mbaholderny さん プロフィール

  •  
mbaholdernyさん: 企業突然死時代のサバイバルキャリア構築
ハンドル名mbaholderny さん
ブログタイトル企業突然死時代のサバイバルキャリア構築
ブログURLhttp://mbaholder.seesaa.net/
サイト紹介文大企業のリストラが増える今を生き抜くための米国留学、米国公認会計士の実体験に基づくキャリア構築論。
自由文アラフォーの都内勤務の会社員。某国立大卒、米国留学(TOEIC990点満点保有)、米国公認会計士(2004年/デラウエア州取得)。5年ほど前に転職経験一回。キャリア構築、子育て、資産運用など、試行錯誤してます。

特に50人以上の転職エージェントさんとやり取りし、転職業界の裏事情もふまえた戦略的なキャリア構築論は大企業にお勤めの方にも是非、読んでいただきたいものです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 153日(平均1.6回/週) - 参加 2016/10/25 05:56

mbaholderny さんのブログ記事

  • 【コラボ企画第4弾】「『就社でなく、就職せよ』は日本の場合、正しくない?」
  • 春になって、温かくなるかと思いきや、寒い雨が降ったり、体調を崩しやすい時期ですね。磯さんとのコラボ企画第四弾です!===================================================================トランサーチの磯です。3月12日のMさんの投稿「『就社でなく、就職せよ』は日本の場合、正しくないの関連記事です。「経理の仕事をやりたいのに総務に異動になってしまったので、転職を考えるようになりました」 転職の理由を尋ねると [続きを読む]
  • 「就社でなく、就職せよ」は日本の場合、正しくない?
  •   最近、読んだ「リクルートを辞めたから話せる本当の就活の話」という本が、かなり的を得ていて、そうだよなあと思う箇所がいくつもありました。 例えば、「就社でなく、就職せよ」は日本の場合、正しくないとの主張もその1つで下記が趣旨。 アメリカのように任せる仕事の内容や成果によって報酬が決まる社会では、仕事に使わない能力は評価されず、年功も関係なく、専門特殊能力が、「就職」によって蓄積されていく。 一方 [続きを読む]
  • 【コラボ企画第3弾】転職回数が多いことは、、、
  • 早いもので、もう1月も終わりですね。コラボ企画第三弾、磯さんの記事、お楽しみ下さい!===============================================トランサーチの磯です。今回は昨年12月31日のMさんの投稿記事「転職回数の多いことは、必ずしも悪いことではない?」との関連記事です。***** 「はっきり言いますが、転職回数の多い人は受付けません」と断言する経営者が実際にいます。  また、歴史のある伝統的な日系の大企業から [続きを読む]
  • MBAに関して思うこと ① 仕事をしながらの留学準備
  •   筆者は、約10年前、前職時代に米国MBA留学を経験しました。  前職は、私が入社した頃は、社費留学制度があったのですが、留学後に転職する人が相次ぎ、留学制度自体は継続するものの、社員の自己啓発をサポートするというお題目で、休職扱いで留学を認める制度に代わり、毎月、基本給相当と家賃補助が一定額までは出るものの、留学期間中は昇進なし(つまり、同期から自動的に2年間昇進が遅れることに)、復職後5年以内に辞 [続きを読む]
  • 転職回数の多いことは、必ずしも悪いことではない?
  •   フォーブスジャパンに出ていた少々気になる記事の抜粋と所感(⇒)を書いてみようと思います。◎ IT産業が発展する前のオールド・エコノミーでは、雇用主は一つの企業に長く勤務する労働者を評価した。1990年代後半まで、採用担当者らは就職希望者の経歴書を見て、「15年間もあの会社(大企業)に勤務していたとは、この候補者はよさそうだ。面接をしたい」と言ったものだ。当時は1社に10〜15年勤続することは、転職希望者に [続きを読む]
  • 【コラボ企画第2弾】転職を考える際のMBAの価値とは?
  •    年の瀬、いかにお過ごしでしょうか? 磯さんからの第二弾の記事、お楽しみください。================================================  今回は、Mさんの2016年11月15日の投稿「転職を考える際のMBAの価値とは?」に関連した内容について書いてみます。  Mさんが書いたことについては、ほぼ同意見です。 「学歴ロンダリング」という言葉は実際にあって、冗談とはいえ「学歴ロンダリングにはだまされませんよ」な [続きを読む]
  • エージェントさんとのコラボを企画してます!
