腰痛 さん プロフィール

  •  
腰痛さん: 脊柱管狭窄症
ハンドル名腰痛 さん
ブログタイトル脊柱管狭窄症
ブログURLhttp://kosinoitami.net/
サイト紹介文脊柱管狭窄症について症状軽減のために作成しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 70日(平均0.9回/週) - 参加 2016/10/21 15:49

腰痛 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 腰部脊柱管狭窄症の治療を受けて
  • お名前 K.HARADA(64歳 男性)佐賀県鳥栖市在住来院される前はどのような症状や悩みがありましたか?地元の整形外科の病院へ通院し投薬によって右足の痛みをおさえていて腰部脊柱管狭窄症の診断で手術をすすめられた来院される前は、どのような期待や不安がありましたか?今まで数種類の治療をしてきたが改善できず、今回訪問する前は正直なところあまり改善の期待はしていなかった実際来院されてどのように感じされましたか? [続きを読む]
  • 福岡陥没事故
  • 今福岡といえば、先日おこった「道路陥没事故」ですよね。一気に道路が陥没してしまうという驚くべき事故でしたけど、巻き込まれた人がいなくて本当によかったと思います。 しっかし、すごいですね。↓ そして、驚くべきことなのが なにかというと、その復旧の速さ!! 復旧開始後4日目にはこんな感じです。もうほとんど埋め戻されてて、後は上層部だけです。予定では14日には仮復旧完了してしまうと [続きを読む]
  • 腰部脊柱管狭窄症手術の後遺症
  • 腰部脊柱管狭窄症の手術をした後に後遺症がでたという場合があるそうです。しかし、手術とは、良くなるためにするものですから、その後に「後遺症がでた」ということ自体おかしなことですよね。いろいろ調べてみると、腰部脊柱管狭窄症の手術をするとほとんどの場合手術後から症状がなくなります。ですが一部の腰部脊柱管狭窄症の手術後に症状・後遺症が残る・悪化することがあります。症状も一時的なものから、後遺症として残るも [続きを読む]
  • 脊柱管狭窄症 概要
  • 原因脊柱管狭窄症は、脊柱管を形成する骨性・椎間板組織や靭帯を含む脊柱管空間が狭くなることによって引き起こされる神経圧迫性の症候群です。頸椎、胸椎、腰椎のいずれの部位でも起こりますが、発生頻度は腰椎が一番多く、胸椎は非常にまれです。 先天性のものもありますが、後天性のものは、・変形性は(加齢現象に伴う脊柱構成要素の変性が原因)・すべり症性(脊椎すべり症が、分離症性は脊柱分離症が原因となって [続きを読む]
  • 腰部脊柱管狭窄症 リハビリ
  • 腰部脊柱管狭窄症 リハビリに良いとされているのは、軽い体操や簡単なストレッチです。少しだけこのようなケアをすることで痛みや症状が軽減する場合もあります。 腰部脊柱管狭窄症は脊柱管が狭くなることで痛みが生じます。そのため、背中を反らすような運動や姿勢は脊柱管をさらに狭めてしまい逆効果なのです。一方、効果的なのは少し前屈みになるような姿勢です。痛みのために歩くことが苦痛になるのが腰部脊柱管狭窄症で [続きを読む]
  • 腰部脊柱管狭窄症 治療
  • 腰部脊柱管狭窄症の治療は大きく分けると、1.手術療法2.保存療法があります。 手術療法腰部脊柱管狭窄症に対する手術法にもいくつかあるのですが、大きく分けると1.椎弓の一部と肥厚した黄色靭帯を切除して脊柱管を広げる方法2.1に加えて上下の骨を癒合させる方法があります。しかし、すべり症のように腰椎が前後左右にずれていた場合は、3.固定術が必要となってきます。 保存療法保存療法には1.薬物療法2 [続きを読む]
  • 腰部脊柱管狭窄症 症状
  • 腰部脊柱管狭窄症の症状腰痛の人の1〜2割が脊柱管狭窄症と言われています。その脊柱管狭窄症の症状は様々あるのですが、一番代表的なのが、手足のしびれです最初は、腰が重い感じがしたり、違和感があったりするのですが、だんだんしびれや痛みが発生してきます。また、普段、動かない時はなんともないのに動き始めると足がしびれて歩けなくなったりする場合があります。また、前側にかがんだりして、しばらくするとまた歩けるよ [続きを読む]
  • 腰部脊柱管狭窄症 手術
  • 腰部脊柱管狭窄症 手術の種類腰部脊柱管狭窄症の手術には複数の方法があります。1.椎弓の一部と肥厚した黄色靭帯などを切除して脊柱管を広げる方法2.1に加えて上下の骨を癒合させる方法の2に大きく分かれます。 その他には、すべり症のように腰椎が前後左右にずれていた場合は、固定術が必要となります。 しかし、手術をしても完全に治るわけではありません。時間が経つと再発したり、手術をしても症状が治まらな [続きを読む]
  • 腰部脊柱管狭窄症とは
  • 腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)とは腰部脊柱管狭窄症とは、背骨の中の神経が通る管(脊柱管という)が、様々な原因により狭くなり、それが原因で神経を圧迫することにより痛みなどの症状が出る病気です。腰やふとももや膝に電気が流れるような痛みが起こったり、歩き始めると、しびれたり、急に力が抜けたりして歩けなくなることもあります。また、腰椎椎間板ヘルニアと同様に坐骨神経痛を起こす病気の [続きを読む]
  • 過去の記事 …