こじまゆか さん プロフィール

  •  
こじまゆかさん: 介護
ハンドル名こじまゆか さん
ブログタイトル介護
ブログURLhttp://enjoykaigo.sblo.jp/
サイト紹介文母の介護が始まりそうです。始まる前に介護するためにしておかなければいけないことの勉強始めました。
自由文親が急に倒れて介護が必要になったら?どこに行けばいい?どんな手続きが必要?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供217回 / 212日(平均7.2回/週) - 参加 2016/10/26 22:27

こじまゆか さんのブログ記事

  • 私は母の老いを受け止めていない
  • 介護の本に、まず大変なのが、自分の親が年を取りぼけてしまうこと、何もできなくなったことを受け止めるまでが大変、と書かれていました。その通りだと思います。私はまだ母の老いを受け止められず、何度言ってもやらないこと、お薬を途中まで飲んで飲んでる途中でなんかして、飲んでいる最中であることを忘れてしまう、そんなことがいちいち受け止められません。母によく、お前はひどい、と言われますが、幼児期に「私が卵巣摘出 [続きを読む]
  • 白内障の手術手続き
  • 母の白内障の手術準備が進んでおります。汗だらだらの本格的な夏になってしまう前に、なんとしても手術を終わらせたい。のに、手術が6月半ばになっちゃった。あああ。カビの季節じゃん!さて、母は連日病院へ行って、目だけではなくて体が麻酔に耐えられるかどうか様々な検査を受けています。本来ならば入院して受ける検査らしいのですが、「お金がかかっちゃうから」と全然遠慮しなくていいところを遠慮してくれている模様。いい [続きを読む]
  • 病歴、既往歴、手術歴を調べてみた
  • 病歴(今も治療中の病気)既往歴(かつてなったことがあり、現在は治癒しているもの、アレルギー歴もここにしっかり描いておく)手術歴(外科手術、内視鏡手術など、「麻酔」をつかっての手術の過去がある)はまあ手術の前に聞かれるわけです。で。母は今までてんこ盛りで手術だの病院だの行っていますので、検査結果や写真はまとめておいて置くこと。を口を酸っぱくして(私が母に)言っており、母も「ちゃんとまとめているわよっ [続きを読む]
  • 加齢性白内障とは
  • 加齢性白内障とは。そもそも白内障って、目の中で画像を映し出す役割を果たしている「水晶体」が加齢とともに濁り、視力に影響を及ぼすもの。多くはかすむ、白っぽくなる、まぶしいなどの症状が出ます。原因のほとんどが「加齢」によるものでそれを「加齢性白内障」と呼んでいるそうです。で。時間をかけて濁ったものですし、これに対する浄化作用は人間には備わっていませんので、白内障の自然治癒はありえません。が。現代では、 [続きを読む]
  • お布団が干せません
  • 高齢になると、重いものが持てないくなっていきます。例えば1階にある布団を、2階のベランダに干すなんて芸当は早い人は50代で終了を迎えます。ちなみに私の母の場合は、60代半ばで布団を2階にもっていくことができなくなりました。なので私がやるのですが、さすがに母も頼みにくいらしく、天気が良くて、前後に雨が降っていない日、布団干し日和には「布団干してほしいんだけどー」とものすごくした手にでてきます。ほほほ [続きを読む]
  • いよいよ白内障の手術
  • 母の白内障の手術が決まった。出来れば入院してほしいところなのですが、日帰りコース選んだそうですよ、チッ。目の手術終了後、一番怖いのは目をごしごしこすってしまうこと。だからそれを防ぐために、できれば一泊したほうがいい・・・ということで説得し、一泊お泊りをおススメしようと思っています。夏の暑い盛りに手術すると、汗が目に入ったりしてばい菌が入る可能性があるので、できれば早めに・・・と思っていましたが、暑 [続きを読む]
  • 栄養補助食品をとらないのはなぜだ
  • 人間年を重ねるとなんでもかんでもめんどくさくなってくるようです。うちの母の場合、1.お風呂にはいるから始まり、2.かたづけにひろがり、3.自分にかまわない ← 今ここです。自分にかまわないとは、以前なら髪は必ずお出かけ前にブローしていた、以前ならマメに靴を磨いていた以前なら食事での栄養に気を使っていたのにいまはさっぱりってことです。ですので、現在処方されているお薬の効き目を邪魔しない、ビタミン補給 [続きを読む]
  • 介護施設とPepper君