  • 緊急、、、というわけでもない(笑)告知ですが、少し前の「こんな転職エージェントさんもいます⑧」でご紹介した転職エージェントさんとのコラボ企画を考えています。私は、転職活動をしている転職者目線で記事を書いており、転職エージェントさんからお聞きした話も参考にしながら、整理をしていますが、やはり、転職業界の裏の裏まで知り尽くした転職エージェントさん目線での業界の見方、転職者が?と思う疑問への明快な回答をこ [続きを読む]
  • 村上春樹に学ぶ情報の取捨選択と”養生”について
  •  先月、欧州海外出張のお供に持参した村上春樹さんの「職業としての小説家」を往路のフライトで読破し、いろいろ考えさせられました。何回かに分けて、村上春樹さんに触発されたキャリア構築論?を書いてみたいと思います。 今回は、情報の取捨選択と”養生”に関して。 村上さんは、生きていく過程であまりに多くの物事を抱え込んでいる状態に一度、立ち止まり、「それをしている時に自分が楽しい気持ちになれるか」、言いかえると、 [続きを読む]
  • パワハラ撃退法?!? 
  •     筆者は、5年前に現職に転職しました。自分自身、2社を経験してみて、いわゆるパワハラ系人材が組織のよっては、管理職に登用される事例も割と目にして、“パワハラ様”ご本人を含め、周りが皆、Unhappyになる構図に呆れることしばし、、、 今回は、別の業界の学生時代の友人の体験もふまえたパワハラ撃退法?に関して、書いてみたいと思います。  まず、パワハラ系人材の特徴としては、① 全然、さわやかでなく、粘着質のエセ体育会系 [続きを読む]
  • 転職を考える際のMBAの価値とは?
  •      筆者は、某国立大学経済学部卒業後、前職時代に休職扱いで米国MBA留学(ランキングで20位以内くらいの学校)しました。現職は海外関連の仕事が多いのですが、前職では海外関連の仕事はしていたものの、駐在経験などはなかったのですが、この留学で、ある程度、英語ができるだろうと判断されたようです。 コンサル系に強い転職エージェントさん目線では、MBAに関して、下記のような整理をされているようです。① MBAに関しては、MBA [続きを読む]
  • 日本型会社システムの崩壊間近?
  •   先月、海外出張のお供に持参した村上春樹さんの「職業としての小説家」を往路のフライトで読破し、いろいろ考えさせられました。何回かに分けて、村上春樹さんに触発されたキャリア構築論?を書いてみたいと思います。 村上さんは、日本の戦後の教育システムは、高度経済成長期に共同体の役に立つ「犬的人格」を作ること、時には団体丸ごと目的地まで引率される「羊的人格」を作ることを目的としたシステムと整理し、それが、会社や官僚組織 [続きを読む]
  • こんな転職エージェントさんもいます⑧
  •   筆者は、2011年に現職に転職し、2014年から現在にいたるまで、今後、半年から1年くらいの転職という少し長いスパンで考えて、転職活動をしていますが、最近、改めて、転職エージェントさんの存在は非常に重要だなと改めて、痛感しています。  最近(といっても2カ月ほど前ですが)、これもBizreach経由でコンタクトのあった転職エージェントさんとお会いしました。  ちなみにBizreachは、転職エージェント側がデータベースを見て、この転職候補者に是 [続きを読む]
  • 2016年10月27日のつぶやき
  • kogumakenzen / MBAホルダー@sigma_370 フォローさせていただきました。アラフォーのサラリーマンの試行錯誤のキャリア構築ブログを書いてます。よろしければ、覗いてみて下さい。https://t.co/lsCedwls73 at 10/27 22:50kogumakenzen / MBAホルダー@pokopen_k フォローさせていただきました。アラフォーのサラリーマンの試行錯誤のキャリア構築ブログを書いてます。よろしければ、覗いてみて下さい。h.. [続きを読む]
  • 2016年10月25日のつぶやき
  • kogumakenzen / MBAホルダー「孤独死は独居老人より独身40代のほうが多い」特殊清掃人が断言(週刊SPA!) - Yahoo!ニュース https://t.co/J7ZBKXdxoy #Yahooニュース at 10/25 20:48kogumakenzen / MBAホルダー@kanetaka フォローさせていただきました。アラフォーのサラリーマンの試行錯誤のキャリア構築ブログを書いてます。よろしければ、覗いてみて下さい。https://t.co/l.. [続きを読む]
