楽天爺さんの気まぐれ日記 さん プロフィール

  •  
楽天爺さんの気まぐれ日記さん: 楽天爺さんの気まぐれ日記
ハンドル名楽天爺さんの気まぐれ日記 さん
ブログタイトル楽天爺さんの気まぐれ日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/igaji
サイト紹介文・田舎暮らしを楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供224回 / 218日(平均7.2回/週) - 参加 2016/10/21 20:33

楽天爺さんの気まぐれ日記 さんのブログ記事

  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule31)
  • 著者は、Rule31項【やりたいことを増やさない】で、やるべきことをすぐにやれずに脱線する原因に「やることが多い」ということがある。人生は長いといえども有限だ。やらない事を決めることで、やれるようになる、ということも覚えておこう。と言います。Rule31 やりたいことを増やさない やるべきことをすぐにやれずに脱線する原因に「やることが多い」ということがあります。 特に、向上心があって、自分を変えたいと願う人は [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule30)
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule30)著者は、Rule30項【「選好逆転」に気を付ける】で「選好逆転」は、失敗するときの典型的なパターンだ。 いろいろな刺激があるとすぐに選好逆転が起こってしまう。すぐやるためには、選好逆転をわざと起こすこともよいすなわち、選好逆転をうまく利用するのも有効なのだ。と、書いています。Rule30 「選好逆転」に気を付ける「選好逆転」とは、たとえば家に帰ってコーヒーを飲 [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule30)
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule30)著者は、Rule30項【「選好逆転」に気を付ける】で「選好逆転」は、失敗するときの典型的なパターンだ。 いろいろな刺激があるとすぐに選好逆転が起こってしまう。すぐやるためには、選好逆転をわざと起こすこともよいすなわち、選好逆転をうまく利用するのも有効なのだ。と、書いています。Rule30 「選好逆転」に気を付ける「選好逆転」とは、たとえば家に帰ってコーヒーを飲 [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule29)
  • 著者は、Rule29項【気合を入れすぎない】で、「すぐやれない人は意志の弱い人であって、意志の強い人だけがすぐにできている。」そう思われがちだが、そうではない。 すぐやる人は肩の力が抜けている。何ごともすぐやることができる人が、すごくやる気のある人とは限らない。大して気力がなくても、逆に肩の力が抜けていて、すぐに実行に移せ、いい結果を招くこともある。のであると書いています。Rule29 気合を入れすぎない最近 [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule28)
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule28)著者は、Rule28項【気持ちに余裕を持つ】で 「人は気持ちに余裕のあるときは、すぐに勣ける。何かが起きても大丈夫という見通しができると動くことができる、葛藤を【見える化】するのが有効なのだ。」と言ってます。Rule28 気持ちに余裕を持つ人は気持ちに余裕のあるときは、すぐに勣けます。 反対に、「いますぐに悪いことが起こると耐えがたいな」と思うときは動けません。 [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule27)
  • 著者は、Rule27項【タイマーをセットする】で、タイマーをセットするのは準備の最終段階タイマーをセットすれば、もう行動したも同然,タイマーをセットしてからほかのことを始めるという人はとても少ない,最後のひと押しとしては最強だ。と書いています。Rule27 タイマーをセットするタイマーをセットするのは準備の最終段階です。 これから行なう作業にどれくらいの時間がかかるかを見積もり、タイマーをセットしてしまいます。 [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule25)
  • 著者は、Rule25項【感情を介さない】で、「いまは返せないかもしれないけれど、考えがまとまったら返せるかもしれない」というこの考えは「錯覚」なのだ。何か悪いことが起きる可能性か、何も起こらないかのどちらか、だからすぐやれないのだ。コツは感情を介さないということ。 悪いことが起きそう、という予測は行動を止めてしまう。気をつけよう!!と言っています。Rule25 感情を介さない 現代人にとって、メールは便利だけれ [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule24)
