ウィルゴ さん プロフィール

  •  
ウィルゴさん: 日常に幸せを見つける29歳の日々
ハンドル名ウィルゴ さん
ブログタイトル日常に幸せを見つける29歳の日々
ブログURLhttp://izumiyoga.blog.fc2.com/
サイト紹介文29才派遣社員でOL。2年間・25ヶ国の旅を経験。社会復帰し、日常の気付きを綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供174回 / 221日(平均5.5回/週) - 参加 2016/10/22 14:32

ウィルゴ さんのブログ記事

  • いい顔になる方法
  • 今日、会社に行くと60代の男性(毎日のように仕事の話を一緒にしているおじ様)がこんなことを言いました。私が「おはようございます」と、言ったら「おっ!今日はいい顔してるなぁ〜♪なんか良いことあったか?」って。いつも私の調子を表情だけで見破ってくるおじ様(笑)しかもいつも当たっているからこわい(笑)仕事で滅入ってしまっているときは話さなくても「最近、疲れとるだろ〜」と、これまた見破られる。今日、自分ではい [続きを読む]
  • 友人の結婚式
  • 友人の結婚式に参列しました。あぁ‥やはりいいですね、結婚式。結婚式に参列する度に泣いている私です。30歳のとっても素直な友人で、私は素直さの大切さを彼女から教えてもらいました。彼女がいなければ、今の私はないと言って過言ではありません。そんな友人の大切な結婚式に招かれてとても幸せです。ありがとうございました(^^) [続きを読む]
  • 引き寄せたのは不幸でした
  • 先日、自宅前の大きな道路で交通事故が起きました。週末で私は自宅におらず、事故現場を見ていませんがインターネットでは写真がいくつも掲載されていました。大炎上している、ワゴン車。その先に横たわるバイク。どうやら、右折しようとしたバイクと直進しようとしたワゴン車が衝突したようです。死者が出てしまったかは不明ですが、そうであってもおかしくない事故でした。なんだか、最近身の回りで思いがけないマイナスな出来事 [続きを読む]
  • お天道様が見ているらしい
  • 今日、会社でお昼ご飯を食べているときに同僚から"あぁ、きっとそうなんだ"と、思うような話を聞きました。その同僚Fさんは、お父さんのガンが発覚したとき命について色々と考えていたそうです。そしてその時期によく見ていた夢があったそうです。「なんかね、神様がいて、すごーい大きなチェスをやってたの。 神様の顔は見えなかったけど、それが神様だってことは分かるの。その神様がチェスをやっているんだけど、その駒は人間 [続きを読む]
  • 水面と心
  • 小さな湖を見ていました。そこに誰の姿もなく、ただ水面が静かに止まり、鏡のようになっていて、見事に緑の木々を映し出していました。私たちの心は、本来、このような水面であるのだそうです。揺れ動く水面には、物事は綺麗に写らず、歪んだ形で映ります。歪んだ形を綺麗に整えようと、焦り、慌てるとさらに水面は激しく波打ち、さらに歪んだ形を映すのです。ときには風で激しく波打つときもあるでしょう。しかし、本来の水面は何 [続きを読む]
  • 感動について
  • 【感動】ある物事に深い感銘を受けて強く心を動かされること(goo辞書より)何かによって自分の持っている感覚、感性など動かされる。それは年を重ねるにつれて、薄くなっていくものだと感じる。ただ、それを放っておくと心は動くことがないので固まってしまうものだと思う。そうなるとどうなるのかな....もしかしたら生きることが辛くなるのかもしれない。だから、日常生活でいかに感動ができるかが幸せになる重要な鍵だと感じる。 [続きを読む]
  • 空き巣に入られる〜人生2回目〜
  • 今朝、仕事へ行く準備をしていると、いつもにない慌ただしい父と母の声。「空き巣に入られたかもしれない」その目線の先には、割られた窓ガラスがあったのです。私、絶句。数年前、一人暮らしをしていたとき、同じように空き巣に入られたときの感覚が蘇りました。何とも言えない緊張に冷や汗。どうやら、昨日の昼間に入られたようです。丸10cmほどの割られた窓の穴に誰も気付かず、カーテンを閉め、夜を過ごしていたようです。被害 [続きを読む]
  • 本を買いました 「こころの匙加減」
  • 先日、一冊の本を買いました。本屋さんでたまたま目に止まったものです。(100歳の精神科医が見つけた) 「こころの匙加減」 高橋幸枝タイトルにも惹かれましたが、さらに惹かれたのは帯に書かれていた言葉です。____________________________頑張りすぎず、自分を甘やかせすぎず、我慢しすぎず、他人を頼りにしすぎず毎日をちょうどよく生きるための40の真理____________________ [続きを読む]
