小学校お受験パパからのアドバイス ブログ さん プロフィール

  •  
小学校お受験パパからのアドバイス ブログさん: 小学校お受験パパからのアドバイス ブログ
ハンドル名小学校お受験パパからのアドバイス ブログ さん
ブログタイトル小学校お受験パパからのアドバイス ブログ
ブログURLhttp://ojyuken.muragon.com/
サイト紹介文共働きかつCFOという立場ながら昨年から1年間息子の小学校受験に奮闘しました。少しでも参考になれば!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 36日(平均3.7回/週) - 参加 2016/10/26 10:18

小学校お受験パパからのアドバイス ブログ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 面接対策 - 本人
  • 仕事がバタバタで中々ブログを更新できず。この1年半試行錯誤しながら準備を進めてきたなかでこれから目指される方の役に立ちそうな対策を順不同でご紹介していければと。 まずは本人の面接対策。これは本当に苦労しました。 うちの子は優しい反面、いわゆるモジモジ君でした。幼児教室の通常クラスで行われる1:1面談対策でも先生がイライラする程(笑) それが実際に本番開始後は。。。。親子面談でも最も緊張せずに答えて [続きを読む]
  • 最終進路決定 / 共有できたらよいかな?
  • ようやく全ての試験が終了し、お蔭様で複数合格いただいた中で、最終進路が当初からの第一志望先で無事決定しました(まあ一応真剣にチャレンジしてみた某広尾は玉砕<笑>でもここの試験準備は他の学校に役に立ちます!) 昨日は制服の採寸とランドセル等の購入予約をしてきて、実感が湧いてきました。。。いやー、私のモットーでもありますが、本当にNo Pain No Gain(苦労なくして得ることなし)といったところ [続きを読む]
  • 飴と鞭 - 締めくくりの重要性
  • この1年半、ブチ切れて怒鳴りつけることが平均週に2回程度はありました(笑)その度にシクシク泣き始める息子。それでも楽しく乗り越えてこられたのに理由があるとすると、それは 1. 出来ないことに対しては怒らない。あくまで、やれるのにやらない時や、集中していない時、ダラダラやる気がないことに対して怒る 2. 必ず最後は成功体験で締めくくる。自分で出来たという結末になるまでは辛抱強く対峙する という一貫し [続きを読む]
  • お役御免 -全てのペーパー試験終了
  • 振り返りや対策の話はまたあとで整理させていただくとして、ようやく全てのペーパー試験が終了しましたー!! いやー、長かったです。これで仕事から帰宅後のペーパー学習は一旦終了?? 肩の荷が下りたとともに、頑張って時に泣きながらついてきた息子を讃えたいです。 ほんとによくがんばったね。今日は家族でプチお疲れディナーをします! [続きを読む]
  • お受験準備で最も大事なこと - バランス/運動
  • 5-6月になり、ペーパーに必要な学力も大分カバーできてきて、苦手分野もはっきりしてくると、逆にどうしても出来ない問題に集中して、親もイライラしてきます。 私自身もいけないと思いながらも、どう説明しても分からない問題があると、かなり強く問い詰めて泣かせてしまうことが多々ありました。そうすると翌日罪悪感を抱えながら仕事に向かうことになり、更にモヤモヤが増幅するという状況になることが1ヶ月に2回程度はあ [続きを読む]
  • ニンジンぶらさげ作戦は効果的か?
  • 以前に「がんばったときにはポイントを与え、100ポイント貯まったら何でも好きなものと交換」というポイント制度を年初に導入したことはお伝えしました。 それ以外に行ったニンジンぶらさげ作戦は、月次で実施される模試が終わったら、好きな映画を一緒に見に行く、ということもやりました。結果として父子2人で、相当な数の映画を見に行きました。妖怪ウォッチ、仮面ライダー、戦隊もの、ちびまる子ちゃん, etc. おか [続きを読む]
  • 敵の攻め方を早めに把握する - 過去問のチェック
  • 受験まで4-5ヶ月となった、4-5月。それまでは毎月行われる模試にのみ焦点をあてて、関連の出題についてこぐま会や理英会の問題集を使って深堀りをする学習方法を継続していました。 と同時に、志願校の過去問は買ったっきり、特に手をつけずにおいておきました(実際に着手したのは夏ちょっと前 7月くらいからでしたかねえ)。 でも、今振り返ってみると、この7月にひととおり見てみて、気づきが沢山ありました。ですの [続きを読む]
  • ペーパー対策 - アウトプットさせることの効用!
