米山士郎 さん プロフィール

  •  
米山士郎さん: 創価学会の信仰に功徳はあるか?
ハンドル名米山士郎 さん
ブログタイトル創価学会の信仰に功徳はあるか?
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/soukagakkai_usotuki
サイト紹介文16年間、創価学会で信仰し病気が増えたので疑問を持ち退会しました。
自由文単なるアンチ創価ブログではなく「創価を卒業するブログ」又は「脱創価ブログ」です。 日蓮正宗、顕正会、正信会にも等距離批判者です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 300日(平均1.9回/週) - 参加 2016/10/24 17:14

米山士郎 さんのブログ記事

  • 無縁仏・政令市、10年で倍増 貧困拡大背景
  • 無縁仏:政令市、10年で倍増 貧困拡大背景 - 毎日新聞無縁仏・政令市、10年で倍増 貧困拡大背景毎日新聞2017年7月16日 07時15分(最終更新 7月16日 07時15分) 全国の政令市で2015年度に亡くなった人の約30人に1人が、引き取り手のない無縁仏として自治体に税金で弔われていたことが、毎日新聞の調査で分かった。全政令市で計約7400柱に上り、10年でほぼ倍増。大阪市では9人に1人が無縁だった。死者の引き取り [続きを読む]
  • 公明党得票数(1993〜2017)
  • 東京都議選 公明党    得票数1993年 603,121票1997年 705,816票2001年 722,464票2005年 786,292票2009年 743,427票2013年 639,160票2017年 734,697票参議院 公明党     得票数 得票率2004年 8,621.265 15.41%2007年 7,765,329 13.18%2010年 7,639,432 13.07%2013年 7,568,082 14.22%2016年 7,572,960 13.52%衆院選 公明党2005年 898万(郵政解散)2009年 805万(政権交代)2012年 711万(与党復 [続きを読む]
  • 【都議選】元公明党副委員長が初めて共産党の街宣車に
  • 田中龍作ジャーナル | 【都議選】元公明党副委員長が初めて共産党の街宣車に  かつての仏敵と政敵が共闘する。元公明党副委員長の二見伸明氏がきょう初めて、共産党の街宣車に乗った。 東京都議選で文京区(定数2)から立っている候補を応援するためだ。街宣車には仏敵のリーダー志位和夫委員長も乗った。 二見氏は古巣の公明党が、自民党の補完勢力と化していることに、かねてから警鐘を鳴らしてきた。野党共闘のイベントで [続きを読む]
  • 乳がんで闘病していた小林麻央さんが死去
  • 小林麻央さん、自身の死で誤解されたくない“大切な思い”「病気が私の人生を代表する出来事ではない」 - モデルプレス小林麻央さん、自身の死で誤解されたくない“大切な思い”「病気が私の人生を代表する出来事ではない」2017.06.23 16:15【小林麻央/モデルプレス=6月23日】歌舞伎俳優・市川海老蔵が23日、都内で緊急会見を行い、乳がん闘病中だった妻でフリーアナウンサー・小林麻央さん(享年34)が死去したことを報告した。 [続きを読む]
  • 雑談、自己紹介など(その2)
  • 創価学会員さんの活動家はここに限り、コメント禁止でお願いします。 創価学会員さんでも学会やめたい人、退会したい人は許可します。折伏を断りたい人や断った人などのアンケート。創価を断る事出来た、出来ません、、雑談、挨拶もOK。質問なんでもOK。創価を断る事、出来た、出来ません。こんなネタ書いて、雑談、挨拶、などなど。誤字脱字は遠慮無く指摘してね。(笑)文章がわからない、わかりにくい、でもOK。 それとここ [続きを読む]
  • 410.昭和定本の事理供養御書(白米一俵御書)現代日本語訳
  • 1.注意事項 本記事は本文でも画像でも全てにおいて引用、転載を一切、禁止します。本記事はリンクのみ許可します。ツイッター、フェイスブック、他ツールからでも、本記事に飛べば許可します。2.昭和定本の事理供養御書(白米一俵御書) 現代日本語訳(c) 2003日蓮宗--------------------------白米一俵・毛芋一俵・河海苔一篭を、御使の人に託してわざわざ送り届けて頂き、たしかに受領した。人間には二つの財物が必要である [続きを読む]
