eri♫rin' さん プロフィール

  •  
eri♫rin'さん: あなたとアートと音楽と you and art and music
ハンドル名eri♫rin' さん
ブログタイトルあなたとアートと音楽と you and art and music
ブログURLhttp://ameblo.jp/amesatin/
サイト紹介文美術と音楽をやっています。 2つのアートをつなぐ何かを作りたい。そんなアーティストの日記です。
自由文結果や目的を目指すのではなく、今ここに降りてきたインスピレーションとともに毎日をワクワクしながら生きていきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供161回 / 210日(平均5.4回/週) - 参加 2016/10/28 15:15

eri♫rin' さんのブログ記事

  • 6.10ジャズライブ〜横浜 Grand Cru Glamorous Blue
  • 横浜東口からちょっとの素敵なレストラン、グラン・クリュ・グラマラスブルーでライブをやります。3.4に赤坂でご一緒したハモンドオルガンの稲葉さん筆頭に、ヴォーカルのAtsukoさん、ドラムスの二反田さんも一緒です。 ミュージックチャージなしの投げ銭! 女性ヴォーカル3人それぞれが5曲ずつ歌います。是非この機会に楽しいジャズライブ聴きに来てください。ご予約はお店に直接お願いします。 母を見送 [続きを読む]
  • ねまきの工房〜本日開店
  • http://nemakinokobo.comいよいよ開店しました!1月のマチャコさん企画の「慌てないでお嫁サンバ2017〜あなたの夢を応援したい〜」に何故かピンときた私は(Thambaさんのこと、紹介を読んでとても気になっていたのです)その時点ではまだねまきを作ることもお店をやることも、考えてさえいませんでした。 ただ、その同じ時期に12年前ほしいねまきがなくて自分で作ったねまきの2代目が老朽化して(これ)、またネッ [続きを読む]
  • 明日ねまきの工房ストア開店〜ねまきの名前変更します
  • 昨日、明日開店するネットストア、ねまきの工房で販売する”天使のねまき”の写真撮影を娘としました。 撮影はバルコニーでしたのですが、キャサリンと名付けていた襟にレースをあしらったドレスタイプの方がジュリエットっぽいね、ということになり、もともと白いネルのねまきにつけていた「ジュリエット」をこのドレスタイプの名前にすることにしました。 じゃあ、ジュリエットと名付けていた白ネルのワンピースはど [続きを読む]
  • 旅立ち
  • 昨日母の葬儀をすべて終えました。 母が永眠した翌日から二日間、ひとりになると涙がとめどなく出て、自分でもどうしようもありませんでした。感情があふれて、というより、ほんとにまるで雨がふるような感じでした。 でも、4日目何故か心が軽くなり、母の軽やかな心が感じられたのです。 母のような高齢での透析は入院していた大きな病院でも初めての症例とのこと、我慢強い母にもとてつもない負担だったのでし [続きを読む]
  • シンクロ体験記6日目〜嫌いな人の嫌いな行動
  • 前から薄々理解していたつもりのことがなんだかドーンとお腹の底に定着した感があることがあります。 他人は全て自分の鏡、という話がありますが、嫌いな人の嫌いな行動は何を意味するか?ということ。 これは今まで色んな人の話を読んで総合した私の解釈ですけどね。 何生も生きてきている中で少しずつ人の魂が成長するのだとしたら、多分、嫌いな人の嫌いな行動は、自分がかつて乗り越えてきた、つ [続きを読む]
  • シンクロ体験記5日目〜不完全な存在
  • 後悔先に立たずという言葉は言い得て妙ですね。後悔するくらいならはじめからちゃんとすればいいのに、それができない。なぜなら、その時はその時で最善だと思ってるからです。だからその未熟な考えをする私もやっぱり自分なのだから、それを丸ごと受け入れればいいのですよね。人の死に向き合う時、いかに私たち地上に住む者は不完全な存在なのだ、と気付かされます。母の完璧な沈黙を見た時、対比的に私たち生きてるものの不完 [続きを読む]
  • おかあさんという歌
  • 夕べはシャンパンと鶴亀という日本酒を買ってきて身内でお祝いをしました!大変な長寿ですから、これはお祝いしようと。なので鶴亀にしたのです。 姪っ子がグラスを用意したら、間違えて一個多く置いていました。お寿司をとったら7人なのに4人分が2つで8人分。席もちょうどテーブルのお誕生席は空いていたのでそこに椅子を置きました。母は宴会で家族が楽しんでいるのをただ黙って一緒にいるのが好きでしたから、ほんと [続きを読む]
