綾香 さん プロフィール

  •  
綾香さん: アラサー婚活女子の奮闘記
ハンドル名綾香 さん
ブログタイトルアラサー婚活女子の奮闘記
ブログURLhttp://xn--cckvb9izcu93yuebixco22e.xyz/
サイト紹介文30歳。一日も早く結婚するため、毎日もがいてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供261回 / 294日(平均6.2回/週) - 参加 2016/10/25 17:03

綾香 さんのブログ記事

  • 今、思うこと
  • 久が原さんと別れてから10日ほど経過しましたが、別れてからの時間感覚があまりなく、もうそんなに経ったのか、という気持ちと、まだそれだけしか経っていないのか、という気持ちが入り混じっています。別れるときは本当につらくて、どうしようもない気持ちでいっぱいでした。「私は悪いことしていなのに、どうして?」という被害者意識でいっぱいだったと思います。 でも、私は被害者であるのかもしれませんが、加害者でもありま [続きを読む]
  • 弁護士に相談しました
  • たくさんのコメントありがとうございました。同じような経験をされている方の多さに驚いたので、参考までに私が弁護士に相談した話を書きます。 久が原さんに別れを切り出した日、私は市区町村の無料法律相談の予約をしました。予約が取れたのは二週間以上先(空き自体は一週間後くらいにもありましたが、仕事の都合で予定あわず)。でも、土日に居ても立っても居られず、土日もやっている弁護士事務所に連絡をし、予約を取ること [続きを読む]
  • おみパ「久が原さん」(42) あっけない終わり
  • 目が覚めると、久が原さんからお店を予約した旨の連絡が来ていました。私はお礼を言い、「どうやって話を進めよう」と考えました。考えをまとめるために、紙に伝えたいことを書き出そうと思ったのですが、結局聞きたいことは「結婚してるの?」ということだけ。 結婚していて「妻との間に愛情はもうない。別れるつもりだ」といった不倫する人の常套句を言われたらどうするのだろう。私は再び久が原さんを信じてしまうのだろうか。 [続きを読む]
  • おみパ「久が原さん」(41) 会う約束
  • 横になったものの、結局私は眠れないまま一夜を過ごしました。 起床する時間になって、私は今日は会社を休むことに決めました。ほとんど一睡もできなかったですし、正直まともに働ける状態だとは思えなかったのです。横になった後も私は、もう奥さんとの関係は破たんしてるんじゃないのか本当は私のほうが好きなんじゃないのか子供が生まれてすぐに別れたという可能性もとか本当にどうしようもないことを考えていました。 前の投 [続きを読む]
  • おみパ「久が原さん」(40) 辛くてたまらない
  • デート中に久が原さんへ電話をしてきた久が原もえさんをfacebookで発見した私。もえさんは、既婚者で、しかも出産したばかり。それでも、相手が久が原さんと決まったわけではないと、一縷の望みをかけて、私はもえさんの投稿をさかのぼります。もえさんの妊娠中の様子や、誕生日祝い、結婚祝いの写真を見ている私。 投稿数がそれなりにありそうだったので、細かく読まず、写真だけざっと見ていました。 そんな中で、私の探していた [続きを読む]
  • おみパ「久が原さん」(39) 決定的な証拠
  • 私は混雑した電車に揺られながら、久が原さんのfacebookを再び開きました。久が原さんは投稿がなかったと言いましたが、プロフィール写真とカバー写真の変更だけはあったのです。その写真の「いいね」をチェックしてみようと思ったからです。久が原さんのプロフィールには「いいね」が30件以上ついていました。恐る恐る開いて名前を確認してくと、なんと「もえさん」を発見。 名字は久が原ではありませんが、もえさんという名前で [続きを読む]
  • 別れました
  • こんにちは。最初は出来事を順を追って更新していこうと思っていたのですが、思っていたよりも時間がかかって長引きそうなのと、コメントをくださっている方にご心配をおかけしているので、先に報告します。タイトルにある通り、昨日、久が原さんとお別れしました。理由はご想像の通りだと思います。覚悟している部分もあったものの、今はまだすごく動揺していて、ただただ悲しい気持ちです。とりあえずは、気持ちの整理をするため [続きを読む]
  • おみパ「久が原さん」(38) 直接確認してみる
  • 久が原さんに女性から電話があってから一週間が経った日、私は久が原さんに会うことになりました。ただのデートだったのですが、私は思い切って電話の件を久が原さんに直接聞いてみようと思っていたのです。食事を終え、私はどのように久が原さんに話を切り出すべきか、分からなくなってきていました。一応、考えてきたつもりではいましたが、いざ久が原さんを目の前にすると、どのように話すべきか分からなくなりました。むしろ変 [続きを読む]