  • 不幸だと感じ始めると‥‥
  • 私は、仕事でイライラしてしまうことがよくあります。最初はいいのですが、そのイライラが長い間かけて積み重なると、そのイライラとは関係ないところで当たってしまうことに気付きました。先日、"やってしまった"と反省したのは、電話。その日、私は朝から同僚にイライラしてしまい、限界も超えそうな残業時間にかかってきたお客様の電話に、いつもの三分の一くらいのトーンで対応してしまいました。お客様は全く関係ないのに、で [続きを読む]
  • 衝突を避けるために
  • ここ最近、車を運転していてよく思うことがあります。「車の運転と人間関係は似ている」たとえば、"気持ち良くスムーズに進んでいるときに、隣の車線から車が自分の前に車線変更してきた"よくある光景ですね。その、車線変更してきた車の入り方が重要です。①車線に入る数秒前からウインカーで車線変更の意思を示しており、車線に入ったあともハザードでお礼を示す②ウインカーで一瞬、車線変更の意思を表したと思ったら急に前に入 [続きを読む]
  • 素敵な大人♪
  • 先日の会社の飲み会のあと、二次会でカラオケに参加させていただきました。それはそれは盛り上がりました!(^^)何人かは初めてご一緒したので、意外な一面を見ることができ、とても新鮮な時間でした。こんないい大人がハシャギまくっているのも嫌いじゃありません(*^-^*)しかも参加された方々のほとんどは車の部品の設計者で、普段は大変忙しく、真面目に仕事をしている方々です。仕事のときは真面目に仕事をこなし、ふざけるとき [続きを読む]
  • 今日の名言 by副社長
  • 今日は会社の飲み会がありました。約40人くらいでしょうか。その席で、副社長とお話することがありました。来年から社長でもあるその方は、皆からの信頼が厚く、私も副社長のファンの一人です。お話してる中で素敵な言葉をいくつかいただいたので、ここに残させていただきたいと思いました。(私が今動いている、ある仕事の内容について)「人を動かすのは結局、感情なんだよ。好かれるかどうかだ。好きな人の言うことは聞くから。」( [続きを読む]
  • 一瞬の地震が教えてくれたこと
  • 今日の夜に、私の住んでいる場所で震度1の地震がありました。私はそのとき、のんびり横になって過ごしていました。突然、"ガタガタガタっっ"と揺れ、緊張が走りました。よく、最初の小さな揺れのあとに大きな揺れが続くと言われているからです。体感的には長く感じましたが、実際の揺れは2秒ほどでした。不思議なものです。そのほんの一瞬で、様々なことが頭に浮かんできました。避難場所、両親、家族のこと、仕事のこと、未来のこ [続きを読む]
  • 私の衝撃的な体験 inトイレ
  • 今日トイレで突然、ずいぶん前に経験したある衝撃的な出来事を思い出しました。20代前半に、それはファミレスのトイレで起きました。私はその日、人から良いことを教えてもらい、さっそくそれを実践しました。何かというと、トイレットペーパーを使った後切り口を三角に折る ということです。あれ、よく見かけますよね。「三角に折ると、次の人が気持ち良く使えるでしょう(^^)」と聞き、その直後に行ったファミレスで私はすぐ実行 [続きを読む]
  • キングコング・西野氏から学ぶ
  • 先日からワイドショーを賑わせている、キングコング西野氏。中学生の頃も、私はお笑いが大好きで当時のキングコングさんのネタをビデオに録画していたのを思い出します。さて、今回そんな西野氏のブログを拝見し、ある記事がとても印象に残りました。収録途中、失礼な態度のディレクターにキレて帰ったあとのブログです。タイトル「イジリとイジメの境界線」(ブログ内容を抜粋)「何を言ったか」が問題ではなくて、「誰が言ったか」 [続きを読む]
  • 私には関係ないと思っていたこと
  • 今日は現代マナーの講座を受講させていただきました。私は数年前まで"マナー"と聞くと、『堅苦しい・面倒くさい・お金持ちのパーティーだけに必要でしょ?私には関係ない。敬語?ややこしいの多いし、覚えるの大変でしょ。』という風に考えていました。しかし、そんなことを思っていた頃、こんなことを教えていただきました。【マナーは自我があると苦痛でしかない】【マナーは覚えたら、こんな便利なツールはないと感じるでしょう [続きを読む]
  • 当たり前のことを思い出しました
