Hiromi さん プロフィール

  •  
Hiromiさん: 誰でもすぐに使える!授業のコツ
ハンドル名Hiromi さん
ブログタイトル誰でもすぐに使える!授業のコツ
ブログURLhttp://teachingtips.blog.fc2.com/
サイト紹介文ベテラン高校教諭が、誰でもすぐに使える簡単な授業のコツを大公開!
自由文優れた先生が当たり前にやっている授業には、本には載っていない細かいコツがたくさん。
そんな「目からウロコ」の小さなコツを、少しずつ紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 104日(平均0.9回/週) - 参加 2016/10/25 01:44

Hiromi さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • お知らせ
  •      ただ今、後期試験で多忙のため、更新を一時ストップしています。    2月中旬から再開しますので、またよろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 洋楽を授業に①「そんな余裕ない…」? 
  •  英語の授業で、洋楽をかけることがありますか?もしまだなければ、授業を一気に魅力的にするチャンス! なにしろ、数ある英語授業の内容のなかで、生徒にアンケートをとるとつねに堂々の1位か2位にランクするのが「洋楽」なのです。これを利用しない手はありません。 「でも、そんな余裕はないんだけど…」「音が出ると隣のクラスに迷惑でやりづらい…」「実際、何をどうやればいい…?」 …そんな疑問や気がかりに、3回シ [続きを読む]
  • 超定番!クリスマスソング3選
  •  今朝、いつものようにツイッターをチェックしていたら、ジョージ・マイケルの訃報が。今月初旬の授業で、ちょうどWham!のLast Christmasをやったばかりでした…。 53歳で亡くなるなんて、早すぎる。でも彼は、人の心に永遠に残る歌を、もうとっくの昔に残しています。これからもずっと、クリスマスが来るたびに、わたしたちはこの歌を思い出すのでしょう…。                           ここで、毎 [続きを読む]
  • 準備のコツ⑤ 道具を整える<予備の教科書・コピー>
  • (前回より続く)③予備の教科書かコピーを用意する 教科書を忘れた生徒がいたら、どうしますか?  忘れたのは自己責任だから不便な思いをさせる?  忘れたことを叱責し、閻魔帳につけて減点? いろいろな考え方がありますが、ここはやはり予備の教科書かコピーを用意する…というのを強く推奨したいと思います。授業の一番の目的は「授業内容をしっかり身につけてもらう」ことだと思うからです。 もちろん「学習習慣を身に [続きを読む]
  • 準備のコツ④ 道具を整える<プリント>
  • (前回より続く)②プリントは枚数と印刷を確認!<重要> 最近の印刷機はとても性能がいいから、わざわざ確認するまでもない…そう思って油断していると、予期せぬところで足をすくわれるのがプリント。 教室でいざ配り、さあ始めよう!としたところで「1枚足りませ〜ん」などと言われると、最悪の場合は印刷室に逆戻り…。 隣の人に見せてもらってどうにかなるようなものならともかく、解答を書き込むもの・授業内で行うテス [続きを読む]
  • 準備のコツ③ 道具を整える<七つ道具>
  •  いい授業は、いい準備から。 何の授業でも、どんな授業でも同じです。どうしても必要なものがなかったり、足りなかったりすると、それを取りにもどったりする間が空白の時間になります。 また、教員がいなくなった教室では、何が起こるかわかりません。仮にその間に、生徒間のトラブルが生じたら…。事前の用意を周到にすることで、そのような事態を未然に防ぐことができます。2.道具を整える …ダブルチェックでロスタイム [続きを読む]
  • 準備のコツ② 教室を整える<換気と室温>
  • (前回より続く)②換気と室温調節 全館冷暖房完備の学校もありますが、そうでない場合は授業を始める前に極力、窓を全開にして換気します。       <学校保健法 第1章>      第三条 学校においては、換気、採光、照明及び保温を適切に行い、      清潔を保つ等環境衛生の維持に努め、必要に応じてその改善を      図らなければならない。 何十人もの生徒がずっと同じ空間にいると、当然のことながら [続きを読む]
  • 準備のコツ① 教室を整える<黒板>
  • いい授業をするためには、準備も大切です。何の授業か・どんな授業かによって必要な準備も変わりますが、基本的なところをまとめていきます。1.教室の環境を整える …そのためには、早めに教室へ!  ①黒板はきれいに 授業を始める前に、黒板は完全にきれいにしておくこと。しばしば見落とされがちなポイントですが、これはとても大事です。黒板であっても、ホワイトボードであっても同じです。 どんなに考え抜いたいい板書 [続きを読む]
  • ペアワークのコツ④ 「話す必然性」を準備する 
  • (前回より続く)4.「話す必然性のある状況」を作っておくこと  まずペアで話すことへの抵抗を減らし、次に不特定の相手と話すことに慣れてきても、そこまででは「形だけ」。本来のペアワークはここからです。 そもそも、なぜ「ペアワーク」なのか(なぜ個人ではないのか)…というと、それは「1人1人で考えたり練習したりするよりも相互作用で効果的」だからです。1+1=2になるのではなく、3や4やそれ以上になれば大成 [続きを読む]
  • ペアワークのコツ③ 話が弾むちょっとした仕掛け 
  • (前回より続く)「それでは今からペアで話してください」と言えば、生徒が楽しそうに話しだす…いきなりそれができるクラスを担当しているのなら、それはとてもラッキー。学校やクラスによりますが、いきなりはなかなか難しいことが多いのです。そんな時でも、ちゃんと生徒が話し始められるようにするには…3.話が弾むよう「仕組む」こと …簡単な仕掛けでゲーム的に!①時間を設定する まず、時間を設定します。予定するペア [続きを読む]
  • ペアワークのコツ② 超スモールステップで 
  • (前回より続く)2.超スモールステップで徐々に慣らすこと …とにかく丁寧に、少しずつ!①ペアの相手に体を向けさせる 全員を立たせたら、あるいは座ったままで背筋を伸ばさせたら、まずはペアの2人を向かい合わせにします。スペースの関係で向かい合わせが難しいときは、少なくとも相手の方に体を少し向けさせます。こんなことは当たり前だと思われますが、指示を出さずに始めると、ペアの2人がどちらも正面を向いたままし [続きを読む]
  • ペアワークのコツ ①ペアワークへの抵抗をなくす 
  • 英語の授業でよく行われる、ペアワーク。中学のときに毎時間やっていたという生徒でも、高校生になるとあまりやらなくなってしまいがち。もしくは、活発にやっているように見えても、実は生徒は仕方なくやっているだけのことも。うまくいけば大人数の一斉授業でも大きな効果を上げられる、このペアワークのコツは…1.とにかく抵抗をなくすこと …これがすべての決め手! 「なぜペアで? 個人練習でいいのでは?」とペアワーク [続きを読む]
  • 一斉音読のコツ
  • 高校生にクラスで一斉に音読をさせる時の簡単なコツとして。一度読ませてみると、たいてい、下を向いてボソボソ読んでいる生徒や読んでいない生徒が何人かいるものです。 1.まず背筋を伸ばさせ(立たせても)、「前に声を出す」よう意識させます(教科書を手に持たせる)。必要ならここでちょっぴり発声練習しても。 2.次に「教員からは全員の口もとが見えているから、読んでいるかどうかは一目でわかる」と、にっこり笑って( [続きを読む]
  • 過去の記事 …