コンサルターKEN さん プロフィール

  •  
コンサルターKENさん: 総務経営コンサルタント KENの目
ハンドル名コンサルターKEN さん
ブログタイトル総務経営コンサルタント KENの目
ブログURLhttps://ameblo.jp/srconsul4141/
サイト紹介文人事・総務・労務管理・経営相談・コンサルティングなど、経営者・会社・個人事業主への役立つ情報を発信
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供297回 / 304日(平均6.8回/週) - 参加 2016/10/23 16:58

コンサルターKEN さんのブログ記事

  • 最低賃金について知っておくべきこと
  • 10月1日から労働した分に対して支払う最低賃金額が変更されます。 平成29年度地域別最低賃金額改定の目安についてhttp://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000172722.html 地域によって22円〜26円の引き上げを答申しています。 まだ答申の段階ですので決定ではありません。 しかし、最近の傾向としてほぼ答申通りに改定されています。 時期的にそろそろ進めなければならないかと思われます。 答申通りの最低賃金になって [続きを読む]
  • ある銀行員の告白です
  • ある銀行員が述べた記事です。 なぜ、銀行員は「連続1週間」の休暇が取れるのか?「休暇の予定」を変更してはいけない理由https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-00000007-zuuonline-bus_all 細部については、記事を読んで下さい。 一部だけ抜粋すると、 ■銀行員は強制で「連続1週間」休暇を取らなければならない 理由は、当局からそのように指導を受けているからとのこと。すなわち、その行員が不正を行っていないか [続きを読む]
  • 会社と司法と行政は非正規労働者を差別している?
  • 非正規労働者の切実な声は司法に届くのか?非正規労働者と正規労働者の違いとは?会社や国・行政の非正規労働者に対する扱いは? 2013年に施行された労働契約法の第20条を「武器」として、非正規労働者が勤め先を相手取り、差額賃金などの損害賠償を求める「20条裁判」が相次いでいます。 “20条裁判”を起こす非正規たち 正社員と同じ仕事・責任なのに待遇格差https://news.yahoo.co.jp/feature/721 詳しくは記事をご覧下さい [続きを読む]
  • もし労働調査があなたの会社に来たら・・・
  • あなたの会社、送検事案に引っかかる行為を行っていませんか? 厚生労働省は8月15日、労働基準関係法違反の疑いで送検された国内企業のリストを更新しました。 労働基準関係法令違反に係る公表事案(平成28年10月1日〜平成29年7月31日公表分)   今年5月から公表を開始しましたが、大手企業や公営関係も送検・起訴されており、今や税務調査よりも企業は恐れていると言われています。 もう一度言います。あなたの会 [続きを読む]
  • もし労働調査があなたの会社に来たら・・・
  • あなたの会社、送検事案に引っかかる行為を行っていませんか? 厚生労働省は8月15日、労働基準関係法違反の疑いで送検された国内企業のリストを更新しました。 労働基準関係法令違反に係る公表事案(平成28年10月1日〜平成29年7月31日公表分)http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/dl/170510-01.pdf  今年5月から公表を開始しましたが、大手企業や公営関係も送検・起訴されており、今や税務調査よりも企業は恐れていると言わ [続きを読む]
  • 「ドライブスルー」と「葬儀場」がマッチングしたら・・・
  • 「ドライブスルー」と「葬儀場」いう異色の組み合わせが生んだビジネスが始まります。 とても興味深い記事が出ていました。 日本初「ドライブスルー葬儀場」2017年内登場 葬儀の「簡素化」が求められるワケhttps://news.yahoo.co.jp/pickup/6250772 このシステムが出来た背景として記事では、 ・体の不自由な人にとっては、クルマの乗り降りはもちろん、受付や焼香の列に並ぶことも大変であることから、お年寄りが、クルマを [続きを読む]
  • 【警告】もし労働調査があなたの会社に来たら・・・
  • あなたの会社、送検事案に引っかかる行為を行っていませんか?厚生労働省は8月15日、労働基準関係法違反の疑いで送検された国内企業のリストを更新しました。労働基準関係法令違反に係る公表事案 (平成28年10月1日〜平成29年7月31日公表分)  今年5月から公表を開始しましたが、大手企業や公営関係も送検・起訴されており、今や税務調査よりも企業は恐れていると言われています。もう一度言います。あなたの会社、送検事案に [続きを読む]
  • あなたはどちら派ですか?