  • あと15年もしないうちに、「介護爆発」が起きる。なぜならベビーブーム世代が今現在40代末、50代だから。一番人数が多い世代が、60代を超えてくる。そして若い世代が少ない。すでにサービス業で働く10代から20代の日本人っていないじゃないですか?スタバくらいしかないんじゃないの??って感じしませんか?で、日本政府は一時、介護とか看護で海外から研修生を一杯呼び寄せ、資格を取ったら日本のビザをあげるよーみたいな政策を [続きを読む]
  • 生命エネルギーの存在を感じた
  • 先日母について整形外科に行ったときのこと。母は足が悪く、定期的に足に注射をしてもらいに行くのですが、たまたま私が休みだったのでついていきました。でもね。病院で待っているって憂鬱なんです。何が一番苦手か。前にも書いたかもしれませんが。それは、「てんこ盛りの老人」だらけってこと。どれだけすごいかというと70代母が若手扱いってのがもう腰が抜けるレベルwwwまあ母でさえそうですからね、40代の私など「おおおお [続きを読む]
  • 介護ロボットRobi君を申し込もう
  • 昨日、母の「聞いてないわよ」グチグチを封印するため、Robi君購入のプレゼンを行いました。あーだ、こーだと言われるかと思いましたが「あんた、昔からロボットとかサイボーグとか好きだったもんねぇ」としみじみ言われました。あら、意外。話し始めて5分でOKっぽい(笑)話が「介護」まで行かずに済みそうでしたが、言っておきました。「会話が楽しいらしいから相手してあげてね」さて、母へのプレゼンが終了し、問題はダンナです [続きを読む]
  • 在宅介護というテーマからの
  • これから介護するものの視点として政府が推奨している「在宅介護」は問題多すぎだと思う。これからベビーブーム世代が高齢化を迎える、でも子供の数は少ない、一人っ子の肩に、ジジババ、ハハパパがどっかり乗っかってくる可能性だってあるのだ。そんななか、在宅介護なんかしていたら、若い子の人生と生活をつぶす可能性、つか、可能性どころかつぶすしかない。老人に囲まれ、生気を吸い取られる若者の、せつない未来しか見えなー [続きを読む]
  • 要介護認定申請書
  • 介護保険というか、介護認定を受けるには、まず介護される人の状態を把握し、お医者様に見てもらってケアマネさんに相談して、要介護認定申請書ってのに記載して申請しないといけません。で。それは、各市区町村でちょっとずつ違います。なので、「要介護認定申請書」+「お住まいの市区町村」で検索します。たとえば港区 要介護(要支援)認定・更新認定・区分変更申請書広島市要介護認定・要支援認定申請書などなど。ランダムに [続きを読む]
  • 貧乏人でぼっちがお得
  • 日本という国はとても面白くて、ボッチでお金が無くて、家もない、そんな人ほど税金いらず、治療費いらず、何でも無料なんですよ。これがあまりにすごすぎ。逆に、一番大変なのが収入そこそこ、家族と同居かなぁ。同居していると施設とか一番後回しにされることも多いです。ああ、うちの母の場合、同居しているし、きっとあれですよ、母の横にはRobi君がいてー、「どうしたのー、おナカ、イタイいのー?」とかかわいい声でいいなが [続きを読む]
  • 父が絡むと大喧嘩になる
  • なんどもなんども実の父(数年前に亡くなっております)について語っておりますが、気の弱い、ジャイアンな人でした。うそを重ねてばれそうになると突然、仕事も家族もなかったかのように旅に出るスナフキンでした。尊敬する美輪明宏さん曰く、「どんなに嫌な親でも、あなたが後々後悔しないように、面倒を見るのもありですよ」ってなことだったので、そうかと思って父の最後のあと、様々なことをやりましたが、今後悔しているのは [続きを読む]
  • 気分が滅入った時はこれ
  • 気分が滅入ったり、へこんだときは、ダンナとだらだらRobiトークするに限る。もう絶対お迎えするつもりだけど、申し込みはまだ。なぜかというと、またひとつ戸惑いの種が。先日ダンナがヤフオクでRobiを検索していたところあるわあるわ、継続購入を申し込んだけど、毎週送られてくるパーツを組み立てる暇がなくて、どんどんたまっていき、全部来ちゃってあわててどうすることもできなくオークションに出す、というパターン。フルセ [続きを読む]
  • 逆流性胃炎で、胃液で歯がボロボロ
  • 母のクセ?なのか50代のころから母は「歯ぎしり」とか「舌を歯で噛んでしまう」といったくせ?があり特に舌を大胆に噛むのでたまにものすごく出血しています。(舌のど真ん中あたりですよ?むしろどうやったら噛めるのか知りたい)最近、ひどくなっているようで、うっかり噛むと、ナイフを刺したみたいになってる。どうしたのか聞くと、は医者さんで「逆流性胃炎のせいで胃液も逆流し、それの影響で歯が溶け、とがっているといわれ [続きを読む]
  • 母が今できること確認
