梔子花 さん プロフィール

  •  
梔子花さん: 梔子花さんのブログ
ハンドル名梔子花 さん
ブログタイトル梔子花さんのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/gardenia-flos/
サイト紹介文小説、エッセイ、PSW。日々生きていて、思うこと。
自由文このブログでは、私が日々考えていることを、そのまま書いたり、物語にして書いたりします。

「ふつーのブログだと思ってたのに、ある日来てみたらなんかポエム始まったんだけど!」みたいなこともあります。きっと。

驚かないでくださいね。通常運転です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 331日(平均1.6回/週) - 参加 2016/10/22 15:07

梔子花 さんのブログ記事

  • 【エッセイ】人々の間に戻ろうとして【かしましくちなし】
  • 「生きる」って、ちょっと大変。にほんブログ村 これまで自分でも気づいていたようで気づいてなかったのですが、人々の間に戻ろうとしている昨今、「どうやら私はそうらしい」と思うようになってきました。 私、たぶん自分の意見を通すのが苦手です。 優柔不断とか、自分の意見がないとか、そういうのではなく。 「忍耐力がある」、「我慢強い」、「諦めが早い」……そんな感じです。 自分の意見はありながら、それを [続きを読む]
  • 【エッセイ】幸も不幸も自分次第だ。【かしましくちなし】
  • 水面下では相変わらずの綱渡り。にほんブログ村 幸せになりたい。 けど。 「幸せになるのが怖い」なんて、漫画とかで見かけることがあって、昔は「???」って感じ。 ピンとこなかったのですが。 今なら分かる気がします。 きっと、信じられないんです。身の上に起きている幸せが、本当に幸せなことなのか。 「何かウラがあるんじゃないか」 「ちょっといい気分になって浮かれてしまって、現実が見えていないんじゃ [続きを読む]
  • 原稿の進み具合が思わしくないのでそういう話をします。
  • 「かしまし」どころじゃない。にほんブログ村 「今日はブログの更新もムリかもしれない」 今日、そんなことを思いました。 いや、このところ毎週……まさしく「綱渡り」みたいなことになっています。 「三大香木」の第二弾、「金木犀」が終わりません。 やっと初稿ができた、くらい。 10000字に満たない作品なのに、何か月書いてんの、っていう。 「生みの苦しみオブザイヤー2017」確定です。 以前より確実に、「職場で [続きを読む]
  • 感想を書くことについて
  • 頭が痛くて。今日は手短に。にほんブログ村 最近、「ブログで仲間の本の感想を書けたら」と思っています。 書くとしても、「三大香木」シリーズを書き終えてからになるかと思いますが。 私は、文学のことは、実はよく分かっていません。 文学部だった経歴もないし、文芸部で仲間と切磋琢磨した、という経験もありません。 野放し状態でここまで来ました。 だから、文学作品の後ろの方にある「解説」みたいな、ああい [続きを読む]
  • コミティア121ありがとうございました。
  • いやぁ蒸し暑い1日でした……。にほんブログ村 無事、行って帰ってきました。 が、予想通りの世知辛い世界でした。 「んー、見てはくれるんだけど……!」って感じ。 去年は見向きもされなかったから成長といえば成長なんですが。 帰る道中に開催された梔子脳内会議(15分くらい)の結論 「よし、来年は、やめよう」 参加費、交通費、ネコちゃん代、体力……もろもろを考え、そういう結論に至りました。 季節感( [続きを読む]
  • COMITIA121に出ます。
  • 宣伝でーす。にほんブログ村 今年も荒波に揉まれる季節がやって参りました。 【COMITIA121】日時:2017年8月20日(日)11:00〜16:00会場:東京ビッグサイト東5・6ホール 梔子のぼっちサークル「謂はぬ色」、「東6ホール」の「は15a」というスペースを頂いております。 会場の奥の方、自販機の近くでお待ちしております。 よろしくお願いします! (なぜか角の近くに配置されやすいんですが、角は取れなんだ……んー) [続きを読む]
  • 「夕立」スピンオフ「夏雲の陰」について