  • 今日は毎年恒例となっている家族でバーベキューをしました。そこで、2階の奥に眠っていた写真を少し出してみました。大変懐かしい自分であったり、兄や姉、若い頃の両親。「あーっ!これ、懐かしいねぇ。覚えてる?」など笑いも絶えません。そこに、白黒の写真ばかりが集まったアルバムが一冊。青年が車の横でカッコつけてポーズをとっています。すぐに分かりました。父です(笑)アルバムをめくると、幼い頃の父の写真がいくつか [続きを読む]
  • 意外な人間関係の改善方法
  • もう5月で、日中は半袖で歩く姿の人も見かけるようになりました。ということで、天気の良い今日は衣替えをしました(^^)衣替えも兼ねて、不要なものを処分したのでスッキリ♪片付けをするときにいつも感じることですが、物を捨てるということは大変エネルギーが必要となります。買うときよりの何倍ものエネルギーです。だから、私も含め、多くの方がなかなか捨てられないのかもしれないですね。しかし、ここに意外な人間関係の改善 [続きを読む]
  • 映画を観ました ライオン/LION〜25年目のただいま〜
  • 今日は映画を観に行きました。『ライオン/LION〜25年目のただいま〜』(以下、Yahoo!映画からあらすじを抜粋)インドのスラム街。5歳のサルーは、兄と遊んでいる最中に停車していた電車内に潜り込んで眠ってしまい、そのまま遠くの見知らぬ地へと運ばれて迷子になる。やがて彼は、オーストラリアへ養子に出され、その後25年が経過する。ポッカリと人生に穴があいているような感覚を抱いてきた彼は、それを埋めるためにも本当の自分の [続きを読む]
  • 曖昧な感覚が明確になる
  • 今日は日帰り観光で長野県を訪れました。長野県は、山々が数多く連なり、この季節は特に緑豊かです。車から見える景色も、車から降りて実際に手に触れる緑も、日常の忙しさを忘れさせてくれました。さて、その"日常を忘れさせてくれる感覚"というものは、これまで自分の中で曖昧な感覚でもありました。しかし、今日はっきり感じました。"日常を忘れさせてくれる"と思っていたのは、実は、"私は山や木と繋がっている"ということを思 [続きを読む]
  • 本当に大事なものは形にしにくい
  • 今日は高校時代の友人と3人でランチ。卒業してからも頻繁に会っているので、今日が久しぶりというわけじゃありません。数ヶ月に一回のペースで会っているのですが、会う度に微妙な変化が皆、ありました。そして、今年30歳を迎える私達は"色々な変化を経験してきたよね"という話をしていました。それぞれ、高校生のときに望んでいた30歳にはなっていないけれど、それなりにやっているように見えます。10年前、30歳なんて想像つきま [続きを読む]
  • どうか変わらないでいてください
  • もうすぐゴールデンウィークですね(^^)売上計上の仕事がある私は、連休前の月末は、大忙しです。そんな中、左隣の席のTさん(20代後半・男性)は集中力に欠け、トータル4時間くらい、話したり、ネットをしたり、ボーッとしていました。また、口を開くと、不満を大きな声で長々と話してしまう方でもあります。私は、その声で自分の集中力が途切れないように、淡々とこなすしかありません。仕事をやらないと帰れないのです(>_ [続きを読む]
  • 自分の価値アピールをしなくても
  • 会社のFさんの話です。新しいもの好きで、流行りに少し敏感なFさんは、自分の持ち物にこだわりがあるようです。 「このコーヒー、〇〇産のちょっと珍しいものなの。他のコーヒーより飲みやすくていいの♪」「このマグカップは昨年のスタバ限定なの。もう今年はないみたい。」「この前、コストコで美味しいお刺身が安く買えたの!スーパーで買うと高いじゃない?」よくある日常の雑談ですが、Fさんの口調には、私がよくやっていたこと [続きを読む]
  • ヨーガの学び 〜頑張ることから手を引く〜
  • 今日は恩師のブログから文章をお借りして、皆様にヨーガのことを共有させていただきたいと思います。私がインドで行っていたヨーガ(ポーズ=アーサナ)は難しいものが多かったです。そのポーズに挑戦する心が、さらに"頑張らなくてはいけない"という自分を作り出していることに気付いていませんでした。それは、悩みを新たに生み出してしまう原因でもあります。しかし、恩師はそのことを気付かせてくださいました。以下、ヨーガにつ [続きを読む]
  • 周りの言葉がどうであれ
  • 私は、仕事は選ぶものではなく、仕事に呼ばれると信じています。じゃあ、今の仕事はどうかって?やはり、呼ばれたようで、私に丁度いいようです。"派遣社員"という身分ですが、社員さんより仕事が多く、また内容も派遣が知ってもいい内容なのかな?ということもよくあります。"あなたの仕事は誰もがやりたがらない、ハズレね""雇う前に、派遣がやるべき仕事じゃないって議論してたんだけどね"この1年9ヶ月、そう言う人が何人もいま [続きを読む]