横月夢絃 さん プロフィール

  •  
横月夢絃さん: フラメンコ ボサノバ ギター大好きブログ
ハンドル名横月夢絃 さん
ブログタイトルフラメンコ ボサノバ ギター大好きブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/e-minor-9/
サイト紹介文ナイロン弦ギターで弾けるものは何でもジャンル関係ナシに楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 247日(平均2.2回/週) - 参加 2016/10/22 12:23

横月夢絃 さんのブログ記事

  • ボサノバを弾く「ウェーブ」
  • ボサノバも年中聴いて、弾いてはおりますが、やはり夏が近づいて来ると特に恋しくなってきます。今回アップした「ウェーブ」ですが、バンドのテーマ曲だったので毎回ライブで弾きました。(と、言ってもコードバッキングとアドリブパートです)バンドではボーカルが歌った後、Aメロ部分のアドリブパートを弾き、サビでボーカルが入るパターンでしたが、今回ソロで弾くためテーマとサビの部分を作成しました。毎回言ってますが、 [続きを読む]
  • 現代ギター社様 再版お願いします。
  • 先日瀬田彰編 フラメンコギター曲集Ⅱ「情熱のフラメンコ」のCDを買いました。「なんで今頃?」と疑問をもたれれ方もいらしゃると思いますので理由を言いますと、もともとの音源、セラニートのレコードなどは持っているので改めて買う必要がなかったからです。しかしながら購入したのはサビカスの人気曲なども入っていて、とても実用性の高いCDと思ったからです。演奏も素晴らしく、セラニートの難曲「サパテアート」や「タ [続きを読む]
  • 7:2:1
  • これ何の比率かと言いますと、ギター演奏における、ウデ、弦、ギター本体の割合です。かなり前になりますが、誰かのブログに書いてあり、思わず「その通り!」と声を出してしまいました。その時は直感でそう思いました。今、分析すると、ギターがなければ「上手い、下手」もないのでギターの存在を「1」とした場合、弦はギター本体より影響が大きいので「2」後はウデ次第なので「7」になると解釈しています。もちろんギターや [続きを読む]
  • パコを弾く 不安男後出飢婆
  • ニイハオ!パコの初期のファンダンゴデウェルバをアップしました。ライブなどで弾く場合はパコの他のファンダンゴの「おいしい」所を繋いで弾いているのでキッチリと一曲弾くのは数十年ぶりです。シンドイです。ただし最後の部分は毎回この曲のファルセータを使っています。アルサプア→ピカード→ラスゲアードの必殺黄金パターンが好きなのです。鉄棒にたとえるなら、「ムーンサルトで着地」のような感じです。成功すれば達成感 [続きを読む]
  • 「大安禅寺 花菖蒲まつり」に行く
  • 「大安禅寺 花菖蒲まつり」に行きました。天気良く、途中の山々や田んぼの緑も鮮やかでした。花菖蒲はまだ咲き始めでしたが、バラが綺麗でした。越前藩主「松平家」代々の墓がこの寺の山に奉られていました。10の大きな墓が一角にありました。不思議な空間でした。境内出入り口付近で「ギターの音」が聞こえてきました。行くと二胡とキーボードで、ギターの音はキーボードが出していました。家にあるクラビノーバでは「スチール [続きを読む]
  • おすすめはガロティン
  • 「どういうおすすめ?」というと、ほかのジャンルのギター(例えばアコギやロックもしくは演歌)の人がフラメンコの踊りの伴奏に興味を持った場合最初にチャレンジするのに「おすすめなのがガロティン」という意味です。一点目の理由は2拍子でわかりやすいからです。アレグリアスなどの12拍子は半世紀近く弾いていても良く分かりません(私だけかも知れませんが....)ウラやシンコペが続くと見失ってしまいます。また反対にシギリ [続きを読む]
  • 中森明菜さん
  • 「風呂に入るにはまだ早い」とテレビのチャンネルを回していたら(一応リモコンのボタンで操作しております)若い歌手が中森明菜の「セカンドラブ」を歌っておりました。昭和58年のヒット曲とのことでした。この曲には「思い出」があります。その頃の私は喫茶店を経営しており、常連の中には自動車の運転免許とりたての少年もいました。ある日「マスター、すげーもん手に入った!」と興奮して入って来ました。抱えてたのは「等身 [続きを読む]
  • 現代ギター6月号は濃い!