  • 409.昭和定本の師子王御書(閻浮提中御書)現代日本語訳
  • 1.注意事項 本記事は本文でも画像でも全てにおいて引用、転載を一切、禁止します。本記事はリンクのみ許可します。ツイッター、フェイスブック、他ツールからでも、本記事に飛べば許可します。2.昭和定本の師子王御書(閻浮提中御書) 現代日本語訳(c) 2003日蓮宗--------------------------どうか私の弟子らは、堂々たる獅子王の子として、軽率に騒ぎまわる群猿のような連中に笑われないようにしてください。過去永遠の昔か [続きを読む]
  • 学者の方々は創価の教学構築、御書や解説本作成に協力しないで欲しい
  • 宮田幸一さん、小林正博さん、前川健一さんなどの創価系の学者の方々に向けての記事だったのですが別の大きな問題が判明したので、一部分とし簡単に書きます。●創価系の学者の方々にお願いしたいこと。 創価系や創価大学系の学者の方々が創価学会員であるかどうか私は知りません。宮田さんの声だけはYou Tubeで聞いて知っていますが、それだけです。他の各々の方々の年齢や顔、経歴や家族構成などもしりません。宮田さん、小林さ [続きを読む]
  • 407-2.創価学会に不可能な出版物と責任明記(その2)
  • (前回からの続き)3-4.遺文集解説本を学者が書く可能性はあるか? 学者が書く場合、学会教学部が書くより信用はされるかもしれません。少しは、ですが。最大の問題は遺文集の解説本を一人の中心者で執筆できるのでしょうか? 宮田幸一さん、小林正博さん、前川健一さん辺りに書かせて、会長は知らんぷり。彼ら3人のうち一人、あるいは複数が書いて個々に記述した箇所を本人の記名、つまり著者名が明記できるのでしょうか?遺文 [続きを読む]
  • 407-1.創価学会に不可能な出版物と責任明記(その1)
  • 1.注意事項 本記事は本文でも画像でも全てにおいて引用、転載を一切、禁止します。本記事はリンクのみ許可します。ツイッター、フェイスブック、他ツールからでも、本記事に飛べば許可します。2.創価学会が出せそうにない出版物や責任明記などを纏めてみました。400〜402番の過去記事の内容と一部、重複します。(1)御書全集の盗用と剽窃を検証し謝罪を明記した本。 原田会長の記名と教学部。 送料込みで無料配布すべき。責 [続きを読む]
  • 故・渡辺慈済氏の大経寺は日蓮正宗に復帰
  • ●創価学会の日蓮正宗を批判するビデオ 闇は去り、太陽は昇った 〜平成の宗教改革〜 第2部故・渡辺慈済氏は学会版パクリ本の出来を知っていたと思えません。●故・渡辺慈済氏の神奈川県平塚市大経寺は日蓮正宗に復帰日蓮正宗改革同盟のサイト日蓮正宗問題研究:ニュース‐宗門が「寺院明け渡し」裁判で全面敗訴これが二〇〇四年頃。ところが、二〇一〇年に神奈川県平塚市大経寺は日蓮正宗に復帰しています。創価学会が裁判で勝っ [続きを読む]
  • 406.御書全集発刊に関するウソの数々
  • ●創価学会の日蓮正宗を批判するビデオ 闇は去り、太陽は昇った 〜平成の宗教改革〜 第2部闇は去り、太陽は昇った 〜平成の宗教改革〜 第2部 (21分頃から23:12頃まで)- YouTube22:00あたり動画をよく見ると昭和二七年に出版された創価学会版「御書全集の初版」が見えます。創価学会本部は縮刷遺文や「行道文庫版 日蓮聖人御遺文」と比較し説明の上、謝罪をすることが可能です。知らぬ存ぜぬ、初版はもう保管していませんなど [続きを読む]
  • 405.日蓮正宗の御遺文一覧
  • 資料性があるので随時更新するかもしれません。●日蓮正宗の御遺文一覧-------------------------------(1)「日蓮大聖人御書新集」佐藤慈豊 昭和四年(2)「日蓮正宗聖典」編さん 堀米日淳 印刷者 浅井甚兵衛 昭和二七年四月二八日(3)「昭和新定 日蓮大聖人御書」日達が監修? 日顕教学部長 非売品 昭和四一年〜昭和四六年(4)「平成新編 日蓮大聖人御書」日顕 監修 編纂 書編纂会 代表 藤本日潤 平成六年(5)「平成校 [続きを読む]
  • 404.日蓮宗で重要視されてきた解説本。(単に遺文集を修正すれば済むか?)