  • 母が永眠しました
  • 下書きに書いていた話せっかくなのでそのまま残します。このあと姉から呼び出されて、病院に飛んでいきましたが、もう母は息をしていませんでした。 ここから昨日書きかけの記事「日曜夜母の入院している病院に初めて泊まりました。部屋にあるソファーに寝たのですが、朝起きたら、背中の筋を違えたみたいに痛めてしまいました。 ファミリールームという部屋もあるそうで、そこはカーペットの部屋でその床にベッドスプ [続きを読む]
  • シンクロ体験2日目
  • 昨日から始めた実験、最初に出てきたのは、イベントを延期すべしでした。母の容体が悪化していたにもかかわらず、何とかなると踏み切ったことにストップがかかりました。本当に不思議なくらい突然それは降りてきたんです。ダメだ、このまま進んじゃ、と。 関係者各位には重ねてお詫びします。ごめんなさい!実は昨日の記事を書くきっかけになったのはアトムさんが紹介していたシンクロニシティマネジメントという本のサキヨ [続きを読む]
  • Thamba さんのグループセッション延期のお知らせ。
  • 6.月4日に予定しておりましたThambaさんのグループセッションと懇親会、試着会は急遽延期にすることにしました。母は透析をやめて終わりを待つばかりになってるのですが思いの外緩やかに下り坂を下っており、まだ意識もしっかりしてます。平均的には1週間と先生に言われたので差が、個人差も大きいとのことで、母の場合思ったより体力が残っているようなのです。さ一度決めたことどうするか迷いながらここまで来てしまったのです [続きを読む]
  • 魂の方向性
  • 私は生活に転機が訪れてから最初の頃は自己啓発の本とか心理学の本をよく読んでいました。そこから発展して仏教系の本や瞑想についてのを読むようになったりしていました。 いくらそういうのを読んでも、その当時はどうしようもなく同じところをグルグルしているように感じていたので、なんとかそこから抜け出したかったのでした。 そんなときに何かを検索していて偶然見つけたのがホ・オポノポノでした。この世の現実 [続きを読む]
  • ねまきの企画について
  • 私はここまでの人生の半分以上をアート制作に携わってきました。アート制作というものは基本生業にはならないものだと思っています。 デジタルの数字を使ったアートで有名になった宮島達男氏がこんなことを言っています。前後省略でエッセンスだけ抜粋です。 元はこちら(宮島氏の連続ツイート、素晴らしいので全文読んでいただきたいです) この幻想「プロのアーテイスト=絵で飯を喰う人」という図式は誤解では [続きを読む]
  • 自己肯定ということ
  • 私は自己肯定感が高い、なんて書いてしまって、なんだか自画自賛っぽいなと読み返して思ったので、自戒も込めて続きを書こうと思います。 自己肯定感が高いか低いかってなかなか難しいと思うんです。やたらに自分を肯定していたんじゃ傍若無人にもなりかねませんから。 どんなに自分を愛して大事にすることが大切だと言っても、そのために傍若無人になって周りの人に迷惑をかけるのは全然自分のためにもならない [続きを読む]
  • マチャコさんがブログに取り上げてくれました!!!
  • とっても美しいのに変態なマチャコさんがステキなお嬢様のお話と一緒にThambaさんと私のセッション&懇親会&ねまきの試着会のことを書いてくれています。マチャコさんありがとう!なんだか素敵な空気の循環というか渦というか、が私の周辺に起こっててとってもわくわくです! そもそもマチャコさんとの出会いはアトムさんのパワスポツアーに初めて参加したときでした。助手席に座ったマチャコさんがアトムさんの運転に突っ [続きを読む]
  • 天使のねまきと自己肯定
  • ねまきの工房のブランド名はまだつけてなかったんですけど、決めました!そのままズバリ 天使のねまき  文字通り天使になって眠れるねまき、というイメージです。昼間起きている間の日常から夜の眠りに入る時、人は元いた世界に戻っているともいいますよね。そのへんはどうなのか誰にもわからない世界ですが。 今回Thambaさんがセッションの説明文にこんなことを書いています。・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • マスターマインドの集い!