  • 特集はダウランドのリュート作品全テーマ・カタログです。中には「作者不詳だが、おそらくダウランドによる」とか「ダウランド作とされているが、おそらく間違い」など詳しく記されており、究極のダウランドカタログと呼んで差し支えないと思います。私、自慢ではありませんが、出来の悪い受験生同様、参考書だけはたくさん所持しております。悲しいかな、楽器店の棚から私の部屋の棚に移動しただけの楽譜が結構ございます。その [続きを読む]
  • イオンモール新小松に行く
  • 3月24日にオープンした隣の県のイオンに初めて行きました。土曜日なので混雑が当たり前ですが、「もしかすると、混まないかも知れない」との考えもあり行くことにしました。それは、今日は全国的に小学校の運動会なので「パパ、ママ、じいちゃん、ばあちゃん皆さん揃って小学校、ショッピングには来ない!」との予想です。読みが当たり、すんなりと駐車場に入れました。第一印象は当たり前ですがキレイでした。広さは確かに広いで [続きを読む]
  • 子守唄を弾く トレモロの佳曲「Nana」
  • マリオ エスクデロ作曲のNana(ナーナ)です。トレモロの曲というと「アルハンブラの思い出」や「森に夢見る」が有名で、両方とも壮大なスケールの曲です。Nanaは「子守唄」という意味で、規模は比べようもありませんが、これからも弾き継がれる曲と思います。「子守唄」というと「おさな子を寝かせるため」と思っていましたが、この曲を弾くようになって「子供が健やかに育つことを願う」祈りにも似た感情が生まれることも [続きを読む]
  • 医者を選ぶも寿命のうち
  • 今日、我が家の柴犬を「山田動物病院」に連れて行きました。以前は近くの動物病院を利用していたのですが、手術で愛犬を、あっけなく亡くしたので、犬を飼っている友人、知人に「どこの病院が一番いい?」と尋ねまくったところ、数人が「絶対に、山田動物病院」と強くすすめるので、そこに決めた経緯があります。今まで利用していた病院とは全く違い清潔で、先生たちやスタッフも感じが良く、そして丁寧に診てくださいます。前飼 [続きを読む]
  • 早いっ、アミーゴの新曲アップ!
  • 以前「レクイエム」を書いた時に触れたE♭のブレリア、コピーして弾いている動画がありました。私も少しだけコピーして弾いて「カッコエエなぁ、そのうちにフルコピーじゃっ!」と意気込んでおりましたが、この動画を見てコピーは格段と楽になるのは間違いないですが、ある程度予想はしていたものの「非常に演奏困難」であることがわかり意気消沈しています。弾きたい方には参考になる動画と思います。 [続きを読む]
  • あなたは、右派か左派か?
  • 今、フランスでは大統領決選投票真っ最中です。当選するのはルペン氏かマクロン氏か? ところで、あなたは右派ですか、それとも左派ですか?私はガチガチの右派です。パコを勝手に師と仰いでいますので、同じように右足の上にギターを乗せて弾いております。クラシック以外の人は殆どが右派と思います。フラメンコ、ボサノバ、弾き語り、アコギの人も右派です。ジャズ、ロック系の人は立って弾くこともあるので椅子に座って弾く [続きを読む]
  • 泣く子も黙ったホセラミレス
  • ゴールデンウィーク、「どこも人でいっぱいだろう」と、部屋でまったりと愛読書「現代ギター」を読んで過ごしております。ヤマンドゥコスタが表紙の5月号をめくると、表紙の裏は「ホセラミレス」の広告がのっておりました。20万円から400万円までモデルがあり、私には理解不能です。しかし、私が「ギターごころ」ついた頃はホセラミレスは一機種しかなかったように思います。地方なのでギターの情報は限られていましたが、小遣い [続きを読む]
  • 闘牛のツノではなかった........