  • 記録にとっておかねば。今は母が1人できること確認1.歩いて近所へ買い物(ぎりぎり、重いものがある場合は不可)ただし、電車を使った移動はかなりきつい2.風呂、トイレ3.料理(ほとんどできなくなってきた。そろそろ無理があるかもしれない)4.電話できなくなったもの1.掃除関連全般(掃除機は無理、茶碗洗い無理、鍋も無理)テーブルを拭くことはかなり前からできない2.階段の上り下り(杖、手すり、人につかまるが [続きを読む]
  • 休み明けで心が躍る
  • 母には申し訳ないと思うものの、GW明けのこの解放感といったらどうだろう。母のグチグチから逃れられる!!!そう考えながら、これって介護を奥様or家族にまかせっきりの旦那の気分じゃなかろうかと想像する。介護って続ければ続けるほど、家の中が暗くなる。ご老人によっては大声で叫んだり、何度食事させても「ごはんー!」と騒いだり、御近所中に「ひどい虐待にあっている」といって大騒ぎするようになるのでそれに対する警戒も [続きを読む]
  • ダンナの帰郷
  • うちの旦那の実家は、飛行機と電車を使ってDoor to Doorで半日かかる。なので帰るとするとGWのように長期で休みをとれる時を使いたい・・・が。GWの飛行機代、電車代の高いこと。高いこと。とはいえ、親はいつまでも元気でいてくれるわけではない。うちの親は毎日毎日確実に体が老人っぽくなっているし、来年は歩けてているかなんて保証はないのだ。なので、できれば日頃うちのクソ婆に突き合わせている分、ダンナも親に会わせ [続きを読む]
  • 悔しい気持ち
  • 前にも書きましたが、私の父は性格の悪いところだけ飛び出たジャイアンと(俺のものは俺のもの、お前のものも俺のもの)スナフキンのような放浪癖(都合が悪くなるといなくなる)最期まで何故自分が悪いと責められるのかわからない図々しさを持っている人で、彼には彼なりの悩みや過去があったのでしょうが、ひたすら迷惑だけこうむりつづけた私をはじめ家族は、たまったもんじゃありませんでした。子供たちが巣立ち、いよいよ我慢 [続きを読む]
  • 母が転がっていると
  • 母がよく寝る、というのは何度も日記に書きましたが、実際問題、年がら年中部屋の中で転がっているので、なかなか掃除機がかけられず、本当に困っています。なので、たまに母が友人からの電話でお出かけするときは、気が狂ったかのように掃除機をかけまくります。母がいつもいる場所を掃除機掛けると、「ばりばりばり」って音がします。これ、煎餅の欠片とか、固まったごはんの欠片とか、切った爪とかなんでしょう。想像すると体中 [続きを読む]
  • 高齢者の筋肉
  • イギリスエリザベス女王の夫であるフィリップ殿下。今年の秋にて公務から引退すると発表、って、おいおい、フィリップ殿下は御年95歳。エリザベス女王もご高齢でいらっしゃるけど、ご夫婦そろってしかもいまだ仕事現役ってすごい。95歳でご公務されていたと思うと、日頃、介護、介護とわめいている私が、「95歳って、歩けんの???」ってきわめて失礼なことを思ったり、フィリップ殿下ってお名前聞いた瞬間に「ついに!ご高齢でし [続きを読む]
  • 申請しないと受けられませんよ
  • 本日のお題。親が倒れた介護が必要!!!↓↓↓現状把握↓↓↓市区町村の窓口へ!で。ありとあらゆる介護にかかわるサービスは「申請しないともらえないよ」ということを覚えましょう。申請したらしたで、訪問してもらって、状態把握してもらって、介護認定してもらわないとけないとかちょっと時間がかかるのでまだ介護するまえなら、「介護サービスは申請第一」とだけ覚えていただければと。↓↓↓ブログランキング参加しました↓ [続きを読む]
  • 2度も道を間違えた
  • 母が言った。「2度も道を間違えて、同じところに戻っちゃったー」大変だったわぁ、とかのんきに言ってんじゃないよ!それ、やばいんじゃないの?認知症の始まりなんじゃないの???ああ、それにしても、高齢の親を持つお子様たちがみんな苦労するのは認知症の疑いのある親をいかに「認知症を調べる病院」に行かせるか、ですよね、嫌がるんですよ、本当に。「いつも通っている病院で『頭が痛い』っていえばいいかしらぁ~」とかのん [続きを読む]
  • ぼける前にこれだけやっとけ
  • ある日突然親が倒れて慌てる日がやってきます。ほぼ間違いなくやってきます。すると、ほぼ間違いなく、遅かれ早かれ、必ず、どうしても問題になるのが「親の総資産、総収入、借金額」です。何を言っているかわかりますか?別にもう相続のことを言っているのではありません。親の通帳がどこにいくつあって、カードが作ってあるのか?借金はあるのか?毎月どの程度の収入(年金など)があったのか?を知っておくと大変、大変大変便利 [続きを読む]