カジノチャンネル さん プロフィール

  •  
カジノチャンネルさん: オンラインカジノの最新情報ならカジノチャンネル!
ハンドル名カジノチャンネル さん
ブログタイトルオンラインカジノの最新情報ならカジノチャンネル!
ブログURLhttps://casino-channel.blogspot.com/
サイト紹介文あなたが気になる世界中のカジノ関連・オンラインカジノ情報をお届けしています!!
自由文NO GAMBLE , NO LIFE... この言葉を心の底から言いたくて...ついに日本を脱出www ギャンブル心理学やゲーム理論などの小難しそうな本もギャンブルに関係するのもなら苦にならずに読んでしまう自分が好きです。 あなたが気になる世界中のカジノ関連情報をお届けします!! お気軽に連絡下さい!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 148日(平均6.4回/週) - 参加 2016/10/29 15:29

カジノチャンネル さんのブログ記事

  • 韓国カジノを日本政府関係者が視察。
  • カジノ解禁に向けた日本の取り組みが加速している。昨年12月にカジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法案(カジノ法)が衆院本会議で可決、成立してから、韓国北東部のカジノ「江原ランド」を視察する日本の関係者が相次いでいる。江原ランドは韓国で唯一、韓国人が利用できるカジノだ。 日本は2020年の東京五輪を控え、外国人観光客をターゲットとしたカジノ、ホテル、大型会議場を備えたIRを建設する案を推進して [続きを読む]
  • カジノ合法化と「競馬」や「パチンコ」との関係
  • ■競馬や競輪は公営ゆえ許される IR(統合型リゾート)推進法が施行された。今回施行されたのは、プログラム法。カジノをつくる方向性やスケジュールは決まったが、詳細は新たに法律をつくって詰めていく。どうして2段階で法制化したのか。賭博罪に詳しい津田岳宏弁護士は次のように解説する。 「カジノの各論に入ると、揉めて話が頓挫してしまうおそれがあります。そこでまず総論でカジノをやることを決め、1年以内を目途に必要な [続きを読む]
  • マカオのカジノ施設、2019年から喫煙ルーム内を除き全面禁煙へ
  •  世界的な健康意識の高まりを受け、マカオでも屋内公共エリアの禁煙化が進んでいる。カジノ施設も例外ではない。 マカオのカジノ施設は、2014年10月6日からハイローラーと呼ばれる大口ギャンブラーを対象としたVIPルームが分煙、平場にあたるマスゲーミングフロアが全面禁煙となった。マスゲーミングフロアには喫煙ルームが設置されている。 3月14日、マカオ立法会第二常設委員会で喫煙予防・抑制法の改正案に対する審議が行わ [続きを読む]
  • カジノ誘致の本命、神奈川と大阪で決定か? 同時誘致の可能性も・・・
  •  昨年12月15日に成立(26日施行)された「IR推進法」。1月26日には、政府が「IR区域整備推進本部」の立ち上げに向けた準備室を内閣官房に設置した。 今年の秋の臨時国会では「IR実施法」が審議され、成立する見込みが高い。いざ「実施法」が成立したら、ではどの地域にカジノを設置するのかの議論が始まり、概ね1年程度の期間で「場所」が決まるといわれている。 カジノ誘致に積極的な地域では、「実施法」の成立を見越して水面 [続きを読む]
  • カジノ大手、日本に賭け=国内には根強い反発
  •  昨年12月にカジノを中心とした統合型リゾート(IR)の整備を推進するよう政府に促す法律が成立し、カジノ解禁に向けた動きが本格化しつつある。2月下旬には世界のカジノ運営大手4社の経営トップが東京に集結し、日本市場への参入の意向をそろって表明した。しかし、懸念されるギャンブル依存症などへの対策は手付かずのままで、国内には根強い反発が残っている。 ◇投資、最大1兆円 「究極のビジネスチャンスだ。投資額は100億 [続きを読む]
  • 【香港】カジノの銀河娯楽、日本での商機模索
  •  マカオでカジノリゾートを運営する銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント・グループ)は2月28日、日本でのカジノ事業の商機を探る方針を表明した。1日付香港経済日報などによると、呂志和会長は日本企業との提携を希望すると述べた。 日本では先に、統合型リゾート(IR)整備推進法(カジノ法)が成立。呂会長は、「日本企業とは長く親交がある。日本はカジノ産業の発展が見込める市場だ」とコメント。同社は既 [続きを読む]
  • マカオの1月カジノ税収約1千億円 対前年7.7%増=歳入の約8割占める
  •  マカオ政府財政局が2月23日付で公表した財政収支データによれば、今年1月の歳入は前年同月から6.0%増の89億9840万パタカ(日本円換算:約1270億円)で、年度(1〜12月)予算執行率は9.9%だった。 このうち、ゲーミング税収は7.7%増の72億5880万パタカ(約1024億円)で、予算執行率は10.1%。歳入に占めるゲーミング税の割合は80.7%。 一方、歳出は28.9%減の26億1500万パタカ(約369億円)で、予算執行率は3.1%にとどまった。  [続きを読む]
  • GDP成長見込める新産業「遊び」「ギャンブル」「エンタメ」
  •  日本経済の不調が長らく唱えられているが、停滞ムード漂う世界の中で、日本だけが元気だという論文を欧米の経済誌や外交誌が相次いで掲載している。双日総研チーフエコノミストで、『気づいたら先頭に立っていた日本経済』(新潮新書)の著者・吉崎達彦氏が、不思議に安定している日本がこれから取り組むべき第4次産業の拡大と、「遊民経済学」について解説する。 * * * 日本が当面増え続ける社会保障費を工面するために [続きを読む]
  • ラスベガス以上のマーケット?カジノ王らが日本に集結!!
  •  カジノ推進法が成立してから2カ月。投資セミナーが都内のホテルで開かれ、世界のカジノ王たちが日本市場への進出に意欲を見せました。 メルコ・クラウン・エンターテインメント、ローレンス・ホー会長:「何年ものロビー活動がついに実になりました。この機会は無限大です。我々は勝つためには、必要なものは何でも費やします」 21日から開催されている投資セミナーには、ラスベガスなどを拠点とする世界の4大カジノのトップら [続きを読む]
  • IR誘致、和歌山市長が表明 「カジノは外国人専用」
  •  カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致について、和歌山市の尾花正啓市長は15日の会見で「実現に向けた取り組みを進める」と述べ、市内への誘致に乗り出すことを表明した。 市は2015年5月、誘致検討に向けた職員のプロジェクトチームを設置。海沿いのリゾート施設「和歌山マリーナシティ」(同市毛見)や企業用地「コスモパーク加太」(同市加太、磯の浦)を候補地に挙げていた。尾花市長は「関西空港に近い利点を生 [続きを読む]