シュン さん プロフィール

  •  
シュンさん: トキノヒト
ハンドル名シュン さん
ブログタイトルトキノヒト
ブログURLhttp://tokinohito.net/
サイト紹介文最新ドラマの注目キャストや旬の俳優・女優について綴る気ままなコラム。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 121日(平均2.7回/週) - 参加 2016/10/24 16:33

シュン さんのブログ記事

  • 水上京香が『左江内氏』の7話にひっそりと出演
  • いま注目している女優の一人が水上京香(みなかみきょうか)だ。何の気なしにスケジュールを調べたところ、2月25日(土)に放送される『スーパーサラリーマン左江内氏』の7話に出演することが決定していた。早速、いまわかる範囲の情報を紹介していこう。『左江内氏』の公式サイトに水上京香の名前はなし調べてみてわかったのだが、『左江内氏』の公式サイトに水上京香の名前は載っていなかった。これまでゲスト出演した浜辺美波( [続きを読む]
  • 吉岡里帆なりに見せた『カルテット』の5話、後半は魔性の部分に期待
  • 『カルテット』の4話は最低視聴率の7.2%だったが、5話は8.5%に上昇した。高橋一生が見せた感動的なシーンが影響を及ぼしたのであろうか(高橋一生が『カルテット』の4話で渾身の演技力を炸裂)。彼は5話でもよかったが、この回でピックアップすべきは来杉有朱を演じている吉岡里帆(よしおかりほ)だろう。最大の見せ場は真紀に詰め寄るシーン【まもなく第5話放送!!】吉岡里帆さんが、放送5分前をお知らせします!!今夜、小悪 [続きを読む]
  • 高橋一生が『カルテット』の4話で渾身の演技力を炸裂
  • 『カルテット』の4話が放送された。家森を演じる人気急上昇中の高橋一生が中心の回。それだけに視聴率の動向に注目していたが、最低の7.2%だった。しかし、内容的にはこれまでの『カルテット』の中でもっとも感動的なシーンを見ることができた。息子との別れのシーンは秀逸【まもなく第4話放送!!】一生さんと、大橋広大役・大江優成くんが放送10分前をお知らせします!撮影中も仲睦まじかったお2人。劇中の2人の楽しいやり [続きを読む]
  • 『A LIFE』でメガネの女医役、ここからちすんの快進撃が始まるか
  • 『A LIFE〜愛しき人〜』の初回放送時から、ずっと気になっている女優がいる。メガネをかけて真っ赤なルージュを塗った女医を演じるちすんだ。スリーアミーゴスみたいな位置付け心臓血管外科三人衆♪(?????)♪赤木先生、黒谷先生、白川先生です!#ちすん #安井順平 #竹井亮介 #アライフ #tbs pic.twitter.com/3EANAYZQnc― 2.12『A LIFE?愛しき人?』 (@A_LIFE_tbs) 2017年2月5日彼女に関する記事はすぐにアップしたかったが、公式に [続きを読む]
  • 『左江内氏』の3話で不動のセンター役、浜辺美波は今夏にブレイクか
  • 日本テレビで放送されている『スーパーサラリーマン左江内氏』は初回の視聴率こそ12.9%で健闘したものの、その後は9.6%→9.2%で、ほぼ内容の出来とリンクした形で推移している。見れば面白いが、大騒ぎするドラマでもない。そんな中、突然3話に浜辺美波(はまべみなみ)が出演。何か裏(宣伝)があるように感じたので、ちょっと調べてみた。スポット的な使われ方に違和感やって参りました??蓄積ングした疲れを笑い飛ばす土曜よる9 [続きを読む]
  • 『A LIFE』の木村文乃、強気なキャラを自信たっぷりに好演
  • 『A LIFE〜愛しき人〜』の3話が終了した。視聴率は前回から0.8%下がって13.9%だったが、依然として今クールのトップを維持していることに変わりはない。主演クラスが揃っているので内容的には安定。キャストでは木村文乃(きむらふみの)がいい味を出している。木村拓哉との掛け合いは絶妙3話を最後までご覧いただきありがとうございました!深冬の『覚悟』医師としての覚悟、母としての覚悟…皆さんはどんな風に感じましたか?ぜ [続きを読む]
  • 相楽樹が『嫌われる勇気』でセクシーな監察医役、今後の活躍に注目
  • 『嫌われる勇気』が嫌われているようだが、僕は好きなドラマだ。世間の評判なんか気にしないで、香里奈には自信を持って突っ走っていってほしい。そんな中、気になるキャストがいる。やたらと美脚を強調するセクシーな監察医、相馬めい子を演じる相楽樹(さがらいつき)だ。蘭子にライバル心を抱く役今夜10時放送の『嫌われる勇気』で大人の色気溢れる監察医を演じる、相楽樹さん??岡崎紗絵さんと珍しい組み合わせの2ショットを公 [続きを読む]
  • 『A LIFE』の木村拓哉、またしても魅力的な主人公を熱演
  • この前の記事で今クールもなかなか秀作が揃っていると書いたが(『カルテット』の高橋一生、めんどくさい家森諭高役で魅力が全開)、『A LIFE〜愛しき人〜』もそのひとつ。初回で主要人物のキャラクターがきちんと描かれ、木村拓哉は今回も魅力的な主人公を演じている。『A LIFE』は正統派の作品TBSが手掛ける『カルテット』と『A LIFE』。狙っている通りだと思うが、作り方がまるで違う。『カルテット』が異色の作品なのに対し、 [続きを読む]