  • 転職面接の実況中継 M社
  •     今回は、13社目の某M社です。 1. 選考の流れ  大手転職支援会社の転職エージェントの紹介で、M社の面接の打診があり、M社に資本参画しているファンドの担当者の面談(あえて、面接とは呼びません)を受け、その後、再度、面接の話になるも、筆者側の都合で延期し、その後、具体的なポジションの話になる前に終了。ファンド担当者の面談ファンド担当者との面接をアレンジするも延期その後、ファンド側に動きがあり、選 [続きを読む]
  • 2016年10月24日のつぶやき
  • kogumakenzen / MBAホルダー@tumisyo フォローさせていただきました。アラフォーのサラリーマンの試行錯誤のキャリア構築ブログを書いてます。よろしければ、覗いてみて下さい。https://t.co/lsCedwls73 at 10/24 21:19kogumakenzen / MBAホルダー@t_sukima フォローさせていただきました。アラフォーのサラリーマンの試行錯誤のキャリア構築ブログを書いてます。よろしければ、覗いてみて下さい。http.. [続きを読む]
  • 転職面接の実況中継 L社
  •     今回は、12社目の某L社です。 1. 選考の流れ  L社は、某インフラ系企業の子会社で、規制緩和で、新規事業に参入しており、スタートダッシュには成功したものの、その後、やや伸び悩み感があり、懇意にしている転職エージェントさん経由でコンタクトしたところ、外部から専門人材を採用して、てこ入れしたいとのニーズがあり、面接を受けることとなる。一次面接、SPI試験受験、最終面接、その後、内定と処遇条件の提示 [続きを読む]
  • "社内でスキルを磨いて、希望する仕事をつかみ取る"
  •      会社勤務を続けながら、転職活動をする場合、転職市場のニーズと自分自身のキャリアを熟慮し、今いる会社で自分の価値を戦略的に高めて転職の成功率を上げる道もあります。   例えば、今後、採用ニーズが高まりそうなテーマがあって、自分自身がそれに関与する仕事に転職したいと思っても経験が不足している場合、皆さんならどうしますか?   自社内でそのテーマに関しての検討プロジェクトチーム(タスクフォースチ [続きを読む]
  • 転職面接の実況中継 K社
  •     今回は、11社目の某K社です。 1. 選考の流れ  K社は、関連会社の大手転職支援会社の転職エージェントの紹介で、ポジションがあるか確認したところ、先方より、面接の打診があり、面接を受ける。最初に関連会社K-A社面接、その後、K-B社面接、その後で、オファー面談、さらに創業者の会長と会食するも、条件が折り合わず、選考終了。関連会社K-A社面接(創業者の会長)関連会社K-B社面接(社長、企画部長)オファー面談(B社CFO [続きを読む]
  • 転職面接の実況中継 J社
  •     今回は、10社目の某J社です。 1.選考の流れ  J社はやりとりをしていた転職エージェントさんが経営層と強いパイプがあり、転職候補先として6社を選んだ時から、J社へ応募する場合は、この転職エージェントさんにお願いしようと決めていた。その後、国内新規事業で採用ニーズありとの連絡が、転職エージェントさんからあり、応募。一次面接、に二次面接、最終面接、内定をいただくも、辞退。一次面接(採用候補部署課長二 [続きを読む]
  • 転職面接の実況中継 I社
  •     今回は、9社目の某I社です。 1. 選考の流れ  このI社は某地方都市に本社があり、筆者が希望するポジションの採用ニーズが出てくるだろうと想定し、昨年夏から、Bizreachで探したこの地方都市在住の大手転職支援会社R社の転職エージェントとやり取りをしていたところ、想定通り、求人ニーズが出てきて、応募。SPI受験の上、東京で一次面接、その後、地方都市のI社本社で最終面接を受け、内定を受諾。(するも、辞退)SPI [続きを読む]
  • 転職エージェントさんを活用するメリットのまとめ
  •     何回かに分けて、転職エージェントさんに関して、記事を書いてきましたが、以下のような理由で、30,40代の年収が750万円以上くらいの方は、転職エージェントさんを利用された方がいいように思います。1. 今すぐに転職しない場合でも、転職市場の動向なども踏まえて、これまでの  キャリアの棚卸し、今後のキャリアの方向性など、いわゆるキャリア相談にのって  もらえること2. コスト的(緊急性からのケース)に求人広告 [続きを読む]