あんこ さん プロフィール

  •  
あんこさん: ダラダラ妊婦生活@ズボラ風味
ハンドル名あんこ さん
ブログタイトルダラダラ妊婦生活@ズボラ風味
ブログURLhttp://daradaralife.net/
サイト紹介文2017年3月出産予定、里帰りしないワンオペ育児に向けて色々準備中です。
自由文ズボラな性格にムチを打ちつつ、夫婦二人だけの産後育児をなるべく楽に過ごせるよう日々模索しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 308日(平均2.5回/週) - 参加 2016/10/26 11:17

あんこ さんのブログ記事

  • 最低限のお食い初めレポート 〜結構安上がりでできました〜
  • 慌ただしかった新生児期を乗り越え、やっとお世話にも慣れた頃にやってくるお食い初め。まずやろうかやるまいか悩みました。世話に慣れたとはいえまだまだぐずりのタイミングも突然だし、授乳間隔は2,3時間おきなのでどうしてもせわしない会になる可能性が大。両家ともに行事にあまりこだわりがないとはいえ人が集まるとなると食事の段取りも大変そう。しかしせっかくの行事を逃すのももったいない…。そしてどうせやるなら安くあ [続きを読む]
  • 夏の抱っこひもでのお出かけ 〜暑さ対策どうするか〜
  • 連日暑い!暑い!暑い! 日中30度超えが当たり前のこの季節、短時間のお散歩でもためらいます。 さりとて健診や予防接種で病院には定期的に通わねばならず、車持ちならばドアtoドアで行くことができますが、そうでない人は工夫を凝らさねばなりません。 我が家も諸事情で現在車を一台手放しており、主人が仕事の平日は公共交通機関を使用してお出かけしています。ありがたいことに市の中心部なので交通網も多く、通院にはそれほど [続きを読む]
  • 産後の電気代がバカにならない 〜太陽光発電を付けといてよかった〜
  • 3月に出産して、息子が初めて迎える夏。近年気温が高く熱中症で運ばれる人も多い季節、基本的に家の中で過ごしているとはいえ体温が高い赤子のために常時エアコンをつけっぱなしにしています。産む前までは窓を開けて扇風機を付ければ多少我慢すればなんとか過ごせていたのですが、赤子のための適温はほぼ24時間稼働していなければ保てない。汗をかかせてあせもができたり、何より暖め過ぎはSIDSが怖い。節約したいのはやまやまで [続きを読む]
  • 怖がっていた陣痛が意外に痛くなかった話
  • 陣痛の痛みの話になると、呼吸法、いきみのがし、アロマ等諸々の方法で痛みに耐えました、という経験談を妊娠中腐るほどたくさん見ました。私のお産もできるだけ痛く無ければいいなとそれらを食い入るように読み込んで、臨月に入ってからはやがて確実に来る未経験の痛みに憂鬱な気持ちを抱えていました。 痛みについて考えた時、その人がどれだけ耐えられるか、主観でしか語れないので結局初めての出産では自分がどれだけ苦しむの [続きを読む]
  • もらってめちゃくちゃ嬉しかった出産祝い
  • 子どもを出産後、友人知人多くの方から出産祝いを頂きました。種類も様々でかわいいもの、便利な物と、贈って下さった方の真心や心遣いが感じられました。基本的に世辞でなく、頂いたすべてのものがありがたく嬉しいギフトだったのですが、その中でも特に嬉しかったものを紹介しようと思います。自分ではなかなか買わないものが嬉しい出産祝い産後の自分メンテナンス用品ヴェレダのギフトセットを頂きました。産後は手に主婦湿疹が [続きを読む]
  • 出産前に是非読んでほしい 「母乳がいいって絶対ですか?」 田房永子
