頬白)Yellow-throated bunting  全長 約16?野鳥を探していて、谷底にタヌキを見つけました。茂みの中に、もう一匹。タヌキの夫婦かもしれません。タヌキは夜行性かと思ってい [続きを読む]