  • 著者は、Rule24項【カンペキ主義をやめる】でメールの返信について、「例えば、メールの返信がすぐできない、という悩みをお持っている方も多いと思う。というのは、「カンペキな返信をしてあげたい」という思いからきていることがほとんどだ。対処法としては「下書き」をしておくことをおすすめします。事前に書いておくことだ。それに、名前とちょっとした文章を書き添えれば完成、即送れます。」と言います。Rule24  カンペキ [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule23)
  • 著者は、Rule23項 『スタンバイ状態』をつくる、で「スタンバイ状態」にあるから、すぐに行動に移せる。 なかなか「すぐやれない」行動も、スタンバイ状態に持っていっておけば、案外すぐにやれるということが多い。 すぐやるために「スタンバイ」を意識してみよう。と言います。Rule23 「スタンバイ状態」をつくる 歯磨きならすぐやれる、という人は多いでしょう。歯磨きは、習慣化しているということもありますが、洗面台の上 [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule22)
  • 著者は、Rule22項 『まず「準備」をする』で、あたりまえの話だと思る方もいるかもしれないが、意外と気づいていない方も多いので「準備」ということについてお伝えします。「すぐに動けない人は、準備ができていないことが多い。【すぐやろう!!】ではなく【まず準備しよう!!】という意識に切り替えてみるとよい」と言います。Rule22 まず「準備」をする あたりまえの話だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、意外と気づ [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule21)
  • 著者は、知恵を借りるといい。先人の知恵、というと大げさだが、ようは他人であろうと自分であろうと「過去にうまくいったもの」をうまく利用するということだ。と言い、せっかく、「答え」が目の前にあるのに白紙から始めることは、とても遠回りする事だ。と結んでいます。Rule21 白紙状態から始めない すぐやるためには先人の知恵を借りるといいでしょう。先人の知恵、というと大げさですが、ようは他人であろうと自分であろう [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule20)
  • 著者は、Rule20 の項、「そもそも」を考えるでは、《よく「実行すること、続けること、それ自体に意味がある」という人もいる。 これは、聞こえはいいが、ほとんどの人にとって、難しいことだといわざるを得ない。だから、モチペーションの「源泉」を変更していくことが重要なのだ。》意識的に「どんなモチペーションがあり得るだろうか」と考えて、紙に書き出して見るのも良い。と言っていますが?。Rule20 「そもそも」を考える [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule19)
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule19)著者は、Rule19 「他人効果」を使うの項で『ひとりで何かをすることはとてもパワーがいる。報告しなくてもいいことであってもいちいち報告するのもおすすめだ。しかし、あくまでできそうなことを宣言することがポイントだ。』と言っています。Rule19 「他人効果」を使うひとりで何かをすることはとてもパワーがいります。 自分の部屋で、ひとりで勉強をするとき、ついついなまけ [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule18)
  • 著者は、Rule18項『宣言する』で、すぐやるために宣言してしまうという方法も効果的だ。何かを宣言し、その通り実行する。そうしたサイクルを続けていれば、いつしか「あの人はすぐに実行できる人だ」という認識が広まっていく。 まずは、小さなことからでいいので、宣言して、実行してみろう。と括っています。Rule18 宣言するすぐやるために宣言してしまうという方法も効果的です。 その通りに実行できたら、それも報告しまし [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule17)
  • 著者はRule17項で、「変える」ことと「変わる」ことは違う。一時的に「変える」ことはできるが、一気に「変わる」ことはできないのだ。 一気に「変わる」ことができないのであれば、少しでも「変える」ことが重要だ。と括ります。Rule17 「現状維持バイアス」を外すたとえば、運動やダイエット。絶対やったほうがいいとわかっているのに、なぜできないのでしょうか?その理由は、いまの状態が心地よいからなのです。 現状が最高 [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule16)
  • 著者はRule16項でタスクリストの構造化をすることだと言っています。「とりあえず」で始めた行動は、ただ「衝動」によって動いているだけ、「衝動頼み」になってしまうと、次にまたその衝動が起こらない限り実行できなくなってしまう。だから、構造化して、段取りを整えて、ステップを踏んでやらなければダメである。と締め括っています。Rule16 タスクリストの構造化をする「とりあえずやる」ことが意味のないことだ、というのは [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule15)