  • 母親教という根強い宗教じみた考え方に押しつぶされそうになる時があります。代表的なのは母乳、ミルク、母乳とミルク混合の3種類の方法のうちどれで育てているか、ということ。本当はこれらの方法は横並びのフラットで、母親の体質やライフスタイルで好きに選ぶことができるのだけれど、やんわりと「でも母乳が一番だからね〜」とヌルッとした決めつけをくらうことがある。これに加えて布おむつか紙おむつか、スマホやテレビを見 [続きを読む]
  • 「Milk tea(ミルクティー)」で買ったおすすめマタニティ服
  • マタニティ服は結局いるのかいらないのか。結論だけを先に言うと、「あったら便利」です。わざわざ短期間しか着ることができないマタニティ服を買うより、少し大きめゆるめの服を買っても事足ります。しかし大きめの服も結局産後着るかというと…着ない!(特にボトムス)だったら割り切って最低限のマタニティ服を買っておいて妊娠期間中に着倒すのもアリかなと思いました。マタニティ服の一番のメリットはなんてったって「着心地 [続きを読む]
  • 子育て中のお母さんに…新しい電子雑誌、BABY!が面白い
  • 講談社のモーニングとFraUが共同編集している無料電子雑誌、「BABY!」。これ無料で読んでいいの?というくらい豪華連載陣です。無料電子雑誌 BABY!全て無料! 週刊コミック誌「モーニング」と女性誌「FRaU」の共同編集。”子育てはカラフル。様々な子育ての形があっていい”をテーマに、パパとママのための様々なマンガとよみものを掲載。創刊号の掲載著者は…安野モヨコ、植本一子、うえやまとち、クリス‐ウェブ佳子、こやまこ [続きを読む]
  • おすすめ育児漫画 「つっこみが止まらない育児日記」 御手洗直子
  • 出産してからというもの、わが子のかわいさを存分に噛み締めることはさることながら、よその子のかわいさも味わいたくて育児漫画を読み漁っています。育児漫画っていざ読んでみたものの、合わない漫画も結構あったりするのですが、最近読んだ「つっこみがとまらない育児日記」、これ本当におすすめです。いやー笑った笑った。こんなに笑える育児漫画ってなかなかないかも。つっこみが止まらない育児日記 御手洗直子おたくマンガ家 [続きを読む]
  • 床上げまでの食事レポート 実践編
  • 産後1か月、床上げまでは育児以外のことをするな…というのは常識ですが、核家族化、実家との不仲、激務の旦那等々様々な理由で基本一人で育児と家事をしなければいけないお母さんはたくさんいます。特に一番のネックが食事の準備ですが、床上げまでの一ヶ月をワンオペ育児をしながらどんなメニューで乗り切ったかを紹介します。※ちなみにネットスーパーや生協、宅配弁当は節約の観点から全く使いませんでした。(日用品ではLOHA [続きを読む]
  • 心配性の初産の人は育児本を買っておくべき
  • 産院で一通りの赤ちゃんのお世話は習ったものの、毎日出てくる新たな疑問。ネットの情報はあまりにも煩雑、玉石混交すぎてどこを信じて分からなるものばかり。スタンダードで的確な情報源が欲しい!と思ったので、産後慌てて育児本を買いました。はじめてママ&パパの育児はじめてママ&パパの育児―0~3才赤ちゃんとの暮らし 気がかりがスッキリ! (主婦の友実用No.1シリーズ)posted with ヨメレバ五十嵐 隆 主婦の友社 2014-09-10Am [続きを読む]
  • 陥没乳頭でもなんとかなった ―ありがとう乳頭保護器―
  • 妊娠中から頑張って乳頭吸引機で乳首を吸い出すことはしていたのですが、産後、初めて吸わせる時にはやはり吸いにくいので苦労するかもと言われました。ま、まじかー、あんなに吸引機頑張ったのになーと思いつつ、それから息子との特訓の日々が始まったのでした。授乳姿勢に試行錯誤おっぱいは張るものの、乳首が短く上手く吸わせることができないため最初は授乳姿勢をあれこれと試行錯誤しました。助産師さんおすすめの姿勢はフッ [続きを読む]
  • いい骨盤ガードルを見つけた話