  • 「話しかけられない接客」「話しかけられる接客」あなたは、どちらが好みですか? 最近、記事のような接客が増えています。 声かけ自粛「話しかけない」接客サービス広まるhttps://otekomachi.yomiuri.co.jp/news/20170816-OKT8T28755/ 業種にもよると思いますが、衣料品店や美容院、タクシー運転手などで「声かけ」を自粛しているところがあるそうです。 ニュースサイト「しらべぇ」が2015年2月、全国の男女1500人 [続きを読む]
  • そもそも、本当に議論するべきことは?
  • 結局、得するのはお役所?一部の利益に資する企業? 年末調整 「ネットで完結」へhttps://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170814-00000208-fnn-bus_all 内容については、記事をご覧下さい。 この記事へのコメント投稿にさまざまな意見が寄せられています。 ・源泉徴収制度・年末調整・確定申告・社会保障 などの税金や社会保障に関すること実際の実務への負担とお役人との乖離 ・電子申請(e -TAX) ・マイナン [続きを読む]
  • 仕事への思いは男女関係ない
  • 熱意と創意工夫で、地方や企業も活性化します 巻き網船団を率いて改革 31歳女性社長https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-00010000-fukui-l18 詳細は記事を見て下さい。 将来を見据え地方の衰退を防ぎ漁業の新しいビジネスモデルの確立 そして何よりも現状を変えるための熱意と創意工夫と諦めずに行動していくことの大切さ この記事読んで、改めて感じました。 あなたの会社や住んでる地域で同じようなことが起こ [続きを読む]
  • 「おカネ」の問題は、いくつになっても油断できないです
  • お金持ち(特に高齢者)の金融資産が狙われています。 特に帰省されていて、高齢のご両親がいらっしゃるあなたには大変参考になる記事で、時間があればぜひ会話の中で取り上げて話し合っておいて欲しいことだと思います。 帰省時「高齢の親」に伝えたい「おカネ」の話金融庁「認定」3大ダメ商品を買っていたら?http://toyokeizai.net/articles/-/184267 詳しくは記事を読んでください。 私自身は参考になることや、知識の再確認を [続きを読む]
  • 『お盆玉』を知っていますか?
  • 「お年玉」ならぬ「お盆玉」が浸透しつつあるのをご存じですか? 興味深い記事が載っていました。 「お盆玉」じわり浸透=知名度3割、平均5900円―民間調査https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00000005-jij-soci あおぞら銀行がシニアの暮らしぶりなどに関する調査を2014年から毎年実施しており、今年は6月に55〜74歳の男女約2000人に行った結果が公表されました。 それによると、お盆シーズンに帰省した子や孫にお [続きを読む]
  • 始業、終業時刻の定義を明確にしましょう
  • おはようございます。 今日からお盆休みという方もいれば、業種的にお盆休みなどないという方もいらっしゃると思います。 お休みの方は、仕事のことなど忘れて羽根を伸ばしたいと色々計画を立てていることでしょう。それも良いことです。 一方で、お休みの時こそ、色々と冷静に見つめ直し、今後についてじっくり考える時間に充てるのも良いかもしれません。 私も後者の方になるかも。。。 有意義に過ごしていきましょう。 [続きを読む]
  • 今後も監督指導の強化が図られます
  • あなたの会社、賃金不払いになっていませんか? 万一調査を受けたその後、是正し、その後の運用がしっかり出来ていますか? 外国人技能実習制度を利用して雇用している経営者のあなた、労働法令を遵守した運用をしていますか? 厚生労働省から上記2つについての調査結果公表がありました。 それぞれ下記にリンクしておきますので、詳細は各項目を閲覧してください。 どちらの事案についても、今後も調査指導が多く入るもの [続きを読む]
  • 生き残りをかけるために・・・
  • あなたは、何を基準に食べたり飲んだりする飲食店を選んでいますか? 外食企業でM&A(合併・買収)や資本業務提携が活発に行われています。 人不足に悩む居酒屋業界 M&Aに走る事情https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170809-00022739-president-bus_all&p=1 ここでは、居酒屋外食産業について書かれていますが、今後、医療・介護・保育の分野においても連携を含めたこのような動きが増えてくるでしょう。 記事による [続きを読む]
  • 「修業≠労働」?「修業=労働」?