  • おみパ「久が原さん」(37) mixiを検索する
  • twitterは引っ越しの話が最も怪しかったのですが、それ以上の情報はほとんど出てきませんでした。facebookとtwitterがダメなら、mixiにもめぼしい情報はないだろうなぁと思いました。mixiがはやったのは結構前ですし、mixiは本名ではなくハンドルネームで登録するのが普通でした。mixi上で久が原さんを探すことができるかも、正直怪しいと思いました。 私の予想通り、facebookとtwitterと違い、本名で検索しても久が原さんは出てき [続きを読む]
  • おみパ「久が原さん」(36) twitterを検索する
  • facebookで何も出てこなかった私は、次にtwitterで探してみることにしました。twitterはかなり前に登録し、ほとんど何もつぶやかないまま放置していたアカウントがあったので、それを使うことにしました。 なんと、こちらもあっさりと久が原さんは見つかりました。久が原さんと同姓同名の人が何人かいましたが、アイコンがLINEと同じだったので、すぐにわかりました。珍しい苗字だとこんなにあっさり見つかるのか、と思う一方、twi [続きを読む]
  • おみパ「久が原さん」(35) facebookを検索する
  • 久が原さんが既婚かどうか、探偵に依頼するのが確実ですが、金額が高くて躊躇してしまいます。本当は本人に直接聞くのが一番なんでしょうが、生半可な聞き方だと久が原さんは否定するでしょうし、どのように聞けばどんな回答でも納得できるのか、今はまだわからないのです。でも、ただただ時間が過ぎるのを待っていることもできず、私は自分で調べてみることにしました。私は久が原さんとSNSで一切繋がっていませんし、今まで久が [続きを読む]
  • おみパ「久が原さん」(34) 既婚か独身か
  • 疑惑の電話があったその日、私は特に久が原さんを追及することなく帰宅しました。何か作戦があったというよりは、怖くて追及できなかったのです。自宅に戻ってもよく眠れません。 思い返せば久が原さんは最初から怪しい点がいくつかありました。土日はほぼ仕事土日の分の代休はなし父親と同居中、母親は実家暮らしお互いの自宅への行き来なしホテルに行っても泊まらない、必ず帰る でも、きちんとしたプロポーズはないものの、結婚 [続きを読む]
  • おみパ「久が原さん」(33) 疑惑の電話
  • ある日のデートで、私は久が原さんと並んで座ってお酒を飲んでいました。「今度どこか行こうか」と言って、スマホでいろいろ調べながら案を出し合っていたとき、久が原さんがお手洗いで席を外しました。珍しく久が原さんはスマホをテーブルの上に置いたままでした。そもそも久が原さんはデート中にあまりスマホを出しません。そんな久が原さんにつられ、私もほとんど出さないので、久が原さんがどんなスマホを使っているのか聞かれ [続きを読む]
  • おみパ「久が原さん」(32) 幸福感と違和感
  • お久しぶりです。ブログを始めて以来、こんなに更新間隔をあけたのははじめてです。 久が原さんとお付き合いするようになって、いろいろな人に会うこともなくなったのと、一回一回のデートでそんなにネタになるような(言い方が悪いですが)こともなかったので、ついつい遠ざかってしまっていました。最近の私は、割と幸せです。とっても幸せ、といかないのは、やっぱりちょっと不安な気持ちがあるから。 久が原さんと会っていると [続きを読む]
  • おみパ「久が原さん」(31) 信じていきたい
  • のお見合いパーティーで出会った久が原さんと、仕事帰りのデートに行ってきました。前回あった時から日をあけず! 仕事が忙しかった久が原さんですが、最近少し落ち着いてきたようです。会いたがりの女・綾香といたしましては、嬉しい限りです。 そんなわけで、お誘いがあった日はいそいそと仕事を終わらせ、久が原さんとの待ち合わせ場所に向かいます。久が原さんはいつもちょっといいレストランに連れて行ってくれるのですが、 [続きを読む]
  • おみパ「久が原さん」(30) 不安にさせてごめんね
  • 食事を終えた後、久が原さんと手をつないで歩きました。この時期、ちょっと手汗が気になるんですが、「僕も汗っかきだから気にしないで」と久が原さん。一緒にいると不安な気持ちが少しずつ薄れていきます。駅までの道、私たちはいつものように何気ない会話を楽しみました。 自宅に帰るころ、久が原さんから無事に家に着いたかな?ずっと不安にさせてごめんね。彼氏失格だね。これからはもっと一緒にいよう。綾香を不安にさせない [続きを読む]
  • おみパ「久が原さん」(29) 確かめてみる