  • 資料性があるので随時更新するかもしれません。●遺文集を支える論文や研究書先の記事で以下のとおりに書きました。------------------------「山喜房仏書林 日蓮聖人遺文の文献学的研究 鈴木一成」(一一ページ以降)初版は昭和四〇年四月八日「平楽寺書店 昭和新修 日蓮聖人遺文全集 別巻」(一〜三五ページ)   初版は昭和九年二月「日蓮宗 昭和定本 日蓮聖人遺文 三巻 目録」非売品で中古本だけと思われる「本化聖 [続きを読む]
  • 403.学会版編年体と「時間をかけて読むべき日蓮宗の本」
  • 学会版編年体の異称について、誤記や問題点が数多くあります。皆さんがどう思うかは自由ですが、その他の病的な問題もあると個人的に考えています。バカとかアホとか誤記とかでは済まない問題だとおもいます。●誰に対して書くか悩みました。 本記事についてですが、今回ばかりは学会員に対して書くか、一般の人だけにむけて書くべきか悩みました。学会版編年体があまりにも酷いのと、末端の盲信している会員は「酷さを全く理解で [続きを読む]
  • 402.創価学会の遺文集は新しくなるか?(その3)
  • ●まとめ やはり「末端の会員が大切」だと考える学会本部職員ならば遺文集は必要でしょう。遺文集作成のために学会本部は一日も早く和解すべきだと私は思います。和解するとしても池田大作の死後になるのでしょうか?正宗と学会で裏でつながりがあるのを知らないのは末端の信徒会員だけで、信徒の取り合い合戦や誹謗中傷合戦は哀れとしか言いようがありません。歴代会長の著作でも意見でも改ざんや無視してきたのが、ノースタンダ [続きを読む]
  • 401.創価学会の遺文集は新しくなるか?(その2)
  • 前の記事からの続きです。●遺文名のあるべき姿は? 日顕が監修かあるいは編纂したと思われる平成新編にお元気な池田大作と学会本部が信伏随従(しんぶくずいじゅう)し、媚びへつらう条件なら、明るく笑って何事もなかったかのように和解できそうです。(笑)真面目な話に戻すと、現状変更するにしても、編年体改訂版か、法主が認めていない新しい遺文集にするか、日蓮正宗の坊主が認めた遺文集のどれかです。編年体最新版は未確認 [続きを読む]
  • 400.創価学会の遺文集は新しくなるか?(その1)
  • ●今後、創価学会の遺文集はどうなるのでしょうか。 御書全集は廃刊が確実だと私は考えています。世間の出版の常識が分かりませんが、編年体も廃刊すべきレベルなのかもしれません。編年体の句読点と中点を修正すると、今の個々の遺文とページ数の関係を維持できず、ページに文字が収まらないなど、修正に破綻をきたすと思われます。日蓮正宗の平成新編(平成新編日蓮大聖人御書)の出来を私は知りません。ですが和解を視野に入れ [続きを読む]