佐藤典宏 さん プロフィール

  •  
佐藤典宏さん: あきらめない!がんが自然に治る生き方
ハンドル名佐藤典宏 さん
ブログタイトルあきらめない!がんが自然に治る生き方
ブログURLhttp://satonorihiro.xyz/
サイト紹介文進行がん、ステージ4、再発、転移、末期がん、でもあきらめないで!自分でできることがあります。
自由文こんにちは、佐藤典宏(さとう のりひろ)と申します。消化器外科医としてがん患者さんの診療のかたわら、がんの基礎研究もしています。がんの治療ではどうしても受け身になってしまいがちですが、完全寛解やがんとの共存をめざして自分で積極的にできることがたくさんあると思います。このブログを通して患者さんの役に立つような情報をお伝えしたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 154日(平均5.3回/週) - 参加 2016/10/25 00:04

佐藤典宏 さんのブログ記事

  • 要注意!がん患者さんが腸閉塞(イレウス)になりやすい理由
  • みなさんは、腸閉塞(ちょうへいそく)という病名を聞いたことがありますか?腸閉塞とは、文字通り「腸がつまること」で、別名をイレウスともいいます。腸閉塞の原因はさまざまですが、実はがん患者さんは腸閉塞を発症するリスクが高いため、注意が必要です。今回は、とくにがんと関連して発症する腸閉塞の原因、症状、および治療法について解説します。腸閉塞とは?腸閉塞とは、いろいろな原因によって、小腸や大腸で内容物(食べ [続きを読む]
  • がんを克服したサバイバーの特徴:趣味を楽しむ
  • 進行がん・難治がんを克服した「がんサバイバー」には、いくつかの共通点があると感じています。例えば、明るい(笑顔が多い)、楽天的でくよくよしない、治療に積極的、などなど。なかでも、がんサバイバーのなかには、趣味を楽しんでいる人が多い気がします。今回は、私が担当させていただいている患者さんで、大好きな趣味を満喫されているがんサバイバーの方々を紹介します。趣味を楽しんでいるがんサバイバーのみなさん1.旅 [続きを読む]
  • 膵臓がんを疑う症状と危険因子について:早期発見の手がかりとして
  • 膵臓がんの患者は年々増えており、日本における死亡者数は2013年には年間3万人を突破しました。他のほとんどのがんの治療成績がよくなっている一方で、膵臓がん患者の5年生存率(治療開始から5年後に生存している人の割合)は未だ10%未満のままであり、「難治がん(治らないがん)」として君臨しつづけています。これは、膵臓がんの特徴として、症状がでにくいためにかなり進行した状態でみつかることが原因と考えられています [続きを読む]
  • 術前の予後栄養指数(PNI)が消化器がんの術後合併症と生存期間を決める!
  • みなさんは、がんの手術がうまくいくかどうか(つまり術後合併症や生存期間)を決める上で重要なことは何だと思いますか?がんの手術の成績を決める因子としては、一般的には手術をする側の因子(例えば術者の腕や経験値)がクローズアップされます。もちろん術者の腕も手術の成功には欠かせませんが、実は、患者さん側の因子のほうがむしろ大事なのです。特に、がん患者さんでは術前の栄養(免疫)状態が手術の成功を決めるもっと [続きを読む]
  • 【医師が解説】覚えておきたい!乳がんの再発を防ぐための食べ物7種
  • 乳がんは全世界において、女性における最も一般的な悪性腫瘍です。一部の乳がん患者さんは、手術や抗がん剤による治療後も再発の危険にさらされるため、長期にわたってがん再発を防ぐ治療や生活が必要となります。これまでの多くの研究により、様々な食品が乳がんの発症や進行を防ぐことがわかってきました。しかし、実際には、乳がんの再発を防ぐためのエビデンスに基づいた食事(栄養)に関するガイドラインはいまだありません。 [続きを読む]
  • ヒアルロン酸はがんを進行させる?新しい治療のターゲット
  • ヒアルロン酸はからだのあちこちに存在する成分で、お肌のハリやうるおいを保つために必要な成分であるため、化粧品やサプリメントなどに使われています。また、膝の痛みをやわらげる治療として、ヒアルロン酸注射が行われています。このように、ヒアルロン酸は皮膚や関節の潤滑油として重要です。ところが、これまでの研究の結果、ヒアルロン酸はがんの発生や進行とも深く関わっていることが明らかとなってきました。すなわち、少 [続きを読む]