  • 「コンデを通販で買う」と決めてから、参考のために海外のサイトなども調べました。最初に見たe-bayでも販売しており、そこには「headstock half moon」と書いてあり「えっ、半月?」おかしい、「コンデの頭は闘牛の頭!」とずっと皆が言ってたし、そう信じて疑いませんでした。納得行かないのでコンデのホームページを読むと、「media luna」と書いてあり「半月」に間違いありませんでした。真実が分かったにもかかわらず [続きを読む]
  • イリアーヌの新譜「Dance of Time」
  • 私が無条件で「新譜」を購入するのは「ビセンテアミーゴ」「ジョージベンソン」そして「イリアーヌ」のCDです。(もちろんパコの「未発表ライブ録音」などあれば買います)イリアーヌを知ったのは3年ほど前で、バンドでボサノバのスタンダードは演奏してきたので「何か新しいのないかなぁ?」とyoutubeで探していた時に知りました。今回の新譜は前回の「Made in Brasil」よりややブラジル色は薄いですが、同じく軽快で気持ちの [続きを読む]
  • 通販で「コンデ」を買っちゃった!
  • 「こいつはアホか!」そう思われても不思議はありません。特にフラメンコギターを長く愛好されてる方なら「ありえないようなコンデ」を2,3度は見たことがあって当然と推測できるからです。私が見たコンデには①ナットが適当に切ってあり絃の間隔が不均等なもの、②12フレットから13フレットの間隔が11〜12フレットより若干でしたが広いもの、③本物?と限りなく疑わしいもの、などがありました。音以前の問題です。しかし、 [続きを読む]
  • パコを弾く 3歩進んで1歩下がる グラナディーナ
  • 「ギター欲しい病」とりあえず治りました。ただ、いつ再発するかわからない恐い病気なので油断は出来ません。と、いうことでNEWギターでアップします。曲はグラナディーナでパコが最初に録音したほう、「月影のヘネラリーフェ」です。後に録音した「月に映えて」のほうが弾き易いのですが、これは多くの人がアップしているのでアップされてないほうをアップしました。弾けてないのにエラそうに言うのも何ですが、難しいです。 [続きを読む]
  • 「日本語に訳しちゃダメっ!」Sabor a mi
  • 少し前の話ですが、日系の女性と四方山話をしているうちに音楽の話になり「Sabor a mi」の話となりました。彼女が「一番お気に入りの歌」とのことでした。私もこの曲は知っていて、いずれバンドで演奏したいと思っていたので気になっていたことを訊きました。(もちろん日本語です)「僕でも歌詞の内容は何となく分かるけれど、どうしても『Sabor a mi』が上手く訳せないので何か良い言葉ない?」と助言を求めたところ、考えて黙 [続きを読む]
  • (完)アランフェス聴き比べ
  • ブリーム盤は1990年録音の「ラトル指揮」を聴いていましたが、ブリームのセットの中に1963年録音の「コリン指揮」を見つけたので、両方聴きました。やはり「ギターの音が小さい」です。ギターが聴きたくて音量上げるとオケがうるさく感じます。どちらかといえば「ラトル指揮」のほうが好みです。第二楽章、気持ちを抑えながらも感情からこぼれ出る音が琴線に触れてきます。イエペス、デラマーサ、ブリームと「解釈が古い!」と言 [続きを読む]
  • (続)アランフェス聴き比べ
  • 前述のイエペス盤の他にギターが楽に聞こえたのはデラマーサ、1962年録音盤です。1948年録音盤もハッキリ聞こえますが録音全体が「チャップリンの白黒映画」のバックで鳴ってそうな音です。今までに述べた盤以外は「ギターがどうの、オケがどうの」という以前にギターの音が痩せて聞こえます。「お前の家のオーディオがボロいっ!」と言われればそれまでですが、ギターの音が小さく感じます。大音量で聴けば、違った感想になるか [続きを読む]
  • アランフェス聴き比べ 
  • 私が所持しているCDのうち同一曲で一番多いのは「アランフェス協奏曲」です。先日のTVカニサレスの影響もあり「もう一度聴き比べをしよう」と5日間で、イエペス3バージョン、ジョンウィリアムス3バージョン、サインスデラマーサ2バージョン、そしてブリーム、パコデルシア、巨匠ばかりを聴き比べました。普段は「アランフェスが聴きたい」と思った時はいつも「6弦時代のイエペス版、アルヘンタ指揮」に手が伸びていました。こ [続きを読む]