Jun さん プロフィール

  •  
Junさん: On the Back of the Flyer
ハンドル名Jun さん
ブログタイトルOn the Back of the Flyer
ブログURLhttp://junjunjun2112.com
サイト紹介文TOEICテストメモ(※不定期)、羽生結弦選手(※毎日0時に更新)、日々のアレコレを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供327回 / 296日(平均7.7回/週) - 参加 2016/10/27 05:58

Jun さんのブログ記事

  • 周到な事前準備に改めて驚く。「SEIMEI 応援企画」(2)
  •  「〔フィギュア〕羽生が感謝の舞い 震災時、救ってくれた横浜のリンクで」(中日スポーツ 2017年8月17日)  「久々に再会したというこの日は2人(都築章一郎コーチと羽生君)で談笑。『羽生は「4回転ルッツができるようになったから、どこに入れるか自分なりに考えている」と言っていた』と今季の新技投入も示唆されたようだ」 先日のクリケットでの会見で、こんな話は出なかったし、もちろん公開練習でも跳んでいない。こ [続きを読む]
  • SEIMEI再登板のもう一つのヒント。「SEIMEI 応援企画」(1)
  •  「羽生、横浜でアイスショー 震災11年の拠点リンク『1つ1つを胸に抱いて』」(デイリー 2017/8/16 14:33) やや意外なセレクションではあるけど、この場所で演じることを考えたら納得ですね。あと、けっこうゴツくなってるはずなので、よくこの衣装入ったなぁ・・・と。  あと私の想像ですが、24時間テレビの収録は、どうやらこの日の東神奈川のリンクではなく、「別の日に別の場所を貸し切って」という段取りになっているよ [続きを読む]
  • 刑事君&龍樹君フリー@アジアンオープン
  •  引き続き、刑事君&龍樹君のアジアンオープンの振り返りです。今日はフリーを。 リザルト関係は「こちら」で。  刑事君のフリーは、昨年に続いての「フェリーニメドレー」です。そういえば、94年生まれの同期組は、後述する龍樹君、そして羽生君も、このオリンピックシーズンは慣れ親しんだフリープログラムで戦うことになりましたね。こちらのフリーの映像は、SPと比べて映像はかなり良いのに、音が割れている点はやや残念で [続きを読む]
  • 刑事君&龍樹君SP@アジアンオープン
  •  先に、日曜夜のHERO'Sについて。まぁ、原某よりは何百倍もマシではあるんですけど、カトパンをクリケットに行かせる意味ってあるの?と、頭に疑問符が何個も浮かびながら、マンツーマンのやり取りを見ていました。ただ、あの番組自体、なんで嫁が元フジのアナってだけで石井一久みたいなボケっとしたおっさんが出てるんだ?という所からして、すでに謎なんですけども。 しかし、「SEIMEIとはどんな存在か?」という、もやっとし [続きを読む]
  • 梨花ちゃん@アジアンオープン
  •  ここ数日、TwitterのTLを見ていると、日経の原真子氏の記事に激怒している方がけっこういらっしゃいます。ただ、原なんてのは、青嶋ひろの、高場泉穂と並ぶトンデモ記者の一人として、すでにその筋では有名な要注意人物でした。 しかし、いまや、この方々がいかに捏造や印象操作をしようが、我々は様々な方法でより正確な情報源にアクセスできるわけです。この人たちの書くものは、もはや論評するに値しない。私自身は、良い、 [続きを読む]
  • ゆづ&真央ちゃんのダブル特集号という形。「FIGURE SKATERS Vol.6」
  •  2017年8月12日発売。バックナンバーについては「こちら」。 今回は、羽生君が約50頁、真央ちゃんが約30頁、という比率です。 まだ17-18シーズンに入っておらず、しかも「SEIMEI」再登板の発表の時点ですでに中身は出来ていただろうこと、他方で、真央ちゃんはプロ転向後も「The Ice」をしっかり成功させたこと、以上を考えると、バックナンバーと比べて羽生君比率がやや下がるのは仕方のないところです。その点をご注意く [続きを読む]
  • 予想を遥かに上回る完成度!『Fantasy on Ice 2017 OFFICIAL PHOTO BOOK』
  •  2017年8月10日発売。アマゾンのレビューでは、「羽生選手の写真が少ない」とか「買う前に中身を確認すべき」とか、間の抜けたことを書いている人がいます。 中身なんて確認できるわけがない。私が購入した近所の丸善でもそうでしたが、よほどフィギュアスケートに理解のある書店でないかぎり、どこも厳重にビニールで覆われているはずです。 でも、ビニールに包まれていたとしても、もし書店で実物を手にした方なら、ズシ [続きを読む]
  • トロント公開練習二日目