  • ブログ小説仲間に出会える(かもしれない)バナーにほんブログ村 しれっと脱稿していました。 「夕立」スピンオフ 夏雲の陰 A5サイズ 本文2段組12頁 150円 平成29年8月20日(COMITIA121当日)発行予定 夏は出さない予定だったのですが、急きょ、出すことに。 本文、少しだけ載せておきます。 後悔と、怒りと、かなしみと。不器用な彼女の、拙い一歩。 「私の、本当に欲しかったものは」 昨年の夏に出した「夕 [続きを読む]
  • 【エッセイ】人々の間に戻る【かしましくちなし】
  • 今週も、似たようなブログに出会える(かもしれない)バナー。にほんブログ村 ずっと「独りで寂しい」という穴を抱えて生きていました。 誰も私のことなんか見ていない。 抱えた寂しさに気づく前から、気づいたあともしばらくは。 その穴を埋めるために、見てもらうために、私はいろんなことをしてきました。 見てもらう、という他者の軸に合わせるような形で生きていて。 「これが私だ」という個性は、どぎつく強いよ [続きを読む]
  • 【エッセイ】情けは人の為ならず、のような話【かしましくちなし】
  • 似たようなブログに出会える(かもしれない)バナーにしてみる。にほんブログ村 その諺とは、なんだか違う気もしますが。 「私なんかが」とか「どうせ私は」という言葉を私が使う度に、「次からはそれは禁止だよ」と、人から根気強く諭された時期が、かつてありました。 「自分の言った言葉が自分の耳に入ることで、自分を傷つけるから」と。 幾つもの月日が経ち、「自分を大事にするとは」ということがどういうこと [続きを読む]
  • みちのくCOMITIA3ありがとうございました。
  • もう自分ちにいます。明日はきっと筋肉痛(荷物が重たいよ)。にほんブログ村 行ってきました郡山。 参加された皆様、サークルの方も一般の方も、お疲れさまでした。 そして、「謂はぬ色」のスペースにお見えになった皆様、両隣のサークルの皆様、ありがとうございました!お蔭さまでちっとも孤独ではありませんでした。 みちのくCOMITIAですが、これまで参加してきたイベントだと「テキレボ」が一番雰囲気が近いと思い [続きを読む]
  • みちのくCOMITIA3に出ます。
  • 宣伝でーす。にほんブログ村 新刊はありませんが、イベントに出ます。 【みちのくCOMITIA3】日時:2017年7月16日(日) 11:00〜15:00場所:ビッグパレットふくしま 展示ホールB 謂はぬ色、初の関東(東京)脱出。 福島の郡山です。 新幹線が停まりますね!ありがたい。 【謂はぬ色】は【B16】というスペースを頂いています。 「ビタミンみたいだ」って思いましたが、検索かけてみたらメジャーなのは「B1」「B2」「B6 [続きを読む]
  • さいごのよるに。
  • 今日は「そのほか」記事です。 にほんブログ村 10代から20代になるときは、なんだかあっけなかった。 「あ、こんなもの?」って。 酒が解禁になるくらいで、正直、大した変化なんてなかったのです。 20代が終わる今。 思うのは「若さもあって楽しいはずの時間を、だいぶ無駄に使ってしまった」ということ。 20代の自分を活かしきれなかった。 もっと楽しい過ごし方があったはずなのに。 自分を傷つける生き方をする [続きを読む]
  • 【オリジナル掌編】幸せは手を伸ばしたすぐそこにあるというのに4
  • 実はこの作品、雨の描写がろくすっぽないんです。にほんブログ村 「!」   ついに、言われてしまった。 咄嗟に一芽はそう思った。 「さすがに僕も怒るよ」   それでも尚、拗れてしまった心は意地を捨てられない。 「……そうだよね」「……?」「こんな我儘な奴だなんて、思ってなかったでしょ……ごめんね」「……」「あーあ」   ため息交じりのその声は、やけに大きく部屋に響いた。 「きっと子どものこともむやみに怒っ [続きを読む]
  • 【オリジナル掌編】幸せは手を伸ばしたすぐそこにあるというのに3
  • 梅雨空というより雷雨の前のような不穏さが続きますが。にほんブログ村 「……ふぅ」   寝室の戸を閉め、服を脱ぎながら思う。 (……冷たかったかな)   もし、もっと心の優しい嫁だったら、どう答えたのだろう。   彼がへこたれず、明るくしていればいるほど、苛立ちが大きくなるような気がする。何故、そう能天気でいられるのか。こちらに言われたことを、本当に分かっているのか、反省しているのか……。 何も考えてい [続きを読む]
