ありー さん プロフィール

  •  
ありーさん: 積水ハウスの家づくり〜土地選びからアフターまで〜
ハンドル名ありー さん
ブログタイトル積水ハウスの家づくり〜土地選びからアフターまで〜
ブログURLhttp://miniyonsedai.seesaa.net/
サイト紹介文土地選びから、積水ハウスで家を建てるまで。庭、設備、ローン、アフターサービス、メンテナンスについて。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 177日(平均1.4回/週) - 参加 2016/10/23 18:14

ありー さんのブログ記事

  • 1年の定期点検終了。不具合5点でした。
  • 1年目の定期点検が無事に終了しました。正直、もう1年たったのかという感じでしたが、それも特に大きな汚れも破損もなくきれいに過ごせてきた証拠かなという感じがしています。今回は不具合のあった内容を少し書いてみたいと思います。やはり家を建てた後のアフターサービスにも期待して積水ハウスにしましたので、しっかりチェックしておきたいと思います。1年点検は、アフターサービス担当の方が来られてしっかり様子を見ても [続きを読む]
  • 電動鼻水吸引器のメルシーポットは子持ち世帯の最強の時短家電だと思う
  • 最近、風邪が流行っていますが、うちの子も漏れなく風邪をひいて困っています。子供は鼻をかむことが出来ないため、吸引器で鼻水を吸ってあげることが必要です。一番最初は大人が口で吸うタイプを使用していたのですが、見事に親がそのまま風邪に感染するという笑えない事態になってしまったため、半年くらい前からはBaby Smileのメルシーポットを使っています。吸引力がなかなか強く、固めの鼻水でもしっかり吸い出すことが出来ま [続きを読む]
  • 家づくりで改めて振り返ったときにやってよかったこと
  • 家づくりは紆余曲折ありつつも、無事に終了して新生活も落ち着いてきました。今回は、改めて家づくりを振り返り、やってよかったことをまとめたいと思います。- 床暖房を追加した。既にコンクリート打ちつけも終わった段階でしたが、思い切って追加してよかったです。冬もとても快適に過ごせています!追加費用も少しコンクリートを削るだけということで2、3万円程度の追加でした。- 太陽光発電の申請を先んじて進めてもらった。 [続きを読む]
  • 31歳住宅ローン持ちががん保険の必要性を本気で考えてみる
  • 家を建てたことで安心感や快適性を得ると同時に貯蓄額が急減して経済的に苦しい状態に置かれることになりました。年齢的にも30歳を過ぎており将来的な病気の心配も必要になってきました。そこで、住宅ローンを抱えるサラリーマンががん保険を真剣に検討してみたいと思います。がんにかかる確率は?はじめてガン保険のページで確認すると、(男性)30歳でがんにかかる確率は40歳で0.5%、50歳で2%、60歳で7%、70歳で19%、80歳で37%、 [続きを読む]
  • ふるさと納税に駆け込み!
  • 今年、初めてふるさと納税に申し込みました。最初は、いくら住民税、所得税が控除されるといっても、返礼品が高級品ばかりでは根本的な節約にはならないと考えていました。それに、この制度自体、これで職員を増やして余計税金がかかることを考えるともっと効率的な方法があるはずで、制度自体に対してもあまり賛成していませんでした。そのため当然ふるさと納税もやっていなかったのですが、今回は住宅ローン減税を受けるために確 [続きを読む]
  • 固定金利と変動金利を比較して選ぶ(土地から購入した場合)
  • 住宅ローンについては、かなり悩んで決定しました。どこで借りるかとどう借りるかを決定する必要があります。どう借りるかについてはシミュレーションを用いて計算することが必須だと思っています。その内容をレポートしたいと思います。借入後に書いていますので、一部反省も込めてになります。まずは住宅ローンを選ぶ上での基礎知識をまとめておきます。住宅ローンは 二つの金利タイプと支払いパターンがあります。金利タイプは [続きを読む]
  • 1時間で礼服準備完了!洋服の青山の対応がすごかった。
  • 突然の訃報で礼服が必要になったため、至急準備することになりました。ずっと通常のダークスーツでごまかしてきましたが、今回はたまたま準備の時間が取れそうだったことと、そろそろ年齢的に一着くらいあった方がいいと思いましたので購入する事にしました。今回、洋服の青山の対応が素晴らしく、直しも含めて1時間でスピード対応頂けましたのでレポートしたいと思います。10時の開店を待ってすぐに店員さんに声をかけ、礼服が本 [続きを読む]
  • パナソニックorコイズミ?照明を選ぶ
  • 壁紙と床材を決定したタイミングで照明を決めました。大きな決定ポイントは3点で、照明の色と形状、調色・調光機能の有無です。まず初めに、照明の色味を選ぶ積水ハウスのオフィス併設のショウルームで実際の色味を比較して見せて頂き、選んだ床材との相性も確認しながら選びました。私の場合は温かい雰囲気を目指していましたので、温白色を基本にすることにしました。温白色は白色と暖色の中間色の位置づけで、勉強するにも困ら [続きを読む]
  • 外壁(ダインコンクリート)の色を現地調査
  • 外壁の色をいったん決定した後、色に関しては少し不安がありましたので営業の方に相談してみました。すると、「その色だったら、ここに家が建ってます。」という情報を頂いたので見に行ってみることにしました。その家はツートンの家で全面がその色ではなかったものの、全体の雰囲気は現物を見たことでより身近に理解することができました。なかなかいい色味で妻も気に入りましたので色はこれで最終決定することにしました。やった [続きを読む]
  • 積水ハウス見積もりの後にサンゲツでカーテン選び