  • 本番まであっという間に半年??となった、3-4月。毎日1時間ペーパーを見ながら、一方通行のやり方に疑問を感じ始めたのがこの頃でした。 丁度仕事で部下たちにコーチングしている中で、自分が作った資料を自分でプレゼンする機会がないことによる、やっつけ傾向を指摘しながら気付いたこと。 それはアウトプットの機会がないと、インプットの精査をきちんとしないということ。 息子の場合もアウトプットの機会を積極的に求 [続きを読む]
  • 自覚への足がかり - 幼児教室の合宿
  • 全体的に共働き家庭なりの準備ペースが整い始めた3月後半、ドキドキしながらも行かせようと決めたのが、幼児教室主催の合宿でした。 これまで泊まりで親と離れたことは一切なく、前回までのブログでも書いたとおり、何かあるとメソメソするタイプだったこともあり、”行かせたい!”と思ってはいたものの、いざとなると心配でした。 出発当日の朝、両親2人で送りに行って別れる間際、必死に涙をこらえる姿にこちらの涙腺が(笑 [続きを読む]
  • やってはいけないこと - ペーパー学習
  • ペーパーについても一定程度自宅学習を毎日継続し始めた2-3月。 気になったのが息子の度重なる聞き返し。「それ、どういう意味?」 それまでは、聞き返されたら、意味を解説したり、分かるまで読んだり、かつそれで正解したらマルをしていました。もちろんその結果として理解が促進されることは多々あるとは思いますが、それが習慣化されてしまうと大きなリスクが生じます。それは複数回問題を読み上げることも同様です。 そ [続きを読む]
  • 共働き家庭の1日の勉強時間
  • 何とか縄跳びを攻略し、同時に通っているスイミングでも立て続けに昇級し、何とか運動サイドは本人の自信も含め安心感が出はじめた1-2月。 とはいえ、本題のペーパーや行動/絵画製作には幼児教室以外、自宅でも時間をかけて対策しているとは全くもって言える状態にはありませんでした。 というのも、我が家はがっつり共働き。かつ、母親が勉強を見ようとしても私の時とは全く態度が違い、ダラダラ100%集中しないという状 [続きを読む]
  • 縄跳び上達法 - 成功体験の積み重ね
  • 年明け前後から新たなクラスに試しに行き始め、2016年、まさにお受験の年がスタート。 ここでも早速壁にぶちあたりました(笑) まずは縄跳び。新たなクラスでは、毎回クラスの最初に縄跳びを使って発表を行うことが定例化されていましたが、出遅れたうちの子は、自分では運動神経がいいと思っていたのに、それまで全く縄跳びを練習させていなかったので案の定ボロボロ。 これがまた彼の幼児教室への道のりを重くしはじめて [続きを読む]
  • 昨年末そして年明け - クラス変更
  • 前回まで、クラスを下げたことでの先生との出会い、お友だちとの出会いによる、自信の芽生えと楽しみの芽生えについてお伝えしました。そしてポイント制によるモチベーションアップと最初の模試の乗り越えについても。 結果、返却されてきた新年長最初の模試の結果は73点。 まずまず、、というか、年中での偏差値39や記録抹消に比べれば雲泥の差です。とはいえ、特段そこまで出来ているというわけでもなく。 そんな中、先生 [続きを読む]
  • モチベーションアップ方法 - ポイント制
  • ようやく幼児教室とお受験を本人が少しだけ楽しみ始めた12月に、モチベーションアップのために導入したのが「ポイント制度」でした。 具体的には、新年長からスタートする模試を泣かずにできたり、毎日のプリントを頑張ったり、家のお手伝いをしたりなどなど。。。達成するごとに、リビングの壁に貼ったポイント台紙に、シールを3-4ポイント貼っていくんです。 そして、100ポイント貯まったら、何でも好きなものと交換で [続きを読む]
  • 転機 - 他のお受験家族の影響
  • 前回書かせていただいた、クラスのレベルを落としたことで芽生えた自信の芽を、相乗効果という流れで育ててくれたのが、同じクラスに、たまたま体験で数回来ていた子と家族との出会いでした。 その子自体は早生まれで賢く、いわゆるトップ校を受けるタイプ。でも家族全体が良い意味で力が抜けていて、その子もやる時はやるけどゆるい感じで取り組んでいく子でした。 うちの子にありがちなのですが、なぜか、そういうトップ校を受 [続きを読む]
  • 転機 - 周りから得る自信
  • 前回意気消沈しつつも、一段レベルを下げたクラスで新年長を迎えざるを得なかった11月。まあ、ゆっくり取り組むか、と夫婦とも自分に言い聞かせていました。 そして担当の女性の先生の名前は事前に聞いていたので、以前息子さんを同じ幼児教室に入れていたシッターさんに尋ねてみたけれど「知らないわねえ」との回答?? 正直、全く期待していませんでした。そんな中迎えた新年長クラス1回目。 初めの印象としては、うーん、 [続きを読む]
  • 昨年の今ごろ (振り返りその2)
  • まさかの模試結果抹消を受けて、これはもう無理かもしれないと思い、こうなったらインターにでも入れる道を考えるか?とまで考える次第。明らかに今思うとこの時期は迷走していました。 加えて人気講師だった幼児教室の先生からも「XXXくんはそのままのびのびやって、どこか合ったところに決まればいいんじゃないですか?」と面談で言われ、明らかに年長クラスが始まったら、俺のクラスには入れない宣言と取れる態度 & コメ [続きを読む]
  • 昨年の今ごろ(振り返り その1)
  • 昨年の今頃から徐々に幼児教室の模試が行われ始め、「受験に向けて本格的に動かないと」と思い始めていました。ところが、本人は優しい性格(そこが良いところ)の反面、緊張する場面で泣きが入る行動様式で、年中から幼児教室に行かせてはいたものの、幼児教室に行く時点でも泣き、行ってからも入口の前で泣きという状態でした。 そして忘れもしない10月の模試。試験に向かう道すがらはなんとか機嫌を取りつつ、ごまかしながら [続きを読む]
  • ようやく10月中の試験と結果発表が終了(全校合格)
  • 長かった1年以上に及ぶ受験準備を経て、何とか10月の全ての予定校の受験を乗り切ることが出来ました。 お蔭様で10月中に受験した全校(全て神奈川県内、うち準本命は倍率約4倍)から合格通知をいただきました!まだ11月に2校残っていますが、まずは素晴らしいスタートを切れ、これまでサポートいただいた全ての方々(幼児教室、シッターさん他)に感謝の気持ちで一杯です。 それ以上にあらためて本人の本番力に驚いてい [続きを読む]
  • 過去の記事 …