  • 『カルテット』の高橋一生、めんどくさい家森諭高役で魅力が全開
  • 視聴率のことはさておき、今クールもなかなか秀作が揃っている。その中でも一番のお気に入りは『カルテット』だ。あらゆる点でクオリティが高く、センスのよさを感じる。キャストで挙げれば、家森諭高を演じる高橋一生(たかはしいっせい)の急上昇感は注目だ。次の連ドラで高橋一生の主演は確定か【エンディング撮影裏話②】ちなみに一生さんがカメラを覗いているカットを撮っているのを見た松さんとひかりちゃんは、「出た、桃色 [続きを読む]
  • 柾木玲弥は『就活家族』の重要なキャストかもしれない
  • テレビ朝日の連続ドラマ『就活家族 〜きっと、うまくいく〜』が始まった。初回の視聴率は11.0%。しっかりと作られてはいるものの、予想した通りに内容が地味。あれでは2話の視聴率は下がるだろう。ただ、その中でも注目すべきキャストを見つけた。主要キャストではなく、公式サイトでも名前が掲載されていない俳優。加藤誠を演じた柾木玲弥(まさきれいや)だ。父はヤマト銀行の頭取、生意気な大学生役本日夜9時より、テレビ朝日「 [続きを読む]
  • 成田凌の活躍が『大貧乏』の視聴率を左右するか
  • フジテレビの連続ドラマ『大貧乏』が始まった。これがなかなか面白い。注目キャストは何人かいるが、初回で目立ったのは伊藤淳史と成田凌(なりたりょう)。特に成田凌の活躍は視聴率を左右すると感じさせるものがあった(*1)。『大貧乏』に勝ち目はないと思っていた『大貧乏』の主演は旬を過ぎた小雪だ。共演は話題作への出演が続くものの、俳優としては地味な伊藤淳史。さらに来週からは同じ放送枠でTBSの日曜劇場『A LIFE〜愛 [続きを読む]
  • 松たか子の確かな選択眼、『カルテット』は高視聴率を記録するか
  • 一線級の役者が揃った『カルテット』の中で、もっとも関心が低かったキャストが主演の松たか子だった。しかし、彼女のプロフィールを眺めていたら、ぼんやりと『カルテット』の成功が見えてきた。その理由について、ちょっと触れてみたいと思う。憧れの初恋相手のようなイメージ関心が低いとは書いたが、かつては松たか子の大ファンだった。例えていえば、憧れの初恋相手のようなイメージ。以前、その辺りのことについては触れたこ [続きを読む]
  • ドラマ出演が続く松田龍平、『カルテット』で今度こそ力量を感じてみたい
  • 初めて『カルテット』の主要キャストを見た時、バランスの悪さを感じた。特に松田龍平(まつだりゅうへい)は主演クラスが揃っている中で、わざわざ出演するまでもない存在の俳優。そう思っていたのだが、時間が経つにつれてじわじわと彼を見てみたいという感情が高まってきた。父は昭和のカリスマ、松田優作このサイトで松田龍平について触れるのは初めてなので、ちょっとキャリアを振り返ってみようと思う。いまさらな話題だが、 [続きを読む]
  • 大谷亮平が『奪い愛、冬』に出演、今度は強引な男で魅了!?
  • 『逃げ恥』でスーパーハイスペックイケメンの風見涼太を演じ、2017年もさらなる活躍が期待される俳優が大谷亮平(おおたにりょうへい)だ。注目の次回作は1月20日(金)夜11時15分からスタートするテレビ朝日の『奪い愛、冬』。早速、詳細について触れていこう。『不機嫌な果実』のスタッフが再結集とりあえず、キャストとスタッフのデータから。キャスト:倉科カナ、三浦翔平、大谷亮平、秋元才加、ダレノガレ明美、西銘駿、ミス [続きを読む]
  • 旬の女優ランキング2016〜2017、トップは水上京香
  • 2015年から始めた「旬の女優ランキング」の選出。1位には当時はまだ助演クラスだった(連ドラで)黒島結菜を選び、翌年には『時をかける少女』で主演を務めるにまで至った。こういうイメージの女優がこのランキングの対象だ。では、早速「旬の女優ランキング2016〜2017」を発表していこう。1位:水上京香(21/トップコート)2位:山崎紘菜(22/東宝芸能)3位:吉岡里帆(23/エーチーム)4位:大友花恋(17/研音)5位:永野芽郁(17 [続きを読む]
  • 旬の俳優ランキング2016〜2017、トップは大谷亮平
  • 昨年から始めた「旬の俳優ランキング」の選出。早速だが、今年も発表していこう。まず、順位の発表をする前に選考基準のおさらいから。・2016年の連続ドラマに出演していること。・いまは助演クラスだが、2017年に主演クラスまでのぼりつめる可能性があること。つまり、いまキャリアの頂点にいるような人は選ばない。例えば『99.9』で成功をおさめた松本潤や『世界一難しい恋』で楽しませてもらった大野智など。ここでは助演クラス [続きを読む]
  • 『東京タラレバ娘』でAD役、上昇気流に乗る石川恋が早く見たい
  • 『東京タラレバ娘』に注目の追加キャストが発表された。芝田マミを演じる石川恋(いしかわれん)だ。「ビリギャル」本のモデルが女優活動を本格化学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版] (角川文庫)amazon楽天市場役柄はドラマ制作会社のAD。上司は鈴木亮平が演じるプロデューサー・早坂哲朗で、吉高由里子が演じる主人公、売れない脚本家の鎌田倫子を慕う設定らしい。石川恋のことを知らな [続きを読む]