  • 妊娠前の服が全然入らないんですけどーーーーーーーーーーーーーーーー!! びっくりしました、産後にああやっとこれでゆったりのマタニティ服以外が着られるぞー、と思ってジーンズを履いてみたところ、太ももから上に進まないという事案が発生したのです。これ、ボーイフレンド(ゆったりめのジーンズ)なんですけど…?甘く見ていた産後太り改めて自分の体を客観視してみると、明らかに下半身、特に太ももとおしりのサイズがえ [続きを読む]
  • 辛いけどやってよかった 母子同室のメリット
  • 2017年3月男の子を出産しました。出産レポートとか書いてみようかな、なんてふと思いましたが、特に参考にしていただけるような出来事があったわけでもなくいたって普通の出産(もちろん自分にとっては一大事ですが)だったのでやめときました。ただ、出産後次の日から、しんどいながらも母子同室になっていたのですが退院後にそのメリットを多大に感じたのでそこのところを記事にしておきたいと思います。そもそも母子同室っ [続きを読む]
  • 里帰りしないワンオペ育児の事前準備 〜ベビー服・グッズの収納編〜
  • ベビー服やベビー用品を全て取り揃えた後、次に悩むのがそれらの収納場所。小さく細々したものも多いので、なるべく煩雑にならぬよう見た目もすっきりと収納できるのが望ましいです。ベビー服・グッズの収納にはカゴが便利!元々私は収納にかごを使うのが好きで、我が家にいくつかあったものを利用してベビー服収納にしてみました。肌着入れ洗濯→収納の頻度が多いであろう肌着は畳まずにそのまま重ねて入れます。そもそも肌着って [続きを読む]
  • 里帰りしないワンオペ育児の事前準備 〜主人への引継ぎ編〜
  • 我が家では里帰りしない&義実家にも頼らない出産をしますが一番の戦力はパートナーである主人です。主人の勤務形態は8時出勤19時帰宅、完全週休二日。世の多忙な男性と比べると比較的時間に余裕があります。しかしまるっきりアテにしてはならないと、先達の主婦の方々から懇々と言われているので、できる範囲で家事育児を手伝ってもらえたらなと思っています。家事、育児分担をカッチリしてしまうと産後柔軟な対応をする [続きを読む]
  • 気休め?ラズベリーリーフティーに効果はあるのか
  • 出産までのカウントダウンが日に日に怖くなってきました。予定日まであと何日…あと何日…と思う度、嬉しさ半分恐怖半分。初産なので必ずやってくる痛み、苦しみにものすごいビビっているありさまです。 そんな気持ちを安定させるため先日LOHACOでおまじない替わりにラズベリーリーフティーを購入しました。このハーブティー、安産に効くと有名なので藁にもすがる思いです。ラズベリーリーフティーの効果お産がスムーズになる [続きを読む]
  • ダラダラしていることへの罪悪感、ありますか?
  • 妊娠してから仕事も辞めたので丸々10か月間、思う存分妊婦として楽しむことができたと思っています。これって本当にありがたいことで、特に産後里帰りしない身としては最後のラッキータイムとして存分に好きなことをやりつくしました。自分の好きなように出産準備をする。育児本を読む。主人を見送って二度寝する。毎日適度に好きなものを食べる。掃除とか炊事とかの家事はそこそこに…。怠け癖がマタニティブルーを加速ダラダラ [続きを読む]
  • 妊娠中におすすめのエッセイ漫画 「すくすくそらまめ」
  • 今現在臨月に入り、お腹を隔てて毎日胎動で元気な様子を感じているのですが、この子がどんな顔をしていてどんな性格なのかわが子の誕生を心待ちにしている今日この頃です。やんちゃだろうか、人見知りだろうか、マイペースだろうか、思いを馳せると何とも言えずたまらない気持ちになります。母性本能の先走り!みたいな。特に今おむつやミルトンのCMを見ると、脳内物質がブワーッと出るのを感じます。人の子なのにキャワイイ!!と [続きを読む]