  • 著者は、Rule15 項で「とりあえず」やらないと言います。それは、「とりあえず動かなければ!」という気持ちが誤った方向に進むと、すぐやるどころか後退してしまう危険性もはらんでいるということを忘れない事だ。と、締め括っています。Rule15 「とりあえず」やらない  取りかかるのは早い。つねに動き回っている。けれども、仕事がいっこうに進んでいない1.そんな人はまわりにいませんか? 本書の趣旨と違うことをいうよう [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule14)
  • 著者は、Rule 14項で、「作業後のメリットを考えるときは、作業後でしか味わえないメリットを想定するとうまくいきます」といっています。 すなわち、リスクを減らす事だと言うのです。Rule14 リスクを減らす かけなければいけない電話なのになかなか実行に移せない。そんなことはありませんか? 電話がおっくう。これはどういう心理なのでしょうか。 電話をして絶対に嫌な思いをしないとわかっていれば、すぐにできるはずです [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule13)
  • 著者は、この項(Rule13 結果を気にしない)で「結果は、すぐに出るものではない結果にフォーカスしまうと、すぐに挫折してしまう」と言っています。Rule13 結果を気にしない たとえばテレアポが難なくできる人と、なかなかできない人の違いは何でしょうか? テレアポが難なくできる人は、結果を気にしていません。結果ではなくて「数」に注目しています。「〇件アポを取るぞ!」ではなく「〇件電話するぞ!・」という意識な [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule12)
  • 著者は、「何でも取っておくと、それをあとから役立てられる機会はなかなか得られず、ゴミやノイズに囲まれた暮らしが始まってしまう。だから、モノをため込んではいけない」と言います。Rule12 モノをため込まない 「パックラット」という言葉を知っていますか? アメリカでは「モノをため込んで捨てられない人」のことを皮肉って「パックラット」と呼ぶそうです。 これは、嫌な思いをしたことの多いネズミ、トラウマのあるネ [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule11)
  • 著者は、Rule11の項ですぐやれないのであれば、嫌でもすぐやる状況をつくってしまうのも手だ。まず「誘導タスクを設定する」という方法が考えられる。やるべき作業に導いてくれる「誘導タスク」を使って「すぐやる人」への道を切り開こう。と「誘導タスク」の設定を促しています。Rule11 「誘導タスク」を設定するすぐやれないのであれば、嫌でもすぐやる状況をつくってしまうのも手です。まず「誘導タスクを設定する」という方 [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule10)
  • 著者は、夢を紙に書いて満足してはいけない。「夢を紙に書いただけで満足していては何もしていないことと同じ。とにかく、夢をできるだけ分解していくことだ。 そうすれば、おのずとすぐやることが明らかになるはず」と言います。 Rule 10 夢を紙に書いて満足しない 紙に書くと夢がかなう、という話はよく聞きます。 目標を明確にして、それをつねに意識することで、モチペーションを高めるのは、悪いやり方ではありません。  [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule09)
  • 著者は、今項で、「大きすぎる夢と地味な作業には大きなギャップがある。」と、啓示しています。そして、その解決法は、気付き即行?を提案しています。目的を実現するには、実行可能な作業にまで落とし込まないと、動けなくなる。 何かやりたいことを夢見たり、やるべきことを楽しくイメージしたりするのは悪くはない。ただ、それを実現するために、まずどんなふうに「体を動かすことができるのか」を考えてみる事だ。Rule09 [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule08)
  • 著者は、次項で、ご紹介しますと、前項を閉じていました。Rule07 では、パッキングがもたらす悪影響は、脳がわくわくするが勘違いから、実践へ移せないと述べていました。その解決のキーワードが『分解する』であります。Rule08 分解する パッキングをすると脳にとっては都合がいいのですが、いざ実行するときになって、なかなか勤けないという問題に直面します。 たとえば「部屋を整理する」というのは、脳にとっては好都合で [続きを読む]
  • 先送りせずに、すぐやる人 に変わる方法(Rule07)
  • 著者は、本項では「パッキング」に気をつけることを書いています。それは、脳はあらゆる作業を「パッキング」したがります。脳は、細かく小さなことをいちいち認識していられないので、ひとまとめに「パック」したがるからです。と言います。よって「パック」した仕事は、実行しにくいのだと言い、よってパッキングして書き出してみると良い、すると、脳はワクワクします。 と、書いています。Rule07 「パッキング」に気をつける [続きを読む]