  • 内装・外装もほとんどが決まって来ていましたので、そろそろ詳細を決めて最終決定をする段階になってきました。カーテンの見積もりがあまりに高かったので、見直し対象としてカーテン専門店で選んでもらうことにしました。まず始めに地元のカーテン屋に行きました。価格的には、確かに積水ハウスの半分くらいにはなりそうでした。しかしながら、積水ハウスで選んできたカーテンの質とあまりに差があり、その中から選ぶことすらでき [続きを読む]
  • パナソニックのショウルームを見学
  • 内装の設備関係を決めるために、パナソニックのショウルームに行ってきました。ビルの2フロアを占めており、キッチンから始まって照明やHEMSなど家で使われる設備関連がおおよそすべて揃い圧巻でした。土日に行きましたので、ものすごい混雑で事前予約のない方はかなりの待ち時間が発生しているようでした。もちろん自由に見学することはできるものの、見積もりを取ってもらうためには担当の方についてもらう必要があります。中に [続きを読む]
  • 外構設計で参考にしたものたち
  • 外構の打ち合わせを進めるにあたっては、現物を見たり、本も参考にして進めていきました。私が参考にしたものをご紹介したいと思います。1.他の家の外構を見て参考にする実際に車で走りながら、いいなと思った外構を写真で撮って参考にしました。積水ハウスの場合は分譲地もたくさん手掛けているため、営業マンに聞けばどこに見に行けばよいか教えてくれると思います。分譲地の場合は、当然ながら同じ年代に建てられているのでそ [続きを読む]
  • 外構(エクステリア)の設計開始!
  • 間取りや内装もだいぶ決まってきた段階で、外構(エクステリア)についても打ち合わせが始まりました。家自体の設計の方とは別に、40代後半くらいの外構設計専門の方が一人ついてくれました。最初から自分たちで外構設計するということはなく、家の雰囲気に合わせた設計案を出してくれましたので、それをベースに打ち合わせをしていきました。打ち合わせは、積水ハウスのオフィスで図面を見ながら打ち合わせという内装と同じスタイ [続きを読む]
  • 階段下トイレってどう?
  • 間取りの検討をしていく中で、案として出てきたのが階段下トイレでした。正直なところ、土地がそれ程広いわけではない我が家ですので、その中で自分たちの実現したいことを詰め込もうとするとどうしても無理が出てきます。それを解消する手段の一つが階段下トイレでした。どうしようか悩んでいましたが、建売の見学で幸運にも見る機会に恵まれました。こんな感じです。見学した2件とも階段下トイレでしたので、異なる写真です。写 [続きを読む]
  • 積水ハウスの分譲地にある建売(モデルルーム)を見学
  • 間取りの決定とインテリアの決定に際して、打ち合わせだけではなかなか実感がわかない部分もあるということで、営業さんが積水ハウスの分譲地にある建売(モデルルーム)見学を設定してくれました。モデルルームとして開放はされていますが、将来的には販売も視野に入れた建売ですので、実用性のある作りになっています。家のサイズ的にも比較的似通っていて地理的にも近いということでしたので、小旅行気分で行ってきました。現地 [続きを読む]
  • 積水ハウスのカーテン選び
  • 内装の打ち合わせを3回行って、やっと家の内装も壁紙、床、扉などだいたい決まって来ました。ここまでくると内装の雰囲気も統一感が出てきて、コーディネーターさんとも完全に意志疎通がとれる感じになってきていました。4回目の打ち合わせではコーディネーターさんとカーテン選びをしました。場所はいつもの積水ハウスのショウルームです。カーテンの生地もたくさんそろっていて、その場で色々なメーカーのものから選ぶことがで [続きを読む]
  • インテリア打ち合わせ開始
  • 家のだいたいの外形が決まってきた段階で、インテリアの打ち合わせが始まりました。インテリアコーディネータさんはデザイン事務所の方で最初から最後まで同じ方一人で担当していただきました。打ち合わせは、家のだいたいの雰囲気について固めるところから始まりました。スタイリッシュ系かカントリー系か、派手がよいか落ち着いた雰囲気がいいかなどを話し合ってコーディネータさんと方向性を合わせました。私の場合、最初から雰 [続きを読む]
  • 生活まで大きく変える土地の北向き、南向きについて
  • 私は北向きの土地を選択しました。世の中南向き信仰があり、北向きにはなんだか負け組のような雰囲気さえ漂う感じもしています。しかしながら、北向きには南向きにはないメリットがたくさんあります。私が思う理由をいくつかご紹介したいと思います。1.営業マンが勧めてくれた土地を紹介してもらう前の雑談の中で出てきた言葉です。聞いたときは本当だろうかと思いましたが、実際に住んでみると実感しています。2.庭を完全なる [続きを読む]
  • 設計を決めるのに参考にしたものたち
  • 家の設計は色々なものを見ながら進めていきました。何を見ていたか紹介したいと思います。住まいの実例セレクション(2015年版)これが一番役に立ちました。積水ハウスをはじめダイワハウスやパナホームなど大手メーカで建てた家の実例がたくさん載っています。しかも、ゴージャスすぎずそれ程大きくない家ばかりですので、これを読むことでとてもイメージが沸きました。台所周りや収納にはさりげなく工夫がされていたりしますので [続きを読む]
  • 設計打ち合わせ開始
  • ついに土地の本契約を交わし、設計との打ち合わせが始まりました。設計の方と年齢が近かったこともあり、打ち合わせは毎回盛り上がって楽しかったです。契約から1ヶ月半で建物の大きさと間取りを決めるスケジュールでした。もちろんスケジュールに強制力はありませんので心配はいらなかったのですが、個人的にはこの縛りがあったおかげで気合いを入れて検討できたのでよかったです。設計検討にあたっては、私にはどうしても実現し [続きを読む]