  • 「ブラックと言われれば、その通りかもしれません」 伝統が破綻する危機と伝統を受け継ぐ人を求めた思いをツイッターで綴ったつもりがブラック企業扱いに・・・ このような記事がありました。 「半年給与なし。仕事保証なし」  京都・西陣織職人の「弟子募集」はブラックと言えるのかhttps://www.j-cast.com/2017/03/18293227.html 記事によると、実際、今回問題となった募集ツイートでは、「最初の半年間は給与が出ない」「 [続きを読む]
  • 労働時間把握の「義務化」
  • 労働時間把握の取り組みが不十分な企業は、対策を講じる必要がありそうです。 労働時間把握は「義務」明記、労働安全衛生法規則改正へhttp://www.yomiuri.co.jp/national/20170806-OYT1T50030.html 労働安全衛生法施行規則に、労働時間の把握について「客観的で適切な方法で行わなければならない」などの文言を盛り込み、明記することで、義務化する方向です。 パソコンの使用時間やIC(集積回路)カードによる出退勤時間の [続きを読む]
  • 労働時間把握の「義務化」
  • 労働時間把握の取り組みが不十分な企業は、対策を講じる必要がありそうです。 労働時間把握は「義務」明記、労働安全衛生法規則改正へhttp://www.yomiuri.co.jp/national/20170806-OYT1T50030.html 労働安全衛生法施行規則に、労働時間の把握について「客観的で適切な方法で行わなければならない」などの文言を盛り込み、明記することで、義務化する方向です。 パソコンの使用時間やIC(集積回路)カードによる出退勤 [続きを読む]
  • そもそも・・・
  • こうなることは分かっているのになぜ対策が打てないのでしょうか? 特養の介護職員不足深刻 景気回復も打撃https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-00000005-kobenext-l28 この記事は、兵庫県での特別養護老人施設に関することですが、全国的に医療・介護・保育の現場では同じ状況と言えると思います。 確かに重労働であるや負のイメージがついていることは否めません。一所懸命取り組んでいてもなかなか思うようにいか [続きを読む]
  • 人はなぜスナックに行くのか?
  • スナックが近年ブームになっており、さらに企業経営で注目されているのをご存じでしょうか? 芸人・玉袋筋太郎氏がテレビ番組で、全国のスナック巡って紹介したり、各界のスナックファンたちもスナックを盛り上げようと立ち上がっています。 最近では首都大学東京の谷口功一教授(法哲学)をはじめ、著名学者らが本業の合間にスナックを本気で研究した『スナック研究序説 日本の夜の公共圏』(白水社)なる著書まで出版し、一 [続きを読む]
  • 今、日本人を雇用することに力を入れて下さい
  • 1か月更新が滞ってしまいました。少なからず当ブログを楽しみにしていた方には、大変申し訳ありませんでした。 毎日更新していけるように最善を尽くしてまいりますので、引き続きご愛顧下さい。 さて、あなたは、下の数字を見てどのようにお感じになり、お考えになりますか? 特に経営者であるあなたは、自社の経営雇用環境を思い浮かべてどのように考えられるでしょうか。 先日発表された総務省労働局調査によると、 6月の [続きを読む]
  • 会社に不満が出ているのは社長の責任です
  • あなたの会社に「心の病」を持った従業員の方はいませんか? あなたの会社でもこれから「心の病」による労災申請が出てくるかもしれません。 今の世の中を象徴する結果が数字として公表されました。 「心の病」の労災認定、過去最多 20代の増加目立つhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170701-00000009-asahi-soci 厚生労働省が30日、16年度の「過労死等の労災補償状況」を公表しました。 記事から抜粋しますと、 [続きを読む]
  • 配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しについて
  • 国税庁が、平成30年より実施する配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しについての情報を掲載しました。 http://www.nta.go.jp/gensen/haigusya/index.htm 以下に内容を載せておきます。 半年後には開始となりますので、事前の周知と準備を少しずつ意識しておく必要がありそうですね。 *****************************平成29年度税制改正により、配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しが行われ、配 [続きを読む]