  • 【オリジナル掌編】幸せは手を伸ばしたすぐそこにあるというのに2
  • いよいよ梅雨入りですね。にほんブログ村 気まずい結婚記念日を終えた翌朝。 「……」   ベッドで一芽が目を覚ますと、既に恵慈は家にいなかった。 「っ……ふあ」   身体を起こし、伸びをする。   今日は午後からの出勤だ。気分の悪さは相変わらずだが、何日も仕事に穴をあける訳にもいかない。 「……?」   廊下に出ると、ふわりと甘い香りがした。花のような。いつも使っている洗濯洗剤などの香りとは違う。 (何の… [続きを読む]
  • 6月は小説。
  • 「そのほか」記事でつなぐのも今日で終わりだーーー!にほんブログ村 本題に入る前に。 夏から先の出たいイベントのうち、「第6回Text-Revolutions」、「第二十五回文学フリマ東京」のサークル参加申し込みをいたしました! 両イベントとも、あとはおカネさえ振り込めば参加確定となります。 (文学のイベントはサークルカット要らないから楽ちんです) あと申し込むのはサークルカットの要る奴らです。うわぁ……どうに [続きを読む]
  • 無料配布本「エンプティ・チェア」について
  • 「来週からはエッセイ」って言ったな。あれは嘘だ(ごめんなさい)。にほんブログ村 今一度、「謂はぬ色」の無料配布本について、語りたくなりました。 こちらが、初版を発行するときに書いていた記事。 サンプルも載せていますので、気になる方は飛んでみてください。 降臨するままに、地元のミスドで泣きながらノートに原稿を書きなぐって。 そうしてできあがった初稿をほぼいじることなく発行しています。 ほかの本 [続きを読む]
  • 春イベントありがとうございました。
  • 午後まで頭が働かず。夜型なのかもしれません。にほんブログ村 4月1日のテキレボ、5月6日のCOMITIA120、5月7日の文学フリマ東京。 サークル参加を申し込んでいた3つのイベントがすべて終了いたしました。 サークル参加していた皆様、お疲れさまでした。そして、「謂はぬ色」のスペース、ブースにお越しくださった皆様、ありがとうございました。 テキレボでは新刊はありませんでしたが、それでもいくつかの本が私のもと [続きを読む]
  • 【オリジナル長編】設定集5/5【海のおとしご】
  • 今日も元気に。にほんブログ村 いよいよこの「設定集」も最後になります。意外と長かった。 ここまでついてきてくださった皆様、こんな個人的な目的のための記事にお時間を割いていただいて、本当にありがとうございます。 あともう少しです。今回もよろしくお願いします。 設定を書いてみての所感ですが、意外と多くの人が死にますね。 若い(というか幼い)脳みその、無知ゆえの残酷さを感じます。 設定のヒント [続きを読む]
  • 【オリジナル長編】設定集4/5【海のおとしご】
  • 村は本日も晴天なり。にほんブログ村 今回は、ルーナが王宮で過ごしていた頃に出会った人たちを紹介します。 人によって、ブログにある本編では影も形もなかったりします。 「ですます」と「だである」がごっちゃごちゃの設定集。直すのしんどくてそのままにしています。 王宮使用人は、試験さえ通れば誰でもなれるシステムではあるのですが、結局のところ世襲というか、「使用人の子や血縁者(=あまりお金に困って [続きを読む]
  • 【オリジナル長編】設定集3/5【海のおとしご】
  • すると良いことがある、とは限りませんが。にほんブログ村 初公開の設定ばかりでもアレなので、今回はブログであげていた部分の設定を載せていきます。 「アラウ国王」については次の記事で載せます。 設定集の最初の記事で載せ損ねたのですが、「南の国」は広くて、いろんな民族の方が暮らしています。 フムスたちが違う民族なのもそうなのですが、ウーたち姉妹とガルもそれぞれ別の民族だったりします。 [続きを読む]
  • 【オリジナル長編】設定集2/5【海のおとしご】
  • 積極的に耕していくGW(平日)にほんブログ村 「海おと」設定集その2です。 今回は、前回の記事で初めて出てきた人、モノについて、回収していきます。 ミラ、書いてあげたかったなー。 「悪役サイドなんだけど良い人」っていうの、結構好きです。深みがあって。 思いつくまま書いていて分かり [続きを読む]