  •  さて、今回の「SEIMEI」および「バラ1」の再登板を受けて、「専門家の意見はどうなのか?」と、いろいろとチェックしてみると、今の所は、佐野稔さん(サンスポ)、岡崎真さん(スポニチ)、河合彩さん(日テレ「スッキリ!」)ぐらいでしょうか。 「【佐野稔の舞評論】羽生、成功イメージある曲で勝負 金への強い意志感じる」(サンスポ 2017/8/10 5:00) 「【岡崎真の目】羽生に『過去の自分を超える』という強い意志感じ [続きを読む]
  • トロント公開練習一日目
  •  「羽生結弦、公開練習1日が終了。注目のフリーは『SEIMEI』に」(山口真一 2017/8/9) いやぁ、盛大に外してしまいました。まぁ、素人がする予想なんてこんなものです。 そんなことはともかく、これには驚きましたね。「SEIMEI」の再登板自体に驚いたというより、「バラ1」も「SEIMEI」も、という所が個人的にサプライズです。オリンピックのメダリスト級のスケーターで、五輪シーズンを両プログラムともに「再登板」で戦った [続きを読む]
  • トロントメディアデー直前レポ(山口真一記者)
  •  「いよいよ今日から2日間、羽生結弦トロント公開練習」(山口真一 2017/8/8) けいこ様、ありがとうございます!コメントでご連絡いただけてなかったら、夜は、アジアンオープンの刑事君&竜樹君について書こうと思っていました。ちなみに、紀平梨花ちゃんのアジアンオープンのレビューは執筆済なんですが、公開日はズルズルと後ろに延びるかもしれません・・・。 すでに皆さまご承知かと思いますが、トロントと日本の時差は13 [続きを読む]
  • 真凜ちゃん新SP&新葉ちゃん新フリー
  •  プリンスアイスワールドの日光公演で新SPを披露した真凜ちゃん。そして、「関東サマートロフィー」という試合に出場した新葉ちゃんの新フリーのニュースもこの週末に入ってきましたね。 間違いなくオリンピックの代表争いをする二人なので、アジアンオープンと並んで個人的に大注目のニュースでした。  7月のフィギュアスケートTVでも、ジェフが真凜ちゃんに付きっ切りでこの新SPの指導をしている様子が紹介されていました。 [続きを読む]
  • アジアンオープンFS感想
  •  ともにノーミスだったSPから考えると、最初スコアだけを見たとき、どうしちゃったの?という感じでした。以下で指摘しますが、プロトコルを見ながら映像をチェックすると、ちょっと回転不足の判定が厳しすぎると思いましたね。 まぁ、これはオープン戦というか練習試合みたいなものですから、変に気負うことなく、花織ちゃんと優奈ちゃんには、着実にクオリティを上げていってもらいたいと思います。まだ若い二人だし、これから [続きを読む]
  • アジアンオープンSP感想
  •  正直言うと、世界陸上男子100Mのサニブラウン君の「決勝進出&9秒台」のダブル快挙達成に向けて、気持ちが行ってるんですが、もちろんアジアンオープンもチェックしています。 今日は、シニア初戦の花織ちゃん&優奈ちゃんのSPについて感想を。リザルト関係は「こちら」で。  3Loに「-3」をつけた「J3」は、ボタンの押し間違えか何かでしょうか?フリーもこの5人がそのまま採点するので、気を引き締めてちゃんとやっていただ [続きを読む]
  • ジェフのインタ@FaOI新潟プログラムから
  •  約1ヵ月前の記事でFaOI新潟のプログラムを取り上げたのですが、羽生君のインタが質・量ともに超充実していて、それを記事にして、読んだ気になっていました。 幕張のプログラムはランビ先生のインタが掲載されていましたが、新潟の方はジェフのインタが収録されています。聞き手は長谷川仁美さんです。 こちらもしっかりした内容なので、ご紹介したいと思います。 ―― 振付師として、選手たちの来シーズンの競技プログラムを [続きを読む]
  • 遅ればせながら。「24時間テレビ」(7/30告知放送)
  •  おそらく台本通りだとはいえ、いま日本で一番人気のある水卜アナをこのテンションにさせてしまう・・・。これが、トップアスリートの風格というものですよ。 デイリーに5分ほどの動画としてアップされています。「こちら」からどうぞ。感謝です。 everyとこちらを両方見ると、「勇気について語る」部分は、この7/30の番宣の方は前半がカットされていて、8/1のeveryの方は「勇気を出さないといけない時」の前がプツっと切れてい [続きを読む]
  • マイレピ「オフタイムの過ごし方」(後編)
  •  先月アップされたマイレピのインタビュー「カナダ トロントでの生活」の続編です。インタビューを読むための登録自体は無料ですので、こちらからどうぞ。 さて、今回はほとんど勉強の話でしたね。大学で専攻している分野、履修している科目(認知心理、臨床心理)の課題図書等から得た知識を、大いにスケートに役に立てているとのことです。 私の認識では、心理学は個人の内面にフォーカスして人間の行動を分析する学問、一方 [続きを読む]
  • 24時間テレビの話題など