  • まずは結論から 私はひとりひとりが独立しながらも共振するところから自分の力以上のものをお互い引き出し合う、そういうのがすごく好きです! 我がLivingroomの会はそんな会です。カリスマはいませんが、参加した人はすべてあなたが主役です! 魂が共振して上昇気流を起こす現場に来てみませんか? お申し込みはこちらから きっとあなたの心の新しいスイッチがオンになると思います!セッションのみ懇 [続きを読む]
  • 久しぶりで2回めの講座
  • 我がLivingroomでの企画は去年の7月にやった講座としては第一回目アトムさんの水垢離講座以来のことです。 参加者14人とそう多くはなかったのですがメンバーはなかなか豪華でしたよ。 アトムさん自身今やかなりの有名人だし、参加者では、「成功する人はなぜ神社にいくか」の本を出したばかりのりゅう博士はその後大変なことになったし、マチャコさんも今ではすごいイベントを企画したり出演する人だし。 今や [続きを読む]
  • 私のねまきのコンセプト
  • 今ネットショップを構築中で、改めて私のねまきづくりのコンセプトについて考えてみました。 私は12年前に自分が着たいねまきを探してどうしても見つからず、それで自分でデザインしたねまきを作って着るようになったのですが、結局一番目は素材の肌ざわりでしたが、デザイン的にはおしゃれな、というよりも、もう少し違う所を目指していたのだと思います。 私が目指しているのは、どこか懐かしい匂いのする、私の心 [続きを読む]
  • ”とっておきの【ねまき】のおまじない☆”
  • ただいま、ねまきの工房ネットショップを5月24日に開店すべく頑張って準備中です。5月24日はマヤ暦の一年のはじめの日だそうで。加えて父の命日なので父も応援してくれるだろうと思って。 それに合わせて、6月4日日曜日13:00〜16:00Thambaさんのグループセッションを企画いたしました。 私はこれまでLivingroomという名前でコンサート8回、講座1回(アトムさんの水垢離講座)をやっています。 まあ、要する [続きを読む]
  • 母のこと
  • ここの所急激に状態が悪くなった母。 確実にお別れの時間が近づいてしまいました。 1918年生まれ。戦後になっての遅めの結婚、さらに末っ子の私は昔にしてはだいぶ高齢になってからの子供。 そんな高齢にも関わらず2年という長きに渡り、人口透析を受けてきましたがその透析にも身体が耐えられない状態になり終了しました。 何があっても文句を言わず、すべてを受け入れる我が母は本当に子供がい [続きを読む]
  • ここ数日ねまきの工房開店準備と歌の練習で追われています。 私は基本何かに夢中になると全面的にエネルギーを注いでしまうので、1日の中で2つのことをやるのは切り替えが難しい面もありますが、なんとかやりくりしてます。 今、ほんとにどちらも甲乙つけがたくやりたいことなので、どちらをやっているときも楽しいです。 アラ環になって新しいことを始めるのって、はたからみたらすごいことに見えるかも [続きを読む]
  • うらやましいは前に進むエネルギー
  • 私は自分でもおかしいのではないかと思うくらい人に嫉妬をしない方なのです。(恋愛では別ですよ、人をうらやむという意味で) でも、昨日は珍しくうらやましい、という気分を味わいました。 セッションで知り合った女性のジャズヴォーカリストのライブに行ったんです。ちょっと遅れてしまって1stセットの途中で入ったら、なんと人が入口の通路まであふれるほど入っているのです。 よほどの人でないとこういうこと [続きを読む]
  • 形のないものについて
  • 言霊ということはあるけれど、その一方で言葉は言葉でしかない、ということもあります。 言葉だけならなんでもいえます。 人の言葉を拝借していても、それを自分のものにするほどになっている場合もあります。自分の実際とずれていても。 スピリチュアルな話自体は良いも悪いもなく、自分の生き方の中でそれが生きていけばいいだけのことだと思うのですが、私が少し前から危惧していたのは、形のないものを [続きを読む]