  • 久が原さんとお付き合いを初めて、楽しいこともありますし、幸せな気分にも浸ってきました。でも、付き合った一か月間、久が原さんは土日ずっと出張で仕事。平日に代休もとっていないらしいです。連絡が取れないのは、仕事で忙しいので仕方がないとわかっている反面、不安でもあります。 「最近、会えなかったじゃん。土日も全然会えないし、仕事だってわかってるけれど、本当に付き合ってるのかな、って不安になる」私はそんな風 [続きを読む]
  • おみパ「久が原さん」(28) 結婚式の余興について
  • 久が原さんとイタリアンレストランで食事をした私。久しぶりに会う久が原さんとの会話はやっぱり楽しかったです。ずっと不安だった気持ちが吹き飛ぶようでした。「後輩から、結婚しますって報告があってびっくりしたよ」と久が原さん。私も最近、後輩の結婚式に出席したばかりでした。「先越されたって感じ。綾香はこの前の結婚式、どうだった?」「すごくいい式だったよ。楽しかったし、幸せたくさん浴びれたよ」「そうなんだ。余 [続きを読む]
  • おみパ「久が原さん」(27) 埋め合わせのデート
  • なかなか会えない、会えるかと思ったらドタキャン、ということもあり、不安な気持ちが募っていたのですが、「日曜日はごめんね。埋め合わせしたいから今日、会えないかな?」という連絡があり、ちょっと思うところはあったものの、結局いそいそと仕事を終わらせ、のこのこと出かけて行った私。思うところ、というのは、「なんで当日に誘ってくるんだろう」ということ。お店を予約してほしいとか、そういうことではなくて、私の予定 [続きを読む]
  • おみパ「久が原さん」(26) ドタキャン
  • 久が原さんから金曜日に「日曜日は朝一で帰れそうだから会えない?」という連絡があり、ルンルンだった私。仕事中も普段よりもご機嫌で、後輩のちょっとしたミスも笑顔で許してあげたい気分でした。そこはちゃんとに叱りましたが^^;自分ではあまり自覚なかったのですが、私は恋愛すると、恋愛が第一になってしまうタイプのようです。 なるべく、外に出す態度は変えないように心がけてはいますが、金曜日は「日曜日に久が原さんに会 [続きを読む]
  • おみパ「久が原さん」(25) 信じたい気持ちと不安な気持ち
  • のお見合いパーティーで出会った久が原さんとお付き合いを初めて1か月が経過しました。その間、会えたのは1回だけ。回数が大事なわけではない、ということはわかっていますけれど、やはり不安な気持ちが沸き上がってしまいます。久が原さんは本来は土日休みの仕事です。ですが、ここ1か月は土日は出張で出社しているそうです。私の会社は出張があっても土日にかかるということはほとんど聞かないですし、もしそういう土日出勤があ [続きを読む]
  • 20代の婚活と30歳の婚活の違い
  • 先日、結婚式に一緒に参加した後輩ちゃん(女性)に「20代の婚活と30代の婚活は何か違うか」と聞かれました。30代と言っても30歳と39歳だと感じることは違うんだと思うんですけれど、今のところ私はそれほど大きな違いは感じません。 でも、同年代の男友達には「29歳ならいいけれど、30歳って言われるとテンションが下がる」とか「さんって言葉が聞こえた瞬間にシャットアウト」と言っている人もいます。お前も30代だろうが! と [続きを読む]
  • おみパ「久が原さん」(24) 帰りたくないけれど
  • 久が原さんはスリッパから靴に履き替え、私はカバンなどの準備をしました。「本当は帰したくないよ」と久が原さんはそうおっしゃってくれました。このまま一緒にいたい。そう思いました。 でも、帰らねばなりません。 「ねえ、抱きしめてもいい?」久が原さんは少し不安げな表情でそう言いました。私はうなずきました。何か気の利いたことを言えばよかったんでしょうが、年甲斐もなく緊張してしまい、ロマンチックなセリフなど出て [続きを読む]
  • おみパ「久が原さん」(23) 敬語は今日で終わり
  • 「そういえば、いつまで敬語で話してるの?」突然久が原さんに言われました。文章にするとちょっときつく見えるかもしれませんが、ちょっと拗ねているような口調でした。「放っておけばいずれ普通に話すかと思ったけど、全然変わらないよね。もう付き合ってるんだから、もうちょっと打ち解けた話し方してよー」「あ、ごめんなさい」婚活で出会った男性には敬語で話すのが癖になっていた私。でも、彼氏に敬語というのは変なのも確か [続きを読む]
  • おみパ「久が原さん」(22) 連絡頻度について
  • 付き合い始めてすぐに連絡が減ったこと、私は少し、というかかなり気にしていました。今は少し増えてきて1日2往復とか3往復するようになりましたが、やはり付き合う前、雑談のようなLINEをしていたことを思うと、減ったのは確かです。でも、1日2往復でも、連絡があるだけいいのかな、とも思うようになってきました。昔読んだ本かネットの記事に、「女は連絡頻度で愛情をはかろうとするけれど、男の愛情は連絡頻度と比例しない。男 [続きを読む]