  •  「フィギュア羽生結弦選手がテレビ初告白 少年と24時間テレビで『夢のアイスショー』」(2017/7/30) 日曜日(土曜日?)の長い番宣を見逃しまして、31日のeveryはなんとか捕獲できました。それでも1分ほどの内容でしたが。 24時間テレビへの出演は今年で4年連続。昨年は、被災した熊本に「愛を込めて」というコンセプトでした。今年は、羽生君自身も2歳の時に小児ぜんそくと診断された経験があり、同じぜんそくの少年、そして [続きを読む]
  • ジュンファン君@コリアチャレンジ
  •  韓国の代表選抜についてまったくの無知なので、ここ数日、TwitterのTLで流れてくる、スケオタの皆さまの情報が頼りでした。 7月28〜30日に「コリアチャレンジ」という、平昌五輪の韓国代表選手を決める国内大会が開催されていました。「決める」といっても、今回含めて計3度(7月、12月、1月)おこなわれます。 まずは、ジュンファン君の演技を見てみましょうか。  SPはデイヴィッド振付で、ルイ・アームストロングの「What [続きを読む]
  • 知子ちゃん新SP「SAYURI」お披露目
  •  【フィギュア】宮原知子が平昌五輪シーズンのSP初披露(2017/7/29 報知) あれほどの重傷を負って、この時期に復帰したのは、正直早いんじゃないか?と思うぐらい。 「怪我からの復帰」というと、昨季の羽生君のケースを基準にして考えてしまいます。昨年はというと、メディアデーが9月中旬で、そこで二つの新プログラムを発表。9月末のオータムで実戦投入という感じでした。 ただ、知子ちゃんの場合、オリンピックに出ること [続きを読む]
  • 舞依ちゃん&花織ちゃんの公開練習
  •  「三原舞依、後半ジャンプ増の高難度プログラムで平昌シーズン勝負!」(報知、2017/7/28)  「ショートプログラムの『リベルタンゴ』はフランスの振付師、ブノア・リショー氏が担当。今合宿にも帯同しており、マンツーマンで何度もステップを確認していた。妖艶な女性を演じる新境地の開拓に挑戦中だが「ブノアに『思ったよりいい。(5月の)米国合宿の時より心を開いてくれた』と言われた」と、はにかんでいた」  中野先生 [続きを読む]
  • ジュエルズと一緒に楽しもう!『羽生結弦 SEASON PHOTOBOOK 2016-2017』
  •  2017年7月29日発売。「通信」のボリュームに慣れていると、どうしてもコスパ的に物足りなく感じるのは仕方のない所。 そこで私が推奨する、本書の楽しみ方としては、ジュエルズのバックナンバー(4・5・6)も隣に置いて、その写真とセットで見てみるといいと思います。 なぜかというと、例えば、本誌の56頁に、ジェフとともにリンクの上で何やら打ち合わせをしているショットがあります。私はこの写真を初めて見たんですが [続きを読む]
  • 昨季の感動をいま一度!「フィギュアスケートファン通信22」
  •  2017年7月27日発売。「通信」のレビューのバックナンバーはこちら。 今回は、「2016-2017シーズン後半 羽生結弦名言集 Part.2」とされていて、つまり「通信18」(Part.1)の続編と言うことができます。 基本的に、Part.1と同じレイアウトです。見開き2ページごとに「16-17シーズン後半の名言」を一本掲載し、そのソースと発言の文脈も添えています。これは、Part.1を読んだ際にも感心した点なんですが、他誌のように「余っ [続きを読む]
  • 第221回(2017年6月25日実施)TOEIC L&Rテストの正解数換算
  •  ようやく900点台まで戻すことができました。超絶爆死した2つ前の855点から、1つ前の895点、そして今回とキレイに40点ずつ増えた理由は、私にはさっぱり分かりませんけども。 今回はフォーム2。リスニングの誤答数は、2+2+1+4+5=14, 14-5=「9」となりました。 このアビメは、テストを受けた時の印象の通りで、リスニングではやはり、パート3・4で失点が多いようです。とはいえ、この両パートに関しては、この第221回、そして先 [続きを読む]
  • ヴィンセント・ゾウ君について
  •  「通信」の発売までまだ一日あるし、記事のネタに困っていたので、ヴィンセント君のデトロイトの試合でも見るかぁ・・・と思っていたら、タイムリーな写真がアップされました。 本人のインスタで公開されたものです。この写真に、本人は以下のメッセージを添えています。  「ついに、レジェンド本人と会うことができて光栄です。ユヅルは、もう何年もの間、私のモチベーションを高めてくれるような存在でした。誰よりもハード [続きを読む]
  • 第222回(2017年7月23日)TOEIC L&R公開テストの感想
  •  ちょっと日にちが経ちましたが、いちおう受験しております。久々の首都大学東京の南大沢キャンパス。一年前の7月もここだったんですが、あの時は、殺人的な冷房の効き具合に震えながらテストを受けました。今回は雨天にも関わらずやっぱり冷えていて、試験開始前から長袖を来て、試験終了まで着っぱなしでしたね。試験終了時刻は15:02でした。 <パート1>(易)→ 簡単でした。若干危ないのは、男性がホームセンターで買い物を [続きを読む]